シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テトリスの聖地・聖ワシリイ大聖堂(St. Basil’s Cathedral)


赤の広場の一番端っこに、社会主義的な殺伐とした広場の雰囲気を変えてくれるユニークな建築様式の建物がある。カラフルな9つの玉ねぎ型の帽子をかぶった聖ワシリイ大聖堂だ。

こいつが視界に入った時には、思わずキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!ってなりましたね。モスクワの、いや、ロシアのアイコン的存在ですからね。

それにしてもユニークな設計だよな。コミカルな玉ねぎの串刺しに、衝撃的な色使い。こんなこと言うとプーチンの怒りを買ってしまいそうだが、イスラム圏の冴えない遊園地みたいというか、国道沿いにある安っいラブホテルみたいというかw

tetris
自分の中のテトリスで遊んでいた時の記憶だと、もう少しカラフルでエキゾチックな感じだったんですけどね。現実はもう少しポップでコミカルな感じだった。

外観はお茶目でカジュアル感たっぷりのワシリイ大聖堂ですが、内部は歴史の重みがたっぷり詰まっていて、非常に厳粛な雰囲気。カラフルに彩られているのは外壁だけでなく、聖堂の中も壮麗な壁画や天井画でびっしりと埋め尽くされている。
ひだり みぎ
聖堂というと中に大きな空間がドカーンと広がってるイメージだったが、実際には玉ねぎの一つ一つのが独立した礼拝堂のように分かれていて、それぞれのお堂を回廊で繋げたような造りになっている。

ひだり みぎ
それぞれの玉ねぎの内部はフレスコ画やイコン画で埋め尽くされていて、博物館や美術館の展示ルームのよう。まさかテトリスで見た玉ねぎ小屋の中がこんな風になっていたとは。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
それぞれの玉ねぎに展示されたイコン画の数々。

ひだり みぎ
玉ねぎの欠片なんかも。

大聖堂の模型。こうしてみると本当に飴細工みたいというかウェディングケーキみたいというか、かじったら甘そうだし、粘っこくて歯にくっついて取れなくなりそうw

一見、タマネギ頭の塔が無秩序にニョキニョキと乱立しているように見えるが、中央の玉ねぎを主聖堂として、それを囲むように8つの聖堂が均等に配置されているのがよく分かる。完成後、あまりに出来栄えが良すぎてビビったイワン帝が、これ以上に美しい建物が建てられるのを恐れて設計者の目をくりぬいたという「おそロシアな」逸話もあるくらい素晴らしい建物である。


更に、これら玉ねぎには二階部分もある。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
神々しい。


天界への扉かのようなイコノスタシス。

ひだり みぎ
壁画を楽しみながら更にダンジョンを進んでいく。


聖人がチラっ


扉の奥からもチラっ


ウォーリーを探せならぬ聖人を探せを楽しんでいると、どこからともなく美しい歌声が響き渡ってきた。聖歌隊によるり讃美歌のコーラスが始まったようだ。ただでさえ神聖な雰囲気の玉ねぎの中に、厳つい顔したロシア人聖歌隊の美しい歌声が響き渡って神々しいことこの上ないっす。

外から見るだけでも面白い聖ワシリイ大聖堂ですが、中はもっと面白いですよ。入場料を払うだけの価値はあります。

【聖ワシリイ大聖堂(St. Basil’s Cathedral)】

所在地: Red Square, Moscow

Related posts (関連記事):

ロシア人作家による名作が充実 ロシア国立博物館
さあ行きますよ、サンクトペテルブルク観光二日目。 本日の観光スポット巡り、先鋒としてお相手を務めてくれるのは、多数の名作絵画を所蔵する国立ロシア美術館。サンクトペテルブルクの美術館と言えばエルミ...
駆け足で巡るミハイロフスキー城とストロガノフ宮殿
前回のエントリー(血の上の救世主教会)からの続き。 こんな感じで歩いていきます。 血の上の救世主教会からミハイロフスキー公園を東に突っ切ってミハイロフスキー城へ。 ミハイロフスキー城から...
宿泊記 シェラトン モスクワ シェレメーチエヴォ エアポートホテル
さあて、短い滞在期間だったけど、モスクワでも行きたかった場所には一通り行くことができたので、次なる目的地であるキルギスの首都・ビシュケクへと移動することに。 モスクワからビシュケクへの移動は飛行...
モスクワ市内から各主要空港への移動方法 まとめ
さあロシアから旅立つ時が来た! と思い、翌朝に搭乗予定となっていたモスクワ発キルギス行きの航空券に目をやると…SVO発!?。モスクワに入る際に利用したのはVKOだったのだが… そう、モスク...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする