戦略家ホーおじさんの戦術が学べる(!?)作戦博物館

歴史博物館でベトナム近代史に入るまでの流れを学んだ後は、ホーチミン作戦博物館で現代史の学習です。場所はサイゴン動植物園の門から道を一本渡った先の右手、徒歩1分のところにあります。

館内には1975年3月から始まった軍事攻勢~サイゴン陥落に至る最終軍事作戦の図解や展示物が並べられているそうだ。軍事攻勢の流れとしては、75年3月からベトナム人民軍・南ベトナム解放民族戦線軍によって矢継ぎ早に下記4回の軍事作戦が取られ、サイゴン陥落に至りました。改めて思うが、ベトナム戦争がたった40年前弱の出来事というのが信じられない。

①Highland Campaign
②Hue・Danang Campaign
③Ho Chi Minh Campaign
④The high command of Ho Chi Minh Campaign
⇒サイゴン陥落

博物館の敷地内にはホーチミン作戦実施の際に用いられた北ベトナム軍の軍事車両や戦車なども展示されています。これらは建物外にあり、無料で見物することができます。
IMG_3170
戦車T4-848号。1975年4月30日午前10:30、当時の南ベトナムの大統領官邸に突入し、サイゴンを陥落させました。

IMG_3181
A37戦闘機。1975年4月28日に5機の編隊を組んでタンソンニャット空港を爆撃。そうなんです、現在ホーチミンの国際空港であるタンソンニャット空港は南ベトナム空軍/米国空軍の重要な軍事施設だったのです。

ひだり みぎ
無残にも撃ち落された戦闘機の残骸。

IMG_3186
コマツのブルドーザー。

IMG_3187
1975年4月30日。サイゴン陥落を高らかに宣言。

IMG_3176
その他、各種戦車砲(57mm/ 76mm/ 105mm/ 130mm) が並べられていたので、軍事マニアの方にはたまらない貴重な展示物かと思います。

博物館の建物は南ベトナム陸軍の高級将校の宿舎であったものが改装されたものが使用されています。外にいても暑いので中に入ります。涼しげなクリーム系の色の建物です。
IMG_3169
…が、エアコン無し…シーリングファンのみ、猛暑の中での見物となってしまいました。

中に入ると定番の…
IMG_3189
ホーチミンおじさん!これほどまでに自国民から愛されている人物は世界中探しても稀だと思う。ベトナム全土、どこにいってもホーチミンスマイルが目に留まる。

さて、ホーチミンおじさん率いるベトコンですが、先ずはHighland=高原狙います。高原を制するものは全土を制する。日露戦争の旅順攻略でも爾霊山の陣取り合戦の結果が勝負を分けたように、高地狙いは陸地戦の鉄則です。
IMG_3197
ラオスとカンボジアに接するベトナムの西側の高原地帯を制し、ホーチミンルートと呼ばれる陸路の支援経路を確保します。そこから東へ向かって主要都市のフエ・ダナン、そしてサイゴンを攻略することで南ベトナム軍の支援ルートを断つ事を狙いとしました。

IMG_3194
戦車でも攻め入りますが、

IMG_3198
短期決戦を狙う米軍の目論見は外れ、局地戦はゲリラ戦化してしまいました。

IMG_3203
こういった機械で簡易要塞を築いて

IMG_3201
後は撃つべし!撃つべし!!

ひだり みぎ
武器や食料などの物資は押し車や自転車などで運ばれ、重要書面や命令伝達書はHONDAのスーパーカブで運ばれました。流石にこの時代は伝書鳩ではありません。

IMG_3209
一番印象に残った写真。戦争の悲惨さや、戦地に駆り出される兵士たちの心情が伝わってきて、胸にこみ上げるものがあった。

IMG_3213
これは米国軍を苦しめたクチトンネルの様子。壕内には食堂や医務室、会議室などがあり、地下に潜みながら対米軍抗戦を続けていました。このトンネルは今やホーチミンを代表する観光地となっており、タクシーに乗る度にクチトンネルまで連れて行かされそうになります。運転手曰く『It’s very good for you, my friend』だそう。何がどう良いのかは不明。

IMG_3221
土木工兵の大隊用のボート。ボートにとって致命的な穴が所々ありましたが、冠水しなかったのでしょうか。

IMG_3226
この撮影機器は中国からの輸入物。北ベトナムは中国とロシアという二大共産国の援助を受け、南ベトナムは資本主義代表であるアメリカの傀儡政権でした。そう、ベトナム戦争は言ってみれば共産主義国vs資本主義国の代理戦争だったのです。

IMG_3233
そして、1975年4月30日11:30に、南ベトナム最後の大統領となったDuong Van Minhが無条件降伏の声明を国営テレビとラジオで読み上げて、ベトナム戦争は終結を迎えたのであった。繰り返しになるが、こんな大規模な戦争が75年まで続いていたというのが本当に信じられない。

こちらの博物館では比較的客観的な史実のみを説明していたが、ここからタクシーで10分程のところにある戦争証跡博物館では戦争の負の側面をもっと全面的に押し出した展示物や写真が並べられているというので、戦争証跡博物館足までタクシーで向かうことにする。

ホーチミン作戦博物館
住所:Bao Tang Chien Dich Ho Chi Minh
電話:8-822-9387
時間:7:30~11:00/13:30~16:30
料金:VND 15,000 (≒60円)



Related posts(関連記事):

歴史博物館【ホーチミン】 
土曜日の午後は時間が空いた為、ホーチミン市の博物館巡りに行ってきました。 先ずは歴史博物館。 以下は私が把握していた大雑把なベトナム史の流れ。 ・紀元前から1000年以上に渡り支那の支配下。 ⇒10世紀くらいに独立を回復!民族意識高まる。 ⇒独立後も1000年近く支那やらモンゴル軍の侵略活動に晒される。民族意識高まる。 ⇒フランス支配。民族意識高まる。 ⇒日本の統治下に。民族意識...
ニッコーホテルサイゴン クラブルーム宿泊記
今回のベトナム出張は日本からの出張者数名と一緒に行動することになったので、JALの陸マイラー疑惑のある出張者の希望で宿泊先はニッコーサイゴンに。日航では邦人スタッフがいたり朝食に和食が振る舞われるだけでなく、日本語放送のTVやバスタブ&ウォシュレットを全室で完備する等、ハード面も日本人ユーザーに気をかけたサービスをウリとしている。自分もSPGにのめり込む前はここを定宿としてたし、今でもホーチミンで...
ホーチミン空港でVAT還付の手続きをしてみた
今回、初めてベトナムでVATの還付手続きをしてみたので、還付申請の方法を記録として残しておく。 VATとは課税の対象となる物品やサービスに対して課される消費税のようなものなのだが、これがなんとまぁ一定の条件を満たせば空港で還付してもらえることになっている。 【還付条件】 1.申込者はベトナム国籍を有さない外国人 2.申込対象品は輸出禁制品目に該当せず、且つ飛VAT還付対象の未使用品 3...
快適な避暑地・ダラットから混沌とした雑踏の街・ホーチミン市へ
週末休暇を利用した弾丸ダラット観光の旅程も全て消化し、ダラット空港へと向かわねばならぬ時間がやってきた。どんな旅にも終わりはあるとは分かっていても、これだけ快適な避暑地・ダラットから混沌とした雑踏の街・ホーチミン市に戻るのは、やはり思いっきり後ろ髪が引かれる思いである。 さて、ダラット市内から空港への足はタクシーかベトナム航空手配の有料シャトルバスになる。タクシーだと概ねVND200,000...