宿泊記 シェラトン モスクワ シェレメーチエヴォ エアポートホテル

さあて、短い滞在期間だったけど、モスクワでも行きたかった場所には一通り行くことができたので、次なる目的地であるキルギスの首都・ビシュケクへと移動することに。

モスクワからビシュケクへの移動は飛行機で4時間超。翌朝07:55にSVO(シェレメーチエヴォ国際空港)からFRU(ビシュケク・マナス国際空港)に飛ぶエアロフロートの直行便に乗りたかったので、朝一のフライトに備えてこの日のうちに空港近くのホテルへと移動しておくことに。

シェレメーチエヴォ空港周辺にはアコー系のノボテルやIHG系のホリデイインエクスプレスがあったり、それこそ空港内にも綺麗目なカプセルホテルがあったりと、宿事情は中々良さげ。空港直結ではないですが、空港から1kmほど離れたところには、我らがマリオット系列のシェラトン モスクワ シェレメーチエヴォ エアポートホテル(Sheraton Moscow Sheremetyevo Airport Hotel)もありました。

5,000円のホリデイインエクスプレスにも惹かれたが、シェラトンはマリオットのカテゴリー2。有償だとそこそこの値段がするけれど、ポイントだと12,500ポイントで泊れたので、今回は特典宿泊でシェラトンに泊まることに。エアポートホテルらしく、24時間運行のシャトルバスサービスや、安く泊まれるデイステイの宿泊プランもあったりして、使い勝手の良いホテルです。

ひだり みぎ
モスクワ市内からの移動の足は地下鉄とバス。

先ずは7号線のPlanernaya駅へ向かい、そこから空港行きバスへと乗り換える。空港からは無料のシャトルバスが出てるので、空港まで行けばなんとかなるでしょう。

【Planernaya発シェレメーチエヴォ空港行きバス】
ミニバス948:15分毎に発車(07:30~22:00)
バス817:20分毎に発車(05:23~00:09)
参照:アエロフロート公式ページ

Planernaya駅を降り、Planernaya Transport Hubの中から空港行きのバスが出発するバスターミナルへ。英語付きの地図も多いですし、Planernayaまで行けば迷うことはないでしょう。

ひだり みぎ
トランスポーテーションハブというか、ただのショッピングモールからバスターミナルへ。モールの中の一角にバス停へと繋がる改札口があり、その脇にいるオッサンから乗車券(運賃=55P)を買って外のターミナルへと出る仕組みになっている。


極寒の夜のモスクワで寒さに震えて待つこと15分、817の路線バスが現れる。市内からタクシーだと2,000P、エアロエクスプレスなる空港連絡鉄道だと500P。そう考えるとバスでの移動は安上がりで済むもんで、代償として多少寒い思いをしても仕方がないでしょう。


ぷくぷくに肥えたロシア人マダムと共にバスに揺られること1時間弱。空港の手前数駅のところで右手にシェラトンの文字が見えたのでバスを飛び降り、歩いてホテルへと向かうことに。空港でシャトルバス乗り場を探す手間が省けましたわ。


最寄のバス停“Мелькисарово(メリキサロヴォ)”から徒歩5分。寝るだけの利用には勿体なく思える立派なシェラトンに到着した。

ひだり みぎ
一部がアトリウムになったロビー。全体的に暗めな上、深夜のように恐ろしく静まり返っていて、笑顔無しで表情を一切変えないロシア人の鉄仮面フロントマンのザ・社会主義的な塩対応が怖々と思える雰囲気だった。

クラブラウンジ

営業時間:07:00-23:00
朝食:07:00-11:00
ディナー:18:00-20:00

ひだり みぎ
残念ながらディナーの開催時間には間に合わず。ミールは全て片づけられてたけど、ビールを含むボトルドリンクは残されていた。やっぱりロシアだとビールなんて清涼飲料水扱いなんすかねw


泡もあったのかな。ハッピーアワーやカクテルアワーではなく、ディナーというくらいだから、ミールも充実しているに違いない。

部屋:エグゼクティブスイート

チェックインの際は何ら説明を受けなかったが、特典宿泊にもかかわらずエグゼクティブスイートにアップグレード頂けたらしい。事前にアンバサダー経由でシャトルバスに関する問い合わせをした際に、担当アンバサダー様が根回しをして下さっていたのかもしれない。

ひだり みぎ
カーペットやカーテンがオシャレなリビング。寝るだけなのに勿体ない広さっす。ジンギスカンの6人組を呼んで「目指せモスクワ」のダンスパフォーマンスを披露してもらえちゃうくらいの広さ。


ひだり みぎ
ひだり みぎ
流石はロシアで、ミニバーのお酒がやたらと豊富。ロシア人が大好きなウォッカやブランデー、ビールから、ジン、ラム、ワイン、シャンパンまで。寒い夜に体を温める為にも飲まなきゃやってられないから仕方ないっすね!酒が無ければエタノール入り不凍液や入浴剤まで飲んじゃう人たちもいるくらいの国ですからね、仕方ないっすね!


そうこうしているうちに、これまた表情一つ変えることないポーカーフェイスなホテル従業員がウェルカムフルーツを運んできた。しかもよりによって従業員はガタイの良いスキンヘッド。まぁスキンヘッドといってもマイクベルナルド的な良い人系スキンヘッドだったけど、これがみたいな強面系スキンヘッドやサイコパス系だったらドアを開けて無かったと思う。

ひだり みぎ
ベッドルーム。空港の直ぐ近くですが、防音対策がばっちりなので外の騒音は一切気になりません。

ひだり みぎ
バスルームはバスタブ付き。便座がやたらと低くて使い勝手が悪かったっす。脛くらいの高さしかないんすから。小便が跳ねること跳ねること。

シャトルバス


翌朝はホテルの無料シャトルバスで空港へ。24時間運行なんでほんと便利っす。

シャトルバスタイムテーブル:
ひだり みぎ
ターミナルF・E・D行きは日中10分間隔、早朝2-5時は15分間隔で運行。
ターミナルB行きは日中30分間隔、早朝2-4時は1時間間隔で運行。

空港でのシャトルバス乗り場

ターミナルF:Arrival area, 1st floor. Bus Stop on 2 line of the road in front of the 2nd entrance
ターミナルE:Arrival area, 1st floor. Bus Stop on 2 line of the road near column #3
ターミナルD:Arrival area, 1st floor. Bus Stop on 1 line of the road near column #75
ターミナルB:Arrival area, Bus Stop on 2 line of the road

空港直結ではないですが、24時間運行のバスがあったりデイユースの宿泊プランがあったりと、SVO利用時には何かと便利なホテルです。ホリデイインエクスプレスに20,000IHGポイント使って泊まるなら、12,500マリオットポイント払って泊まった方がお得度合いは高いでしょう。

Sheraton Moscow Sheremetyevo Airport Hotel


Booking.com

所在地:Mezhdunarodnoye Shosse 28B Building 5, Moscow, Moscow Oblast
電話:+7 495 229-00-10




Booking.com

Related posts(関連記事):

IHG 2017年一発目のAccelerateプロモ
ぎゃー!もう今年も残すところ半月ちょい。本当、嘘だろうというペースで毎日毎月が過ぎていく。なんか気付けば早や来年(1月1日~4月15日)のIHG Accelerateターゲットプロモの登録が開始されてるし。 登録はこちら 来年度一発目のターゲットプロモ、皆さんの内容は如何だろうか。
サービスアパートっぽいアナンタラ バンコク サトーン 宿泊記
本日はロケットマイルがプロモをバンバンと打ち出してた頃にマイル目的で一泊したアナンタラ・バンコク・サトーン(Anantara Sathorn Bangkok Hotel)の宿泊記。1年以上も前のことなのでうる覚えだが、2泊2万円弱の宿泊費で4,000マイル近くを荒稼ぎできたと記憶する。 そのアナンタラであるが、タイでバーガーキング等の外食店やJWマリオット等のホテル運営を手がける米系企業マイ...
クラウンプラザホテル ランドマーク深セン宿泊記
本日の宿泊先はクラウンプラザホテル ランドマーク深セン。羅湖口岸までタクシーで僅か15分と香港との往来にも便利だし、周辺の徒歩圏内に多くの日本料理店が乱立してていて、何かと利便性の高い日本人御用達のホテルである。 ホテル到着は15:00。チェックインはエントランスを入って右手のフロントで。フレンドリーで且つ丁寧な気遣いのできる素晴らしい女性スタッフがチェックインを対応してくれていたのだが、そ...
JWマリオットジャカルタ 宿泊記
去年、SPGに次ぐ第二のホテル修行先を絞り込んでいた頃、候補の一つだったマリオットを試す為にジャカルタと香港のJWマリオットに泊まってた。結果、どうもハードは没個性でソフトはアメリカンアメリカンし過ぎててマリオットは自分には肌が合わないと感じたので、結局IHGに流れることになったんだった。今さらながら去年の画像フォルダを見直してて思い出した。 先ずはジャカルタのJWマリオット。ここは大使館な...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。