マレーシア独立記念日前夜祭
マレーシア独立記念日前夜祭

マレーシア独立記念日前夜祭

ホテルで休息を取っていたところ、外からの騒音に叩き起こされた。銅鑼を叩く音にラッパの音頭、車のクラクションに群衆の喚き声…いったい外で何が起きているんだ!

外に出てみると、何やら奇抜な格好をした原住民ルックの男どもが通りを練り歩きしているではないか!!そういや1957年8月31日はイギリスから独立を果たしたマレーシアの最も重要な日の一つで、明日は独立記念日の祝日となっている。
DSC_2892
マレーシアにはマレー系、中国系、インド系以外にも多くの少数民族が暮らす多民族国家であり、暦をとっても見ても、西暦、ヒジュラ暦、中国暦、ヒンズー暦といった具合に複数の暦が混在していて民族ごとに祝祭日が異なっている。例えば8月(年によって異なるが)にはイスラム教の断食が始まり、1月後にはイスラム最大の祭典・ハリラヤが待っている。10月にはインド系最大の行事であるディパバリがあり、11月にはイスラムの犠牲祭、12月のクリスマスに大晦日、そして正月を迎えたと思ったら2月には中国の旧正月が…多民族国家のマレーシアでは各民族の行事が目白押し。だが、その中でも最重要なのが独立記念日だ。マレーシアの独立には先住民族であるマレー人だけではなく、移民してきた中国人やインド人が連合政党を組み、宗教や民族の壁を越えて独立を勝ち取った経緯があるので、マレーシア独立記念日にはマレーシア全土で全民族がお祝いイベント盛大に行うそうだ。

DSC_2886
華やかな飾りつけが施されたり深夜まで特設ステージで歌や踊りが披露されたりするとは聞いていたが、この練り歩き儀式も独立記念日前夜祭なんだろうか。

ひだり みぎ

DSC_2950
みるみるうちに野次馬の数も増えて警備隊まで出動してきたではないか。

DSC_2947

DSC_2960

DSC_3067

ひだり みぎ
捧げ物としてビールや紙細工、おやつなどが陳列されている。

DSC_2994

DSC_3021

DSC_3092

DSC_3140

DSC_3162
神々だか祈祷師だか仙人だかピッコロだかに扮したおじさんたちがお祈り文句を唱えながら列を成して練り歩いて行く。ビールなどのお供え物はこのおじさん達の為のようで、お祈りパフォーマンスの間間にちょこちょことビールを飲んじゃってます。何だかおじさんたちによる野外コスプレパーティーかのようだ。

DSC_3117
全ての神々が通り過ぎた後はお供え物の紙細工を一集めにして…

DSC_3097
ファイヤー!!!

DSC_3150
仏教でいうところのお焚き上げといったところか。中々の燃えっぷりだ。

DSC_3148
暴動が起きたかのような盛り上がりを見せた前夜祭(?)ですが、イベント終了と同時に皆さんちりぢりに解散していきました。ゴミをほったらかしにして。

[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=WyJjz_rzwL8[/youtube]

[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=Lf8HTEPPJvg[/youtube]

[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=yUqT-OwWAHQ[/youtube]

[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=Tm6M2fhlFeY[/youtube]

Related posts(関連記事):

三井アウトレットパーク クアラルンプール国際空港 セパン
KULではミニマムコネクティングタイム3時間というルールのせいで半端な時間を持て余すことになったので、空港隣接の三井アウトレットパークまで足を延ばすことに。 三井アウトレットパークはクアラルンプール国際空港の敷地内に2015年にオープンしたばかりのショッピングモール。周辺100km圏居住者873万人・空港利用者4,893万人/年(2014年)をターゲットに三井不動産がメジャー出資したそうだ。...
土産物の宝庫・セントラルマーケット
チャイナタウンではコピー品やガラクタばかりが目について土産物にありつけなかったので、旅行者に大人気の雑貨百貨店と評されるセントラルマーケットに向かった。 チャイナタウンと比べると、中国的な雰囲気が消え、清潔感とおしゃれ感が増す。どこかテーマパーク的な雰囲気が漂う。 クアラルンプール発祥の地である、クラン川とゴンバック川の合流点の脇に位置するアールデコ調の建物が特徴のセントラルマ...
サンチャゴ要塞とマラッカ王宮博物館でマラッカの歴史に触れる
独立記念博物館の直ぐ隣には16世紀の初頭にポルトガル軍が建造したサンチャゴ要塞とマラッカ王宮博物館がある。ここら一帯はマラッカ王国時代の中枢地帯だったようで、観光スポットも目白押し。 サンチャゴ砦遺跡、別名ファモサ要塞史跡。マヌエル王の命により、喜望峰をグルリと廻ってマダガスカル島経由でインドへ到着した大航海時代初期の覇者・ポルトガル。1509年に初めてマラッカの土を踏んだポルト...
ウェスティン クアラルンプール クラブフロア宿泊記
金曜日の業務を終え、旧プリンスホテルのプルマンから近所のウェスティン・クアラルンプールへと御引越。数々の高級ホテルに安く泊まれるホテラー天国のクアラルンプールにあって、ここウェスティンも御多分に漏れずにお手頃価格を出している。この日も1万円台中盤くらいとウェスティン東京の半額くらいだったかな。 予約はもちろんSPGの公式サイトで、いつものようにあざとくホットエスケープの最安値を狙い撃ち。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。