ジャカルタのタクシー事情

ジャカルタ出張時の移動の足は基本的にはタクシーである。ジャカルタのタクシー会社は数多くあるが、blue bird社のblue bird とsilver bird 以外のタクシーではトラブルが絶えないというのが定説である。

●トラブル例

①遠回り
・こんなの序の口。

②メーターで走らず、到着後に不当な金額を請求。
・これは韓国でも旅行中の日本人主婦が2kmの走行で2万円相当を請求されたとニュースになってましたね。

③内側からはドアが開かない構造になっていて、閉じ込められた上で裏道まで連れて行かれる。そこでトランクに潜んでいた運転手の仲間が凶器をもって現れ、身ぐるみを剥がされる。

①と②はまだしも③なんて本当に笑えない。乗客が殺害されるケースもあるらしい。

そこで、まあ他のタクシー会社よりはマシというblue bird系列のタクシーをご紹介。私は決してblue bird社の回し者ではありませんよ。

●blue bird
Blue_Bird
・その名の通り青いトヨタ製の車体が目印。

町中至る所で走っています。最近、別のタクシー会社がブルーバードの車体デザインを真似たらしいので、不良パクリタクシーとの識別が必要。

・タクシーの運ちゃんが陽気
私はタクシーの中でもパソコンを広げて仕事をすることが多いのだが、運ちゃんが空気を読まず片言の英語で話しかけてくる。それも、一人や二人こういうフレンドリーな運ちゃんがいるとかのレベルではなく、十中八九、こういったちょっかいを出してくるお茶目な運転手である。

彼らが決まって言ってくるのは

『Mr! シンガポール人か!』

『Mr! 何歳だ!』

『Mr! 結婚してるか!』

『Mr! 収入はどれくらいだ!』

『Mr! どんな女性が好きか! インドネシアの女性は好きか!』

プライベートなことばかり…適当にあしらってもお構いなしに客の個人情報を詮索してきます。中にはインドネシア語の歌をアカペラで聞かせてくれるような輩も。

・初乗りは6000ルピア(約60円)

●Silver bird
IMG_0789
・黒塗りのベンツ若しくはトヨタ。ブルーバードの高級版です。

・初乗り12000ルピア(約120円)若しくは15000ルピア(車種によって異なる?)と中国広東省内のボロタクシーより安い。

・空港からジャカルタ市内まで40分ほど走って180000ルピアとゼロの多さに騙されるが、実際は1800円程度。ジャカルタ⇔Bekasiにある工業団地までの往復+8時間拘束だと10000円ちょいかかる。

・予約可能で時間きっちりに待機してくれている。ドライバーは流暢な英語を喋り、空気も読める。

・領収書あり。(手書きですが…)

●その他(バジャイ)
ひだり みぎ
今回泊まったMangga Dua地区に多く走っていたオンボロ電動三輪車。近距離5000ルピア、中距離10000ルピアだそうだが、余りの車体の老朽っぷりに、お金をもらっても乗りたいとは思わない。

まあやっぱり移動の手段はblue birdタクシーが鉄板かと思います。市内どこでも捕まりますし、安くて安全。海外では何かあってからでは遅いので、異国滞在中は安全を心掛けて行動するのが一番です。

Related posts(関連記事):

ムラピ火山博物館
カリウランのバス停で一人降ろされ、そこで拾ったバイタク運ちゃんの勧めるカリウランの見どころ巡りをする流れに。事前下調べ無しに来たのにトントン拍子で事が運んでいく。 バイタクが勧める第一の見どころとして連れてこられたのはムラピ火山博物館。 背後には噴煙かのようなモクモクとした入道雲で頂上を陰らせた雄大なムラピ山が聳え立つ。標高900m地点の麓から見る神秘的で壮麗なムラピ山の圧倒的迫力…何...
幽玄の地に建つチュト寺院(チェト寺院)へ
スクー寺院の見学を終え、今度はチュト寺院へ。チュト寺院は先に訪問したスクー寺院から約7kmほど北にあり、標高もスクー寺院から500m程高い1,500m地点となるので、バイクで八甲田山級の高さまで駆け上がることになる。 先ずはスクー寺院からグロロッ村の分岐点へと下山し、分岐点の丁字路をソロとは反対側へと折れ、さらに上へ上へと天界への距離を縮めていく。 ラウ山の中腹では小高い場所...
ジャカルタの鉄道に乗ってみた
ジャカルタを走る鉄道はKRLジャボタベックと呼ばれ、インドネシアのジャカルタ首都圏に住まう庶民の足となっている。ジャボタベックというガンダムに出てきそうな名前は、ジャカルタ首都圏の各衛星都市の通称であるJakarta、Bogor、Depok、Bekasi、Tangerangの頭文字が組み合わせられたものらしい。 ジャカルタ都市圏の鉄道の電化計画には日本も深く関与していて、日本のODAによりジ...
王宮公認のジャワ文化博物館・ソノブドヨ博物館
続いてソノブドヨ博物館。タマンサリ出口の周辺には大量のベチャが客待ちで屯していて、みんな生活をかけた客引きに必死。そんなベチャの大群の中から後ろの方で少し足を引きずっている誠実で弱そうなオジサンを敢えてチョイス。今までの経験上、お年寄りやハンディがある人の方が吹っかけられる可能性が低い反面、過度に自己主張する奴ほど言い値が高かったり「やれ坂道」だの「やれバティック工房がどうの」など理由を付けて合意...

「ジャカルタのタクシー事情」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >masahiro020さん
    確かにジャカルタ市内のタクシー事情は格段に改善されてきた印象を受けますが、出張用に長距離で走らせようとすると依然として注意が必要なようで、私も一度、痛い目に遭いました。乗車時に行先の住所を見せてメーターで走り始めたのはいいのですが、右も左も分からないところで『乗り換えろ!』みたいなことになって下されてしまいました。。。どうもタクシーによっては遠路に出たがらない輩がいるようなのですが、だったら乗車時に断れよと。。。(涙)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。