SPGとMLBのコラボ企画開催中~プロモやら特別オークションやら~

ここ2週間ほど某国に軟禁状態。重要プロジェクトを抱えつつも4月には玉突き人事により今年9月に予定していた異動が前倒しとなるという意味の分からない非常事態にあり、週末も追い込んで仕事せねば間に合わぬ火事場にある。メッセージをお送り頂いた方にはレスポンスが遅れ申し訳ございません。この場をお借りしお詫び申し上げます。

さて、本日はSPGのミニプロモのご紹介。
どうやらSPGとMLBがパートナシップ契約を結んだようで、SPGモーメンツでMLB絡みの案件が増えている。

特にユニークなのは、7月18日のシカゴでのカブス―メッツ戦の国歌独唱権www

国歌独唱権・観戦券2枚・観戦中のスイートでの飲食サービスをセットにした商品がオークションにかけられていて、現在の最高入札額は60,500スターポイント。数万の観客を前に貴方の美声を披露するチャンス!興味のある方、入札はこちらの公式ページからどうぞ。入札期限は東部夏時間3月21日11:00となっております。落札しても歌うのは君が代じゃなくアメリカ合衆国国家である星条旗なので要注意。

で、だ。前置きが長くなったが、ここからが現在開催中のSPGプロモの話。今回はMLBとのタイアップ強化を記念したゲーム式プロモになっている。

正確に言うと、「毎日1回だけプレーできるゲーム型プロモ」と、「ゲーム型プロモ参加者を対象にしたラッキードロー」という二階建て構成のプロモとなっている。ラッキードローは特別な登録などは不要で、一度でもゲーム型プロモに参加したら自動的に登録される仕組み。

それでは、ゲーム型プロモから紹介していこう。野球に詳しくなくとも全くもって問題無いので安心頂きたい。

【手順】
1. プロモホームページでサインイン。


2. 自チーム・敵チームを選択。ここは自陣は強打で鳴らすタイガースを、相手には毎年のように投手事情に苦しむロッキーズをチョイスし、「Play Ball!」をクリック。この時点で頭の中でファミスタのBGMが再生される。


3. 続いてチェンジアップ・ナックル・カーブ・直球の中から狙い球を選択。ツーアウトランナー無し(?)と絶望的な状況なので、直球に絞って待つべきか。


初級はチェンジアップに張るも、敢え無く空振り。そして何故かアウトカウントが減った。


2球目も外角ギリギリに投げ込まれたチェンジアップを豪快に空振り。すると、アウトカウントがツーアウトに戻ったぞ。


3球目、チェンジアップを捉えた!フェンス際まで伸びる大飛球だ(ファールフライかもしれないけど←小声)。


あぁー。必死に手を伸ばす外野手がフェンス際で好捕。全盛期の飯田かよ。

【賞品】

ヒット種類対象人数賞品
単打425人1000スターポイント
ツーベース255人5000スターポイント
ツーベース(US限定)510人US$50のAmazonギフトカード
スリーベース85人10000スターポイント
スリーベース(US限定)51人MLB.TV Premiumのサブスクリプション
ホームラン34人20000スターポイント

続いて、3月22日に行われるラッキードローの方。
【手順】
ゲームをプレーしたら自動的に登録されるので、特に無し

【賞品】
ワールドシリーズ第一戦の観戦チケット2枚

日頃の行いが悪いのだろう、小生は今日まで3タコの打率0割0分0厘。当選確率は高くないかと思いますが、皆様も運試しにどうぞ。幸運を祈ります。

Related posts(関連記事):

抜群のリゾート感に癒される ケンピンスキーサイアム クラブルーム宿泊記
ずーっと前から気になってたケンピンスキー・サイアムのクラブルームに泊まってみた。取引先のお偉いさん曰く、誰もが認めるバンコク一、否、アジア一のラグジュアリーシティーリゾートホテルとのことだ。中毒性があり、一度でも泊まってしまうと、大枚はたいてでも再訪したくなるので、気を許し過ぎるなと御忠告頂いた。 そんなに良いのかケンピンスキー。ケンピンスキーは1897年に創設され、1世紀以上の伝統を誇るド...
広州中国大酒店 チャイナホテル マリオット広州 宿泊記
2018年11月追記: 当ホテルは2018年10月末をもってマリオットグループから脱退いたしました。無念! この週末は久しぶりに広州旧市街地を探索してみようと思っていたので、旧市街地にある方のマリオット(チャイナホテル マリオット広州こと中国大酒店)に泊まってみることに。 参考までに、新市街地の天河にあるマリオットの宿泊記はこちら。 新市街地ど真ん中に建つ近代的高層ビルに入るス...
Wホテルデビュー W Hotel Bangkok宿泊記
今年の清明節は3連休を利用してバンコクへと逃亡。SPGプラチナチャレンジの修行も兼ね、滞在先はWバンコクにすることに。Wホテルは自分にはヒップすぎるというか、イケイケ過ぎて落ち着かないデザインホテルというイメージで敬遠していたが、食わず嫌いは良くないよね、ってことでWデビューしてみることに。 タイの首都バンコクの中でも大使館やガラス張りの高層オフィスビル、金融機関などが集中するビジネスディス...
シェラトン東莞ホテル宿泊記/Sheraton Dongguan Hotel
今年も飲み会の季節がやってきた。今週は飲み飲み飲みと酒の席が続いており、今日もアウェーの地・東莞で忘年会に参加するためにシェラトン東莞ホテルに宿泊することに。既に肝臓が悲鳴を上げているが、追い打ちをかけるように来週はベトナムとタイで忘年会ラッシュ。そろそろ肝臓の悲鳴が聞こえてきそうだが、当地での飲みの席では容赦無い。次から次へと一気飲みの「干杯」を求められ、楽しむというよりはどちらが多く飲めるかの...