MOJO ドンコイ通りに面したお洒落カフェ/バー

ドンコイ通りに面したオープンテラス席がしばしば白人観光客の盛り場となっているMOJO on DONG KHOI。名前も良いですよね、MOJO。喪女でもない、JOMOでもない、MOJO。英語では魔術・呪術、スラングでは麻薬程度の意味の言葉なんだが、なんか、エロ妖しいコノテーションを感じさせてくれる響きの言葉じゃないですか。

このモジョ、一応シェラトン内の飲食施設ということでスターポイントも貯まるので、ちょっくら入ってみることに。

先ずはランチ。排気ガスをまき散らして走るバイクの大群を目の前に食事をするのは気が進まなかったので、冷房ガンガンの店内で食事を摂ることに。


店内はMOJOのイメージカラーであるオレンジと黒、茶系のインテリアで統一されていて見栄えが良い。シェラトンの客室もこれくらい真新しかったら良いのにと思わずにはいられない。

メニューはアジアンエスニック系+ウェスタンフードがメイン。日本食、韓国料理、マレー・タイ系料理、ベトナム料理、ピザにバーガーにパスタ…まぁいわゆる何でもござれ系か。SPGカードで15%オフとなることを確認してからオーダーを決めようとしたところ、寿司に天婦羅がついた鮭定食みたいな弁当があるとのことで、そいつを頂くことに。


MOJO弁当。もう見た目からしてハズレ。味も勿論ハズレ。ソースの味しかしない焼き鮭、醤油がききすぎの炒飯、申し訳程度の貧相な寿司、北米の中華料理屋で出てくるフォーチュンクッキーのような見た目をした、殆ど衣しかないエビフライ…エビフライの中にオミクジが入っててもおかしくないくらい不自然に膨れ上がってますからね。

更に、弁当だからお吸い物もついてんのかー。水っぽいんだろうなーと思って蓋取ったらワンタンヌードルだし。なんか微妙に中華が混じっちゃってるんだよなー、炒飯といい。

完全にハズレ。だけど、こんな店で弁当を頼んだ自分が悪い。VND300,000(1,500円)もありゃ日本食屋で腹一杯食べれるので、和食が食べたければ大人しくレタントンに行くべきだった。何を血迷いこんなとこで弁当を頼んでしまったのか!自責の念に駆られてしまう。

別の日の夜に再訪。

夜はもう少し違った印象だ。コンテンポラリーなインテリアが洗練されたバーみたいな雰囲気を出していて、客層も禿げ散らかした小太りの白人沈没者ではなく、小綺麗に着飾ったベトナム女子やマダムの姿が目立つ。
ひだり みぎ
音楽もホセなんとかって奴が歌ってそうなラテン系ポップミュージックが流れていて、洒落たムードを演出してる。

注文は何でもいいが、弁当以外と心に決めている。

MOJOシーザーサラダ(VND310,000)。ボリュームあり過ぎてこれだけで腹が膨れてしまう。味も良いし、これはアタリ。弁当の汚名はシーザーサラダによって見事に返上された。


サラダがごっつすぎたので、メインは軽めにシーフードラクサ(VND295,000)。これもイメージ通りのものが来てくれた。


海老、魚の練り物、イカ、厚揚げ豆腐、鶉の卵と具沢山。マイルドなココナッツミルクと濃厚なカレーの中で海鮮のダシのきいた深みのある味で、これは美味い。腕の良いシェフがいるんだから、あんな似非日本食なんかで評判を落とすのは勿体ない。弁当は即刻メニューから外すよう提言したい。

DSC_4623
ドリンクはベルギーのレフビール(VND135,000)。他にヒューガルデンやステラ、コロナなんかの輸入ビールを飲むことができる。


カクテルのおススメはMOJOモヒート(VND230,000)。ただでさえ小さいグラスの半分が氷という虚しさはあるが、潰したイチゴががっさり入っててフルーティーで飲みやすいおススメの一杯だ。

ドンコイで観光に疲れた際にひょこっと立ち寄るには便利なカフェ/バーではあると思う。

【MOJO on DONG KHOI】

住所:Sheraton Saigon Hotel and Towers 88 Dong Khoi St. Dist.1. Ho Chi Minh
電話番号:(08)38272828
営業時間:07:00-23:00

Related posts(関連記事):

ナイトマーケットでダラット特産品を買い漁る
ホーチミンからのバスの到着が1時間程遅れてしまったが、ここベトナムにあって1時間程度のバスの遅延は想定内の事であり織り込み済みだったので、ダラット到着日の観光は概ね計画通りに消化することができた。 ホテルで一休憩挟んだ後、夜のダラット市場に繰り出して土産物を見て回ることに。ダラットの中心市街地はダラット市場を中心として多くの露店が並んでいて、夜には人とモノでごった返すカオスなナイトマーケット...
サイゴンに響く鐘の音・聖マリア教会
市内中心地区を歩いていると精巧に積み上げられた赤煉瓦と高さ40メートルの二つの尖塔が印象的な建物に目を奪われる。ホーチミン市の定番観光スポットの一つとして挙げられる聖マリア教会(サイゴン大聖堂)だ。19世紀のフランス統治時代に建材をわざわざフランスから取り寄せて建造された本格的ネオゴシック様式の教会で、並々ならぬ“ヨーロッパ臭”を醸し出している。 建物手前の広場には名前の由来ともなってい...
フエの夜 Hanh Restaurant/ DMZ Barフエの世界遺産巡り7
フエの観光初日を終え、夜の新市街地を歩く。 途中、町を探索中に雨に降られたので、ホテル近くのB級食堂で雨宿りを兼ねベトナム料理を大人食いすることに。 ローカル家族連れで賑わうHanh Restaurant。空調は効いてないけれど、雨が打ち水になって暑さは感じない。寧ろしっとりして良い感じだ。 セットメニューがVND110,000。 このセットメニュー、一人用?なんか続...
シェラトンサイゴン ホテル&タワーズ クラブフロア宿泊記
ソフィテル、Mギャラリー、プルマン、ノボテル、ibisと、アコー系列のホテルが充実しているホーチミン。今回の出張では新規開業したばかりのMギャラリーを試したかったところだが、やはりここでも見事にシェラトン無料宿泊キャンペーンに釣られてしまい、シェラトンサイゴンホテル&タワーズに宿泊することに。プロモーションとかに流され易い自分の性格は一生治らない不治の病だと思う。 シェラトンサイゴンは...