ジャカルタ【スカルノハッタ空港】

今回の出張も接待の連続で体力的に瀕死状態での帰国を余儀なくされた。重い肝臓とスーツケースを引きづり、いざスカルノハッタ空港へ。この名前、何だか聞いたことがある!そうです。通称デヴィ夫人こと根本七保子さんの亡父であり、インドネシア国初代大統領のスカルノ氏と同副大統領のハッタ氏の名前が空港名の由来となっているそうです。

到着後はさっさとチェックインを済ませて足早に出発フロアへ
IMG_0790
搭乗ゲートにはこのような工芸品屋さんばかり。照明が薄暗いことも相まって、非常に怪しい雰囲気。

IMG_0791
木工芸の超大作、その名もOPALINDO。日本円で18万円、同店の目玉商品です。名前の意味とか聞きたかったけど、一度質問をしてしまうと購入意思があるものとみなされ永遠の営業トークの餌食となってしまうので断念。客引きも多く、落ち着いて買い物ができない。

空港を奥に進むと今度はこんな物が目に入る。
IMG_0792
だから、イスラム国家じゃないんかい!君たちの仲間の一味はバーミヤンの仏像を破壊してたというのに。

一通り免税店を見て回り、ラウンジで暫しの休息をとることにした。この空港の免税店のラインナップはしょぼすぎて時間潰しに困る。
IMG_0794
手前左側のJAS Premier Loungeと奥正面のPura Indah Lounge(respected gateという意味by google翻訳)の2種類がある。規模や食事の種類も断然premier loungeがおススメ。但し、premier loungeが豪華なのではなく、『respected gate』がしょっぱ過ぎるため、消去法でのおススメとなってしまう。

中の様子。各種飲み物の他、サラダ、フルーツ、パスタ、スープなど基本的なものは一通り揃っているのだが、何か物足りない。
IMG_0796
節電なのか?と思ってしまうほど、この空港内はどこに行ってもひたすら暗く陰気である。

IMG_0797
こちらは搭乗口横の庭園。何となく日本庭園的なつくりとなっているのはデヴィ夫人の功績によるものか?

まあそんなこんなでガルーダ航空便にて広州空港経由で中山へ帰還。自宅でゆっくりと休み、明日は朝一で深センに行こうと思う。

Related posts(関連記事):

GA225 ソロからジャカルタへ B737-800(B738)
遂に現実世界へ引き戻される時がやってきた。 GA225 11:35ソロ発―12:50ジャカルタ着 CX776 14:25ジャカルタ発―20:30香港着 CX524 01:00香港発-06:25成田着 という旅程で日本に戻る予定だが、キャセイからの連絡によると台風による影響で香港離発着便で欠航/遅延が相次いでいて、CX776・CX524共に大幅遅延になるそうだ。まさかのスカルノハッタ缶詰...
聖地の中の地獄谷・シキダン地熱地帯
ディエン高原は巨大な火山地帯にあり、高原全域がカルデラ盆地になっているので、所々で噴気孔からモクモクと白煙がたなびく様子が観察できる。ジョグジャから来る途中に見た煙も焼畑によるものではなく噴気孔からの蒸気煙だったんだろう。火口原ならではの現象で、ディエン高原には地中から噴出する蒸気で直接タービンを回し発電機を駆動して電気を得る地熱発電所まで有るらしい。生きた火山にいることを実感させられる。 ...
天空の神殿から地上の俗世界へ(チュト寺院⇒サンギラン)
シクー寺院・チュト寺院の見学を終え、ラウ山の中腹からサンギランへバイクで向かう。天空の幽玄の地から地上の俗世界へと降り立っていく気分である。 移動距離は55Kmと大したことないのだが、山間の九十九折れでスピードも出せないし、平地は平地で一部が凸凹道となっていたりしたので、3時間以上もかかることになるとは… 標高3,265mの聖峰ラウ山を結構な傾斜で下ってく。 地球は丸い!っ...
ジョグジャカルタからスラカルタ(ソロ)へ
ジョグジャカルタでの7泊があっという間に過ぎ、ジョグジャを離れる日がやってきた。次なる目的地はジョグジャカルタと共にマタラム王国の王位継承争いにより分裂した王家が拠点とし、マタラム王国の宮廷文化の中心を担ってきたスラカルタ(ソロ)。今では消滅してしまったマタラム王国の王都として栄えた古都で、バティック、ガムラン音楽、影絵芝居、ジャワ舞踏など伝統文化の中心地としてインドネシアの伝統芸能を育んできた文...