マンディリ博物館

マンディリ博物館
入館料: RP 2,000 (≒20円)
開館時間:09:00~16:00(月曜日及び祝日は休館)

マンディリとは銀行の名前です。97年のアジア通貨危機の時に4行の国営銀行が合併、経営再編されて巨大なマンディリ銀行が誕生しました。ここは当時の銀行の様子を紹介する博物館になります。

IMG_6743
入り口の左右にはコミカルなマネキンおじさんが二人。

インドネシア銀行博物館が非常に気合の入った内容だっただけにここにも大きな期待がかかりますが…

IMG_6744
チケット売り場にもマネキン。建物は以前から某銀行の支店だったようで、銀行のレイアウトがそのまま残されているようです。

IMG_6749
それにしてもだだっ広い。

外観。シンメトリーの美!
IMG_6762
立派な左右対称建築。

館内に目を向けますと
ひだり みぎ
当時のタイプライターであったりプリンターなんかが無造作に置かれています。

これは算盤のロッククライミング!!
IMG_6753
戦後早い段階で算盤が海外に普及してたんですね…って銀行で算盤は流石にローテクすぎるでしょう!

いや、ちゃんとパソコンもありました。
IMG_6755
電話といいパソコンといい年季が入っています。

IMG_6757
行員は何故かラボコート着用。

不必要となったマネキンは見えないところで保管して欲しい。
IMG_6758
牢獄囚のようで気味が悪い(苦笑)

ひだり みぎ
当時の銀行内の様子の再現。

IMG_6772
この緊張感!

IMG_6760
クーラーは効いていないですが大型ファンが天井で回っていて心地が良い。廊下では子供たちが休憩をしていて通れません。昼寝の邪魔はしたくないし…

マンディリ博物館もインドネシア銀行博物館も同地区にあり、両方とも銀行に関する博物館なのでどうしても比較してしまう。

マンディリ⇒有料(といっても20円ですが)・クーラー無し・館内の説明殆ど無し
インドネシア銀行⇒無料・クーラー有り・館内の説明が豊富

インドネシア銀行博物館が豊富な資料やデータをデジタルにディスプレイしているのに対して、マンディリ博物館は実際に使用されていた調度品とマネキンで再現して当時の様子を再現する事に重視しています。

さて、この時点でもう時間が無い!ここからちょっと離れたところにある独立記念塔下の歴史博物館とインドネシア国立博物館は外せないので、泣く泣くこの近くにある絵画・陶磁器博物館と海事博物館は断念。急ぎの為タクシーでインドネシア国立博物館へ向かいます。

Related posts(関連記事):

評判の良いラッフルズジャカルタに泊まってみた
二週連続のジャカルタ出張。無事に任務完了となったが、せっかくなんで週末に新しくできたラッフルズ ジャカルタに泊まってから香港に戻ることに。フェアモントプレジデント修行も兼ねたリフレッシュステイ。年10滞在の最上位のプラチナは厳しいけど、5滞在で達成できるプレミアくらいにはなりたいなと。 ラッフルズは新しいホテルという事もあり名前がまだまだ浸透していないようだ。運転手に幾らラッフルズと言っても...
アンティーク“風”製品が並ぶスラバヤ通り
ハイアットでチェックインを済ませ、有名な骨董品市場のあるスラバヤ通りに行ってみることに。ゆーみんの「スラバヤ通りの妹へ」で名前だけえも聞いたことがあるという方も多いのではないか。 鉄道のチキニ駅近くのスラバヤ通り。観光ルートにも組み込まれるほどの有名な骨董市になっている。 このスラバヤ通りの直ぐ隣を水路が走ってるんだが、これがまた臭いこと臭いこと。 どうです、これ?東莞でも鼻...
シェラトングランド ジャカルタ ガンダリアシティ クラブフロア宿泊記
この日のお宿は2015年11月にジャカルタ南部にオープンしたシェラトングランドジャカルタ ガンダリアシティ(Sheraton Grand Jakarta Gandaria City Hotel)。ホテル名が示す通り大型複合施設ガンダリアシティの一角にあり、食事にもショッピングにも困らず快適な出張生活を過ごせる便利さがウリのSPGホテルである。近くに住まわる駐在員も多く、出張者はここに泊めとけば良い...
ジャカルタの鉄道に乗ってみた
ジャカルタを走る鉄道はKRLジャボタベックと呼ばれ、インドネシアのジャカルタ首都圏に住まう庶民の足となっている。ジャボタベックというガンダムに出てきそうな名前は、ジャカルタ首都圏の各衛星都市の通称であるJakarta、Bogor、Depok、Bekasi、Tangerangの頭文字が組み合わせられたものらしい。 ジャカルタ都市圏の鉄道の電化計画には日本も深く関与していて、日本のODAによりジ...