マカオの魅力(マカオ関連記事は当ページ最下部から)

1999年に香港の影に隠れてひっそと中国に返還されたマカオ。当時は世界の観光シーンの中でも『香港のオマケ』的な位置付けに甘んじていました。そんな香港の引立て役に転機が訪れたのが2001年。

カジノ産業への外資参入が認可され、マカオのカジノ業界は外資資本による空前の開発ブームに。マカオ中に大型カジノリゾートが乱立し、早くも2006年には収益額で本家ラスベガスを抜き、世界一のカジノタウンの称号を獲得。2005年には22の歴史的建造物と8つの広場を含む地域が「マカオ歴史市街地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録され、『カジノ』と『世界遺産』の2枚看板を掲げ、香港の脇役は今や世界でも指折りの一大観光地へと変貌を遂げました。何てったって世田谷区の半分程の総面積に世界で3番目に多くの世界遺産が詰め込まれた国なんですから世界遺産密度は群を抜いています。ポルトガルの伝統料理+大航海時代に齎された香辛料+マカオの郷土料理が融合して完成された独特のマカオ料理もマカオを語る上では外せません。

ひだり みぎ
リスボアホテル周辺のビル群       旧リスボア

マカオは天空に向かって高々と聳え立つ奇抜デザインな高層ビルに、目が痛くなる程のド派手なネオンや世界遺産が集中するマカオ半島の他、古き良きマカオの香りを今尚漂わすタイパ島に、マカオ最南端にあるビーチアイランドであるコロアネ島、そして両島を接続するカジノリゾート・コタイ地区の4エリアから構成されています。

【各地区の特徴と主な観光地】
マカオ半島
・実に30箇所もの世界遺産を抱えるマカオですが、世界遺産はマカオ半島南部のセナド広場周辺に密集していますので、世界遺産巡りの拠点にはマカオ半島が最適。

⇒主な観光地
・マカオの名前の由来となったと言われるマカオ最古の中国寺院:媽閣廟
・葡萄牙の雰囲気漂うマカオの中心地:セナド広場
・マカオをオランダ軍から守った最強の防衛基地:モンテの砦
・バンジーも楽しめるマカオ観光のシンボル:マカオタワー
・キリスト教布教の中心地跡:聖ポール天主堂跡(大三巴)
・孫文のマカオ滞在時の家:孫中山記念館
・地味に盛り上がる:ドッグレース場
などなど、マカオ半島には見どころが目白押し。

みぎ
ポルトガル風石畳の街並み        廟に吊るされた渦巻き線香

タイパ島(氹仔島)
・マカオ半島と3本の橋で結ばれた島。欧州風の住宅地はポルトガル統治時代のマカオを忍ばせます。

⇒主な観光地
・タイパハウスミュージアム
・官也街(タイパ村)
・カルモ教会

ひだり みぎ
ポルトガル風な小路地           スタバもパステルカラー!

コタイ地区
・世界最大のカジノリゾートであるベネチアンを始め、カジノ付き巨大リゾートホテルが犇めく埋立開発地区。2014年にはモノレールも完成予定とあって、空前の開発ラッシュとなっています。

⇒主な観光地
・世界最大規模のカジノ:ベネチアンカジノリゾート
・総工費用1650億円の巨大複合リゾート施設:ギャラクシーマカオ
・負けず劣らずの巨大カジノリゾート:シティ オブ ドリームス

ひだり みぎ
シティオブドリームス             ギャラクシー

コロアネ島(路環島)
・マカオの最南端に位置する島。山岳地帯の為にマカオ開発プロジェクトの蚊帳の外、手付かずの大自然で覆われたリゾートアイランド。

⇒主な観光地
・聖フランシスコザビエル教会
・黒沙海灘
・エッグタルトの元祖:ロード・ストウズ

ひだり みぎ
海岸沿い。                   聖ザビエル教会

【気候】
・香港と同じ。亜熱帯気候に属しており、高温多湿で夏が長いが一応四季はある。夏が長いのが特徴で、気温が下がったと思うと一気に本格的な冬に突入。

春:3月後半~4月:温度湿度共に上昇するも、非常に過ごし易い。平均気温17℃~25℃で、朝晩は肌寒い。

夏:5月~10月前半:高温多湿で快晴。外は暑いが室内やバス・地下鉄などはクーラーガンガン。クーラー病に要注意。平均気温26℃~31℃。

秋:10月後半~11月:温度・湿度共に下がり、快適で観光のベストシーズンだが、期間が短すぎて、気づいたら冬に突入してしまう。平均気温19℃~26℃。

冬:12月~3月前半:亜熱帯のくせに意外と冷え込む。平均気温12℃~20℃。

【移動】
・成田と関空からマカオ航空の直行便が出ています。
●成田発着便時刻表

’13年4月26日まで 週2便
便名運航日成田マカオ機種
NX 861木日16:0019:50A320
便名運航日マカオ成田機種
NX 862木日09:3015:00A320

4月27日~ 週4便
便名運航日成田マカオ機種
NX 861火木土日16:0019:50A320/A319
便名運航日マカオ成田機種
NX 862火木日09:3015:00A320/A319
09:3014:55A320/A319

●関空発着便

3月31日~ 週4便
便名運航日関空マカオ機種
NX837月水金日16:3019:35A319
便名運航日マカオ関空機種
NX838月水金日11:0015:30A319

・まだまだ直行便は少ないので、香港経由もしくは中国の珠海経由で来られる方が便利。

【通貨】
・現地通貨はパタカ(MOP)。香港ドルが等価で使えたりするが、レート的にはMOP1=HKD 0.97/ なので若干不利だが、両替の手間と手数料を考えると香港ドルでの支払いでも良いかと思う。

マカオ関連記事

Related posts(関連記事):

マカオ観光地巡り
マカオ観光旅行1日目終了。天候的には湿気が高くジメジメとして不快でしたが、無事、計画通りに初日の観光地回りを終えてきました。歩き過ぎで足がパンパン!!腕と首裏が日焼けでヒリヒリ!!寝不足でウトウト。満身創痍で明日も一日頑張ります。 *各地の詳細情報は明日以降追って更新していきたいと思います。 ●戦利品 各博物館から持ち帰ったパンフレットの一部。読み物が大量過ぎてこれからの復習作業...
ミシュラン掲載店? マカオのポルトガル料理屋 アントニオ(安東尼奥)
元気ですかー!!?ということで、2019年ゴールデンウイーク初日の夜は、マカオのミシュランレストラン“アントニオ”でポルトガル料理を食べることに。2日後にはポルトガルに行くんですけどね、どうしても胃袋が待ちきれませんでしたw ということでアントニオへと移動。巨大カジノ施設が立ち並ぶコタイ地区の中でも、タイパビレッジと呼ばれるマカオ風情満点の下町へ。 タイパビレッジの細~い...
【閉業】宿泊記 ホリデイイン マカオ コタイセントラル
【閉業済】 残念。ホリデイインマカオコタイセントラル(澳門金沙城中心假日酒店/Holiday Inn Macao Cotai Central)は閉業となり、ブリティッシュスタイルのLondoner Hotel Macauなるホテルとして生まれ変わることとなりました。これで、パリジャンの対面に英国系ホテルができるという構図になるのか…英仏戦争マカオラウンド開幕っすな。 IHG系系...
マカオで学ぶキリスト教 仁慈堂博物館と天主教芸術博物館
マカオって、かつてキリスト教布教活動の中心拠点だったこともあってキリスト教関連の記念館やら博物館が多いんですよね。自分自身はキリスト教徒ではないですが、せっかくなんでキリスト教にまつわる博物館を巡ってみることにしました。 仁慈堂博物館 先ずはセナド広場のすぐ横にあるコロニアル風の建物2階にあるこじんまりとした仁慈堂博物館へ。名前からしていかにもですよね。英語だともっといかにもで、Macau H...