シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土産物の宝庫・セントラルマーケット


チャイナタウンではコピー品やガラクタばかりが目について土産物にありつけなかったので、旅行者に大人気の雑貨百貨店と評されるセントラルマーケットに向かった。

DSC_2578
チャイナタウンと比べると、中国的な雰囲気が消え、清潔感とおしゃれ感が増す。どこかテーマパーク的な雰囲気が漂う。

DSC_2581
クアラルンプール発祥の地である、クラン川とゴンバック川の合流点の脇に位置するアールデコ調の建物が特徴のセントラルマーケット。元々は1888年に市民や錫の鉱山労働者のための生鮮市場として英国に建てられたそうだが年を経るごとに改装を重ねていき、いつの間にか現在の『雑貨百貨店』となったそうだ。

DSC_2582
建物の脇はアーケードになっていて、所狭しと果物や軽食、小物雑貨の露店が並んでいる。

中に入ると…
DSC_2666

ひだり みぎ
多数の小店舗から成る巨大な土産屋のようになっていて、マレーシア土産の定番どころであるナマコ石鹸やピューター、バティック、伝統工芸品・民芸品の数々の小販売店が並んでいる。まるで多様な民族から成るマレーシアの魅力がギュッと凝縮されたかのようなショッピングセンターで、見て歩くだけでも面白い。冷房が効いているので何時間でも歩けるし、これだけ店舗が並んでいると実際に何時間歩いていても飽きてこない。中国と違い店員の押し売り営業や強引な客引きも殆ど無いので、気軽に買い物を楽しむことができる。

ひだり みぎ
早速1階を見て回ると、マレー、インド、中華ゾーンに大分されているようだ。マレーシア独特の工芸品が並ぶだけでなく、エキゾチックなイスラム文化まで垣間見えるマレーゾーン、煌びやかなアクセサリーやショール、ヒンドゥー文化に因んだ怪しい土産物が並ぶインドゾーン、縁起カラーの赤や金が目立つド派手ながらも何だか胡散臭い中華ゾーンと、マレーシア3大民族ごとのゾーンに分かれているので、それぞれの文化を楽しみながら買い物が楽しめると言う造りになっている。

◎インドゾーン

DSC_2676

ひだり みぎ
インドゾーンにはヒンドゥーアートや仏具など、一癖ある商品ばかりを取りそろえた神秘的な店舗が並ぶ。

DSC_2664
後光激しい各種ヒンドゥー神の壁飾りは800リンギットから…興味深くはあるが、余り大衆受けするような土産物は見つからない…

◎中華ゾーン

ひだり みぎ
DSC_2680
続いて中華ゾーン。チャイナテイストな衣類から巾着袋、テーブルクロスなどの雑貨や毛沢東グッズが並び、胡散臭い手相占い師の店も出ていたりする。因みに手相占い師のMaster Chen師、MASTER CHIN PREDICTS ALL!!!! とでかでかと書かれた真っ赤なド派手ポスターによると、風水占い師、数字占い師、顔相占い師、タロットカード占い師、も兼ねていたりする。う~ん、この胡散臭さはまさに中国!!

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=M-mF6uPjlCk[/youtube]
この日は何故か店舗には誰もいなかったので残念ながら占ってもらうことはできなかった。代わりと言ってはなんだが、Master Chinのインタビュー動画(英語)を発見したので張り付けておく。

◎マレーゾーン

ひだり みぎ
DSC_2577

DSC_2684
やっぱり何だかんだでマレーゾーンが一番!ピューター製品、バティック、マレー凧、マレー料理調味料、ナマコ石鹸、ソンケットなどマレーシア独特の工芸品・民芸品からアジアンモダンな雑貨、衣類、靴、イスラムチックな絵画などが一同に集約されていて、土産物調達に最適である。

2階にもぎっしりと土産物屋やオシャレカフェが並び、3階にはマレーシア各州の味を集めた大きなフードコートがある。
DSC_2691

ひだり みぎ
郷土料理以外でも、インドネシア料理、タイ料理やニョニャ料理(中華料理をベースにぴりっとマレーシアのスパイスを利かせた中馬折衷料理)などの店も出ています。

先にチャイナタウンの南香飯店で海南鶏飯を食べてしまったので胃袋は一杯だが、デザートは別腹。豆乳プリンをオーダー。
ひだり みぎ
ギンッギンに冷えた豆乳プリンはRM2.8(≒JPY 90)。これにフルーツやアイス、タピオカ、ゼリーなどのトッピング(各RM1.0)を載せることが出来ると言うもの。初めにパパイヤを載せて食べたのだが、美味すぎて感動。続いてパイナップルも追加注文してしまった。フルーツはその場で切って盛ってくれて新鮮そのもの。こちらに来られる際には是非ご賞味頂きたい。因みに1階・2階の土産物店は値引き交渉可能だが、フードコートは全て値引き不可なので悪しからず。

土産物の価格もそこまで高くないですし(値引き交渉は各人の腕次第)、土産物のラインナップも幅広いので土産物の調達にも便利だし、短時間でマレーシアの魅力を存分に満喫できるお勧めスポットだ。
立地的にも素晴らしく、チャイナタウンをそぞろ歩きしながらセントラルマーケットへ、その後、ムルデカスクエアへと徒歩で向かうこともできる。

【セントラルマーケット】Central Market
住所:50Jalan Hang Katsuri 500-50 Kuala Lumpur.(パサール・スニ駅から徒歩3分)
☎03-2031-0399/5399/7399
営業時間 10:00am-10:00pm
公式HP:http://www.centralmarket.com.my/index.php?cat=9
MAP

Related posts (関連記事):

多民族国家マレーシアの縮図…
クアラルンプール観光初日、KLセントラル駅からLRTと呼ばれる高架鉄道に乗ってチャイナタウンの最寄駅であるパサーセニ駅へ向かう。流石に東南アジア有数の近代都市だけあって市内交通網は整備されており、土地...
衝撃のチョウキット・マーケット
クアラルンプール最古のモスク・マスジッドジャメの北側に延びているマスジッド・インディア通りのインド人街で買い物と軽食を楽しんで、インディア通りの横に延びるトゥンク・アブドゥル・ラーマン通り(Jl. T...
マラッカそぞろ歩き ヤジローと独立記念博物館
マラッカ海峡を望む丘陵を下り、マラッカ市内へとそぞろ歩きに出ることに。 昼下がりの独立公園ではカップルや家族連れがモンキーポッドの木々の下でのんびりとピクニックをしている。Tourist Po...
オールドマラッカで見つけた白珈琲
トゥンタンチェンロック通りで海峡華僑達が築いた古き良きオールドマラッカの時代を感じた後も、引き続き異国情緒溢れる住宅街が立ち並ぶチャイナタウンの探索を続けてみる。しかし、残念なことに細い路地のくせして...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする