珠海市への週末小旅行

先週末はお隣珠海市まで一泊二日の小旅行にでかけてきました。元々は土曜日出勤予定であったが、幸い金曜日の時点でその必要が無くなったので、急遽、段取無しの週末小旅行を決行してきた次第です。

珠海市は、丁度マカオと中山市の中間に位置しているのでマカオ観光の度に何度か立ち寄っているが、毎度毎度マカオ入国を急ぐばっかしに珠海市はスルーしてしまっていたので、珠海市の主要観光スポットに関する情報は一切把握していなかった。まぁとりあえず行きゃあ何とでもなるだろということで出発。珠海市街到着後、バスターミナルにて市内バスマップを拝借し、気になった駅名をピックアップしてひたすら公共バスを乗り継いで目的地を目指すという行き当たりばったりな旅行になってしまいました。

●主な訪問先:
①普陀寺
②農科奇観(植物園)
③革命博物館
④石景公園
⑤唐家
⑥ミニマカオ

他にも多くの駅で下車したが、特筆すべき場所は上記6点になると思う。

移動ではこの珠海市公共交通機関用ICチップが重宝しました。購入後に知ったことですが、珠海市では中山市の交通カードも使えるそうです…
IMG_5663
バスの値段は走行距離と空調有無で1.5元~3元でした。

●宿泊先:
マカオに行くときの定宿であるチャーミングホテルをあたったが、最高級のべらぼうに高い部屋しか空きが無かった為に断念。インフォーメーションセンターで3つ星以上のホテルの番号を調べ、電話で何軒かと交渉し、その中で、バスターミナルから程近く、市街地ど真ん中にある自称3つ星の安宿を試してみる事に。その名も金域酒店。当日予約にも関わらず、窓無し180元が空いていました。

始め、電話でのやり取りで、向こうが窓無しと言っていたところをベッド無しと勘違いしてしまった自分…

窓の意味の中国語の発音がChuangの第一声で、ベッドの発音がChuangの第二声と超ニアミス。まぁ普通に考えればベッド無しの宿なんて無いですよね(苦笑)

珠海の繁華街蓮花路にあるこのホテル。

ひだり みぎ
上層階は日式カラオケになっているようです。クラブムーランルージュにシャングリラ、タンポポ、そして美幸と4店も入っている激戦地区の様です。

そしてホテルに入ってみると、まさに金域=ゴールデンエリアの名に恥じない煌煌たる光を発するフロント。
IMG_3834
上層階は日系カラオケになっているそう。これだけ派手にしているのも頷ける。

エレベーターがかび臭くてゲンナリしてしまったが、フロアに出てみると存外に上品な造りでした。
ひだり みぎ
フロントの明るさが嘘のような落ち着いた雰囲気。フロアで騒ぎ立てるような輩もいませんし、市街地にあっても部屋は静かでした。

ダブルが無かったのでツインに。部屋も合格です。
IMG_3841

窓無しと言われていたのにカーテンが!がぁぁ~と豪快にカーテンを捲ると
IMG_3852
…開閉不可。まぁ窓無し部屋の料金だからね。。。こりゃあ静かなはずだわ。

IMG_3842
ネットも繋がります。

唯一の大減点。
IMG_3854
シャワーを浴びるとトイレが水浸しになるこの構造!!!この立地条件のホテルの当日予約で180元なら致し方ないとは分かっていながらも、トイレでシャワーを浴びているようで気分が害される。


今回の訪問先の位置関係です。

どんなことろでも、やっぱり新しいところに出ていくのは面白い。明日から珠海市の情報に関してもボチボチ書き残していこうと思います。

Related posts(関連記事):

シャングリラホテル深セン羅湖 ホライゾンクラブ宿泊記
この日の宿泊先は深セン羅湖と香港のイミグレに近いシャングリラホテル深セン羅湖。香港から中国のイミグレを抜けた先の正面にそびえ立つ深セン羅湖区のランドマーク的な老舗ホテルである。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 外で日本語を話しているだけで悪人にロックオンされるし、スーツ姿なんてもっての外。一...
頑張れ中山市精神文明建設委員会
ようやく朝晩は涼しくなってきましたここ中山。最近は夕食後の習慣として20~30分程度の散歩に繰り出しています。散歩自体が目的なのでルートや行先も決めず、周囲を観察しながらブラブラと近所を歩き回っていると、何やら面白い掲示物を発見。
ミニポタラ宮ことシャングリラの松賛林寺 雲南省旅行5
シャングリラ観光初日の〆はチベット仏教寺院の松賛林寺。1681年に完成した雲南最古かつ最大のチベット仏教寺院で、チベットのポタラ宮に準えてミニポタラとも呼ばれているそうだ。ミニポタラというとちょっと失礼だしショボイ印象を受けててしまうが、果たして… 入場料は115元。チベット風建物がイカしたチケットセンターから松賛林寺までは2km程の距離があり、チケットを買ってから松賛林寺の玄関口...
南疆鉄道でカシュガルからクチャへ
  カシュガルでの短すぎる滞在を終え、南疆鉄道にて次なるシルクロード沿線都市・クチャを目指す。 南疆線は新疆ウイグル自治区を東西に走る鉄道路線。天山山脈の南麓・タクラマカン砂漠北縁の間を走り抜け、トルファンからカシュガルまでの1,445キロを繋いでいる。元々はほぼ往年のシルクロード(天山南路)に沿って敷設された路線だが、2015年に天山山脈を越える従来の路線が廃止され、山脈を...

「珠海市への週末小旅行」への12件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >masahiro020さん
    珠海市内(澳門とのボーダー周辺)までは広州空港からバスで3時間半程度です。広州⇒珠海市内の高速鉄道の開通が待たれます。
    *具体的にはまた後程メッセージで回答します!無視をしていた訳じゃないのでご安心をwww
    路上では併音記号は殆ど見ることがないですが、中国だと筆談で事が足りる事が足りるケースもしばしばなので幾分楽ですよ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。