シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

767-300ER JAL735 スカイラックスで行く香港


この日はJALのエコノミーに乗って成田から香港へ。


いつもの通りJGCカウンターでチェックインを済ませ、寿司⇒日本酒⇒饂飩のルーティーン作業をこなしてから搭乗ゲートへと向かう。ネタがエビなところにどれだけ前の搭乗記だかが見てとれるだろう。

急な機材変更を望んでいたが、願い届かず通常通りの機材繰りで、駐機場には古ーいB767-300ERが待機。
ひだり みぎ
ということで待ち構えるは悪名高きスカイラックスシート。座席全体から漂うオールド感に加齢臭から判る通り、長年に渡ってJALのビジネスクラスを支えてきた古参シートである。一部のB767-300ERにはスカイスイートが搭載されてるが、流石にこんな単距離路線には最新仕様の機材は降臨しなかった。


同じくスカイラックス装備のB737-800は2×2の配列だが、ワイドボディのB767-300は2×2×2。まぁそのぶん機体も大きいのでシート幅はそれ程気にならないが、問題はリクライニング角度。殆ど傾いてくれないので、中距離路線だと厳しいだろう。


座ってみるとビックリ。小さな手持ち鞄は足下に置く派の自分、涙目。


シートポケットには座席番号が予め書かれたメモ付きのハンガー・スリッパ・機内誌・ゲロ袋が詰められていて、ジャケットをハンガーにかけると即座にJALスマイルが眩しいマダムCA様が「お召し物を…」と飛んできてくれる。ここらへんの丁寧な対応は肩の凝らない自然体サービスが特徴のCXからの移籍組には慣れないところ。


モニターはセンターアームレスト埋め込み式で、肘置きの蓋を開けて引っ張りだす必要がある。これがまた取り出すのに中々の力がいるんだわ。隣のお爺様なんか、モニターを出し入れする度にCAの方に介護されていた。

そんなJL735は今回も安定の定刻出発。シートベルトサインが消えると同時にテーブルクロスが敷かれ、ドリンクサービスが始まった。

メインのステーキのことを考えると赤ワインが正解なんだろうが、気分的に焼酎を頂くことに。


食事は洋食のハンバーグステーキ玉葱と大根の和風ソースを選択したところ、何やら大勢引き連れてきてプレートが賑やかだw

JAL機内食
前菜毛蟹、カリフラワームースとトマトゼリーのヴェリーヌ仕立て・チキンと無花果のガランティーヌ・野菜のソテー・オニオンコンソメスープ韓国風・ボイル野菜のサラダ サウザンアイランドドレッシング・チーズのパンと柚子のパン
メインハンバーグステーキ 玉葱と大根の和風ソース
デザートハーゲンダッツ

そして、繰り返される恐怖の焼酎もう一杯如何ですか攻撃。一杯二杯と進むにつれて濃度が濃くなっていくというね。スナック感覚で楽しませてもらったわ。

食後はいつものリフレッシュメント。

4時間程度のフライトなら食って本読んでるうちに目的地に着くんでシートの質も気にならないが、それ以上の東南アジア行きとなるとこの座席はキツイな。驚くくらい後ろに倒れてくれないし、エンタメシステムも使い勝手が宜しくない。


香港空港からはIHG修行先のホリデイインエクスプレス旺角までタクシーで。こちらの目的地別タクシー運賃目安表に旺角までHK$240とあり、実際のメーター運賃がHK$238とニアピンされて感心した。道路の込み具合等によっても上下動するとは思うが、この目安表は参考程度には使えるかと。

銅鑼湾:HK$285
湾仔:HK$290
ホンハム:HK$235
旺角・尖沙咀・油麻地:HK$240
沙田:HK$260
荃灣:HK$205
ディズニー:HK$125~

Related posts (関連記事):

ユダヤ教徒食 再び
ベトナムから解放されて中国に戻ってきました。 午前中にホーチミンの半日観光を楽しでから空港に向かい、チェックイン。すると受付担当が『Did you made a request for kosh...
香港で長期化する反政府デモの現場
1997年に香港が中国に返還されてから17年余り。一国二制度の下で高度な自治が認められ、アジアの金融ハブとして繁栄してきた香港で勃発した反政府デモが長期化、一国二制度継続の正念場を迎えている。今回のデ...
JL735 NRT-HKG B787-8エコノミークラス搭乗記
この日はJL735で成田から香港へ。成田―香港の便は今年3月31日から機材が瀕死状態のオンボロ機材・B772からB787に変更されている。まぁ787といっても従来型のB787-8型機のことで、スカイワ...
ウルムチ⇒敦煌 天津航空 ERJ190搭乗記
ウルムチから甘粛省・敦煌への1,000キロ区間は飛行機でひとっ飛び。これで新疆ウイグル自治区とはお別れとなる。 軽く寝坊したので空港へはタクシーで(所要時間=30分弱、運賃48元)。ウルムチ地窩...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. グリーン より:

    しかし。。。いつもゴージャスな移動ですな。文句言ったらバチ当たりますよ(笑)

    • ポンズ より:

      グリーン様
      ご返答遅れ申し訳ございません!そうですね…。確かに尻が贅沢病に罹っていたかもしれませんw