地図にはない謎の寺院跡

さぁ続いては巨大な寝仏陀が横たわるワット・ロカヤスタ!!!と、今にもチャリを構成する全部品が壊れだしそうなおんぼろ自転車に跨り西を目指してペダルを漕いでいる道中、幾つかの無名寺院跡を発見した。いや、無名寺院というのは失礼に当たるかもしれない。無名ではなく、恐らく名前があるんだろうが、私が分からないだけだ。ただ、ガイドブックにもレンタサイクル屋で貰った地元の地図にも載っておらず、今でも名前が分からない。お分かりになられる方がいたらご教示頂ければ幸甚であります。

【謎の寺院跡その1】
DSC_1354
規模的には凄く小さいので、地図に載せるまでもないだろうというのが地図作成者側の判断であろうが…。確かに造りは非常に小さく、畳5~6畳分程の廃墟に5体の銅像が置かれているだけだ。こちらの銅像は、他の寺院で見る無残に破壊されたものとは違い、完璧に姿かたちを保っているが、ビルマ軍の猛攻から逃れたのだろうか。でも建屋は原型を留めない程に破壊されているしなぁ。アユタヤ陥落後にこちらに据え置かれたのかもしれないが、名前が分からないので如何せん調べようがない。

DSC_1355
中央に据え置かれた美しい座禅姿の仏像と、その前に立像と坐像がそれぞれ1対ずつ。タイの僧のように、それぞれが黄色い袈裟を着ている。

DSC_1358

DSC_1357
もの凄い切れ長な両の目で見られると、心の中を読み取られてしまいそうだ。

DSC_1356

【謎の寺院跡その2】
DSC_1362
もう一つ。こちらには仏塔1基に礼拝堂跡の姿が確認できる。普通こういった建物って中央の入り口がお偉い様用に大きくなっているものだが、こちらは中央の入り口が小さく左右の2つの入り口が大きいという造りになっている。

DSC_1363
礼拝堂跡の入り口からチラっ。

DSC_1364
こちらも当時は壁に沿って多数の仏像が並置されていたようだが、メインの仏像以外は胴体すら残されておらず、足からふくらはぎにかけての部分だけが座禅を組んだままの姿で放置されていて、物悲しさが漂っています。

DSC_1361

DSC_1360
仏舎利前の銅像。数百年もの間、こうやって座禅を組んでアユタヤの歴史を眺め見てきたのでしょう。

歴史書に拠ると、世界遺産都市アユタヤには最盛期で400もの寺院があったらしい。そりゃあ地図には載っていないような中小寺院跡があったって不思議ではない。言い換えれば、地図にあるだけがアユタヤの全部じゃないってことでもある。噛めば噛むほど味が出るガムではないが、旅れば旅るほどアユタヤの良さが発見できるのだろう。こりゃあチャリ旅のしがいがあるってものだ。


Related posts(関連記事):

これぞダークツアリズムの真骨頂 第二次世界大戦博物館
クウェー川鉄橋駅前は観光地化されていて、規模は小さいものの土産物屋や屋台が並ぶマーケットが形成されている。ホテル側は寂れている予感がするので、River Kwai Hotelにチェックインする前にここらで腹ごしらえすることにする。今日は既に目ぼしい観光名所には足を運んだので、後はノープランで適当に街探索をするのみ、時間はたっぷりある。 クウェー川沿いの出店外。試食させてもらって美味...
タイ国有鉄道~アユタヤ駅~
ワット・ヤイ・チャイモンコンからアユタヤ市内へ戻る途中、遥か彼方まで真っすぐと伸びる鉄道のレールを発見。南の国際都市バンコクと北部最大の都市チェンマイの751.42kmを最短11時間で結ぶタイ国有鉄道のクルンテープ=チエンマイ線(本線)の線路であろう。バンコク~チェンマイの寝台列車での旅とかロマンに溢れすぎていて、想像しただけで気分がウキウキしてくる。 地図を見るとアユタヤの鉄道駅はすぐ近く...
ワット・プラ・シー・イリヤーボット
続いて一風変わった名前のワット・プラ・シー・イリヤーボットへ。寺院の名であるイリヤーボットというのは4体の仏像という意味を表した言葉だそうで、その名の通り境内には座仏・涅槃仏・立像・遊行仏がセットになって祀られているみたいだ。よう分からんが、4体合体ロボみたいな感じなんだろうか。 入り口を入ると最初に目に飛び込んでくるのは高さ2mはあろうかという柵つきの立派な礼拝堂跡。基壇の上から生い茂...
シェラトン グランデ スクンビット ラグジュアリー コレクション 宿泊記
去年の話だけど今更ね、バンコクにあるシェラトン グランデ スクンビット ラグジュアリーコレクションに初宿泊。なーんかこのホテルは外から見てたら古くさそうだし対面に建つウェスティンの方が安いので、今までアソークエリアに泊まる際はコスパ的にウェスティンを選択してた。が、物は試し。単なる印象だけで泊まったことのないホテルを毛嫌いする食わず嫌いはいけんな、と。試しにシェラトンラグコレに泊まってみることにし...