シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

偽ブランドタクシー【インドタクシー】


ジャカルタでのタクシー事情に関しては以前にも書かせてもらいました。

ジャカルタでは依然としてタクシートラブルが絶えず、インドネシアのタクシー会社最大手で信用のおけるブルーバード、若しくはそのグレードアップ版であるシルバーバードでの移動が比較的安全であるとの考えが一般的。最近ではブルーバード社の信用力にあやかることで自社の売上高を達成しようとしてか、ブルーバード社の車体デザインを真似たパクリブランド品ならぬパクリタクシーがジャカルタ市内で暗躍し回っているそうです。

その中の一つであろうタクシーがこれ。
IMG_7172
『インドタクシー』と、いかにも…といった名前である。

Blue_Bird
インドタクシーに対して本家ブルーバード。ロゴも似ているし、遠くからでは判別がつかないレベルで、前回のジャカルタの市内観光の際にモナスからマンガドゥアへの帰りの足を探していたところ、見事にインドタクシーを捕まえてしまいました。ババ抜きでピンポイントでババを掴んだ時のような心境になったが、まぁ昼間だしメインストリートをちょっと走るだけなので大丈夫だろうと、インドタクシーの御世話になることに。

乗車し、ドアを閉める前に『マンガドゥア、メーター オーケー?』とメーターを指さして確認。と思ったらメーターが無い!!ちょっと焦ったが、『メーター オーケー』と運転手が指差した先を見ると、メーターがバックミラーの上に設置されていました。そんなとこにあんのかよ!!メーターが初乗り料金に戻されているのを確認した上で安心してドアを閉めて乗り込みます。
IMG_7297
初乗りはRP 5,000 (≒50円)。ブルーバードのそれがRP 6,000だったと思うので、意外にちょっと安い。その後は走行距離と時間に応じてRP 250づつ上がっていき、マンガドゥアまではRP 30,000弱で着きました。コタ⇒モナスとモナス⇒マンガドゥアの距離差を考えると往路のブルーバードより安く済んだ計算だ。特にチップなどを要求してくるわけでもなくすんなり解放してくれましたし。昼間で短距離ならそこまで危険では無いのかなとも思います。ただ、私が言うのもなんだが、どんな些細な事でトラブルに巻き込まれるかも分からないので、インドネシアに限らず外国のタクシーに一人で乗られる場合(特に女性)は絶対に注意して頂きたい。

Related posts (関連記事):

想像を絶するジャカルタの満員電車の込み具合…
以前にも書いたジャカルタを走る電車の満員っぷり。 Pic borrowed from CNN ditto 乗れてね~~。はみ出るとかの次元じゃなくて、乗れてない。この状態でも...
サリナデパートで民芸品の土産調達
そうだ、日本の友人にアジアン雑貨を頼まれていたんだ。ハイアットのチェックイン時間までの隙間時間で土産を買いに行こう。 ジャカルタの土産物市といえばブロックMのパサラヤモールが定番だが、折角ジャカ...
遊泳禁止のパラントゥリティスビーチ
ムラピ山麓の村・カリウランから思いのほか早く帰還できたので、今度はバスを乗り継いでジャワ島の南端・プラントゥリティス海岸まで一気に南下することに。 妙に西洋風というかギリシャ風な語感がするプラン...
ラジャ・プスタカ博物館にワヤン・オラン劇
スリウェダリ公園内にあるラジャ・プスタカ博物館。1890年に開館したインドネシア最古の博物館らしい。 古いだけで何の取柄もなさそうな博物館ではあるが、博物館フェチの自分としてはどうしても旅程から...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >ぼれかさん
    確かに身ぐるみ剥がされるなんて物騒な話も出回ってますもんね~。でも渋滞で大した速度で走らないし、人通りの多い幹線道路を走っただけなんで大丈夫かなと判断しちゃいました。運ちゃん、結構いいやつそうでしたよ。インドネシア語が一切できない私に対してしょっちょうう笑顔で何だか話しかけてきました(笑)でもやっぱり危険な噂がある以上はリスクはできるだけ取らない方が良さそうですね^^