シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【遅報】IHG 2016年のカテゴリーチェンジ


今更ながら、今年のIHGのカテゴリーチェンジも纏めておきます。2月17日付けで新カテゴリーが適用されてちゃってますので、本当に“今更”ですけど。


【サマリー】
・約300のホテルの無料宿泊に必要なポイントが5,000~10,000アップ
・約150のホテルの無料宿泊に必要なポイントが5,000~10,000ダウン
・無料宿泊に必要なポイント数の上限が50,000から60,000にアップ
*変更対象となったホテルのリストはIHG公式ページの変更に関する案内をご覧ください。

【日本の変更対象ホテル】
クラウンプラザ稚内:10,000ポイント⇒20,000ポイント
インターコンチネンタル大阪:35,000ポイント⇒40,000ポイント

東京にある3箇所のインタコは変動なしとのことで一安心。
今回の変更は300箇所がアップで150箇所がダウンという内容になっているが、中身を見てみると、国・地域ごとに大胆な調整が行われたようで、宿泊費用の高い所謂“先進国”で必要ポイント数が引き上げられた一方、宿泊費が安い所謂“非先進国”のホテルでは“ダウン率”が非常に高いことが見えてくる。必要ポイントの上限も60,000に引き上げられたし、宿泊費用と無料特典に必要なポイント数のバランスを整えたんかな。

【変更に偏りが見られた国】
香港:アップ4箇所・ダウン0箇所
英国:アップ24箇所・ダウン4箇所
フランス:アップ10箇所・ダウン2箇所
中国:アップ6箇所・ダウン46箇所
ロシア:アップ0箇所・ダウン2箇所
ブラジル:アップ0箇所・ダウン6箇所
インド:アップ0箇所・ダウン11箇所
南アフリカ:アップ0箇所・ダウン1箇所
インドネシア:アップ0箇所・ダウン5箇所

宿泊費用が比較的高い香港・英国・フランスでアップが目立つ。ロンドンなんてアップ14箇所に対してダウンは0箇所と、ロンドナーは涙目だろう。一方、中国・ロシア・ブラジル・インド・南アフリカというBRICS諸国は合計でアップ6箇所・ダウン66箇所と、ダウンが目立つ。インドネシアなんかもアップ0のダウン5だ。サマリーを見て「300箇所もアップしたのかよ!」と打ちひしがれそうになったが、中身を見てみるとアジア担当の小生的には歓迎すべき改定内容だな、こりゃ。

もう一つ気になるのは、無料宿泊の必要ポイント上限が従来の50,000から60,000に引き上げられた点。調べてみると、合計5箇所のホテルで55,000ポイント、13箇所のホテルで60,000ポイントが必要となるようだ。
【1泊55,000ポイント必要となるホテル】
•InterContinental Boston
•InterContinental Melbourne
•InterContinental Rome
•InterContinental Sydney
•InterContinental Washington DC

【1泊60,000ポイント必要となるホテル】
•InterContinental La Moana Bora Bora
•InterContinental Bora Bora Resort Thalasso Spa
•InterContinental Carlton Cannes
•InterContinental Hong Kong
•InterContinental London Park Lane
•InterContinental The Clement Monterey
•InterContinental New York Times Square
•InterContinental Paris – Avenue Marceau
•InterContinental Paris – Le Grand
•InterContinental Mark Hopkins San Francisco
•InterContinental San Francisco
•The Venetian Las Vegas
•The Palazzo Las Vegas

予てから泊まりたかったインタコ香港が含まれているのか…IHGのポイント価値をどう考えるかだが、小生の感覚としてはIHGは1ポイント0.6円程度なので、実質6,000円の値上げに等しいことになる。一度の宿泊で60,000ポイントを大放出するのも痛いので、いつかのプロモで獲得した無料宿泊券を香港に投下することにするか。60,000ポイントの宿で使えてお得感も上がるしなw

ということで、今日は以上。
各ホテルのポイント価値に関して質問を頂いてるので、時間のある時にでも記事にしたいと思います。上記のIHGポイント=0.5円だってあくまで小生の感覚的なところですし、1ポイントの価値をどう捉えるかは各々違うと思うので、あくまで参考にしかならないかと思いますが…

Related posts (関連記事):

グランドハイアット ジャカルタ宿泊記(Grand Hyatt Jakarta)
今日はホテルのハシゴでマンダリンオリエンタルから対面のグランドハイアットへと移動する。 マンダリンオリエンタルから見たタムリン通り、日曜日ということで歩行者天国になっていて、物凄い数の人が目...
アロフト バンコクでSPG修行⇒プラチナへ解脱。 Aloft Bangkok宿泊記
SPG修行のメッカ・バンコク。カテ6のセントレジスからカテ2のアロフトやフォーポイントまで計10か所のスターウッドプロパティが集結していて、滞在目的や予算に合わせたSPGホテルを選択できる。小生の場合...
上級ステータスの特典比較~マリオット,IHG,ヒルトン,ハイアット,SPG,アコー,シャングリラ~
ホテルの修行僧にとって修行先を決定するのは一大重要事。ホテルチェーンとの相性や修行難易度、ポイント還元率、上級会員の特典内容といったファクターを総合的に勘案して慎重に検討を重ねた上で修行先を選択する方...
トップランドホテル(Topland Hotel)@ピッサヌローク
スコータイへの中継地点にあるピサヌロークではトップランドホテルという宿泊施設に泊まることに。宿泊費はアゴダでの予約で朝食込みで一泊あたり4,000円弱だったかな。 ホテルに着くと予想以上の...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 疾風 より:

    CP稚内やインタコ大阪など、良いホテルだなと思ったところは、軒並み値上げデスか・・・。
    しかし、昨年のQ4プロモで取得した無料券が3枚残っているので、インタコ香港で全部使う事にしますw

    • ポンズ より:

      疾風様
      コメントどうもですー。今回はまぁ比較的フェアな変更だと感じています。
      無料券3枚とは昨年のQ4プロモは大漁でしたねー。インタコ香港が60,000ポイントになったので、逆に無料宿泊券のお得度が増しましたねw