キャセイのマルコポーロクラブ、順調にシルバーへ昇格

珍しくキャセイから封筒が来ていたので開けてみると、キャセイのマイレージクラブであるマルコポーロクラブで初期ティアーのグリーンからシルバーへの昇格のお知らせだった。自分はJGC(JAL Global Club)持ちだしキャセイ⇒JALへのマイル加算率も悪くないので、今まではキャセイ搭乗時もJALアカウントにマイルを貯めていたが、折角なのでキャセイのマルコポーロクラブに加入していたのだ。

【キャセイ⇒JALへのマイル加算率一覧表】

運賃FirstBusinessEconomy
普通特別運賃
積算率150%125%100%70%50%
クラスF, AJ, C, D, IR, W, YE, B, HK, M, L

ここで、マルコポーロクラブのティアーもおさらいしておこう。

ティア必要マイル必要セクターOne World
ダイアモンド120,00080回エメラルド
ゴールド60,00040回サファイヤ
シルバー30,00020回ルビー
グリーン無し4回(更新時)無し

グリーンでのインボラはシルバーになるまで20回乗って2回。JGCでは20回乗れば3~4回はインボラになっていたのでインボラ率は下がってしまったが、もともとグリーンには大きな期待はしていないので、シルバー、ゴールドになってどうなるかが重要だ。120,000マイル若しくは80セクターという最上級カーストのダイアモンドはハードルが高過ぎて挑戦する気にもならないが、ゴールドならば狙えない事はないので、来年は頑張ってキャセイのゴールドを獲得したい。

DSC_5065

DSC_5066

追記、シルバーになって一発目のシンガポール行き便で幸先良くビジネスへのアップグレードがありました。昇格のご祝儀的な意味だろうか。
ひだり みぎ
座席がフルフラットになるので疲労感が全然違う。

IMG_0846
アルコールは各種ビール、ポートワイン、カクテル、ウィスキー、コニャックなどが用意されている。

IMG_0849
お食事も上級だ。こちらは前菜。

IMG_0851
メインはラムショルダー、タラのサンバルソース和え、チキンのオイスターソース煮という選択肢の中からチキンを選択。その後、ハーゲンダッツにチーズ、フルーツの盛り合わせが供される。

香港⇒シンガポール間の4時間の移動もこれなら苦にならない。今後、シルバーでのインボラ率は如何に!?

Related posts(関連記事):

香港の無国籍地帯・重慶大厦
重慶マンションは香港のシンボル的繁華街である彌敦道(ネイザンロード)に面した複合商業ビルです。商業施設や一般住居の他、世界各国からの旅人が集う安宿や両レートな両替商がひしめき合い、バックパッカーやバジェット旅行者のメッカとして世界中に名を馳せています。 こちらは3年前の写真。一つのビルに居住者・宿泊客合計4000人、推定約120カ国の人々が常時住み着いているという無国籍地帯で、香港の多様...
中国南方航空 ホーチミンー広州 B737-400 ビジネスクラス搭乗記
ホーチミンから広州へ。戻りももちろん我らが南方航空で。 朝はもっとゆっくりホテルでまったりしたかったけど、午後便は全てIクラス(最安値ビジネスクラス)枠が埋まってたので、泣く泣く早朝08:00ホーチミン発のCZ368で戻ることに。 06:10、早朝から混雑が激しい中でSky Priorityの優先レーンでサクッとチェックイン。ほんとスカイチームの優先搭乗レーンは空いてて利用価値が高...
海外でクレカへの不当請求被害に遭った
海外のホテルから不当請求を受けた話。 一応の名誉の為にホテル名の一部を伏せようと思うが、バレバレかな。 4月末にJW ●arriott 香港に宿泊したんですわ。週末香港ってホテル代がむっちゃ高騰するし、予約サイトによっても価格差異があったりするから色々と比較した結果、Agoda経由JW ●arriottのクラブアクセス付きプランがお得感あったんで泊まってみました、と。公式の●リオットサイト...
ウルムチ⇒敦煌 天津航空 ERJ190搭乗記
ウルムチから甘粛省・敦煌への1,000キロ区間は飛行機でひとっ飛び。これで新疆ウイグル自治区とはお別れとなる。 軽く寝坊したので空港へはタクシーで(所要時間=30分弱、運賃48元)。ウルムチ地窩堡国際空港は中国西北地方及び中央アジア一帯のハブ空港的な役割を果たしていて、ターミナルも3つとそれなりに巨大。今回利用する便のターミナルが分からずに軽くテンパるも、出発時刻1時間前に滑り込む。 ...

コメント

  1. HKob より:

    通りすがりのものです。
    自分もHK在住時、4年ほどCXのシルバーだったのですが、エコノミー→ビジネスのインボラUGは3割程度でした。
    短距離の人気路線(日本、タイなど)ほど確率が高く、長距離(欧米)は低かった印象です。

    • admin より:

      HKob様

      貴重なコメント頂きありがとうございます!
      やはり空席の目立つ中長距離便はインボラ率が低いのでしょうね…
      シルバーになってから累計34回のフライトに搭乗しましたが、ビジネスへのインボラは僅か2回と、当初の期待を大きく下回る結果になってしまっています。自分は新米シルバーですがHkob様は4年もの間シルバーの座に君臨されたとのことで、継続効果もあるんですかね。キャセイの上級会員はボーナスマイルも付かないし、JGCよりはメリットが少ないと考え始めた今日この頃です。