インドネシアの到着ビザが値上

やられた。当方の確認不足が原因だが、今までUS$25だったインドネシアのアライバルビザがいつの間にかシレッとUS$35に値上されていた。

深夜着のキャセイ便を下りるとアライバルビザの窓口に長蛇の列が!!只でさえ到着が遅いのに勘弁してよ!と毎度思うが、ジャカルタ空港のイミグレオフィサーは処理効率が悪い為、時間帯によってはしばしば長蛇の列ができる。ただ、それにしても今日の列は本当に酷い。どうやら殆どの旅客が値上を把握していなかったらしく、アライバルビザの窓口で大勢が戸惑っているのが原因のようだ。白人などは顔をトマトの様に真っ赤にさせて大声を上げている。

当然私も米ドルは25ドルしかもっておらず、香港ドルでお支払。窓口の壁に9通過程の当日レートが書かれた電光掲示板があり、香港ドルではHK$321になると書かれている。コインは受け付けないとの事で、紙幣でHK$350で支払うと、当たり前のようにビザだけ渡されてお釣りは返ってこない。いやいや、お釣りは?と聞くと「え?なに?」みたいなとぼけた仕草をしてみせる糞オフィサー。いやいや、お釣りともう一度語気を荒げて言うと、面倒くさそうな顔で皺くちゃになった10,000ルピア札1枚を返される。ちょい待ちーな。29香港ドル≒45000ルピアのはずなんだが…私の後ろにも長蛇の列が出来てて待たせたくなかったので今回はあっさり引き上げたが、本当ろくでもない奴らだ。しかも、レシートには堂々とUS$25と書いてあり、小さなスタンプで7月3日よりUS$35と修正されているレベルのもの。こんな公的なものの値段を変えるならきちんと領収書も変更しとけよ。

眠気と疲れとイライラも有りグッタリとしながらイミグレを抜けると、バゲージクレームは悪徳ポーターが獲物待ち。

頼んでもないのに荷物を強奪し、ちょっと荷物を移動させただけで金を要求してくる押し売りの悪党ども。利用する際には荷物を奪われる前に料金の確認をしてトラブルを未然に防ぐ必要がある。

因みにホテル到着後、在インドネシア日本国大使館のホームページを確認したところ、「2014年7月3日より、当国入管法の改正により到着ビザの料金が25USドルから35USドルに変更となりました。当分の間、領収書の金額は手書きで修正されるとの事ですので、ご注意ください。 」との情報が。手書きってあなた、どんだけですか…既に中国時間02:00近いですが、笑っちゃって眠気が吹っ飛びましたよ。

【参考情報】
日本領事館 領事関連情報 インドネシアへの入国・滞在

Related posts(関連記事):

ディエン高原の不思議なカルデラ湖
神々の聖所・ディエン高原には火山活動により地盤がなべ状に陥没して形成されたカルデラ湖や池が多く点在し、中には湖面の色が七変化する不思議な湖もあるらしい。 その名もワルナ湖。ワルナとは『色』の意味で、天気や時間帯、光の当たり方によって湖面の色が七変化するとのことなので、日本で言うところの五色沼といったところだろう。 ワルナ湖一帯は自然公園的な観光地になっていて、中に入るのに入場料を徴収される...
天空の神殿から地上の俗世界へ(チュト寺院⇒サンギラン)
シクー寺院・チュト寺院の見学を終え、ラウ山の中腹からサンギランへバイクで向かう。天空の幽玄の地から地上の俗世界へと降り立っていく気分である。 移動距離は55Kmと大したことないのだが、山間の九十九折れでスピードも出せないし、平地は平地で一部が凸凹道となっていたりしたので、3時間以上もかかることになるとは… 標高3,265mの聖峰ラウ山を結構な傾斜で下ってく。 地球は丸い!っ...
インドネシアの近現代史を知る@フレデブルク要塞博物館
ソノブドヨ博物館からマリオボロ通りに北上すると、フレデブルク要塞博物館が見えてきた。オランダ軍による要塞跡を利用したインドネシアの近代歴史博物館である。 独立運動を主導した五虎将の像が目印。マリオボロ通りの南端、迎賓館の対面にある。 博物館前のマリオボロ通りは露店で埋め尽くされていて、若者を中心にお祭り騒ぎになっている。どうやらここら一帯はパサール・ソレ・マリオボロと呼ばれる...
ジャカルタ国際空港の到着ビザ支払い時のお釣りが…
やられました!先週のジャカルタ出張での失敗談を一つ。 インドネシアに入国する場合、短期出張者は現地空港到着時に最長30日滞在可能なビザを申請することになる。空港到着後、外国人用イミグレを抜ける手前に申請所があり、そこでUS$25を払うと即座にvisaを発行してもらえる仕組みだ。 私はインドネシア出張に先立て、visa代としてUS$30を会社から手渡されており、『30ドル渡すので、5ドル...