KA232 香港→チェンマイ

ドラゴン航空KA232で香港からチェンマイへと移動。今年最後の海外出張で、明日の打合せ2本で今年の仕事納めとなる。無事に仕事が終わればスーツケースに忍ばせたバックパックを取り出し、土曜日からチェーンライ→チェーンセン→ゴールデントライアングル→メーサーイ→ミャンマーのニチレイなどを回ってくる予定。30日にはチェンマイに戻り、今年の年越しはチェンマイで迎えることになりそうだ。

単距離のKAは500番台ゲートからバス→タラップからの搭乗となる確率が高いのだが、今回も安定の500番台。小雨が降ろうが関係無いようだ。

バスでの一斉移動があるので優先登場の意味が全くない。しかも大陸人は席に着く手際が悪いから列の消化が遅く、機外で待たされる時間が長くなる。自分の後ろに列があってもマイペースで列塞いでるんだから毎度毎度神経を疑うは。テキパキと席に着けよ!

機材はAirbus A320-232。KAのA320はビジネス席あり(A32P)となし(A32M)の2種類が運用されているのだが、今回は後者で、エコノミーのみ3×3のモノクラス仕様。インボラのクリスマスプレゼント来いーーと祈ったのは完全に祈り損だ。

168席なので気持ちシートピッチが広めの印象。しかもガラガラで隣2席が空いていたのでエコノミーでも広々と寛げる。


3席を独占してのこんな寝方だって可能。まぁ可能だが2時間半程度のフライトでここまでグッタリしたいとは思わない。

離陸後、ラウンジで食べたグリーンカレーを消化する間もなくお食事タイム。選択肢はヌードルorワッフル。はて、ワッフルと来たか。クリスマス限定メニューだろうか、あまり聞かない選択肢なので興味津々で選んでみる。

甘みのあるワッフルに、これまた甘ったるいメープルシロップ、そしてハンバーグにトマト、と。こういうのってどうやって食べればベストなのか分からない。通路を挟んだ隣席の白人を見るとハンバーガーみたいにしてシロップかけて食べているが、どうもハンバーグにシロップというのは自分の中で馴染まないし…暫し考えたが、結局、美味い不味い以前に腹一杯過ぎて食べる気が起きず、ワッフル一口かじってサヨウナラ。


スムーズなフライトで1年弱ぶりのチェンマイ国際空港に到着。


空港内にあるタクシーカウンター。エアポートタクシーで120バーツだが、今回は若干待たなければいけないとのことだ。

ひだり みぎ
早くホテルに行きたかったので、外に出て通りかかったトゥクトゥクを捕まえ、こいつで移動。シャングリラまで100B。


ガソリンスタンドにて運ちゃんがトイレ休憩に入る。

うるさい臭い怖いとタクシーと比べた時の快適さは劣悪。スピードを緩めずにハンドルを切るので遠心力でカバンが吹っ飛ばされそうになったが、トイレ休憩の時間を入れても空港から10分強でシャングリラに到着。チェンマイでは毎回メリディアンなので、シャングリラチェンマイは今回が初。思ったより市街地から離れてないしメルディアンより落ち着けそう。今回はあくまでお試しコースでシャングリラは本日のみ一泊で、30日からはメルディアンを予約しているが、これなら次回からはシャングリラをメインにしても良いかもしれないな。

Related posts(関連記事):

TG409 タイ国際航空B777-300 ビジネスクラス搭乗記 バンコク-シンガポール
香港からのTG601が遅れた為に残念ながらラウンジに立ち寄る時間が無く、巨大なスワンナプーム空港をダッシュして乗継便の搭乗ゲートへと直行する。ラウンジと飛行機で食べ過ぎて胃がタップタップしてるけど、この食後のスプリントで胃袋を少しは消化できたかな。乗継便のTG409でもガッツリ食べさせてもらいますよ! さて、ゲートに着くと、息つく間もなく優先搭乗者用のマイクロバスに詰め込まれる。沖止めかぁ。...
とぼけた寝顔の巨大寝仏像・ワットポー
数あるバンコクの寺院の中でも随一の観光スポットであるワットポーは、1788年にラーマ1世によって建立されたバンコク最古かつ最大の寺院。巨大な寝仏で有名な他、タイ最初のオープン大学、タイマッサージスクールの総本山としても知られています。総面積は約80,000㎡で、南側に僧坊、北側には本堂や礼拝堂、マッサージ場などがあり、チェトゥポン通りを隔てて南北に二分されています。 立地条件も良く、ワット・...
バンコクエアウェイズ PG710 マンダレー⇒バンコク 搭乗記
1週間超に渡るミャンマー旅行も遂に最終日を迎え、この日はマンダレーからバンコク経由で羽田へと帰還する。 先ずはバンコクエアウェイズでマンダレー⇒バンコク間の635マイルを飛ぶ。635マイルとなると新千歳⇒名古屋以上、新千歳⇒大阪未満の距離で、地味に2時間以上かかってくる。 マンダレー国際空港へは宿泊先で手配頂いたタクシーで。市街地から南に40km以上も離れており、運賃も12,0...
JAL026 シェルフラットで移動する香港⇒羽田
日本への利用は先月に引き続き今回もマルコを浮気して鶴さんを利用。鶴さんなんていったら大正生まれのお婆さんの名前みたいだが、確かにJALの機材は新しくない。それでも不快リクライナー搭載の広州―成田便とは違い、香港-羽田便はビジネス席がシェルフラットシート(JAL SHELL FLAT SEAT)になっている。不快リクライナーより1世代新しいモデルで、6月現在、香港路線のほか、ホノルル、シンガポール、...