ジャカルタ【スカルノハッタ空港】

今回の出張も接待の連続で体力的に瀕死状態での帰国を余儀なくされた。重い肝臓とスーツケースを引きづり、いざスカルノハッタ空港へ。この名前、何だか聞いたことがある!そうです。通称デヴィ夫人こと根本七保子さんの亡父であり、インドネシア国初代大統領のスカルノ氏と同副大統領のハッタ氏の名前が空港名の由来となっているそうです。

到着後はさっさとチェックインを済ませて足早に出発フロアへ
IMG_0790
搭乗ゲートにはこのような工芸品屋さんばかり。照明が薄暗いことも相まって、非常に怪しい雰囲気。

IMG_0791
木工芸の超大作、その名もOPALINDO。日本円で18万円、同店の目玉商品です。名前の意味とか聞きたかったけど、一度質問をしてしまうと購入意思があるものとみなされ永遠の営業トークの餌食となってしまうので断念。客引きも多く、落ち着いて買い物ができない。

空港を奥に進むと今度はこんな物が目に入る。
IMG_0792
だから、イスラム国家じゃないんかい!君たちの仲間の一味はバーミヤンの仏像を破壊してたというのに。

一通り免税店を見て回り、ラウンジで暫しの休息をとることにした。この空港の免税店のラインナップはしょぼすぎて時間潰しに困る。
IMG_0794
手前左側のJAS Premier Loungeと奥正面のPura Indah Lounge(respected gateという意味by google翻訳)の2種類がある。規模や食事の種類も断然premier loungeがおススメ。但し、premier loungeが豪華なのではなく、『respected gate』がしょっぱ過ぎるため、消去法でのおススメとなってしまう。

中の様子。各種飲み物の他、サラダ、フルーツ、パスタ、スープなど基本的なものは一通り揃っているのだが、何か物足りない。
IMG_0796
節電なのか?と思ってしまうほど、この空港内はどこに行ってもひたすら暗く陰気である。

IMG_0797
こちらは搭乗口横の庭園。何となく日本庭園的なつくりとなっているのはデヴィ夫人の功績によるものか?

まあそんなこんなでガルーダ航空便にて広州空港経由で中山へ帰還。自宅でゆっくりと休み、明日は朝一で深センに行こうと思う。

Related posts(関連記事):

ジャカルタ歴史博物館
ジャカルタ歴史博物館 入場料: RP 2,000 (20円) 開館時間: 09:00~15:00 (月曜日及び祝日は休館) 入館の際に15:00閉館って早すぎでしょ!って言ったらジャカルタの博物館は大体この時間に閉まると言われました。そんなに早く閉まられたら今日中に全部回ることができないじゃないか!各博物館をゆっくりと拝観したかったのに、ここから巻いて巻いて、大幅なスピードアップを余儀な...
GA225 ソロからジャカルタへ B737-800(B738)
遂に現実世界へ引き戻される時がやってきた。 GA225 11:35ソロ発―12:50ジャカルタ着 CX776 14:25ジャカルタ発―20:30香港着 CX524 01:00香港発-06:25成田着 という旅程で日本に戻る予定だが、キャセイからの連絡によると台風による影響で香港離発着便で欠航/遅延が相次いでいて、CX776・CX524共に大幅遅延になるそうだ。まさかのスカルノハッタ缶詰...
渋滞知らずのトランスジャカルタ
ジャカルタ市内の渋滞が醜いことは以前から愚痴含みで書いたりしているが、今日は渋滞に関係無く市内を移動できる救世主をご紹介。 種明しから先にしますと、トランスジャカルタと呼ばれる公共バスがメシアの正体です。 トランスジャカルタは道路がブロックで区画された中央部の専用レーン、トランスジャカルタのみが入れる聖域レーンを走行していく為、渋滞で足止めを食らってる一般車を尻目にスイスイと走る事ができる...
本家より本家らしいマンクヌガラン王宮
次なる目的地はマンクヌガラン王宮。 先程のカスナナン王宮と合わせて一つの町に二つの王宮が併存している裏には複雑な歴史がある。 先ず、1745年にマタラム王国のパクブウォノ2世がソロに遷都した際にカスナナン王宮を建造。しかし、10年後の1755年にはマタラム王国がジョクジャカルタ王国(スルタン王家)とスラカルタ王国(ススフナン王家)とに分裂。更に1757年には王位継承問題のイザコザの中でスス...