モスクワ市内から各主要空港への移動方法 まとめ

さあロシアから旅立つ時が来た!

と思い、翌朝に搭乗予定となっていたモスクワ発キルギス行きの航空券に目をやると…SVO発!?。モスクワに入る際に利用したのはVKOだったのだが…

そう、モスクワは大都市だけあって空港が複数あり、主要国際空港だけでもシェレメチェヴォ国際空港(Sheremetyevo International Airport、SVO)・ドモジェドヴォ国際空港(Domodedovo International Airport、DME)・ヴヌコヴォ国際空港(Vnukovo International Airport、VKO)と3つの空港が存在してるのです。ええ。先ず、「ヴ」という文字が入りすぎてて、日本国外務省としては誠に遺憾ものでしょう。

外務省から「ヴ」消える、国名見直し法案が衆院可決

ヴヴヴ。これら3つの国際空港はモスクワ市街地を中心に三角形を描くように位置。それぞれが非常に離れているので、間違った空港に行っちゃったらアウトでしょう。危ない危ない。


東京でも成田と羽田で棲み分けがなされているように、モスクワの主要国際空港にもそれぞれ違いがあるらしい。

シェレメチェヴォ国際空港 Sheremetyevo International Airport (SVO)
モスクワ市内から北北西約40kmに位地。ロシアのフラッグキャリアであるアエロフロートのハブ空港で、中国系やスカイチーム系キャリアの利用が多い。拡張・近代化が進む。
wiki先生:https://ja.wikipedia.org/wiki/シェレメーチエヴォ国際空港

ヴヌーコヴォ国際空港 Vnukovo International Airport(VKO)
モスクワ市内から南西30kmに位地。最も古い空港。ロシア国内線や、中東、コーカサス、中央アジア路線がメイン。
wiki先生:https://ja.wikipedia.org/wiki/ヴヌーコヴォ国際空港

ドモジェドヴォ空港 Moscow Domodedovo Airport(DME)
モスクワ市内から南東35kmに位地。JALが就航しており、ワンワールドとスターアライアンス系の利用が多い。
wiki先生:https://ja.wikipedia.org/wiki/ドモジェドヴォ空港

因みに、Skytrax社が発表した最新の2019年度版空港ランキングでは、63位にシェレメチェヴォ空港、80位にドモジェドヴォ空港がそれぞれランクイン。ヴヌーコヴォはトップ100圏外でした。ドンマイVKO来年また頑張ろう。

モスクワ市内への移動という面では、いずれの空港もエアロエクスプレスという空港連絡鉄道で市内のメトロ駅と接続してるので、別にどの空港を使っても苦労はしないかと。いずれの空港からも路線バスやマルシルートカといった公共交通機関を使っての移動も可能で、バジェット旅行組やワイみたいな貧困系旅行者のお財布にも優しいですし。

今回は、各空港からモスクワ市内へのアクセスを纏めてみることにしました。2019年5月現在の情報になります。

シェレメチェヴォ国際空港(Sheremetyevo International Airport、SVO)


1. SVOからアエロエクスプレスでベラルーシ駅へ⇒隣接するベラルースカヤ駅でメトロ2・5号線に乗換え
ベラルーシ(Belorussky)駅⇒SVO行 運行時間:05:30-00:30
SVO発⇒ベラルーシ(Belorussky)駅行 運行時間:05:00-00:30
所要時間:35分
運賃:500P(ビジネスクラス=1,500P)
往復だと850Pで買えるお得なチケットもあります。最新情報は下記公式サイトをご覧ください。
アエロエクスプレス公式サイト:こちら

2. SVOから路線バス851番でレチノイヴァグザール駅へ⇒メトロ2号線に乗換え
レチノイヴァグザール(Rechnoy Vokzal)駅発SVO行き 運行時間:05:37-01:05
運行頻度:20分毎
所要時間:40分
運賃:55P

3.SVOから路線バス817番でプラーニルナヤ駅へ⇒メトロ7号線に乗換え
プラーニルナヤ(Planernaya)駅発SVO行きバス817 運行時間:05:23-00:09
運行頻度:20分毎
所要時間:40分
運賃:55P

4.SVOからミニバス948番でプラーニルナヤ駅へ⇒メトロ7号線に乗換え
プラーニルナヤ(Planernaya)駅発SVO行きバス948 運行時間:07:30-22:00
運行頻度:15分毎
所要時間:40分
運賃:75P(大きい荷物がある場合、別途請求される可能性あり)

自分は宿泊先の最寄り駅からの移動が最も楽だった3番の移動方法を選択しました。モスクワ市内から空港まで地下鉄の運賃=55P+パスの運賃=55Pの合計110P(≒200円)で移動できる、最も経済的な移動手段になります。
ひだり みぎ
地下鉄内に掲示された路線図にも「Planernaya, SVO行き」と書かれていますし、Planernaya駅を降りてからもSVO行き817番のバス乗り場の方向を示したサインが掲示されているので、初めてでキリル文字が読めなくても迷うことは無いっす。

また、モスクワ市内からは随分と離れた郊外にあるPlanernayaまでは地下鉄で移動するので、心配していた渋滞に巻き込まれることもなかったっす。

ヴヌコヴォ国際空港(Vnukovo International Airport、VKO)


1. VKOからアエロエクスプレスでキエフ駅へ⇒隣接するキエフスカヤ駅でメトロ3・4・5号線に乗換え
運行時間:06:00-24:00
運行頻度:ほぼ1時間おき
所要時間:40分

2. VKOから路線バス611番でユーゴザーパドナヤ駅へ⇒メトロ1号線に乗換え
所要時間:20分
運賃:55P

自分は2の移動方法を選択。どこで降りていいか分からずキョドっていたことろ、メトロ駅が見えて大量の乗客がバスから下車。ワイも釣られて降りたところ、ユーゴザーパドナヤ駅の1個手前のTroparevoという駅でした。
ひだり みぎ
後で知ったところによると、ユーゴザーパドナヤ駅は611番のバスの終着駅らしいので、「どこで降りればいいんだろう…」と私みたいにキョドる必要もなく、最後まで堂々とバスに乗ってれば良いみたいっす。

運賃55ルーブルをバスの係員に払い、メトロ駅でも55ルーブルを払って乗車券を買うだけなので、キリル語が読めないロシア語が話せないワイみたいな者でも簡単に空港からモスクワ市内のホテルに移動することができました。

ドモジェドヴォ国際空港(Domodedovo International Airport、DME)


1. DMEからアエロエクスプレスでパヴェレツ駅へ⇒隣接するパヴェレツカヤ駅でメトロ2・5号線に乗換え
パヴェレツカヤ(Paveletskaya)駅⇒DME行 運行時間:05:30-00:30
DME発⇒パヴェレツカヤ(Paveletskaya)駅行 運行時間:05:15-00:30
運行頻度:ほぼ30分おき
所要時間:45分

2. DMEから308番のバスでドモジェドフスカヤ駅へ⇒メトロ2号線に乗換え
所要時間:30-40分
運賃:150P

まとめ

モスクワ市内への移動という意味では、どの空港も市内へのアクセスは整備されているので心配ないっす。空港のクオリティという面では、いずれも旧社会主義クオリティで、団栗の背比べでしょう。「どの空港を選べば良いか」ではなく、「どのキャリアで飛べば良いか」を優先して渡航計画を立てた方が良いかと思います。


Booking.com

Related posts(関連記事):

モスクワのニコルスカヤ通りとグム百貨店
せっかくモスクワまで来たので、モスクワの象徴たる赤の広場とクレムリンに行ってみることに。 宿泊先のセントレジスがあるルビャンカから赤の広場までは道一本。しかも通りはかなりゴキゲンな感じの歩行者天国になっていて、ストリートミュージシャンやジャグラー、更には記念写真を撮らせて金をせびるレーニンやプーチンのそっくりさんも出没したりと、フラフラと歩いているだけで楽しめるようになっている。 ...
ロシア人作家による名作が充実 ロシア国立博物館
さあ行きますよ、サンクトペテルブルク観光二日目。 本日の観光スポット巡り、先鋒としてお相手を務めてくれるのは、多数の名作絵画を所蔵する国立ロシア美術館。サンクトペテルブルクの美術館と言えばエルミタージュ美術館ですが、この国立ロシア美術館も美術館としての魅力としては負けていない。 エルミタージュ美術館の新館にも絵画の名作が大量に並んでいますが、エルミタージュがゴーギャン・ピカソ・モネとい...
サンクトペテルブルといえばココ!エルミタージュ美術館 冬の宮殿
サンクトペテルブルグ初日は、朝一からサンクトペテルブルグの顔とも言うべきエルミタージュ美術館へと向かう。エルミタージュといえば、ペテルブルクに来たら一番に挨拶に出向かねば失礼にあたるくらいの大御所的存在ですからね。 それにしても、9月末なのにくっそ寒い。風が強いので体感温度的には更に低く、鳥肌と乳首が立つような寒さの中を歩いていく。 絵本の中の世界のように美しいサンクトペテルブルク...
搭乗記 ヘルシンキ⇒サンクトペテルブルク NoRRA航空 ERJ190エコノミークラス
フィンエアーのラウンジで男女混浴サウナに入ってサッパリし、いよいよNoRRA航空(Nordic Regional Airlines)のERJ190でロシアのサンクトベルクに向かう時がやってきた。NoRRA航空は馴染みのない航空会社だけど、フィンエアーの子会社で、主にリージョナル便の運航を担当しているキャリアのようである*。 この飛行時間1時間足らずのヘルシンキ⇒サンクトペテルブル路線もフィンエア...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。