アジアマイルのoneworld複数航空会社特典で行く一人慰安旅行

えー、上長や他部門の方々との出張がたて続いた関係で、またもご無沙汰してしまいました。単独出張じゃないとなかなか自由が得られんので…。

結局、盆休みに計画をしていたアジアマイルを使っての特典航空券旅行もDOH-DXBが無期限運休となった為にキャンセルされちゃったし、最近は公私共に上手くいかないことばかり。厄払いにインド出張で土人像でも買ってくりゃ良かったわ。

すっかり疎遠になってしまって久しいキャセイ。来年1月までに調理せねばマイルが腐り始めるんで、改めて特典航空券での旅行を組み直すことに。

どう捌けば美味しいか。調理方法に関して検討に検討を重ねた結果、やはり手持ち160,000マイル弱をワンワールドのマルチキャリア特典にぶっこむのが得策との結論に達したので、改めて10,001~14,000マイルのレンジでの旅程を検討することに。

oneworld複数航空会社特典一覧表

この一覧表は以下の往復無料航空券に交換する場合に適用されます。
キャセイパシフィック/キャセイドラゴンを含まない2社以上のワンワールド航空会社をご利用
キャセイパシフィック/キャセイドラゴンを含む3社以上のワンワールド航空会社をご利用
1回の特典交換に全ワンワールド提携航空会社を選択することも可能ですが、最大距離が50,000マイルの範囲内とします。


条件

特典ゾーンはご旅程の全区間距離の実際の飛行距離で決定されます。
ストップオーバー(途中降機)5回、乗り換え2回、オープンジョー2回(出発点、中間点、折り返し地点において)までが可能です。ただし、提携航空会社の規約を条件とします。
政府、その他の官庁、また空港運営機関により50香港ドル以上の手数料・税金が課せられ、航空会社から追加費用、サーチャージ、手数料として193香港ドル以上が適用となります。実際の必要マイル数、また政府・空港関連の税金/手数料および航空会社が全乗客に課すサーチャージについてはご予約時にお知らせします。
特典旅行の全プログラムの規約が適用されます。

出典:アジアマイル公式サイト

狙いは総飛行距離10,001~14,000マイルのFクラス旅行(必要マイル数=155,000)。
貧乏性の自分はピンポイントで13,999マイルを狙いたかったが、結局は総飛行距離13,920マイル(F=4本・C=1本)の下記ルートに落ち着いた。


[table id=122 /]

日々変態ルートを研究されている職人の皆様のようなトリックルート作りをしてみたかったけど、総飛行距離に応じて必要マイル数が変わるやり方だと難しい。ストップオーバー5回・乗り換え2回・オープンジョー2回まで許されるので、頭を捻ればもう少し魅力的な旅程が組み立てられたのだろうけど、結局、無難でつまらん扇形のルートになってしまった。

カタールの外交問題のお蔭でバーレーン・ドバイ・イエメンの観光もドバイ-ロンドンのカンタスファーストクラスも諦めざるを得ないので、代わりにDOH⇔MCTの往復便を別口で手配してオマーン旅行でも楽しもうと思う。親イランのオマーンがカタールと断交というのは流石にないだろうし。それにしても、まさかオマーンなんか行くことになろうとは…

Related posts(関連記事):

キャセイドラゴンで行くインボラ狙いの週末台湾
かなーり前の話になるけれど、キャセイドラゴンで行く週末弾丸台湾旅行なんてのもやってたので、記録として残しておく。とにかくむしゃくちゃしてて、とにかくどこかに飛んでいきたかったんすよ。できれば安くて、近くて、金曜終業後に香港のファーストクラスラウンジを満喫した上で飛んでいける場所。それが台湾だった。 香港⇔台湾は話題のAviosが有効活用できる路線でもあるのだが、この日は有償最安値(往復込々1...
CX364 香港⇒上海浦東 
CX364で香港から上海浦東へと飛ぶ。香港⇔上海はドル箱路線なのだろう、他にも吉祥航空や春秋航空、香港航空、上海航空、中国東方航空なども就航していて群雄割拠状態になっている。キャセイ・ドラゴンも各国のビジネスマンを乗せて毎日バンバン飛ばしていて、それこそCXとKAだけで夕方までは1時間に1本以上という高頻度でフライトがあるので電車感覚で移動できる。 さて、本日お世話になるCX364は17:3...
搭乗記 S7航空 A321Neo 国内線ビジネスクラス ノボシビルスク⇒ウラジオストク
怒涛のS7航空3連発、第二弾はロシア国内線区間でノボシビルスクから極東ウラジオストクへ。 TAS-OVB S7 3298 16:20-21:10(2.5h、1,128mile) OVB-VVO S7 3279 23:10-0750(5.4h、2,316mile)☚いまココ VVO-NRT S7 565 13:25-14:40 (2.15h、685mile) こうして改めてみてみると、ウラジ...
搭乗記 ヘルシンキ⇒サンクトペテルブルク NoRRA航空 ERJ190エコノミークラス
フィンエアーのラウンジで男女混浴サウナに入ってサッパリし、いよいよNoRRA航空(Nordic Regional Airlines)のERJ190でロシアのサンクトベルクに向かう時がやってきた。NoRRA航空は馴染みのない航空会社だけど、フィンエアーの子会社で、主にリージョナル便の運航を担当しているキャリアのようである*。 この飛行時間1時間足らずのヘルシンキ⇒サンクトペテルブル路線もフィンエア...