カンチャナブリーへの小旅行

バンコクからバスで北西に3時間、タイのカンチャナブリーという町がある。不巧の名作映画と評される「戦場に架ける橋」にも描かれた戦争の一幕の舞台となり、世界的な有名観光地として一躍脚光を浴びることとなった小さな町だ。第二次世界大戦中、日本軍がビルマへ軍需物資を輸送する為に敷設した泰麺鉄道に代表される戦跡に、サイヨーク国立公園に代表される渓谷美あふれる風景明媚な大自然、新石器時代やクメール時代の遺跡などで有名な観光地になっている。

今回はちょいと厳しいがバンコク出張に際して土日を使った1泊2日のカンチャナブリー小旅行の計画を組んでみた。見所を洗い出してみたところ、やっぱり第二次世界大戦関連の戦跡巡りという意味合いの濃い旅行になってしまいそうだ。

【カンチャナブリー(近郊)の主な見どころ】
・クウェー川鉄橋
・JEATH戦争博物館
・連合軍共同墓地/チョンカイ共同墓地
・第二次世界大戦博物館
・ヘルファイヤーパスメモリアル
・泰緬鉄道博物館
・日本軍の慰霊碑
・カオプーン洞穴
・サイヨーク国立公園
・プラサート ムアン シン歴史公園
・タイガーテンプル
などなど

どうも戦争に因んだ観光スポットばかりのようで、今回は東南アジアの戦跡を巡るというテーマの旅行になりそうだ。

【今回の旅程】
金曜日
業務後、21:35香港発23:35バンコク着のCX617で移動。
カンチャナブリーへの鉄道の始発駅・トンブリー駅へのアクセスを考え、カオサン近辺のホテル泊。

土曜日
旧泰麺鉄道でトンブリー駅⇒タム・クラセー駅
アルヒル桟橋
プラサート・ムア・シン歴史公園
ター・キレン発
クウェー川鉄橋駅
クウェー川鉄橋
第二次世界大戦博物館
ホテルチェックイン
泰麺鉄道博物館
バーストリート
カンチャナブリー泊

日曜日
ヘルファイヤパス
Jeath戦争博物館
ワット・チュイシュムポン
カオプーン洞穴
チョンカイの切り通し
19::00発でバンコク戻り

もう少し時間があればミャンマーとの国境近くにある、ダム建設で町が湖底に沈んだ人々のために造られた少数民族の住まうサンクラブリーという町まで攻めたいのだが、今回は時間の制約があり渋々諦めてカンチャナブリーの見所めぐりだけに留めておく。

Related posts(関連記事):

これぞ自然美!タムクラセー橋(アルヒル桟橋)
カンチャナブリー駅を経て、クウェー川鉄橋とチョンカイの切り通しと言う名所2つを過ぎた後は、泰麺鉄道最大のハイライトとの誉れ高きアルヒル桟橋へと向かう。バンコクから乗った257号をタムクラセー駅で降り、プラサート・ムアン・シン歴史公園などを回った後に、258号として終点のナムトク駅から折り返してくる列車でカンチャナブリー方面へと戻る計画だ。最大見どころの一つチョンカイの切り通しはオランダからきたマダ...
スコータイ王都の中心的存在 ワット・マハタート
続いての目的地はワット・マハタート。城壁内のほぼ中央、王宮跡の真隣にあることからスコータイ王室の菩提寺であったと考えられている遺跡で、209基の仏塔や10の礼拝堂跡などからスコータイ王朝の栄華の名残を偲ぶことができる。 スコータイ遺跡公園の入り口で入場料100バーツとバイク持ち込み料(?)の20バーツを払い中へ進むと、直ぐに大規模な遺跡群が視界の先に現れる。コイツがワット・マハタートだ。 ...
激動の時代の貴族の館 ラーンナー建築センター
ワット・チェディ・ルアンの東隣り、ラチャダムヌーン通りに面してラーンナー建築センター(Lanna Architecture Center)がある。先日宿泊したシャングリラチャンの受付嬢に、「どうです?ラーンナースタイルのホテルも良いものでしょう。」なんて聞かれた際に気取って「ええ、良いもんですね。」なんて答えたが、自分の中でラーンナー様式の建築物がどのようなものなのか全く持って具体的イメージが湧か...
スワンナプーム国際空港のエバー航空ビジネスクラスラウンジが凄かった
この日はタイ国際航空でバンコクから香港へとひとっ飛び。二時間ちょいの空の旅を満喫して参ります。 空港に着いてチェックイン。TGのビジネスクラスだとチェックイン後にそのまま専用の保安検査場と出国検査場を使ってサクッと制限エリアに移動できるのがありがたい。 *タイ国際航空の公式ウェブサイトから画像を拝借。 このようにカウンターAでチェックインをした後、直ぐに専用レーンを使って出...