KA232 香港→チェンマイ

ドラゴン航空KA232で香港からチェンマイへと移動。今年最後の海外出張で、明日の打合せ2本で今年の仕事納めとなる。無事に仕事が終わればスーツケースに忍ばせたバックパックを取り出し、土曜日からチェーンライ→チェーンセン→ゴールデントライアングル→メーサーイ→ミャンマーのニチレイなどを回ってくる予定。30日にはチェンマイに戻り、今年の年越しはチェンマイで迎えることになりそうだ。

単距離のKAは500番台ゲートからバス→タラップからの搭乗となる確率が高いのだが、今回も安定の500番台。小雨が降ろうが関係無いようだ。

バスでの一斉移動があるので優先登場の意味が全くない。しかも大陸人は席に着く手際が悪いから列の消化が遅く、機外で待たされる時間が長くなる。自分の後ろに列があってもマイペースで列塞いでるんだから毎度毎度神経を疑うは。テキパキと席に着けよ!

機材はAirbus A320-232。KAのA320はビジネス席あり(A32P)となし(A32M)の2種類が運用されているのだが、今回は後者で、エコノミーのみ3×3のモノクラス仕様。インボラのクリスマスプレゼント来いーーと祈ったのは完全に祈り損だ。

168席なので気持ちシートピッチが広めの印象。しかもガラガラで隣2席が空いていたのでエコノミーでも広々と寛げる。


3席を独占してのこんな寝方だって可能。まぁ可能だが2時間半程度のフライトでここまでグッタリしたいとは思わない。

離陸後、ラウンジで食べたグリーンカレーを消化する間もなくお食事タイム。選択肢はヌードルorワッフル。はて、ワッフルと来たか。クリスマス限定メニューだろうか、あまり聞かない選択肢なので興味津々で選んでみる。

甘みのあるワッフルに、これまた甘ったるいメープルシロップ、そしてハンバーグにトマト、と。こういうのってどうやって食べればベストなのか分からない。通路を挟んだ隣席の白人を見るとハンバーガーみたいにしてシロップかけて食べているが、どうもハンバーグにシロップというのは自分の中で馴染まないし…暫し考えたが、結局、美味い不味い以前に腹一杯過ぎて食べる気が起きず、ワッフル一口かじってサヨウナラ。


スムーズなフライトで1年弱ぶりのチェンマイ国際空港に到着。


空港内にあるタクシーカウンター。エアポートタクシーで120バーツだが、今回は若干待たなければいけないとのことだ。

ひだり みぎ
早くホテルに行きたかったので、外に出て通りかかったトゥクトゥクを捕まえ、こいつで移動。シャングリラまで100B。


ガソリンスタンドにて運ちゃんがトイレ休憩に入る。

うるさい臭い怖いとタクシーと比べた時の快適さは劣悪。スピードを緩めずにハンドルを切るので遠心力でカバンが吹っ飛ばされそうになったが、トイレ休憩の時間を入れても空港から10分強でシャングリラに到着。チェンマイでは毎回メリディアンなので、シャングリラチェンマイは今回が初。思ったより市街地から離れてないしメルディアンより落ち着けそう。今回はあくまでお試しコースでシャングリラは本日のみ一泊で、30日からはメルディアンを予約しているが、これなら次回からはシャングリラをメインにしても良いかもしれないな。

Related posts(関連記事):

タイが呼んでいる
今日、同僚の50代日本人(以後、『同』と記載)から久しぶりの電話が入った。仕事の話が終わり… 同 『そういやさ、H●S香港で格安ツアーが出てるんだよ。』 私 『○○さんが旅行なんて珍しいじゃないですか。どっか行くんですか?』 同 『バンコクまで。3万円ちょいで航空券とホテル代がカバーされている。二泊三日だから金曜退社後に行って日曜に戻ればいい。タイに行きたい。(←おやじギャグ??)』 ...
丘の上のワット・カオ・パノム・プレーン
続いてワット・チャーン・ロームの背後にある小高い丘の上に建つワット・カオ・パノム・プレーンを目指す。 ラテライトを積み上げて造られた心臓破りの階段が丘の頂上へと続く。結構な高さなので、頂きからはシーサッチャナーライの絶景が楽しめるに違いない。 遺跡公園を一望できるかと思ったが、残念ながら丘の上まで生い茂った木々が障壁となって見晴らしは悪し。 見晴らしに少々失望しながら...
搭乗記 エジプト航空 B737-800 ビジネスクラス チュニス→カイロ
ラマダン期間中のチュニスを後にし、お次はエジプトの首都カイロへと向かいます。香港へ戻るのにイスタンブール経由のターキッシュエアラインズと迷ったんですが、世界三大ウザい国をコンプする為にカイロ経由にすることに…というわけではなく、カイロ発券のエジ航ビジネスクラスで帰るためのポジショニングでカイロへと移動します。 チュニスからカイロまでは意外と距離があって、3時間のフライト。天空神ホルス号こ...
アユタヤ随一の人気寺院 ワット・ヤイ・チャイモンコン
日本人町跡からワット・ヤイ・チャイモンコンへと自転車を走らせる。14世紀中頃にアユタヤ王朝初代王がセイロン(現スリランカ)から帰国した修行僧達の瞑想場として建立したといわれる由緒ある寺院で、今ではアユタヤ随一の人気寺院であるそうだ。16世紀の後半には伝説の戦闘王(兼ニワトリ王)・ナレースワン大王がビルマとの戦争でビルマ王子との一騎打ちに勝利し、その記念としてランドマーク的な72メートルの巨大仏塔も...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。