シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IHGの優良修行先 クラウンプラザ 深セン龍崗


IHG修行について調べたところで、早速5,000ボーナスポイント付きのお宝プランがあるクラウンプラザ深セン龍崗シティセンターというホテルを攻めてみる。先ず、龍崗ってどこやねん。ということでグーグル先生で場所を調べるところから開始。


深センとはいえ、羅湖から車で渋滞無しの場合でも30分強もかかるのか…MTRで行く場合は老街駅から地下鉄三号線(龍崗線)で18駅目の龍城広場駅まで1時間。そこから徒歩で10分強という旅程になる。完全な修行で、何でこんな所に来ちまったんだと後悔するレベルだが、全てはIHG修行の為だと自分を納得させる。なんたって一泊1,090元のお宝プラン×2+IHGダイニングリワーズ購入で一気にIHGプラチナになれるオイシイ修行先なのだ。僻地への移動にかかる時間が馬鹿みたいだが、修行的には試してみて損はないだろう。


こちら、やっとの思いで辿り着いた修行先。ガラス張りの近代的な建物で、片田舎のホテルのくせしてイルミネーションとかの主張が派手すぎる。こんなコンセプトだったっけか、クラウンプラザ。

ひだり みぎ
3フロアが吹き抜けになり、絢爛豪華な円柱型の巨大シャンデリアが垂れ下がるロビーは観葉植物や彫刻アートが飾られた上品な内装。2011年完成した新しい建物だけあって、古臭い深セン市街地のクラウンプラザランドマークより遥かに清潔感・高級感がある。


ロビーの芸術。大黒天、福禄寿に向こうが仏陀?グランドな雰囲気のロビーにシレーっとこんなもんが紛れていて、ロビーを行き来する宿泊客を見守ってくれている。「宿泊客に神々のご加護あれ」というホテルの気遣いでしょう。

チェックイン。担当してくれたのは美白の美人女性スタッフで、フレンドリーな対応が良い感じ。妙に外国人慣れしていて英語も達者だと思ったら、留学経験者とのことだ。
ひだり みぎ
カードキーと併せてドリンククーポンまで頂いた。こいつは滞在期間中であればいつでも使用可能とのことなので、翌日に使わせてもらうことにして早速部屋へと移動する。


ホールウェイもグランドな雰囲気。中国とは思えない静けさに感動してしまう。

あてがわれたのは最上階クラブフロアの1821号室。

アイボリーカラー中心にコンテンポラリーな雰囲気にまとめられている。

モダンで明らかに若者を意識した設計。古くて爺臭い“老舗の名門”的な印象だったクラウンプラザだが、深セン龍崗のクラウンプラザはどちらかといえばインタコのような内装になっている。
ひだり みぎ
デスク周り余計な広告とかまでやたらと置かれているので、少しゴチャゴチャした印象。整頓はされているが整理されてないというか、あれもこれもじゃなくて、もう少し宿泊客が本当に必要な物とそうでないものを判断できれば良いのにと思う。


ベッド。ピローメニューも豊富で、寝心地にも問題無し。

ひだり みぎ
オーディオも特徴がある。ドームデザインで、アクリル製のスケルトンスピーカー。ハーマンのものだと。随所にホテルのこだわりが見られます。

ひだり みぎ
ウェルカムフルーツにドリンククーポン。ドリンククーポンはクラブフロアに宿泊せずともIHG会員なら平メンバーでも貰えるらしい。ネットもIHG会員は無料となるようなので、こちらに泊まられる前にIHGプログラムに加入されることをお勧めする。

ひだり みぎ
クローゼットには雨傘、アイロン、バスローブ、スリッパ、靴磨き用ブラシ、ズボンプレッサーや金庫などなど必要なものは不足なく揃えられている。もちろん、有事の際の呼吸マスクも完備。チープな火災パニック映画の一コマにあるような不気味なパッケージの画が妙に不安を煽るんだよなぁ。

ひだり みぎ
水回りは清潔そのもの。レインシャワーも備わってます。

ひだり みぎ
バスアメニティはクラウンプラザオリジナル。一泊2万円のホテルにしてはショボイ質。


景色は何の面白味も無い中国銀行ビルニュー。タクシー手配をお願いしたコンシェルジェの方曰く、ぼちぼちショッピングモールなんかも建ち始めていて、これからの発展も見込まれる開発区とのことだ。暗に不動産投資まで勧められるましたわ。「ここの不動産、今が買いですよ」的な発言は中国各地どこに行っても聞かされてもうコリゴリ。

続いて16階のラウンジ。オープン時間が06:30~23:00で、06:30~10:30が朝食、17:00~19:30がカクテルアワーのサービス時間となっている。
ひだり みぎ
16階・17階の2フロアが吹き抜けになっている。ここもスタッフも愛想が良く献身的で好印象。人民様で溢れかえる朝食会場とは違い数名の外国人利用客がリラックスムードで晩酌を楽しんでるくらいなので、小規模な会員制クラブのような落ち着いた雰囲気寛ぐことができる。

ひだり みぎ
ミールの点数は少ないが、まぁカクテルアワーなんてガッツリ食べ散らかすような主旨のサービスじゃないですからね、本来。フルビュッフェなんかを期待する方が間違っている。

ひだり みぎ
本日のホットミールは春巻き、紫芋の揚げ物、ター菜の3種類。むしろ食後別腹系のスイーツが充実しています。

ひだり みぎ
続いて朝食。ロビー階のFortunaレストランが朝食会場となる。

ひだり みぎ
中華ばかりだが、それも当然。なんたって周りの人間皆中国人。各種お粥や包子に揚げパン、マントウ、豆腐花、粽、鶏足などといった定番所から、変わり種としてはクリスピードリアンケーキなんかも置かれてる。

ひだり みぎ
スイカジュースは種がっさりで飲みずらい。こっちでは種を噛み砕きながら飲むのが一般的なのか?


これ+肉まん。えらい貧相な感じの朝食となってしまった。

ひだり みぎ
朝食を終え、近辺を探索。暫し客室で寛いだ後にプールにジムで汗を流し、12:00ぎりぎりにチェックアウトする。

ひだり みぎ
MTRの龍城広場駅、龍崗長距離バスターミナル、龍崗エアポートバスターミナル駅までは無料の送迎サービスをやっている。30分前の事前予約制。その他、有料になるが香港国際空港や香港市内とを結ぶバスも走っていて、地の不利を解消しようと頑張ってる姿が見受けられる。時刻表と運賃は添付画像の通り。

ひだり みぎ
チェックアウト時にMTR駅へのシャトルバスを手配して頂き、ビーバーでビールを飲みながら車を待つ。ドリンククーポンを提示して出てきたのは中国最大の生産量を誇る雪花ビール。水で薄めたんかってくらい薄味すぎるので好きじゃないんだけど、無料なので一々ケチはつけられない。ガブッと一気飲みですわこんなん。

その後、コンシェルジェがバーに迎えに来てくれて、送迎車まで誘導される。
ひだり みぎ
シャトルバスかと思いきや、普通の白タクが手配されててワロタ。運転手、普通にそこら辺のオッサンじゃん。中国らしいといえば中国らしい対応だけど。

で、肝心のポイントは?無事に通常ポイントの1,484+ボーナス5,000ポイントが加算された。

一泊で6,484ポイントという破壊力。ただ、如何せん立地がね…今後は他にも5,000ポイントのお宝パッケージをオファーしているホテルの開拓に努めていきたいと思う。

クラウンプラザ深セン龍崗/深セン龍崗珠江皇冠假日酒店
住所:龍崗中心城 龙岗中心城龙翔大道9009号
電話:+86-755-33181888



Booking.com

Related posts (関連記事):

シェラトン東莞ホテル宿泊記/Sheraton Dongguan Hotel
今年も飲み会の季節がやってきた。今週は飲み飲み飲みと酒の席が続いており、今日もアウェーの地・東莞で忘年会に参加するためにシェラトン東莞ホテルに宿泊することに。既に肝臓が悲鳴を上げているが、追い打ちをか...
【速報】SPG Q3プロモーション
ようやくSPGのQ3プロモーションの内容が明らかにされた。詳細は9月23日に公開予定の続報を待たねばならないが、どうもQ1プロモのSPG Double Playのように2泊以上の連泊を対象にしたダブル...
迷えるSPG難民のメシア!ハイアットのステータスマッチ
超絶アテンドウィークを乗り切ったばかりの社畜です。 激務を終え、個人アカウントのメールを確認したところ、各ホテルチェーンからのDMやらなんやらがたーんと寄せられてるじゃないですか。 こんなタイ...
IHG修行と各会員ステータス ゴールド・プラチナ・スパイア
今日はIHGの会員ステータスに関して触れたいと思う。平会員から始まりゴールド・プラチナ・スパイアと一通り各身分での宿泊経験が積めたので、各ステータスごとの特典を雑感を交えながら紹介していこう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする