シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CX765は赤雨警報で大幅遅延 香港⇒ホーチミン市 A33Z


8月某日、ホーチミンへのフライト日。バケツをひっくり返したような大雨が降り頻る中なんとか香港国際空港に辿り着くも、香港で赤雨警報が発令される程の大雨で香港空港の離発着が大幅に制限されてしまっているようだ。

機材繰りがぐっちゃぐちゃになり、ゲートも機材もどうなるか読めません、と。

因みに、香港の暴雨雷雨警報は降水量に応じて3種類あるのだが、赤雨警報は1時間あたりの降水量が50mm以上と中々に強烈な豪雨。
・黄(Amber Rainstorm) :1時間の降水量30mm以上。
・赤(Red Rainstorm Signal):1時間の降水量50mm以上。
・黒(Black Rainstorm Signal):1時間の降水量70mm以上。市民の外出は禁止される。

とにかく、天候不順により出発時間が大幅に遅れること必至とのことなので、PIERラウンジで思いっきり寛がせてもらうことに。

PIERの楽園へのエスカレーターを降り、真っ先に向かった先はダイニングルーム。時間がたっぷりあるので前菜からデザートまで完走することに。

スターター:鳩胸肉のサラダ。


メイン:炙りサーモン。


デザート:パンナコッタ。これは初めて頼んでみたけどおススメ。クリーミーなパンナコッタの甘さに酸味のある柑橘系アイスとベリー系果物が非常に合う。


フルコースを完食した後はデイ・スイートで読書。前までは時間制限など無かったと思うのだが、利用時間の条件が1時間30分と定められていた。

ひだり みぎ
仕切りがカーテンのみという欠点はあるものの、オシャレなライトシェードのお蔭で雰囲気は◎。騒ぎ立てるような無法者も皆無だし、読書や仮眠にはぴったりだ。

20分程の読書を楽しんだ後、20番台のゲートへと大移動。元々はホーチミン線には珍しくシラス搭載機材がアサインされていたのだが、ゲートに行ってみてガッカリ。機材がA330(A33Z)にダウングレードされていた。

ガックシ来たけどしょうがない。どうせ2時間ちょっとのショートフライトだ。

ひだり みぎ
メニューのスタイルも刷新されている。さっきメインでサーモンを頂いたのに、前菜がサーモンサラダ一択だと。


空席率が高いこともあってか搭乗開始から出発まではスムーズだったが、今度は誘導路の大渋滞に巻き込まれる。眼鏡がずり落ちた香港人の黒服マダムに拠ると、飛行機が数珠繋ぎになって滑走路に向かっているような状況で、テイクオフまで30分程はかかりそう、と。シャンパンを持って申し訳なさそうに状況説明をしてくれた。


飲んで飲んで半沢直樹を消化して…


陽も暮れた頃になってからようやくテイクオフ。

激しく揺れるかと思ったが、雲を突き抜けてからは極めて安定した飛行になる。

3杯目のシャンパンに続きやってきた前菜にブレッド。


メインも速攻で配給される。なんせ本日のビジネスクラスは私ともう一人の白人顎鬚男爵のみなので、サービスの展開はテキパキと。エコノミーの方も空席が目立つようなので、この日の機材変更はしょうがないかな。


海老とベジタブルリゾット。1時間前にフルコースを制したばかりなのに、ここでも余裕の完食。


もちろんハーゲンダッツステージまで完全制覇。

2時間ちょいのフライトなんて本当にあっという間で、気付けば機体は夜のホーチミンにゆっくりと降下を開始する。
ひだり みぎ
ここ5年で随分と煌びやかになったホーチミンの夜景。サイゴン川上空を飛び越えて、東側からタンソンニャット空港にアプローチ。なんだろうな、この高揚感。夜に不慣れな都市に降り立つ興奮か。夜でも熱気ムンムンのホーチミン、なんでか降り立つ度に興奮するんですよね。

Related posts (関連記事):

メコンデルタの玄関口・ミトーの街とカオダイ教ミトー支部
標高5,200mのチベット高原を水源に、中国雲南省、そしてミャンマー・ラオス、タイ・カンボジアを経由して約4千Kmの旅をする超大河のメコン川は、旅の最後にベトナム南部のメコンデルタ地帯へと豊かな水の恵...
ホイアンのランドマーク的存在の来遠橋(日本橋)
トゥボン川のミニクルーズを終えた後は、ホイアンのランドマーク的存在として知られる日本橋へと向かう。日本橋は16世紀末に造られた屋根付きの古ーい橋で、日越友好の架け橋ともされている。16世紀末といえば日...
エミレーツA380 ビジネスクラス搭乗記 EK385香港―バンコク
エミレーツ以遠便でのビジネスクラス・ファーストクラス乗り比べ旅行、香港でエミレーツラウンジを堪能し、いよいよEK385ビジネスクラスでバンコクへ。 もちろん機材はエミレーツの代名詞的存在であ...
ホーチミンで買うベトナム土産 マルゥチョコレート・フックロンコーヒー
くっそ暑い日曜昼下がりのホーチミン市。冷房の効いたホテルでだらだらまったりと過ごしたいところだけど、頼まれ物の土産品を調達すべく殺人的日光が照り付ける灼熱地獄へと出ていくことに。 大粒の汗を垂ら...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする