ふざけんな!バンコクで現金が行方不明に。

N○○○o City Hotelという4ッ星ホテルが割引キャンペーン中だったので3泊4日したのだが、やられた。見事にやられた。重くてかさばるので、人民元と香港ドル、ベトナムドンを入れた財布を部屋に備え付けの金庫に入れて出張に行ったのだが、出張から戻ると6ケタのパスワードを入力しても開かない。出張前にパスワードが有効なことは確認していたが、何度やってもダメ。リセプションに頼んで鍵で金庫を空けてもらったら、金庫のパスワードリセットボタンが外れていて、香港ドル8,000弱あったはずが、どういうわけか5,000弱しかない。Excelファイルにつけている家計簿を確認してもやはり8,000弱あることになっているし、3日前に空港で3000香港ドルをタイバーツに両替した後にも、香港ドルが8,000弱残ったことはこの目で確認している。3000ドル程度であれば、ばれないとでも思ったか!!!!本当ふざけんなよ!!!!!!人民元とベトナムドンも幾分か抜かれているかもしれないが、こちらは金庫に入れた時の手持ち金額を不覚にも記録していなかったので、調べようがない。

マネージャーにクレームを入れると、『鍵が無いとそんなことはできない。鍵は24時間体制でフロントが管理しているのでありえない。念の為、カメラの記録に不審人物が映っていないか確認する。』と言いやがる。私が疑っているのはあんたんとこのスタッフだ!誰も何もやっていないのに金庫のパスワードが勝手に変わる訳ないし、香港ドルが忽然と姿を消すわけがないだろう!!!!!!!!!逆に言えばお前んとこのスタッフは24時間全ての部屋の金庫の鍵へのアクセスがあるんだろう!!!実際にさっき来たスタッフはおちゃのこさいさい、やけに手慣れた手つきでロック解除してくれたぞ!

ここ数年、毎年100日程度は東南アジアのホテルに滞在をしてきているが、流石に現金の盗難になったのは初めて。というか保険を適用しなければならないような事態になったのも始めて。海外保険付帯クレジットカードを保有しているが、どうも現金は保険適用外らしい。何の為の保険だよ。ていうか何の為の金庫だよ!!!!!!!!!ご丁寧に『当ホテルはセーフティーボックスの保管物のダメージやロスへの責任は負いません。』と規約書に一言添えられている。どこがセーフティーボックスだ!!!全然セーフじゃねぇじゃないか!!!金庫だからといって安心して悠長に現金を突っ込んだ私がバカだったんだろうが、安全じゃない金庫って金庫の目的果たせないんだから、そんなもの部屋に置いておくなや!!

観光警察・被害申告センターに届け出たかったが、フライトの2時間半前のホテルチェックアウト時に発覚したので、時間が無く、盗難証明書は発行してもらっていない。ホテルマネージャーは「何か分かったらすぐに連絡するので連絡先を残してくれ。」とか言っていたが、何の追報も入ってこない事に3000香港ドル賭けるわ。不注意による置き引きやスリ被害ではないだけに余計に腹が立つ!!

【バンコク観光警察・被害申告センター】
・住所:4 Ratchadamnoen nok Road,Watsomanas,Pom Prap Sattru Phai,Bangkok 10100
・電話:0-2356-0583

Related posts(関連記事):

ワット・チェディ・チェットテーオ
シー・サッチャナーライの遺跡は城壁内外の広範囲に点在しているので全ての遺跡を見て回るにはトゥクトゥクやバイクが必要となってくるが、城壁内は遺跡が集中してるのでギリギリ歩いても周れそうな規模感である。 一応20バーツで園内バスに乗って楽することもできるけど、遺跡内の雰囲気を楽しむ為に自分の足で歩いて見て回ることに。 幹が太く背の高い大木が遺跡感を醸し出す。 枯葉で覆わ...
レンタサイクルでカオプーン洞穴へ
ヘルファイアパスから戻り、バンコクに戻るバスの出発まで時間があったので、50Bでレンタサイクルを借りて4Km離れたカオプーン洞穴へと向かうことに。ヒットポイントの残りゲージも僅かとなっているので本当ならバイタクで楽に移動したかったのだが、声をかけたバイタク兄に値段を聞くなり、ああでもないこうでもないと理由をつけ、300B(≒900円)とか吹っかけてきやがるではないか。おいおい面白いじゃないかチミ、...
アユタヤに残る日本人町跡
チャオプラヤー川によって海洋と結ばれたアユタヤは、16~17世紀、中国や近隣アジア諸国の他、東インド会社を展開したオランダやイギリス、フランス、ポルトガルなど世界中の40もの国々の商人が集まる国際都市として栄華を極めていた。アユタヤ王は外国人に住居を与え、自治権を認められた独自の街を造成することを許可。言ってみりゃ租界地だ。こうしてできた外国人町の一つが日本人町。1610~30年の最盛期には、御朱...
ライブミュージックが響くカンチャナブリーの夜
ダークツアリズムの観光産業で栄える観光都市カンチャナブリーの見所周りで思いっきりグレーな気分にさせられて、陰鬱な気分でRiver Kwai Hotelにチェックイン。 ナイトクラブやビアガーデンからスパやマッサージ施設まで完備した老舗ホテルで、一応は市内最高級ホテルの一つに挙げられるとのことだ。とりあえずシャワーを浴び冷房の効いた部屋で一休憩。更にレッドブルの元にもなったとされるタ...