癒しの家・クンペーン・レジデンスと象

アユタヤ歴史公園の中心地まで戻ってきた。ワット・プラ・ラームの道路を挟んだ向かい側に建つ風情ある建物がクンペーン・レジデンスだ。タイの有名な叙事物語『クンシャンとクンペーン』の描写を基に再現されたアユタヤ時代の伝統家屋である。

WP_20131218_236
寝っころがりたくなるような美しく管理された芝生。

WP_20131218_237
内部も見学可能とのことなので、靴を脱ぎ、梯子を登って2階へと向かう。バリアフリーなんて概念はここには無し。おじいちゃんおばあちゃんや足腰の不自由な方とかどうしてたんだろう。

WP_20131218_240
チークの床がピッカピカに磨き上げられていて歩き廻るのが恐れ多いほどだ。『ヒトは木によりそって やすらいできた』じゃないけれど、木造住宅独特の安らぎ、安心感に満ち溢れていて、何というかホッとする。科学技術の発展は機能的かつ美しい無機質素材を多様に生み出したが、自宅でも職場でもいつも無機質素材に囲まれていたら息苦しく感じるものだ。その点、木も人間と同じように生きている生物素材だからだろうか、木や緑に囲まれていると心が和む。

WP_20131218_238
こちらはキッチンらしい。熱や灰が拡散しないように小さめの造りになっている。

WP_20131218_241
豊富にある木を燃料にするだけでなく建材として活かす発想を得て、雨が多く蒸し暑い気候とうまく付き合う為、木の吸湿放湿性や断熱性を活かした。加工のし易さ、設計自由度の高さ、軽さを活かして風通しの良い家屋を建てた…大袈裟ではあるが、タイで見られる木造家屋は古代からのタイ人の生活の知恵の結晶でもあるのだろう。

癒しの家・クンペーン・レジデンスで和んだ後は周囲を散歩。すると、道路を横切る像を発見。タイ=像みたいないイメージがあるくらいだが、至る所に象を見たり乗れたりするわけではなく、基本的にはエレファントキャンプ的なところでしか見ることができない。アユタヤにはそのエレファントキャンプの一つがあるのだ。
DSC_1342
のっしのっしと闊歩する像と少し恥ずかしそうに歯に噛む観光客。象に乗ったまま遺跡巡りができるそうだ。車道を避けてきっちり歩道を歩く姿を見ると○国人より文明的であるかもしれないとも思ったりするwww気になるお値段は園内だけなら7分で300B(約900円)、外に出るコースだと15分で400B(約1,200円)もしくは25分で500B(約1,500円)いずれも一人あたりの料金となる。

DSC_1348
像使いは私を見るなり童謡『ぞうさん』を歌い始めたではないかwww

DSC_1351
馬や像は臭いが気になることがありますが、流石は世界遺産都市でご活躍される像様、きちんとシャワーを浴びて清潔感をきっちりキープ!

一人で乗るのもなんだかなぁなので今回はパス!

Related posts(関連記事):

アンコール王朝のルーツが見れるワット・プー
Honda WaveというASEAN仕様の100ccのカブを飛ばしてやって来たワット・プー。プーなんて脱力系の名前ではあるが、れっきとした世界遺産になっている。ラオス南部のタイ・カンボジア国境近くの山の中腹にあるこの遺跡の由来に関しては諸説あるようだが、今から遡ること千年以上も昔に、クメール人の王国・真臘によって建造されたヒンドゥー教大寺院跡という考えが定説となりつつあるようだ。当時はワット・プー...
バンコクのスーツ詐欺(!?)2
前回からの続き。トゥクトゥクの運ちゃんに連れられて寺院2⇒スーツ屋に移動します。 それにしても国立博物館前で会った教師と仏陀2であった銀行員、そしてトゥクトゥクの運ちゃんの間で見事に一糸乱れぬ連携が取れているのは大したもんである。 仏陀2からトゥクトゥクで5分。ここだと言って降ろされた先はこの建物。んん?本当に国営工場の直営店か?すっごくこじんまりとしたお店です。恐らく他の詐欺被害者も...
魅惑のゴーゴーバー通り・ソイカウボーイ
BTSアソーク駅/BTSスクンビット駅から歩いてすぐ、スクンビット通りのソイ21とソイ23をつなぐ約150mの小路地の両側にはネオン輝く約30軒ものゴーゴーバーやバーが軒を連ね、中央の小道は世界各国から遠征中のエロ親父と、セクシー衣装を身にまとった各店の呼び込み精鋭部隊の姉ちゃんで埋め尽くされている。バンコクが誇る3大ゴーゴーバーの1つ、ソイカウボーイ(通称ソイカ)である。ゴーゴーバーとはアメリカ...
カンチャナブリーへの小旅行
バンコクからバスで北西に3時間、タイのカンチャナブリーという町がある。不巧の名作映画と評される「戦場に架ける橋」にも描かれた戦争の一幕の舞台となり、世界的な有名観光地として一躍脚光を浴びることとなった小さな町だ。第二次世界大戦中、日本軍がビルマへ軍需物資を輸送する為に敷設した泰麺鉄道に代表される戦跡に、サイヨーク国立公園に代表される渓谷美あふれる風景明媚な大自然、新石器時代やクメール時代の遺跡など...