インドネシアの到着ビザが値上

やられた。当方の確認不足が原因だが、今までUS$25だったインドネシアのアライバルビザがいつの間にかシレッとUS$35に値上されていた。

深夜着のキャセイ便を下りるとアライバルビザの窓口に長蛇の列が!!只でさえ到着が遅いのに勘弁してよ!と毎度思うが、ジャカルタ空港のイミグレオフィサーは処理効率が悪い為、時間帯によってはしばしば長蛇の列ができる。ただ、それにしても今日の列は本当に酷い。どうやら殆どの旅客が値上を把握していなかったらしく、アライバルビザの窓口で大勢が戸惑っているのが原因のようだ。白人などは顔をトマトの様に真っ赤にさせて大声を上げている。

当然私も米ドルは25ドルしかもっておらず、香港ドルでお支払。窓口の壁に9通過程の当日レートが書かれた電光掲示板があり、香港ドルではHK$321になると書かれている。コインは受け付けないとの事で、紙幣でHK$350で支払うと、当たり前のようにビザだけ渡されてお釣りは返ってこない。いやいや、お釣りは?と聞くと「え?なに?」みたいなとぼけた仕草をしてみせる糞オフィサー。いやいや、お釣りともう一度語気を荒げて言うと、面倒くさそうな顔で皺くちゃになった10,000ルピア札1枚を返される。ちょい待ちーな。29香港ドル≒45000ルピアのはずなんだが…私の後ろにも長蛇の列が出来てて待たせたくなかったので今回はあっさり引き上げたが、本当ろくでもない奴らだ。しかも、レシートには堂々とUS$25と書いてあり、小さなスタンプで7月3日よりUS$35と修正されているレベルのもの。こんな公的なものの値段を変えるならきちんと領収書も変更しとけよ。

眠気と疲れとイライラも有りグッタリとしながらイミグレを抜けると、バゲージクレームは悪徳ポーターが獲物待ち。

頼んでもないのに荷物を強奪し、ちょっと荷物を移動させただけで金を要求してくる押し売りの悪党ども。利用する際には荷物を奪われる前に料金の確認をしてトラブルを未然に防ぐ必要がある。

因みにホテル到着後、在インドネシア日本国大使館のホームページを確認したところ、「2014年7月3日より、当国入管法の改正により到着ビザの料金が25USドルから35USドルに変更となりました。当分の間、領収書の金額は手書きで修正されるとの事ですので、ご注意ください。 」との情報が。手書きってあなた、どんだけですか…既に中国時間02:00近いですが、笑っちゃって眠気が吹っ飛びましたよ。

【参考情報】
日本領事館 領事関連情報 インドネシアへの入国・滞在

Related posts(関連記事):

フォーポイント バイ シェラトン ジャカルタ タムリン 宿泊記
この日は次なる宿泊先を求めてマットレスラン。ジャカルタタムリンにあるフォーポイント(Fourpoints by Sheraton Jakarta Tamrin)へと移動する。ここ数年、インドネシアでフォーポイントが攻勢をかけてますね。2015年7月の初進出からと開業ラッシュを仕掛け、ここジャカルタはバリ(クタ、スミニャック)、スラバヤ、バンドン、マカッサルに次い6軒目のフォーピントプロパティという...
王宮公認のジャワ文化博物館・ソノブドヨ博物館
続いてソノブドヨ博物館。タマンサリ出口の周辺には大量のベチャが客待ちで屯していて、みんな生活をかけた客引きに必死。そんなベチャの大群の中から後ろの方で少し足を引きずっている誠実で弱そうなオジサンを敢えてチョイス。今までの経験上、お年寄りやハンディがある人の方が吹っかけられる可能性が低い反面、過度に自己主張する奴ほど言い値が高かったり「やれ坂道」だの「やれバティック工房がどうの」など理由を付けて合意...
CX719→ブロックM→CX718
ジャカルタで親しくさせて頂いていた方が急な人事異動で日本へ帰任されることになった。ショートノーティスだった為に十分な時間が確保できなかったが、せめて夜だけでもと無理やり時間をねじ込んでジャカルタへと向かう。CX719でジャカルタ入り、翌朝のCX718で香港へ折り返しという完全に飲み目的だけの出張だ。 CX719は16:05香港発20:00ジャカルタ着。打合せを終えエアポートエクスプレスにて空...
インドネシア文化の多様性~お布施は定額制?~
続いては独立記念塔の展望台から見えたモスクを目指します。地理感が無いので遠いか近いかも分からないがモスクの方面に直進! 見えた!! けど鉄柵が邪魔… 結局大きく回り道をする羽目に。 で、今度は大量の車が邪魔で道を渡れない。歩道で10分ほど立ち往生してしまいました。 ようやくの思いで辿りついたこのモスク、正式名をイスティクラル・モスクといい、東南アジアでは最大規模のものであ...