レンタバイクで世界遺産ワットポーへと日帰り旅行

さー、やってきた。初ラオス。バスターミナルでトゥクトゥクに拾われホテルに投宿。荷物だけおいて紹介されたLao Chaleun Hotelの悪徳レンタバイク屋で借りたカブでワットポーを目指す。


パクセーからチャンパーサック郡にある世界遺産ワットプー遺跡までの距離は約60km。かつてはメコン川を渡し船で越えねば辿り着けないアクセスの悪い陸の孤島だったが、2000年にメコン川に架かるラオ日本大橋が日本の経済援助で完成してから道路も整備され、車やバイクで1時間もかからずに訪れることが出来る場所になった。そのため、今回のようにウボンから国際バスで14:00にパークセー入りした後でも日帰りでワットポー観光に出かけることができる。そりゃあ日本人はビザフリーでラオス入りできますわ。

パークセーのレンタバイクバイク情報は別頁にアップしているのでそちらを確認いただくとして、100ccのカブ(Honda Wave Z)にまたがりパクセーの市街地を出てタイとラオスをつなぐ国道10号をタイ方面に向かっていくと、メコン川に架かる大きな橋を渡ることになる。
ひだり みぎ
これが噂のラオ日本友好橋。全長1,380mの長く立派な橋で、メコン川に架かる4本の橋梁のうち他の3本はタイとの国境に架橋されているので、メコン川上でラオスの国土を結ぶ唯一の橋だそうだ。


地味ーに10,000キープ紙幣にもデザインされている。


橋を越えてタイ方面に向かって直進。ラテライトの砂利道で前を走るトラックがまき散らす砂埃で視界が遮られ苦戦。ラオスの手荒い洗礼を受け体中赤土だらけの原始人のような風貌になりながら、ギアを落として時速40Kmの安全運転で乗り切る。因みにラオスの公道の時速制限は周知徹底されておらず、若い男たちは普通に80Kmオーバーで横を走り抜けていく。

ひだり みぎ
ほぼガスメーター0で出発したのでガス欠にならぬかと不安になった折、ようやくガソリンスタンドが見つかった。距離的には往復の移動で30000キープ分のガソリンでちょうど良いといったところだと思うが、保険をかけて少し多めに100B(300キープ)と10000キープでお支払。結局今日はこの40000キープで事足りた。

ひだり みぎ
事前に入手した大雑把な地図によると、ワット・プーへ行くにはタイへ続く道を途中で左折してメコン川沿いに南下しなければならないようだ。土地勘が無いので不安ではあったが、道路以外は田んぼや野原ばかりなので見つけるのは容易いものだ。ガソリンスタンドからすぐ行ったところで三叉路にぶつかり、「ようこそ我らが世界遺産のワットプーへ」的な看板が目に入ったので、左に折れ南下する。後は長閑な一本道をチャムパーサックの町に向かって南下するだけだ。


墓石のような標識によると、かつて西暦5世紀頃に栄えたチャムパーサック王国の首都であるチャムパーサックの町まで後20キロ。世界遺産になったワットプーと合わせてチャムパーサックの町もセットで世界遺産に登録されている。チャムパーサック地方はメコン川によって紀元前から栄え、様々な王国が勃興した舞台であり、インドネシア半島を席巻した巨大なクメール王国にとってもここが揺籃の地だったのである。

ひだり みぎ
イサーンでは村や田んぼが幹線道路から奥に入っていることが多いが、ラオスでは幹線道路に接している為に道路沿いから田園地帯を見渡すことができる。田園地帯の真ん中に伸びる舗装された一本道で風を切って走るのが気持ちよく、ついつい私も時速80キロで飛ばしてしまう。


山々が連なる中に広がる無限の田園。ラオスの国土の80%は標高500m-2000mの山地で占められているが、メコン川沿いはタイから続くコラート平原となっていて、平たんな地形を活かした水田水稲作が盛んにおこなわれている。乾季は稲作や食用昆虫の採集、雨期になると湿地で漁業を営んだりと、ラオス南部では地域の自然環境に合した暮らしが営まれているようだ。


メコン川だ!

DSC_4732


川を渡ると集落に入る。チャンパーサックの町なのかな。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
学校や高床式住居、寺院などがあるが、町というよりは村、集落といった規模。

DSC_4737
子供達が陽気に「サバイディー!サバイディー!」って声をかけてくれる。本当愛くるしくて癒されるし、なんか応援されてるマラソンランナー気分になってしまう。

ひだり みぎ


僧侶は歩いてワットプーを目指しているのだろうか。それも裸足で。

ひだり みぎ


1時間もかからぬ内にワットポーへ到着した。バイクの駐車料金と入場料を払っていざクメールの大遺跡へと入っていく。

Related posts(関連記事):

余りお勧め出来ないコンケン国立博物館
いまいち観光資源に恵まれないコンケンにあって唯一と言って良い観光地がコンケン国立博物館。 1972年オープンという歴史ある博物館で、バーンチエンやスンヤン遺跡などで発掘された土器や仏像、イサーンに住む人々の民族衣装や民芸品などが展示されているようだ。 場所は市街地から2キロ程離れた町の北郊にあり、微妙にアクセスが宜しくない。 くっそ暑い昼下がりのコンケンの町を散歩を兼ねて徒歩で移動...
真っ赤赤なビエンチャンのラオス国立博物館
最終日、バンコクへと戻るフライトの出発時刻まで時間があったので、最後にラオス人民による革命の軌跡を知るためラオス国立博物館を見ておくことに。社会主義国の博物館ってプロパガンダまみれで結構好きなんですw。 宿泊先から歩くこと5分程、中学生の図工作品かのようなジャール平原の石壺の画が門に飾られた安っぽいラオス国立博物館に到着した。 かつてフランス総督の居館であった白亜の宮殿風建物が...
魅惑のミャンマー タチレイ(タチレク)中編
気の弱そうなトゥクトゥクドライバーによるタチレイ観光ツアーが始まった。タイ側ではチェンマイからメーサイまで豊かなプランテーション地帯が続いてたのに、ミャンマーに入ったとたん険しい坂道だらけで、山肌に張り付く集団墓地なんかも見えてくる。道路は一応舗装されているものの至る所に穴や段差などのトラップが張り巡らされていて、段差や穴を越える度に腰が浮き、着地をする度にケツを固い座席に打ち付ける。走行スピード...
チェンマイっ子の精神的支柱 ワット・チェディルアン
数百あるチェンマイの寺院の中でも随一の格式の高さを誇るとされるワット・チェディルアン。チェディ=仏塔、ルアン=最も大きなという名が表す通り、創建当時にチェンマイ一の巨大仏塔が築かれ、その偉容を今なお半壊状態ながら見ることができる。また、チェンマイ王朝建設の基礎となった「国の礎の柱(サオ・インタキン)」も境内に安置されていて、1年に1度だけ守護柱が開帳されるサオ・インタキン祭には毎年大勢の参拝客が国...