巨大な黄金坐仏が鎮座する プラ・モンコン・ボピット

白と深紅に彩どられた三角屋根の面白い建物物を発見。観光マップを見ると、高さ12.45メートル(台座を含めると16.95m)、幅9.55メートルというタイ最大の青銅仏であるプラ・モンコン・ボピット仏を本尊とする現役の寺院となっている。変な名前がが、「モンコン」は「吉祥」、「ボピット」は「清浄」をそれぞれタイ語で意味し、吉祥で清浄なモンコン・ボピット仏が収められているので、プラ(寺)・モンコン・ボピットとなる。

DSC_1344
17世紀前半のソンタム王の治世に元あったワット・プラ・チアングから現在の場所に移管され、同時に屋根が幾層にも重なり中央が尖るモンドップ型の大仏殿が造られたそうだ。18世紀初めには落雷の直撃を受けて大仏殿の屋根が崩壊、大仏像の首ももげてしまった。修復されて数十年後の1767年にはビルマ軍の攻撃により大仏殿の屋根が出火、仏像自身の右手と頭部も欠落してしまったという悲しい受難の歴史があるそうな。その後ラーマ5世時代に修復が進められ、1956年に現存の礼拝堂が完成、大仏も漆喰で補修され、その後には金箔を塗ってグレードアップさせたとのことだ。案内看板には更に礼拝堂完成の前年には当時のビルマ首相がアユタヤーを訪れ、過去のビルマ軍の行為に対する謝罪を表明し、この礼拝堂修復のために20万バーツを寄附したという逸話も紹介されている。日本からのODAを大衆に告知しない某国とは違う。

WP_20131218_244
礼拝堂に近づくと、ワット・タンミカラートにもあった松平建風の寝顔像がここにも!!こちらにも解説はなく、残念ながらこの顔面の由来は分からい。

WP_20131218_245
そして法界定印を組んだ手の像と奇妙なオブジェ…理由があるんだろうが、体のパーツがバラバラに個別に展示されていると有難さより不気味さしか感じないのだが、タイ人は普通に手や顔面の像にお祈りをしていたりする。

WP_20131218_247
噂の御本尊様である巨大座仏は本堂の真正面に威風堂々と鎮座している。二度に渡り頭や腕がもげるという災難を経ながらも何事も無かったかのような涼しいお顔。流石は仏陀。そしてお体も青銅製だが金箔が塗られているので見る者の目をチカチカさせるほどに真っ金金!!観光客の注目の眼差しを一身にお受けになっています。

WP_20131218_252
サイドビュー。横から見ても流石の存在感。

WP_20131218_250
大仏の脇には本尊様を取り囲むように金箔を塗りたくられた仏像が並んでいる。

WP_20131218_251
金箔まみれで顔の原型を留めていない像もあり、試合後のボクサーのように見えて何だか痛々しいのだがwww

WP_20131218_253
本尊の前に固まってカメラを構える観光客の横で仏像に熱心にお祈りを捧げるタイの方たち。現役の寺院だけあって神々しく厳粛な雰囲気が有るので、流石に騒ぎ立てる迷惑な観光客はいないようだった。ハスの花とろうそく、お線香の参拝3点セットは礼拝堂前の露店に売られているので、お望みであれば観光客も見よう見まねでお祈り体験をすることができます。私もワット・ロカヤスタで習った通りにタイ式の参拝を披露してみたが、周りのタイ人からは何だか怪訝そうな眼で見られてしまった…

【営業時間】8:00-16:30
【入館料】無料

Related posts(関連記事):

元ヒンドゥー寺院のワット・シー・サワーイ
ワット・マハタートの次は南に350mほど下った先にあるワット・シー・サワーイ。ここは元々スコータイ王朝以前に当地を支配していたクメール族がヒンドゥー教の神殿として建てたそうで、そのクメールの遺産をスコータイ王朝が仏教寺院としてリニューアルオープンしたので、ヒンドゥーと仏教の要素が絡み合った不思議な遺跡らしい。 典型的なスコータイ様式が殆どの史跡公園で、ドングリのような形をしたクメール式の...
カビンブリ・グリーン・ホテル(Kavinburi Green Hotel)
ウドンタニでのお宿は鉄道駅近くのカビンブリ・グリーン・ホテル。北に行けば行くほどホテルの値段が安くなっていくようで、2015年開業とオープン間もない清潔なホテルなのに朝食付きで込々3,000円。日本人感覚的には非常にお値打ち感のあるホテルである。 バービア街・鉄道駅・UDタウンから徒歩圏内、セントラルプラザは目の前、コンビニ徒歩1分、空港まで車で10分と絶好の立地にあり、ウドンタニ観光の...
ディズニーと廃墟遺跡のコラボによるアユタヤ世界遺産祭り
誰もが知ってる世界遺産の街、アユタヤ。バンコクから北に約65km、チャオプラヤー川とその支流と運河に囲まれた中洲を中心に広がる古都の遺跡群には、417年間に渡りアユタヤ王国が築いた歴史が眠っている。この遺跡を作ったのは1351年~1767年に存在したアユタヤ王朝。流れが穏やかでメナム川水上交通の要衝であるチャオプラヤー川の畔に位置し、地の利があるアユタヤに都を置いたこの王朝は、ナーラーイ王時代には...
ワット・チャーンローム(カムペーンペット)
次はスコータイ朝後期~アユタヤ朝前期に建てられた“ワット・チャーンロム”へ。スコータイやシーサッチャナーライにも同じ名前の象に囲まれた寺院があったが、ここのワット・チャーンロームも同じような構造になっているようだ。 遺跡がある小高い丘に着くと、まずはその大きさに驚かされる。須弥壇の奥に一辺30メートルはあろうかという正方形の基壇があり、そこから半身を出す無数の象たちの姿が見える。当地の支...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。