ワット・チェディ・チェットテーオ

シー・サッチャナーライの遺跡は城壁内外の広範囲に点在しているので全ての遺跡を見て回るにはトゥクトゥクやバイクが必要となってくるが、城壁内は遺跡が集中してるのでギリギリ歩いても周れそうな規模感である。


一応20バーツで園内バスに乗って楽することもできるけど、遺跡内の雰囲気を楽しむ為に自分の足で歩いて見て回ることに。


幹が太く背の高い大木が遺跡感を醸し出す。

ひだり みぎ
枯葉で覆われた鬱蒼とした林の中に古代の井戸やら建物の跡が残っているが、いずれも名前すらないマイナー寺院のようである。タイの遺跡は圧倒的にレンガ造りが多いので崩壊が激しいが、石造りのアンコール遺跡と比べてそのぶん廃墟感が増す。

鬱蒼と生い茂る森の中に細々とした名も無き遺跡が続く中、漸く本格的な遺跡が顔を出す。シー・サッチャナーライの中心的寺院であるワット・チェディ・チェットテーオである。

南東の正門から中央のチェディへ向かう参道の両側に塔やら柱やらが立ち並んでいて壮観だ。


スコータイ独特の蓮の蕾を模した仏塔を中心に、ヒンドゥー教や各仏教など、この地を支配した各王朝の遍歴を示すように様々な様式を取り入れた大小33基の仏塔が残っている。


復元図。中央の塔の前にあった礼拝堂は木造だったのか殆ど全て朽ち果ててしまっていて、境内には多数の仏塔が残されるのみとなっている。これらの仏塔の大半は14世紀、ラームカムヘーン大王の孫でありスコータイ王朝6代目リタイ王の統治下で建造されたらしい。リタイ王は自らも出家経験があり、セイロン島から高僧を招聘するなど深く仏教に帰依した人物だ。


西側正面から見ると、やはり中央に立つスコータイ様式の仏塔とその前に立つ南部タイ様式の仏塔が特に目につく。


中央の塔。

ひだり みぎ
各仏塔の壁龕には仏像が納められている。


その中でも特徴的なのが、手前の仏塔に安置されたインド神話の蛇神・ナーガの上で瞑想する仏像。背光の代わりにナーガを置いた仏像は東南アジアでも見かけるが、仏が座る台座までがとぐろを巻いたナーガというのは非常に珍しい。


まだまだ修復待ちの瓦礫の山があったりと、何ともワイルドな遺跡である。

【2016年スコータイ・ピサヌローク旅行記】







Related posts(関連記事):

アユタヤ随一の名刹 ワット・パナン・チューン
ワット・スワン・ダーラーラームの参拝を終え、いよいよチャオプラヤ川を渡ってワット・パナン・チューンへ。こちらの寺院はアユタヤが首都となる26年前となる1324年に建立されたそう。アユタヤの中洲にある寺院は悉くビルマ軍により壊滅的ダメージを被って廃墟と化したが、ワット・パナン・チューンは奇跡的に破壊を免れたこともあり、縁起がよい寺として多くの人々の厚い信仰を集めているそうだ。 川の向こうに...
三人のアユタヤ王が眠るワット・プラ・シー・サンペット
王宮跡の南にあるアユタヤ王朝の王宮守護寺院・ワット・プラ・シー・サンペットはアユタヤー朝中期の15世紀末に建立された。伝説によればこの地にはアユタヤ王朝の開祖・ラーマーティボーディー1世に(ウートン王)よって宮殿が建てられていたとされるが、15世紀後半のトライローカナートの時代に宮殿が現在の宮殿跡に移築し、この地は宮中儀式が執り行われる仏教施設となったという。謂わば元祖アユタヤ宮殿の跡地だ。さらに...
ミャンマーとの国境の町・メーソート
遂にやってきた国境の町・メーソート。スコータイからの移動で疲れたし腹も鳴り始めたんで、ミャンマーに出る前に町の繁華街を探して腹ごしらえすることに。 バスターミナルから南の方角に歩いて5分、町の中心部であろう一角に出てみると辺鄙な田舎町だと思っていたメーソートが意外と小洒落た町でビックリ。ランボー最後の戦場に出てきたメーソートの描写とのギャップに驚きだ。ランボーが毒ヘビ売りをしたり船の船頭を...
荒廃しきったスコータイ最古の遺跡 ワット・プラ・パーイ・ルアン
続いては城壁北部のもう一つの見所、ワット・シーチュムから更に奥に進んだところにあるワット・プラ・パーイ・ルアンへと移動。 快調に遺跡群の中を走っていると、ワット・プラ・パーイ・ルアンに入る手前の料金所で呼び止められ、スコータイ遺跡北部への入域料として100バーツを徴収される。城壁の中央・西・北に入る度に料金が発生するのはまぁ仕方ないとはいえ、3箇所の通しチケットを用意できんものかね。係員の手...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。