中国人の時間概念

広東省も暑くなってきた。昨晩は熱帯夜で中々寝付けなかった為、寝室のエアコンを半年以上ぶりに稼働させるも故障で動かず。今朝さっそくメカニックに電話した。

私「エアコンが起動しないので見に来てください」

メカニック「分かりました。すぐ行きます」

私「大体何時頃に来ていただけますか?」

中国人の『すぐ』は全く信用ならない言葉なので、正確に何時に来るか聞くのが大切である。
メカニック「30分以内に行きます」

私「分かりましたでは。では09:30頃にお待ちしております」

待つこと3時間…既にお昼前…

私「一体いつ来るんですか?」

メカニック「材料の準備に時間がかかってる。住所どこだっけ?もう少しで行けるから」

私「今から外出します。17:00以降だと何時が都合が良いですか?」

メカニック「確認して何時にいけるか分かったら電話する」
3時間後…午後3時過ぎ

メカニック「近くに来てるので今から直しにいけないか?入口のパスワード教えてくれればすぐに上に上がれる」

本当この国にいるといちいち何をするにも疲れる。郵便物宅配の時もそうだ。事前に何時に行くか連絡すると言いつつも、いつも結局かれらの都合の良い時にアポなしの突撃訪問をしてくる始末。こっちの人の時間に対してのルーズさは諦めるしかないとは分かっていつつもやはりストレスがたまる。

今日は結局18:00前後に来てくれることになったが、18:00前後と含みを持たせ言ってきたので、いったい何時に来るか心配だ。

Related posts(関連記事):

龍門石窟 洛陽・鄭州・開封旅行4
洛陽での宿泊先・ホリデイインエクスプレス洛陽シティセンターで荷物を下ろし、身軽になってから今回の旅行の目玉の一つである龍門石窟へと向かう。 龍門石窟は敦煌の莫高窟・大同の雲岡石窟と並ぶ言わずと知れた中国三大石窟の一つ。 [table id=127 /] 三大石窟の中で着工は一番遅く、北魏の孝文帝が大同から洛陽に遷都した494年に掘削が始められ、以来400年以上をかけ、一応の完成に至ったと...
テーマパーク化したカシュガル老街
週末バザールを出て大通りを西に数百メートル進むと、カシュガル老城なる砂上の要塞のような一角に突き当たる。10世紀に興ったカラハン朝の都の中心部であったとされる歴史ある場所で、今でもウイグル族が住まう居住区なのだという。 観光客用テーマパークのエントランス然とした門が入り口に聳え立つ。少なくとも、ぱっと見ではウイグル人居住区のようには見受けられん。 街の中心部にもかかわわず入り口...
アフリカ商品展覧会
広州モーターショー展示会場内にて興味をそそられる看板を発見! 第4回アフリカ商品展覧会!!まさかアフリカ系企業がオートパーツなんか出展してないだろうが…せっかくなので仕事終わりに寄ってみることに。 おお!!下の近代的なモーターショーとは打って変わってエスニックな雰囲気!アフリカの14ヶ国からの出展者が集まり、各々の国の特産物をPR販売するそうです。 外務省的なお役所...
ウイグル族の伝統的家屋が連なる高台民居景区
テーマパーク風に再開発されてしまったカジュアル老城と異なり、カシュガルの町には一般的ウイグル人が住まう伝統的家屋も辛うじて残されている。 中でも、カシュガル老城の東の切り立った土崖の台地に残る集落が一番の規模のようである。 俯瞰モードで家屋群を確認する為、摩天楼と呼ばれる近くの観覧車がある高台に登ってみる。 あー、良く見える良く見える。レンガ造りの家々が高台にびっしり張り付い...