【IHG修行】実は結構ハードルの低いスパイアエリート

今年の4月に刷新されたIHGのエリートステータス条件。以前は15泊または20,000ポイントが条件だったゴールドは10泊または10,000という条件に、同じく50泊または60,000ポイント必要だったプラチナは40泊または40,000に条件が大幅緩和されることとなった。


そして、だ。新たな最上級ステータスとして、プラチナの上にスパイアエリートなるVIPクラスが出現した。こいつは従来のプラチナより達成条件が厳しく、75泊または75,000ポイントという修行をこなさねば辿り着くことのできない至高の位。曰く、「創造性に溢れ、他にはない特別感や最上位の威厳を表す特別な身分」なのである。特典はショボそうだけど(小声)。

75泊または75,000ポイント…
そう聞くと、キリマンジェロ、否、エベレストよりも遥かに高い壁のように思えてくるが、安上がりにスパイアの頂を目指す為の攻略法もあるんです。

そこで、スパイアを含めた各ステータス取得にかかる最安値の修行方法を調べてみた。

【ゴールド】
先ずはゴールド。コイツは従来通りアンバサダー特典をUS$200で買えば即クリア。修行も糞もない。若干の金銭負担のみで済んでしまう。

【プラチナ】
続いてプラチナだ。こいつも金で身分を買収するのが手っ取り早い。インターコンチネンタルアンバサダー会員資格をUS$200で購入後、会員クラスのランクアップ保証があるIHGダイニングリワーズをUS$385USで購入すると、めでたくプラチナステータスへの解脱完了となる。トータル経費はUS$585。為替レートUS$1=120円で計算すると、70,200円程度の支出で晴れてIHGのプラチナホルダーになることができる。

*IHGダイニングリワードについては後述します。

【スパイア】
それでは最上級のスパイアはどうだろう。
IHGダイニングリワードの力は⇒スパイアには及ばないとのことなので、ここでは正攻法でポイントか宿泊数を稼ぐことになる。

正攻法で攻めた場合、効率が良いのはボーナスポイントパッケージでの修行だろう。
IHGには、一定の金額を追加で支払うことでボーナスポイントが付与されるという、修行僧救済プランが存在するのである。
良く見かけるのは一泊あたり1,000ポイントの追加プランだが、中には 最大で1滞在につき5,000ボーナスポイントが付与されるお宝パッケージも存在する。これらのボーナスパッケージで得られるポイントはキャンペーンで得られるポイントとは違って修行用ポイントとしてもカウントされるので、お宝パッケージを駆使すれば僅か10滞在程度の時間的・金銭的負担でスパイアを獲得することも可能になるのである。

早速、お宝パッケージを提供してくれるホテルを探し出し、最寄りにある深セン龍岡のクラウンプラザに泊まってみた。

どうです?キャンセル無料のフレキシブルレートに30元(540円)増しで1泊に付き1,000ポイント、100元(1,800円)増しにすれば、1滞在に付き5,000ポイントを頂くことができる。見た瞬間、目を疑いましたよ。100元増しで5,000ポイント追加って!


早速予約。クラブルーム1泊税込で1,090元(19,620円)。これで通常ポイント+ボーナスで合計6,484ポイントを獲得できる。つまり、これを×12泊すれば最上級のスパイヤの座を射止められる計算になる。


チェックアウトから3日後、きっちり漏れることなく6,484ポイントが加算されました。19,620円×12泊=235,000円ちょいで最上級のスパイヤステータスが獲得できる計算だ。しかも、Mr. Rebates経由での予約なら支払金額の6%(14,100円)がキャッシュバックされるので、実質220,000円程度の負担で済むし、貯まったポイントで無料宿泊も楽しめる。


今回の宿泊で得られたMr. Rebatesのキャッシュバック額はUS$8.90。IHGポイント加算から3日後に口座登録されました。

欲が出たので自分の行動範囲内でもう少しお得な方法を調べてみたところ、クラウンプラザ佛山がヒットした。どうやらボーナスパッケージを餌にした顧客獲得戦略に関してはクラウンプラザが最も積極的なようだ。

一泊税込RMB798(14,300円)で6,090ポイントが獲得できるので、スパイア取得にかかる宿泊経費は14,300円×13泊で185,900円。円安時の為替レートでこれですからね。75,000ポイントまたは75泊なんて敷居の高そうな条件がもうけられているが、全然全然。ホテルまでの移動が億劫なのと連泊が御法度になるのが多少面倒なくらいで、ボーナスパッケージを活用すれば修行難易度的には全くもって高くない。

【費用まとめ】
・ゴールド=24,000円
・プラチナ=70,200円
・スパイア=185,900円(クラウンプラザ佛山の場合)
*1US$=JP¥120、1RMB=JP¥18で計算。

最後に、US$385で購入できるIHGダイニングリワーズに関し、深セン龍岡のクラウンプラザに広告があったので紹介させて頂こう。
DSC_6962
余り日本では馴染みの無いIHGダイニングリワーズだが、それもそのはず、現時点でプログラムに参加しているのは中国、カタール、インド、フィジー、シンガポール、サウジ、ヨルダン、UAE、オマーン、オーストラリア、ニュージーランド、バーレーン、エジプトの一部のホテルのみに留まっているようだ。

【IHGダイニングリワーズの特典(CP龍岡で加入した場合)】
• IHG会員レベルが1ランク昇格。但し、プラチナ⇒スパイアは不可。
• 世界各地4,750以上のIHGホテルで無料宿泊券1泊分
• クラウンプラザ龍岡での無料宿泊券1泊分
• 対象ホテルの滞在でベストフレキシブル料金から25%オフ(1度のみ)
• RMB398の電子ダイニングバウチャー(中国のIHGホテルでのみ有効)
• RMB500のキャッシュダイニングバウチャー
• 対象ホテルでの飲食代金25%オフ
• 部屋代25%オフ
• ケーキ
• フィットネスセンターのメンバーシップカード10%オフ
• デリショップのデザート15%オフ
などなど。会員レベルのアップグレードや無料宿泊券以外に、フィットネスセンターや食事券など各ホテルが独自で用意している特典もあるようで、クラウンプラザ龍岡で申し込んだ場合、龍岡での無料宿泊券もついてくる。世界のIHGホテルを対象とした無料宿泊券もアンバサダー会員のように「週末の2泊目のみ利用可」という嫌らしい縛りもないし、凄くお得感のある内容になっている。対象となるホテルは少なすぎてお話にならないが、会員ステータスのアップグレードと無料宿泊券だけを目的と割り切ってUS$385を払っても十分にもとが取れる内容なのではなかろうか。

IHGリワーズダイニングの詳細はこちら
IHGリワーズダイニングの対象ホテルはこちら
オンラインでのプログラム申し込みはこちら

*注(2015年12月20日追記)
IHGダイニングリワードが残念ながら12月15日をもって新規入会者の募集を打ち切ったとのことです。無料宿泊券までついたお得なパッケージだっただけに残念極まりない。オイシイ話には躊躇せずに直ぐに飛びつくべしという良い教訓になりましたw

Related posts(関連記事):

ホテルニッコー広州宿泊記(Hotel Nikko Guangzhou)
グランドハイアットをチェックアウト、今日は広州の外れで仕事があったので、宿泊先も広州市の外れに建つ広州日航酒店(ホテルニッコー広州)にした。天河にあった広州日航酒店(Rihang Hotel) パチもん・偽物ホテルじゃなく、2014年11月にグランドオープンしたばかりの出来立てホヤホヤの本物のニッコーホテルである。流石に名前が被ったら拙いので、元あったRihangホテルはいつのまにか広州大栄酒店...
アコー新規ホテルの4倍ポイントプロモ
この情報は既にご存知の方も多いかとは思いますが、アコーって新規ホテルに泊まると4倍ポイントが貰えたりするんですよ。SPGでも新規オープンキャンペーンでホテル独自にダブルポイント&朝食付きプランを出しているところも多いけど、アコーの場合は4倍ですよ、4倍。流石に各プロモ期間につき1アカウント1回きりと制限があるけれど、連泊の縛りが無いので使い勝手が良い。このプロモを活用しない手はありませんぜ。 ...
日本人の夜の城・メリディアンバンコク宿泊記
ずいぶん前に週末キャンペーンで連泊したメリディアンバンコク。ホテルのホームページでは「バンコクのビジネス地区、シーロムに位置」なんて紹介されているが、どちらかというと「日本人向け歓楽街のタニヤや、怪しげな夜店が密集してネオン輝く猥雑なパッポン通りに近接した夜遊びエリアに位置」と表現した方が適切かと。パッポンやタニアで遊ぶ分にはクラウンプラザ(旧パンパシフィック)と並んで最高のホテルである。 ...
SPGのニューブランド“Tribute Portfolio”
そろそろSPGで言うところのQ2プロモの紹介が来るかなーと思い始めた矢先、ちょうどSPGからのメールが入る。タイトルは「Introducing Tribute Portfolio: Earn up to 10,000 bonus Starpoints」 それにしてもえらいアメリカの東海岸に集中してるなーと思って調べてみたら、予想以上に集中してたwこんなもん、ここ3か月に万が一にも泊まる機...