地元の寺院で無の境地へ!ワット・スワン・ダーラーラーム

アユタヤ中洲の南に位置するワット・パナンチューンへの渡り船乗り場を探していたところ、偶然にも建立間もなそうなピカピカな寺院を発見。ガイドブック内では取り上げられていないが、現チャクリー王朝初代王ラーマ1世の父によって建立され、ラーマ1世が王室寺院とした由緒ある寺院だそうだ。

WP_20131218_004
アユタヤの澄み切った青空に良く映える真っ白い敷居と南国風鑑賞樹、そして圧倒的存在感を誇る白壁が美しい礼拝堂。こじんまりとしているが、境内には大きな木があり芝生が植えられてカラフルな花が咲き誇っている手入れがよく行き届いたとても美しい寺である。今ある建物などは1932年、ラーマ7世の治世にバンコク建都150周年を記念して改築されたようである。

WP_20131218_005

WP_20131218_006
バンコク王朝初期の典型的な建物を模倣してできたそうだ。

WP_20131218_009
入り口で靴を脱ぎ中に入ってみると、私以外の参拝客はいないようだ。これだけ広くて静かな礼拝堂を独り占めとは何たる贅沢であろう。とりあえず建物の中央、金ぴか仏陀像に対峙出来るベストポジションにて座禅を組み、瞑想してみる。………シーン………

静謐な一時、由緒あるアユタヤの仏教寺院の礼拝堂で、御利益ありそうな仏像に対峙し、何一つ物音すらしない無響室が如き環境で瞑想に耽る…無の境地へ…

ってやっぱりだめだ。私には瞑想はまだ早いようだ。無の境地へは達せなかったが、ぶったのスピリチュアルパワーは頂けた気がする。

続いて内部の壁に描かれたナレ―スワン大王の生涯や往時の宮殿での生活の様子に関する油彩壁画を見て回る。
ひだり
みぎ

WP_20131218_019

WP_20131218_017

WP_20131218_021
まるで江戸時代の浮世絵を見ているようだ。

WP_20131218_013
ナレースワン大王とビルマの王子との騎馬戦ならぬ騎象戦の様子。ナレースワンについてはこちらの記事をご参照ください。
ワット・プーカオトーンと軍神ナレースワン王

WP_20131218_016

WP_20131218_020

WP_20131218_025
汚れ一つ無き神聖なベル型仏塔。

WP_20131218_003

WP_20131218_027
アユタヤといえば世界遺産の遺跡巡りが鉄板観光コースだが、こういった地元の現役寺院に参拝して神聖な空気に浸るのも悪くない。

【拝観時間】08:30-17:00
【拝観料金】無料


Related posts(関連記事):

トップランドホテル(Topland Hotel)@ピッサヌローク
スコータイへの中継地点にあるピサヌロークではトップランドホテルという宿泊施設に泊まることに。宿泊費はアゴダでの予約で朝食込みで一泊あたり4,000円弱だったかな。 ホテルに着くと予想以上の大きさにびっくり。国道12号線沿いに建つデパートと一体になった16階建ての大型ホテルとのことだ。鉄道駅もスコータイへ向かうバスの停留場も徒歩圏内だし、立地的にも言う事なし。 夜中なのにピシっ...
ワット・チャーンロム(スコータイ)
スコータイの寺院巡りの最後を〆るのは城壁東部に建つワット・チャーンローム。またかよ?と思われるかもしれんが、同じ名前の寺院をシーサッチャナーライとカムペーンペットでも見てきてるので、確かにワット・チャーンロームという名の寺院は三か所目ということになる。当時は各町に仏塔を像が支えるというスタイルの寺院が建てられていたのかな。 スコータイのワット・チャーンロームには14世紀後半に建立されたス...
抜群のリゾート感に癒される ケンピンスキーサイアム クラブルーム宿泊記
ずーっと前から気になってたケンピンスキー・サイアムのクラブルームに泊まってみた。取引先のお偉いさん曰く、誰もが認めるバンコク一、否、アジア一のラグジュアリーシティーリゾートホテルとのことだ。中毒性があり、一度でも泊まってしまうと、大枚はたいてでも再訪したくなるので、気を許し過ぎるなと御忠告頂いた。 そんなに良いのかケンピンスキー。ケンピンスキーは1897年に創設され、1世紀以上の伝統を誇るド...
カムペーン・ペット遺跡公園
カムペーン・ペットはスコータイ王朝の直轄区域として栄えた古都で、対ビルマ戦線用に築かれた長さ南北2キロ超×東西の横幅北側220m-540mという細長い歪な形をした城壁と濠とに囲まれた堅牢な城塞があることから、後世になりカムペーンペット(タイ語で「金剛の城壁」)の名が起きた。現在ではスコータイ王朝関連の遺跡が世界遺産として保護されていることもあり、当時の面影を堅固な要塞の壁と城壁の北にある遺跡公園に...