ふざけんな!バンコクで現金が行方不明に。
ふざけんな!バンコクで現金が行方不明に。

ふざけんな!バンコクで現金が行方不明に。

N○○○o City Hotelという4ッ星ホテルが割引キャンペーン中だったので3泊4日したのだが、やられた。見事にやられた。重くてかさばるので、人民元と香港ドル、ベトナムドンを入れた財布を部屋に備え付けの金庫に入れて出張に行ったのだが、出張から戻ると6ケタのパスワードを入力しても開かない。出張前にパスワードが有効なことは確認していたが、何度やってもダメ。リセプションに頼んで鍵で金庫を空けてもらったら、金庫のパスワードリセットボタンが外れていて、香港ドル8,000弱あったはずが、どういうわけか5,000弱しかない。Excelファイルにつけている家計簿を確認してもやはり8,000弱あることになっているし、3日前に空港で3000香港ドルをタイバーツに両替した後にも、香港ドルが8,000弱残ったことはこの目で確認している。3000ドル程度であれば、ばれないとでも思ったか!!!!本当ふざけんなよ!!!!!!人民元とベトナムドンも幾分か抜かれているかもしれないが、こちらは金庫に入れた時の手持ち金額を不覚にも記録していなかったので、調べようがない。

マネージャーにクレームを入れると、『鍵が無いとそんなことはできない。鍵は24時間体制でフロントが管理しているのでありえない。念の為、カメラの記録に不審人物が映っていないか確認する。』と言いやがる。私が疑っているのはあんたんとこのスタッフだ!誰も何もやっていないのに金庫のパスワードが勝手に変わる訳ないし、香港ドルが忽然と姿を消すわけがないだろう!!!!!!!!!逆に言えばお前んとこのスタッフは24時間全ての部屋の金庫の鍵へのアクセスがあるんだろう!!!実際にさっき来たスタッフはおちゃのこさいさい、やけに手慣れた手つきでロック解除してくれたぞ!

ここ数年、毎年100日程度は東南アジアのホテルに滞在をしてきているが、流石に現金の盗難になったのは初めて。というか保険を適用しなければならないような事態になったのも始めて。海外保険付帯クレジットカードを保有しているが、どうも現金は保険適用外らしい。何の為の保険だよ。ていうか何の為の金庫だよ!!!!!!!!!ご丁寧に『当ホテルはセーフティーボックスの保管物のダメージやロスへの責任は負いません。』と規約書に一言添えられている。どこがセーフティーボックスだ!!!全然セーフじゃねぇじゃないか!!!金庫だからといって安心して悠長に現金を突っ込んだ私がバカだったんだろうが、安全じゃない金庫って金庫の目的果たせないんだから、そんなもの部屋に置いておくなや!!

観光警察・被害申告センターに届け出たかったが、フライトの2時間半前のホテルチェックアウト時に発覚したので、時間が無く、盗難証明書は発行してもらっていない。ホテルマネージャーは「何か分かったらすぐに連絡するので連絡先を残してくれ。」とか言っていたが、何の追報も入ってこない事に3000香港ドル賭けるわ。不注意による置き引きやスリ被害ではないだけに余計に腹が立つ!!

【バンコク観光警察・被害申告センター】
・住所:4 Ratchadamnoen nok Road,Watsomanas,Pom Prap Sattru Phai,Bangkok 10100
・電話:0-2356-0583

Related posts(関連記事):

レンタバイクで世界遺産ワットポーへと日帰り旅行
さー、やってきた。初ラオス。バスターミナルでトゥクトゥクに拾われホテルに投宿。荷物だけおいて紹介されたLao Chaleun Hotelの悪徳レンタバイク屋で借りたカブでワットポーを目指す。 パクセーからチャンパーサック郡にある世界遺産ワットプー遺跡までの距離は約60km。かつてはメコン川を渡し船で越えねば辿り着けないアクセスの悪い陸の孤島だったが、2000年にメコン川に架かるラオ日本大...
広州⇔バンコク 南方航空修行 エールフランス・KLMスカイラウンジ@バンコク
この週末も広州に滞在することになっていたので、どうせならさくっと近隣諸国への週末旅行に出かけてみよう…ということで中国南方航空のサイトで運賃検索をかけてみると、この週末はバンコクが安かった。ということで即決即断でポチッと発券。ちょっと行き当たりばったりすぎる感があるが、お値段重視でバンコクまで飛んでみることに。 CZ363 広州⇒バンコク この土曜日に広州からバンコクに飛ぶ飛行機は合計15本。...
バンコクのスーツ詐欺(!?)2
前回からの続き。トゥクトゥクの運ちゃんに連れられて寺院2⇒スーツ屋に移動します。 それにしても国立博物館前で会った教師と仏陀2であった銀行員、そしてトゥクトゥクの運ちゃんの間で見事に一糸乱れぬ連携が取れているのは大したもんである。 仏陀2からトゥクトゥクで5分。ここだと言って降ろされた先はこの建物。んん?本当に国営工場の直営店か?すっごくこじんまりとしたお店です。恐らく他の詐欺被害者も...
チェンマイそぞろ歩き ワットチェンマン~ピン川
歴史的な旧王都のチェンマイでは、のーんびりノープランで古都の雰囲気香る町をブラブラする感じの旅行スタンスがぴったりだ。小っちゃな町だし、良い感じの酒場やカフェ、雑貨店、お寺なんかが通りの至る所にひしめいているので、計画なく気の赴くまま自由に歩いてても面白そうな店なんかが直ぐ見つかる。 てな訳で、テケトーにチェンマイの町歩きを楽しむことに。 ワット・チェンマンから無名の小路を東へと進む...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。