宿泊記 シノズワリテイスト全開!インディゴ上海虹橋(Indigo Shanghai Hongqiao)

翌朝一番のフライトで虹橋から出発する予定だったので、この日は虹橋空港近くに新しくオープンしたインディゴ虹橋(上海虹桥英迪格酒店 Hotel Indigo Shanghai Hongqiao)に泊まってみることに。


インディゴ外灘インディゴ静安に次ぐ、上海では3件目のインディゴ。


外灘のインディゴが良かっただけに、虹橋の方にも期待が持てるあるね。

ロケーション

場所は、もうほんとに空港から目と鼻の先というところで、虹橋空港から西に1.5kmほどの距離。空港からは無料のシャトルバスが運行しています。
ひだり みぎ
ひだり みぎ
近年、超急ピッチで開発された人工的商務区(CBD=Central Business District)内にあり、ホテル周辺は近代的モール街になってて栄えてます。同じく虹橋空港へのアクセスの良さが売りのコートヤード上海虹橋とは大違い。あっちはほんとに周りなんも無かったですから。

ひだり みぎ
CBD内にはお洒落な日本食屋や日式居酒屋もあったり、飲み食いには困りません。


ひだり みぎ
そんな新興ショッピング街の一角にあるのがインディゴ上海虹橋ホテル。周囲の景観に合わせるように、インディゴの建物もまた近代的な造りです。

ロビーフロア

ひだり みぎ
フロントの中は、赤を基調にしたシノズワリ的なテイストでまとまっています。外灘のインディゴと比べるとどこかシャープな印象というか、同じくオリエンタルなテイストながらもこちらの方がモダン寄りな雰囲気。

スタッフの対応も、フレンドリーな外灘と比べると、ビジネスライクでパパパっと効率良く仕事をこなそうとする現代的な方が多い印象でした。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
真っ赤なチャイナドレスを身に纏ったスタイル抜群の中華美人が前から歩いてきそう(願望)。

部屋:Indigo Premier Room

ひだり みぎ
ひだり みぎ
落ち着いた暖色系をベースに、白と黒のビビッド空港柄をところどころに配してメリハリある内装。流石はIHGが誇るオシャレエリートのインディゴ様、どこをどの角度で撮っても映えますねw


ひだり みぎ

ひだり みぎ
空港に近いだけあって、旅行をテーマにしてるのかな。ミニバーを収納したドロワーやクローゼットなんかがヴィンテージのスーツケース風になってたり、壁紙にも出入国スタンプ風の柄がさらっとあしらわれてたりと、さりげなく旅情を誘うような演出が盛り込まれてます。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
バスルームはモザイクタイルのフロアが特徴的。

シンガポールのインディゴを彷彿とさせるテイストですね。プラナカン的な香りがしてきます。

ルームサービス


ハンバーガーは78元(≒1,200円)とインディゴのルームサービスにしては安かったけど、肝心の味はイマイチ。ボリュームは良いんですが、肉が硬くて硬くて…

あー、バーガーだけ、惜しい!

【上海虹桥英迪格酒店 (Hotel Indigo Shanghai Hongqiao)】

公式サイト:https://www.ihg.com/hotels/jp/ja/find-hotels/hotel/
所在地:上海, 闵行区, 甬虹路188弄43号
電話:86-21-33233666

Related posts(関連記事):

インターコンチネンタル佛山 クラブフロア宿泊記
この日は待望のインターコンチネンタルホテル佛山(佛山保利洲際酒店)に泊まって、「これまでのホテルサービスの常識を超えた、洗練されたラグジュアリーとおもてなし(インタコホームページから引用)」を体験してきた。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); このホテル、何が良いってコスパが高いんですよ。コスパ...
激しすぎる5D映画
前々から気にはなっていたのですが… 岐江沿いにある5D映画館。『王日韓流』という何ともテーマを絞れていない服飾商店の脇を入ったところにあります。今日のオリンピックの男子サッカーエジプト戦の前に時間があったので行ってきました。 5D体験の看板を見ていると若いお姉さんが売り込みに出て来ました。そういう集客戦法か! お姉さんに説得され、なすがままに連行される私。 『切っ...
評判の良いラッフルズジャカルタに泊まってみた
二週連続のジャカルタ出張。無事に任務完了となったが、せっかくなんで週末に新しくできたラッフルズ ジャカルタに泊まってから香港に戻ることに。フェアモントプレジデント修行も兼ねたリフレッシュステイ。年10滞在の最上位のプラチナは厳しいけど、5滞在で達成できるプレミアくらいにはなりたいなと。 ラッフルズは新しいホテルという事もあり名前がまだまだ浸透していないようだ。運転手に幾らラッフルズと言っても...
中山城・中国景区/米国景区/英国景区
以前の続き。中山城の日本景区から中国景区経由で米国景区・英国景区を目指します。 ≪中国景区≫ 孫文が革命を目指したのは清朝が疲弊しきった19世紀後半から20世紀前半のこと。 荒廃しきった感じが建物の様子が当時の状況をよく物語っています。 雲呑麺のレストランなど当時の商店。 日本景区でも感心したことですが、建築物自体の再現力は非常に高く、タイムトリップをした感覚す...