マンディリ博物館

マンディリ博物館
入館料: RP 2,000 (≒20円)
開館時間:09:00~16:00(月曜日及び祝日は休館)

マンディリとは銀行の名前です。97年のアジア通貨危機の時に4行の国営銀行が合併、経営再編されて巨大なマンディリ銀行が誕生しました。ここは当時の銀行の様子を紹介する博物館になります。

IMG_6743
入り口の左右にはコミカルなマネキンおじさんが二人。

インドネシア銀行博物館が非常に気合の入った内容だっただけにここにも大きな期待がかかりますが…

IMG_6744
チケット売り場にもマネキン。建物は以前から某銀行の支店だったようで、銀行のレイアウトがそのまま残されているようです。

IMG_6749
それにしてもだだっ広い。

外観。シンメトリーの美!
IMG_6762
立派な左右対称建築。

館内に目を向けますと
ひだり みぎ
当時のタイプライターであったりプリンターなんかが無造作に置かれています。

これは算盤のロッククライミング!!
IMG_6753
戦後早い段階で算盤が海外に普及してたんですね…って銀行で算盤は流石にローテクすぎるでしょう!

いや、ちゃんとパソコンもありました。
IMG_6755
電話といいパソコンといい年季が入っています。

IMG_6757
行員は何故かラボコート着用。

不必要となったマネキンは見えないところで保管して欲しい。
IMG_6758
牢獄囚のようで気味が悪い(苦笑)

ひだり みぎ
当時の銀行内の様子の再現。

IMG_6772
この緊張感!

IMG_6760
クーラーは効いていないですが大型ファンが天井で回っていて心地が良い。廊下では子供たちが休憩をしていて通れません。昼寝の邪魔はしたくないし…

マンディリ博物館もインドネシア銀行博物館も同地区にあり、両方とも銀行に関する博物館なのでどうしても比較してしまう。

マンディリ⇒有料(といっても20円ですが)・クーラー無し・館内の説明殆ど無し
インドネシア銀行⇒無料・クーラー有り・館内の説明が豊富

インドネシア銀行博物館が豊富な資料やデータをデジタルにディスプレイしているのに対して、マンディリ博物館は実際に使用されていた調度品とマネキンで再現して当時の様子を再現する事に重視しています。

さて、この時点でもう時間が無い!ここからちょっと離れたところにある独立記念塔下の歴史博物館とインドネシア国立博物館は外せないので、泣く泣くこの近くにある絵画・陶磁器博物館と海事博物館は断念。急ぎの為タクシーでインドネシア国立博物館へ向かいます。

Related posts(関連記事):

カリウランの見どころ巡りツーリング
ムラピ火山博物館の見学を終え、次なるバイタク運ちゃん推薦スポットへと向かう。 観光コースの選定はカリウランで生まれ育ったというバイタクに一任し、彼が厳選した“Top three destinations in Kaliurang”を巡ることになっている。携帯の翻訳アプリを通じてか意思疎通が図れないが、細かな仕草や表情から素朴で誠実な人柄が伝わってくるナイスガイなんで、変な所に連れ出される...
本家本元の王家が住まうカスナナン王宮
ローヤルホテルMギャラリーで荷物を預け、一番に向かった先はマタラム王朝の嫡流にあたるススフナン王家のカスナナン王宮。1745年、マタラム王国直系のパクブウォノ2世が王位継承戦争の戦乱で荒廃したカルタスラからソロに遷都した際に建造した王宮で、ジョグジャカルタの王宮と同様に南北にアルンという広場を設けた典型的な中部ジャワの王宮形式で造られている。 現在では「特別州」として自治権が与えられているジ...
ムラピ(メラピ)山の麓村・カリウランへ
パクアラマン王宮の次は霊峰ムラピの山麓の村・カリウランまで遠出してみることに。ムラピ山は標高2,911m、富士山のように美しい円錐状の単独峰で、ジョグジャカルタでは古くから崇め奉られてきた聖なる山である。しかし、その神秘的美しさとは裏腹に約40万年前から噴火を繰り返してきた世界でも有数の暴れ火山としても知られている。2010年に300名超の人命を奪った大噴火は記憶に新しいところだが、現在は小康状態...
ジョグジャの安宿街・ソスロウィジャヤン地区
ジョグジャカルタにも所謂バックパッカー街、安宿街と呼ばれるエリアがある。それがソスロウィジャヤン地区と呼ばれる一角で、トゥグ駅南口を出てすぐ目の前にある細い路地が世界各国からのバジェットトラベラーが集まるちょっとした安宿街となっている。 駅前のパサール・クンバン通りと平行して150mほど南を走るソスロウィジャヤン通り、この二つの通りを結ぶガンと呼ばれる細い路地沿いに安めの宿泊施設がずらり...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。