シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グランドインドネシアでパウラナーを発見


ホテル傍にあるショッピングモール・プラザインドネシアとグランドインドネシアをブラブラと徘徊。ネクタイや土産用のマンゴスチン石鹸なんか買ったりしてブラブラしていると、なんとまぁパウラナーを発見!!年明けに広州の太古匯で発見したパウラナーでドイツビールの魅力にすっかり魅了されてしまっていて、見つけたからには入らずにはいられない。ということで、申し訳ないがマンダリンオリエンタルに電話を入れてランチの予約をキャンセルしてもらうことに。申し訳ない、でもパウラナーの魅力には抗えないんだ。


先ずはグランドハイアット直結のプラザインドネシアを冷かしてみることに。


7階建て。牛角、シャブシャブハウス、寿司亭、鼎泰豊、まる玉ラーメン、大戸屋なんかが入っていて食事処には困らない。


出た!Superdry、極度乾燥(しなさい)。確かにインドネシアでも見るなーと思ったら、支店があったのか。結構客入りも良いし、なんかもう、一周回ってかっこよく見えてくる。


リモアが変なコンセプトのスーツケースカバー(!?)を売っている。ダサイし、インドネシアっぽくない時点で買う気なし。


テイラーもあったりしてプラザインドネシアは案外楽しめる。ただ、バンコクのようにはいかず、スーツをオーダーメードすると3週間かかると。バンコクなんて最短1日で仕上げてくるからな。早すぎて心配になるけど。後は生地の選択肢も少ないし、やっぱりテイラーはバンコクに限る。

続いて道を挟んだ反対側にあるグランドインドネシアへ向かう。こっちはケンピンスキーホテル直結になっている。名前的に、グランドインドネシアをグランドハイアット直結にすりゃあいいのにといつも思うのだが。

絶え間なく二輪・四輪が走り狂う中を突っ切らないといけないのだが、なかなか横断のタイミングがつかめない。おどおどしていると、みかねた警察が車の流れを止めて横断させてくれた。


グランドインドネシアの1階ではユニクロが大々的なプロモをしてる。クールジャパン、頑張って。


このモール、なんだか巨大すぎて歩いていて訳が分からなくなる。中で西武と繋がったりしてるし、本当に巨大。

ひだり みぎ
最近アジア各国で攻勢をかけてる丸亀製麺や、SumoBoo(相撲・ブー)とかいう謎のファーストフード店。他にココ壱や板長寿司があったりするが、どこも超満員御礼。

ひだり みぎ
巨大モールをさ迷い歩いていると、East Mallの2階に見覚えある看板を発見。パウラナーだ!

ひだり みぎ
ホテル内で昼食を摂る予定だったが、あっさり裏切ってパウラナーに入店。


これこれ、ビールは貯蔵タンクから直接注がれる。ウェイターは何故か男もディアンドル姿なんだが、背が低く褐色のインドネシア人の男がやると滑稽なほどに似合わない。罰ゲームもいいところだよ、見ていて可哀想になるレベル。


来たー。ダンケ、ヘル、ヴァイスビアの3種飲み比べ(IDR 79,000++)。ダンケ派だったが、麦の味濃厚なヴァイスビアも悪くないことを発見。なんでも試してみるものである。


そしてソーセージ。ニュルンベルクソーセージ×2、デプレツィナー×1、定番ウィンナー×1、テューリンゲン×1の4種5本の食べ比べ(IDR 285,000++)。もう絶頂。至福の時。

腹ごしらえした後はデザート。モールの5階にRon’s Laboratoryという不思議なネーミングのジェラード屋を発見。

なんかチェーン店っぽい名前だが、聞いたことはない。でもわんさかと客が入ってるのだから味に間違いはないのだろう。


店員が実験用の白衣やマスク、ゴーグルを装着してるwだからLaboratoryなんね。理科の実験室さながらに白煙出してるし。

ひだり みぎ
ジェラードのミルクも変な注射器に入ってるしw実験室テーマのジェラード屋、どんなコンセプトだよと思うが、味は悪くない。今日は思いがけず良いランチになったわい。

Related posts (関連記事):

インドネシア文化の多様性~お布施は定額制?~
続いては独立記念塔の展望台から見えたモスクを目指します。地理感が無いので遠いか近いかも分からないがモスクの方面に直進! 見えた!! けど鉄柵が邪魔… 結局大きく回り道をする羽目に。 ...
ジャカルタ歴史博物館
ジャカルタ歴史博物館 入場料: RP 2,000 (20円) 開館時間: 09:00~15:00 (月曜日及び祝日は休館) 入館の際に15:00閉館って早すぎでしょ!って言ったらジャカルタの...
ブロックM探索と公衆便所
夜の日本人向け繁華街として名を馳せるブロックM。私も何度か接待の一次会・二次会で繰り出させられたことがあるのですが、陽が明るいうちに訪れるのは初めてです。 ブロックMへはモナス(独立記念塔)からトラ...
ジャカルタ海洋博物館とコタのスラム街
客先との約束時間までの暇潰しとして、オランダ統治時代の面影が色濃く残るコタ一帯を探索してみようと思う。観光地化されたバタビア時代の建物が多く残るファタヒラ広場一帯を離れ、かつてバタビアの表玄関として栄...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする