珠海市への週末小旅行

先週末はお隣珠海市まで一泊二日の小旅行にでかけてきました。元々は土曜日出勤予定であったが、幸い金曜日の時点でその必要が無くなったので、急遽、段取無しの週末小旅行を決行してきた次第です。

珠海市は、丁度マカオと中山市の中間に位置しているのでマカオ観光の度に何度か立ち寄っているが、毎度毎度マカオ入国を急ぐばっかしに珠海市はスルーしてしまっていたので、珠海市の主要観光スポットに関する情報は一切把握していなかった。まぁとりあえず行きゃあ何とでもなるだろということで出発。珠海市街到着後、バスターミナルにて市内バスマップを拝借し、気になった駅名をピックアップしてひたすら公共バスを乗り継いで目的地を目指すという行き当たりばったりな旅行になってしまいました。

●主な訪問先:
①普陀寺
②農科奇観(植物園)
③革命博物館
④石景公園
⑤唐家
⑥ミニマカオ

他にも多くの駅で下車したが、特筆すべき場所は上記6点になると思う。

移動ではこの珠海市公共交通機関用ICチップが重宝しました。購入後に知ったことですが、珠海市では中山市の交通カードも使えるそうです…
IMG_5663
バスの値段は走行距離と空調有無で1.5元~3元でした。

●宿泊先:
マカオに行くときの定宿であるチャーミングホテルをあたったが、最高級のべらぼうに高い部屋しか空きが無かった為に断念。インフォーメーションセンターで3つ星以上のホテルの番号を調べ、電話で何軒かと交渉し、その中で、バスターミナルから程近く、市街地ど真ん中にある自称3つ星の安宿を試してみる事に。その名も金域酒店。当日予約にも関わらず、窓無し180元が空いていました。

始め、電話でのやり取りで、向こうが窓無しと言っていたところをベッド無しと勘違いしてしまった自分…

窓の意味の中国語の発音がChuangの第一声で、ベッドの発音がChuangの第二声と超ニアミス。まぁ普通に考えればベッド無しの宿なんて無いですよね(苦笑)

珠海の繁華街蓮花路にあるこのホテル。

ひだり みぎ
上層階は日式カラオケになっているようです。クラブムーランルージュにシャングリラ、タンポポ、そして美幸と4店も入っている激戦地区の様です。

そしてホテルに入ってみると、まさに金域=ゴールデンエリアの名に恥じない煌煌たる光を発するフロント。
IMG_3834
上層階は日系カラオケになっているそう。これだけ派手にしているのも頷ける。

エレベーターがかび臭くてゲンナリしてしまったが、フロアに出てみると存外に上品な造りでした。
ひだり みぎ
フロントの明るさが嘘のような落ち着いた雰囲気。フロアで騒ぎ立てるような輩もいませんし、市街地にあっても部屋は静かでした。

ダブルが無かったのでツインに。部屋も合格です。
IMG_3841

窓無しと言われていたのにカーテンが!がぁぁ~と豪快にカーテンを捲ると
IMG_3852
…開閉不可。まぁ窓無し部屋の料金だからね。。。こりゃあ静かなはずだわ。

IMG_3842
ネットも繋がります。

唯一の大減点。
IMG_3854
シャワーを浴びるとトイレが水浸しになるこの構造!!!この立地条件のホテルの当日予約で180元なら致し方ないとは分かっていながらも、トイレでシャワーを浴びているようで気分が害される。


今回の訪問先の位置関係です。

どんなことろでも、やっぱり新しいところに出ていくのは面白い。明日から珠海市の情報に関してもボチボチ書き残していこうと思います。

Related posts(関連記事):

中国南方航空 シンガポールー広州 A319 ビジネスクラス搭乗記 チャンギdnataラウンジ
シンガポール出張を終え、南方航空にて広州へと移動する。 広州-シンガポールは一日平均8便(シンガポール航空=2便・スクート=2便・南方航空=4便)飛んでるんだけど、広州での仕事終わりに飛べる夜便は南方航空しかないので、広州からシンガポールに飛ぶ際にはいつも糞機材(A320・A319・B737)を飛ばす南方航空の利用を余儀なくされている。南方航空は良い機材も多数保有してるんだけど、東南アジア路線は...
田子坊
昨日は上海で半日ほど時間があった為、『芸術の倉庫』『上海のソーホー』とも称され、今や新天地に並ぶ一大ショッピングスポットとして注目されている田子坊に足を運んでみました。 地下鉄9号線の『打浦橋路』が最寄駅で、同駅1番出口から徒歩1分。 田子坊への入口。この路地裏に買物街が拡がっています。 エリアマップ。まさに『路地裏買物街』石庫門スタイルと呼ばれる上海の伝統的な集合住宅地区内...
シャングリラ独克宗古城でマニ車を回したり 雲南省旅行2
突然ですが、シャングリラ(理想郷)という名の街が実際に存在することをご存知でしょうか。このシャングリラという言葉はもともと、英国人作家ジェームズ・ヒルトンの冒険小説『失われた地平線』(1933年初刊)に登場する架空の土地の名前であった。あのシャングリ・ラ・ホテルズの名前も、このチベットの奥地の桃源郷に由来する。そんな桃源郷人気に目を付けたのが中国共産党。「シャングリラって実は雲南省の中甸がモデルに...
インターコンチネンタル麗江 宿泊記 雲南省旅行13
麗江での最終宿泊日はホテルインディゴからお隣のインターコンチネンタル麗江エインシエントタウン(麗江和府洲際酒店)へとお引越し。インディゴとオーナーが同じだからかホッピングすることは予約システムからお見通しだったようで、インタコへの移動の際にはバギーカーにて送迎頂いた。ほんとインディゴのスタッフはおもてなし度が高かったし、常にゲストが望んでいる以上のサービスを提供しようという心意気が感じられて素晴ら...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >masahiro020さん
    珠海市内(澳門とのボーダー周辺)までは広州空港からバスで3時間半程度です。広州⇒珠海市内の高速鉄道の開通が待たれます。
    *具体的にはまた後程メッセージで回答します!無視をしていた訳じゃないのでご安心をwww
    路上では併音記号は殆ど見ることがないですが、中国だと筆談で事が足りる事が足りるケースもしばしばなので幾分楽ですよ^^