マンゴー泥棒(?)

昼休みに気分転換を兼ねて外食に出かけた時のこと。

公道で何やらしきりに木の上を覗き上げている挙動不審なおばさんを発見。
IMG_5056
木の上には人影が。子供が木登りでもしてるのかな~と思ったら…

IMG_5057
ひゃ~何か降ってきた~。大量の固形物がおばさんを直撃。子供のいたずら?脱糞だとしたら性質(たち)の悪いいたずらだ。

IMG_5058
慌てて落ちてきた物を大事そうに拾い上げるおばさん。

この時点で糞では無さそうだ。何だろうと思って注視してみると、マンゴーでした!
青々としたマンゴーを素早く回収し終わると、木から下りてきたグルの男とバイクで一目散に走り去っていきました。その間ものの数分の早業。

その時は『ああ中国だなぁ』程度にしか考えなかったけど、これってやっぱり窃盗罪だよなー。木を荒らして器物破損罪にも問われるのだろうか。不動産物件の購入ですら建前上は『国からの貸借権を買う』ってくらい国が土地を管理しているんだから、木の所有者は多分、国?というか行政?…マンゴー泥棒が国家反逆罪という…

犯罪行為が横で白昼堂々と実行されているのを座視してしまった事に対して軽く自己嫌悪中。まぁあの場で私が小言挟んでも何にもならなかったと思うけど…

Related posts(関連記事):

ミニポタラ宮ことシャングリラの松賛林寺 雲南省旅行5
シャングリラ観光初日の〆はチベット仏教寺院の松賛林寺。1681年に完成した雲南最古かつ最大のチベット仏教寺院で、チベットのポタラ宮に準えてミニポタラとも呼ばれているそうだ。ミニポタラというとちょっと失礼だしショボイ印象を受けててしまうが、果たして… 入場料は115元。チベット風建物がイカしたチケットセンターから松賛林寺までは2km程の距離があり、チケットを買ってから松賛林寺の玄関口...
ウェスティン西安 コーナースイート宿泊記
西安での二泊目はSPG系列のウェスティン西安。ここには一泊だけの滞在として、翌日からはアコーのソフィテル人民スクエア⇒シェラトン西安賽瑞城北と観光中にもかかわらずホテルホッピングをする計画である。 ウェスティンを一発目に持ってきたのは立地的な理由。西安のシンボルである大雁塔まで徒歩数分と自分の観光計画にピッタリだったからである。 大雁塔の南広場に面して建つ茶系の縦格子と真っ赤な赤...
中山城・中国景区/米国景区/英国景区
以前の続き。中山城の日本景区から中国景区経由で米国景区・英国景区を目指します。 ≪中国景区≫ 孫文が革命を目指したのは清朝が疲弊しきった19世紀後半から20世紀前半のこと。 荒廃しきった感じが建物の様子が当時の状況をよく物語っています。 雲呑麺のレストランなど当時の商店。 日本景区でも感心したことですが、建築物自体の再現力は非常に高く、タイムトリップをした感覚す...
中国最大の客家囲屋跡 龍崗客家民族博物館
IHG修行で5,000ポイント付き宿泊パッケージをオファーしていたクラウンプラザ深セン龍崗ホテルへとやってきた。土日を使ってわざわざ羅湖からMTRで1時間の郊外まで来ているのだ。折角なのでホテル周辺の観光地も見て回らんと勿体ない。 とは言っても、こんな僻地に観光地があればの話だ。先ずはいつもの通りグーグル先生と睨めっこしてみる。すると、3Km程離れたところに龍崗客家民族博物館なる観光名所を発...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >naoさん
    はじめまして、コメントありがとうございます!何かもう、誰が植えたとか誰に属するものとか云々より、誰が先に見つけたか!みたいになっちゃってそうな…本当に色々な事が曖昧な国ですよね;;