タイ国有鉄道~アユタヤ駅~
タイ国有鉄道~アユタヤ駅~

タイ国有鉄道~アユタヤ駅~

ワット・ヤイ・チャイモンコンからアユタヤ市内へ戻る途中、遥か彼方まで真っすぐと伸びる鉄道のレールを発見。南の国際都市バンコクと北部最大の都市チェンマイの751.42kmを最短11時間で結ぶタイ国有鉄道のクルンテープ=チエンマイ線(本線)の線路であろう。バンコク~チェンマイの寝台列車での旅とかロマンに溢れすぎていて、想像しただけで気分がウキウキしてくる。
WP_20131218_136
地図を見るとアユタヤの鉄道駅はすぐ近くのようなので、ちょっと寄り道することに。

WP_20131218_184
こじんまりとしながらも旅情溢れる駅舎。駅前にはレンタサイクル屋があるしバイタク運ちゃんもうろついているので、バンコクから鉄道で来ても不便はしないだろう。

WP_20131218_191

WP_20131218_188

WP_20131218_187

WP_20131218_185
単式ホーム及び島式ホーム2面の複合型ホーム3面4線をもつ地上駅だ。

WP_20131218_186
南線はバンコク行き、北線は最遠で北に650Kmの位置にあるタイ北部最大の都市・チェンマイまで走ります。流石は世界遺産都市アユタヤの鉄道駅なので、これだけ小規模な駅ではあるが一応は一等駅であり、特急の停車駅でもあるらしい。

ひだり みぎ
北行きと南行きそれぞれの時刻表。クリックすると拡大できます。これを見たらバンコク行きは22:55アユタヤ発が最終便のようだ。バンコク駅からの距離は71.08km、特急で約1時間半、普通列車で約2時間で結んでいる。普通列車利用の場合の運賃は、3等車で15バーツ(約45円)、2等車で35バーツ(約105円)、1等車で66バーツ(約200円)、特急列車利用の場合は指定席で315バーツ(約945円)で、昼食のサービスが付くそうだ。因みにバンコク-チェンマイ間の756Kmの基本料金は最安値の3等で121バーツ(約360円)、1等でも593バーツ(約1800円)、これに列車の種別やエアコン有無、寝台有無などで費用が追加されていく。例えば急行なら+80バーツ、エアコン付き2等寝台の上段なら+220~250バーツといった具合である。利用する列車や車両の種別や等級によって料金が細かく異なる料金体系となっているようなので、タイ語の出来ない外国人にとっては辛いところだ。

座席
◎1等:エアコン付2人用個室で、夜は上下の2段ベッドになる。
◎2等:一部寝台、一部座席タイプ。座席は片側2人がけ、エアコン付きかファンのみの2種類ある。寝台のベッドは進行方向建て並びで上下2段。
◎3等:2~3人がけ、クッション無しの木製シート。

路線
合計4路線でタイ全土を網羅している。
◎北線:バンコク~チェンマイまで。所要11~13時間。
◎南線:マレー半島を南下してタイ南部最大の都市ハートヤイにいき、そこから南東方面のスンガイコーロク行き(15~22時間)と南方面のパタンプサール行き(17時間)に分岐。
◎東線:バンコク~カンボジア国境のアランヤプラテートまで。所要5時間30分。
◎東北線:バンコクからナコーンラーチャシーマーまでいき、そこからラオス国境のノンカイ行き(11時間)とウボンラーチャタニー行き(8~12時間前後)に分岐。

上手い具合に鉄道を乗りこなせれば国境を越える旅も楽しめる。例えば、バンコクから14:45発のバタワース行きSP EXP35に乗ると翌日正午に到着、20:55発翌06:45着のクアラルンプール行きの列車に乗ることができる。あるいは、バタワースで一泊すれば翌朝7時発の列車に乗りば21:40にはシンガポールに到着することもできる。嗚呼、自分にもっと時間があれば…

Thailand_rail_map


Related posts(関連記事):

アジアの混沌・パッポン通り
充実したナイトライフが楽しめるバンコクでも随一の歓楽街として名高いバッポン通り。薄灯りの下、爆音ダンスミュージックを鳴り響かせながら中央の雛台でお姉ちゃんたちがセクシーダンスを披露するゴーゴーバーのネオン看板と客引きや用心棒、通り一帯を埋め尽くす露店などの密集地帯。シーロム通りとスリウォン通りを結ぶ全長200m程の小路地に物・店、白人、アジア人、女男オカマ、全てがごっちゃごちゃに混ざり合った熱気ム...
ミャンマーとの国境の町・メーソート
遂にやってきた国境の町・メーソート。スコータイからの移動で疲れたし腹も鳴り始めたんで、ミャンマーに出る前に町の繁華街を探して腹ごしらえすることに。 バスターミナルから南の方角に歩いて5分、町の中心部であろう一角に出てみると辺鄙な田舎町だと思っていたメーソートが意外と小洒落た町でビックリ。ランボー最後の戦場に出てきたメーソートの描写とのギャップに驚きだ。ランボーが毒ヘビ売りをしたり船の船頭を...
宿泊記 バンコク・マリオット・マーキス・クイーンズパーク (Bangkok Marriott Marquis Queen’s Park)
本日の宿泊先はバンコク一の大箱ホテルであるバンコク・マリオット・マーキス・クイーンズパーク バンコク。 世界127カ国に6,500以上の宿泊施設を擁するマリオット・インターナショナルのなかでも、マーキス・ブランドはドバイ、ニューヨーク、シカゴ、ワシントンなど10箇所のみ。マリオットの名前は聞いたことがある方が多いけど、「マーキス(Marquis)」という名前は(特にアジアでは)あまり馴染みが...
アロフト バンコクでSPG修行⇒プラチナへ解脱。 Aloft Bangkok宿泊記
SPG修行のメッカ・バンコク。カテ6のセントレジスからカテ2のアロフトやフォーポイントまで計10か所のスターウッドプロパティが集結していて、滞在目的や予算に合わせたSPGホテルを選択できる。小生の場合は主にスクンビット界隈にある4ホテルをメインとし、修行目的の滞在時はシェラトンとウェスティンのホッピング、安くて駅近くが良い場合はフォーポイント、多少駅から遠くてもより安くエネルギッシュな滞在をしたい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。