地元の寺院で無の境地へ!ワット・スワン・ダーラーラーム

アユタヤ中洲の南に位置するワット・パナンチューンへの渡り船乗り場を探していたところ、偶然にも建立間もなそうなピカピカな寺院を発見。ガイドブック内では取り上げられていないが、現チャクリー王朝初代王ラーマ1世の父によって建立され、ラーマ1世が王室寺院とした由緒ある寺院だそうだ。

WP_20131218_004
アユタヤの澄み切った青空に良く映える真っ白い敷居と南国風鑑賞樹、そして圧倒的存在感を誇る白壁が美しい礼拝堂。こじんまりとしているが、境内には大きな木があり芝生が植えられてカラフルな花が咲き誇っている手入れがよく行き届いたとても美しい寺である。今ある建物などは1932年、ラーマ7世の治世にバンコク建都150周年を記念して改築されたようである。

WP_20131218_005

WP_20131218_006
バンコク王朝初期の典型的な建物を模倣してできたそうだ。

WP_20131218_009
入り口で靴を脱ぎ中に入ってみると、私以外の参拝客はいないようだ。これだけ広くて静かな礼拝堂を独り占めとは何たる贅沢であろう。とりあえず建物の中央、金ぴか仏陀像に対峙出来るベストポジションにて座禅を組み、瞑想してみる。………シーン………

静謐な一時、由緒あるアユタヤの仏教寺院の礼拝堂で、御利益ありそうな仏像に対峙し、何一つ物音すらしない無響室が如き環境で瞑想に耽る…無の境地へ…

ってやっぱりだめだ。私には瞑想はまだ早いようだ。無の境地へは達せなかったが、ぶったのスピリチュアルパワーは頂けた気がする。

続いて内部の壁に描かれたナレ―スワン大王の生涯や往時の宮殿での生活の様子に関する油彩壁画を見て回る。
ひだり
みぎ

WP_20131218_019

WP_20131218_017

WP_20131218_021
まるで江戸時代の浮世絵を見ているようだ。

WP_20131218_013
ナレースワン大王とビルマの王子との騎馬戦ならぬ騎象戦の様子。ナレースワンについてはこちらの記事をご参照ください。
ワット・プーカオトーンと軍神ナレースワン王

WP_20131218_016

WP_20131218_020

WP_20131218_025
汚れ一つ無き神聖なベル型仏塔。

WP_20131218_003

WP_20131218_027
アユタヤといえば世界遺産の遺跡巡りが鉄板観光コースだが、こういった地元の現役寺院に参拝して神聖な空気に浸るのも悪くない。

【拝観時間】08:30-17:00
【拝観料金】無料


Related posts(関連記事):

激動の時代の貴族の館 ラーンナー建築センター
ワット・チェディ・ルアンの東隣り、ラチャダムヌーン通りに面してラーンナー建築センター(Lanna Architecture Center)がある。先日宿泊したシャングリラチャンの受付嬢に、「どうです?ラーンナースタイルのホテルも良いものでしょう。」なんて聞かれた際に気取って「ええ、良いもんですね。」なんて答えたが、自分の中でラーンナー様式の建築物がどのようなものなのか全く持って具体的イメージが湧か...
シー・サッチャナーライを流れるヨム川の畔
ワット・プラシー・ラタナーマハタート遺跡を見終えた後は、ヨム川に沿ってシーサッチャナーライ遺跡公園の方向へと進む。ここから遺跡公園までは2キロ超あるので、バスで来られた方はバスの停留所脇にあるレンタルバイク屋でチャリを借りておくことをお勧めする。歩けない距離じゃないけれど、暑さが徐々にボディーブローのように効いてきて苦戦すること間違いなしなんで、チャリのレンタル料金40バーツで楽が出来るのなら安い...
ウボンラーチャターニー⇒チョンメック経由パークセー
本日はタイのウボンラーチャターニーから陸路ラオスに抜け、そのままラオス南部の都市パークセーへと移動する。ラオスと聞くだけでちょっと未知で未開な感じがするのは否めないが、ウボンからはパークセーへの直行国際バスが出ているので、国境越え難易度としては決して高くない。ただ、ラオスと言っても「東南アジアで唯一海を持たず、山に囲まれた内陸の森林地帯に位置する仏教国でアジアの桃源郷」「ラオス愛国戦線が前身で、今...
ノンカイの町
タンゼノホテルに荷物を降ろし、ノンカイ市街地へと足を運んでみる。 ここノンカイはメコン川を挟んで対岸がラオスになっていて、タイとラオスを往来する多くの旅行者たちが通り過ぎていく交差点のような小さな町。鉄道駅前の寂れ具合からしてアクティブな町歩きには適さない感じだが、果たしてどうだろうか。 ホテル前の国道121号線で市街地方面に向かうトゥクトゥク待ち。 年輪を感じさせる渋い笑...