シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プラナカン要素満載のインターコンチネンタル シンガポール 宿泊記


土曜日、この日の予定はクアラルンプールからシンガポールへの移動だけだったので、宿泊先は空港からのアクセスが良く、観光の拠点としても優れた立地にあるインターコンチネンタル・シンガポールに決定。市中心部のブギス駅から直結で空港からMTRで一本で簡単にアクセスできるし、ブギスやアラブストリートも徒歩圏内なので、観光にも買い物にも交通至便。午前中にシンガポール入りして午後を観光や買い物に充てる場合には非常に都合の良いホテルなのである。


伝統的なプラナカン様式の低層ショップハウスと現代建築のビルディング棟を融合させた白亜のインターコンチネンタルホテルは、コロニアル風建築が立ち並ぶブギス地区のランドマーク的存在。繊細な飾り屋根・細長い鎧窓・レリーフの装飾などの外装にプラナカン芸術の特徴が表れているだけでなく、ショップハウスルームと呼ばれる一部の客室ではプラナカン建築の意を施したシンガポールならではのデザインを味わえるそうだ。モダンな内装のホテルが増えてきている中、伝統的でクラシックなスタイルは逆に新鮮味を感じさせてくれる。

ひだり みぎ
堂々とした石造りの正門をくぐり石畳の道を進み、建物を囲うようにして設けられた車寄せの左手にある小さなエントランスからホテルへと入る。


ロビーはこじんまりとしてエレガントな空気に包まれている。洋風クラシカルな中にオリエンタルなエスニックエッセンスが散りばめられているようで、幾何学模様を描く石材の床・壁にはめ込まれた繊細な透かし窓なんかが優美な装飾を好むプラナカンの美意識を感じさせ、古き良き時代のシンガポールの社交場といった雰囲気だ。

チェックインを済ませてエレベーターホールのある右手に進むと、円柱が印象的な広々としたロビーが見えてくる。パブリックスペースと宿泊者スペースをある程度分けようという意図でレイアウトされたのだろうが、ロビーフロアは慣れるまでは少し分かりずらい。

開放的で優雅なロビーラウンジ。シャンデリアが下がる天井に施された蔓草模様の装飾なんかにプラナカン芸術が見て取れる。探せば探すほど見つかる美しいプラナカン装飾を目当てにロビーを徘徊するだけでも楽しめるのは、まるで博物館のよう。


寛ぎの空間へと続くシックなホールウェイ。会社のお抱えドライバーに似た華僑のスタッフに誘導され部屋へと向かう。

ひだり みぎ
今回アサイン頂いたのはリノベーションが終わったばかりの部屋。ロビーと同じく白の清潔さにエスニックな要素が融合した感じのテイストで、全体的にエレガントでラグジュアリー感のある雰囲気にまとめられている。


ミニバーの入ったアーモアのデザインが中国王朝風だったりと、アジアンテイストの優美な調度品が高級感を演出してる。

ひだり みぎ
窓際にはソファにテーブル。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
水回りは白とベージュを基調としていて、明るくシンプル。バスアメニティはインタコの定番・アグラリア。

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ
プールは4階の屋外部分。大都市シンガポールの中心地にありながらも豊かな緑に囲まれて、まるで都会のオアシスのよう。大きめのカウチのある東屋やロッキングチェアでのんびりしながら飲み物を楽しめ、南国都市でのリゾート気分を満喫できる。


こちらはホテルとMTRブギス駅を繋ぐショッピングアーケード・ブギスジャンクション。スコールも多いシンガポールで雨が降っていても傘要らずで買い物や食事を楽しめるのは有り難い。


アーケードからホテルに直通で入れるようになっているが、入り口にスタッフが常駐しているのでセキュリティ的には問題無し。

近くには食事のオプションも豊富だし、駅からも近く夜でも人通りがなくならない場所なので安心して夜遊びから帰って来れる点でも魅力的。

日曜日はホテルから徒歩2分のところにある地元シンガポールのチェーン店・トーストボックスでランチをしてからチェックアウトすることに。

ひだり みぎ
真っ白な家具に真っ白な内装で、何となくノスタルジックな雰囲気の店内は洒落たコーヒーショップのような落ち着きぶり。


この店のウリはサックサクな食感のカヤトーストらしいが、この日は気分的にシンガポール・マレーシアの定番料理・ラクサとKopiというシンガポールコーヒーのセットメニューをオーダー。ラクサは海老・豆腐・ライム・玉子・ネギなんかがガッサリ入った具沢山で、濃い目のソースと絡み合ってかなり美味い。6.8ドル(≒600円)だったかな。優雅な気分を味わいたければホテル内の飲食施設を利用することもできるし、少し安上がりに済ませたい方には近くにホーカーセンターもあったりと、インターコンチネンタルに泊まれば食事オプションには事欠かない。

インターコンチネンタル・シンガポール

住所: 80 Middle Road, Bugis Junction, Singapore 188966
電話: 6338-7600



Booking.com

Related posts (関連記事):

マンダリンオリエンタル ジャカルタ宿泊記(Mandarin Oriental Jakarta)
決算月だというのに忙しなく動き回ることを余儀なくされた今年の3月。前半戦はジャカルタで監禁されてストレスレベルが最高潮に達したので、週末こそはホテルでまったりリラックスしてやろうとマンダリンオリエンタ...
アロフト南海でポイント修行 ホテルオファーとSPGオファーのコンボ技
広州近郊にありながら300元台前半⁺⁺~で泊まれる手軽なSPGホテルのアロフト南海。今回、SPGのMake it Countプロモとホテル独自でオファーしてるトリプルポイントプロモのコンボ技を駆使すれ...
SPGとMLBのコラボ企画開催中~プロモやら特別オークションやら~
ここ2週間ほど某国に軟禁状態。重要プロジェクトを抱えつつも4月には玉突き人事により今年9月に予定していた異動が前倒しとなるという意味の分からない非常事態にあり、週末も追い込んで仕事せねば間に合わぬ火事...
インターコンチネンタル東京ベイ クラブフロア宿泊記
この日はインターコンチネンタル東京ベイのクラブフロアでマッタリホテルステイを楽しむことに。 宿泊費は一泊US$272.12⁺。Mr. Rebatesで費用の10%(US$27.21)が還元される...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする