カンチャナブリーへの小旅行

バンコクからバスで北西に3時間、タイのカンチャナブリーという町がある。不巧の名作映画と評される「戦場に架ける橋」にも描かれた戦争の一幕の舞台となり、世界的な有名観光地として一躍脚光を浴びることとなった小さな町だ。第二次世界大戦中、日本軍がビルマへ軍需物資を輸送する為に敷設した泰麺鉄道に代表される戦跡に、サイヨーク国立公園に代表される渓谷美あふれる風景明媚な大自然、新石器時代やクメール時代の遺跡などで有名な観光地になっている。

今回はちょいと厳しいがバンコク出張に際して土日を使った1泊2日のカンチャナブリー小旅行の計画を組んでみた。見所を洗い出してみたところ、やっぱり第二次世界大戦関連の戦跡巡りという意味合いの濃い旅行になってしまいそうだ。

【カンチャナブリー(近郊)の主な見どころ】
・クウェー川鉄橋
・JEATH戦争博物館
・連合軍共同墓地/チョンカイ共同墓地
・第二次世界大戦博物館
・ヘルファイヤーパスメモリアル
・泰緬鉄道博物館
・日本軍の慰霊碑
・カオプーン洞穴
・サイヨーク国立公園
・プラサート ムアン シン歴史公園
・タイガーテンプル
などなど

どうも戦争に因んだ観光スポットばかりのようで、今回は東南アジアの戦跡を巡るというテーマの旅行になりそうだ。

【今回の旅程】
金曜日
業務後、21:35香港発23:35バンコク着のCX617で移動。
カンチャナブリーへの鉄道の始発駅・トンブリー駅へのアクセスを考え、カオサン近辺のホテル泊。

土曜日
旧泰麺鉄道でトンブリー駅⇒タム・クラセー駅
アルヒル桟橋
プラサート・ムア・シン歴史公園
ター・キレン発
クウェー川鉄橋駅
クウェー川鉄橋
第二次世界大戦博物館
ホテルチェックイン
泰麺鉄道博物館
バーストリート
カンチャナブリー泊

日曜日
ヘルファイヤパス
Jeath戦争博物館
ワット・チュイシュムポン
カオプーン洞穴
チョンカイの切り通し
19::00発でバンコク戻り

もう少し時間があればミャンマーとの国境近くにある、ダム建設で町が湖底に沈んだ人々のために造られた少数民族の住まうサンクラブリーという町まで攻めたいのだが、今回は時間の制約があり渋々諦めてカンチャナブリーの見所めぐりだけに留めておく。

Related posts(関連記事):

一風も二風も変わったタイの寺院 プラタート・ルアン・ローン
カンペーン・ヤイ遺跡の見物に時間を費やし過ぎて乗車予定だったシーサケートへ戻る鉄道の時間を逃してしまったので、シーサケートまで戻りをロットゥーに変更。シーサケートに戻った後はいよいよ本日の〆、一風も二風も変わったタイの寺院プラタート・ルアン・ローン(地○の歩き方ではプラタート・ルン・ルアンと紹介されている)へと向かう。シーサケート市街から2373号線で約10km弱のところに位置。タイ、ラーオ、クメ...
プルマン バンコク ホテルG クラブフロア宿泊記
えー、暫くホテルの宿泊記が続いておりますが、この日もバンコクのプルマンホテルGの宿泊記を…。履いて捨てる程コスパの高い外資系5つ星ホテルのあるバンコクでプルマンを選んだきっかけはコレ。 フランスからわざわざアコーのプラチナカードとモレスキンの手帳が送られてきた。残念ながらカードも手帳も使う機会はなさそうだけど、何だか申し訳ないから久しぶりにどっかアコー系列のホテルに泊まることにするか pic...
キャセイパシフィックのバンコク新ラウンジ
バンコク出張を終え、いつものキャセイで香港へと戻る。残る楽しみは今年6月にスワンナプーム国際空港にオープンしたキャセイパシフィックのラウンジだ。 ラウンジを堪能する為に余裕を持ってフライト3時間前に空港に来たところ、チェックインカウンターがカオス混み。 バンコク以遠便であるシンガポール行きCX713のチェックイン時間と被ったからだろうか、カウンターの数も十分あるのに列を捌ききれていない...
ピサヌロークからバスでスコータイへ
本日はピサヌロークからバスで1時間の距離にある世界遺産の町スコータイへ。 スコータイのバスターミナルは町の郊外にあるが、市内中心地の停留所でもピックアップしてもらえるので、わざわざバスターミナルまで移動する必要はない。 停留所はトップランドホテルから国道12号線の大通りを西に100メートルほどいった所にある。簡易な作りの停留所でバスの時刻表も無いので、見落として通り過ぎぬよう注...