搭乗記 S7航空 A321Neo 国内線ビジネスクラス ノボシビルスク⇒ウラジオストク

怒涛のS7航空3連発、第二弾はロシア国内線区間でノボシビルスクから極東ウラジオストクへ。

TAS-OVB S7 3298 16:20-21:10(2.5h、1,128mile)
OVB-VVO S7 3279 23:10-0750(5.4h、2,316mile)☚いまココ
VVO-NRT S7 565 13:25-14:40 (2.15h、685mile)

こうして改めてみてみると、ウラジオストクって東京からもめちゃめちゃ近いのな。伊丹-新千歳とあんま変わらんくらいの距離だ。


21:20、ノボシビリスクに到着するなりロシアへの入国手続きを済ませ、国内線ターミナルへと移動する。乗り継ぎとはいえロシアに入国することになるので、観光ビザをマルチエントリーにしてなかったらアウトだった。


ターミナル移動といっても建物の外に出る必要は無いようで、国際線到着ターミナルから国内線ターミナルへは建物内で矢印に沿って歩くだけ。当たり前だけど右も左もロシア人ばかりだわ。


ここ入って良いの?中にいるザンギエフみたいな屈強な警備員に怒鳴られながら摘み出されたりしない?って思えるようなショボショボの優先レーンを通って出国エリアへ。

ノボシビルスク S7航空 ビジネスクラスラウンジ


ラウンジの入口も殺風景。国内線だからか全然華やかさが無く気分が盛り上がってこない。ビジネスクラスラウンジじゃなくビジネスホールという名前もね。ホールってw そもそもラウンジでもないんかいw

ひだり みぎ
ホールなんていうものだから、共産圏っぽい無駄に大きく何もない空間に無地のテーブルと椅子がちょこんと並んだだけの集会所的なものかと想像していたが、中はライティング控えめでエロい系の雰囲気。ただ、トランジット時間がジャスト2時間と短かった為、ここでは食べず飲まずのまま出発ゲートへと移動する。

フライト S7航空 ノボシビルスク⇒ウラジオストク

ノボシビルスクからウラジオストクまで、ロシア国内線の深夜便にて極東ロシアへと移動。
ひだり みぎ
ゲートから歩いて搭乗。日本時間深夜1時過ぎ発のフライトで眠気マックス疲れマックスだったけど、あまりの寒さに一瞬で眠気が吹っ飛んだ。


またこのシート。


またこのポーチ。


またこのサラダ…。同じ航空会社の同じ機材2連発だと流石に飽きてくるな…。CAはぶっきら棒、パーソナルモニター無しでエンタメ性も皆無だし。ほんと、食って寝るしかない。


メインはクスクスとサーモンラザニア。国内線とはいえ6時間弱のフライトだった為、機内食は国際線のものと遜色無い内容でした。国内線で6時間とか、とりあえずロシアでかすぎ。


目覚めの朝。目を開けふと隣に目をやると、ウォッカ臭いイビキがーがーのロシア人オッサンがぐっすり。今回のフライトは農婦のような大柄で素朴なロシア人が多く、Y席もC席も見事にド満席でした。


寝心地が悪くて体がダルダルだったけど、目覚めのショットで気分スッキリ。隣のオッサンは朝からやっぱりスピリッツ。水代わりに目覚めのスピリッツとか、完全にアル中じゃないっすか。


ひだり みぎ
07:50、朝靄に包まれたウラジオストク着。23時過ぎ出発のフライトで、お隣の酒臭い大男はウォッカがぶ飲みしてからガーガーと熟睡、目覚めるなり酒を飲み干しランディングするなりクマのような野性味ある大欠伸をしながら無事の到着を祝ってパンパンと拍手…。ワイルドすぎるぜロシア人。

ということで極東着。あー、いよいよ今回の度もあと1フライトを残すのみだー。

Related posts(関連記事):

上海航空 A330 広州ー上海虹橋 ビジネスクラス搭乗記
今年からJALに傾斜したこともあり、中国国内移動はJALマイルが貯まる中国東方航空を偏重してきたのだが、この日はちょっとした出来心から上海航空に浮気することに。 上海航空は2010年に中国東方航空に買収されて東方航空の完全子会社なんだけど、残念ながらJALマイルはMU便じゃなきゃ貯まらんので、仕方なく同じくスカイチームに属する中国南方航空にマイルを付ける。完全子会社化されてるのに上海航空の名...
搭乗記 エミレーツ航空 B777-300ビジネスクラス テヘラン⇒ドバイ
さぁ、今回の旅行もいよいよ大詰め。 「イランどうだった?」「イラン人どう思う?」「イランの食事どうだった?」「イラン近代文化の象徴とされる宮殿に行った?どうだった?」「イランの博物館はどうだった?」ホテルから空港へ向かうタクシーの運転手から無限に放たれてくるイランに関する質問をさばき切り、テヘラン⇒ドバイ⇒香港⇒羽田と小刻みに飛行機を乗り継ぎ東京へと戻ります。 帰りもテヘラン⇒ドバ...
マレーシア航空 B737-800 ビジネスクラス搭乗記 シンガポール⇒クアラルンプール⇒香港
シンガポールから香港への戻りもマレーシア航空を利用してクアラルンプール経由で。 往路の搭乗記はこちら。 地味にありがたいプレミアチェックインカウンターからスムーズに出国。 この日は大衆ラウンジに行く気が起きなかったので、ガーデンで蝶や鯉と戯れる。 こちらは何かと思ったら懐かしのガリ版。 TWGでのお茶の調達も忘れずに。 香...
CX776ジャカルタ-香港からのCX524で成田へ
CX776は香港からのCX777の遅延により2時間遅れの16:15に出発することになった。台風の影響で香港では大幅な遅延/欠航が相次いでいるとのことで、香港での成田行き乗継便も遅延が決まったそうだ。もともと01:00出発の乗継便が遅延とか、疲労困憊の私には受け入れ難き極刑だ。 いつもの搭乗ゲートに行くと、遅延の罪滅ぼしの為に軽食が配給されていた。まぁ遅延はキャセイのせいじゃないんだけど。 ...