ふざけんな!バンコクで現金が行方不明に。

N○○○o City Hotelという4ッ星ホテルが割引キャンペーン中だったので3泊4日したのだが、やられた。見事にやられた。重くてかさばるので、人民元と香港ドル、ベトナムドンを入れた財布を部屋に備え付けの金庫に入れて出張に行ったのだが、出張から戻ると6ケタのパスワードを入力しても開かない。出張前にパスワードが有効なことは確認していたが、何度やってもダメ。リセプションに頼んで鍵で金庫を空けてもらったら、金庫のパスワードリセットボタンが外れていて、香港ドル8,000弱あったはずが、どういうわけか5,000弱しかない。Excelファイルにつけている家計簿を確認してもやはり8,000弱あることになっているし、3日前に空港で3000香港ドルをタイバーツに両替した後にも、香港ドルが8,000弱残ったことはこの目で確認している。3000ドル程度であれば、ばれないとでも思ったか!!!!本当ふざけんなよ!!!!!!人民元とベトナムドンも幾分か抜かれているかもしれないが、こちらは金庫に入れた時の手持ち金額を不覚にも記録していなかったので、調べようがない。

マネージャーにクレームを入れると、『鍵が無いとそんなことはできない。鍵は24時間体制でフロントが管理しているのでありえない。念の為、カメラの記録に不審人物が映っていないか確認する。』と言いやがる。私が疑っているのはあんたんとこのスタッフだ!誰も何もやっていないのに金庫のパスワードが勝手に変わる訳ないし、香港ドルが忽然と姿を消すわけがないだろう!!!!!!!!!逆に言えばお前んとこのスタッフは24時間全ての部屋の金庫の鍵へのアクセスがあるんだろう!!!実際にさっき来たスタッフはおちゃのこさいさい、やけに手慣れた手つきでロック解除してくれたぞ!

ここ数年、毎年100日程度は東南アジアのホテルに滞在をしてきているが、流石に現金の盗難になったのは初めて。というか保険を適用しなければならないような事態になったのも始めて。海外保険付帯クレジットカードを保有しているが、どうも現金は保険適用外らしい。何の為の保険だよ。ていうか何の為の金庫だよ!!!!!!!!!ご丁寧に『当ホテルはセーフティーボックスの保管物のダメージやロスへの責任は負いません。』と規約書に一言添えられている。どこがセーフティーボックスだ!!!全然セーフじゃねぇじゃないか!!!金庫だからといって安心して悠長に現金を突っ込んだ私がバカだったんだろうが、安全じゃない金庫って金庫の目的果たせないんだから、そんなもの部屋に置いておくなや!!

観光警察・被害申告センターに届け出たかったが、フライトの2時間半前のホテルチェックアウト時に発覚したので、時間が無く、盗難証明書は発行してもらっていない。ホテルマネージャーは「何か分かったらすぐに連絡するので連絡先を残してくれ。」とか言っていたが、何の追報も入ってこない事に3000香港ドル賭けるわ。不注意による置き引きやスリ被害ではないだけに余計に腹が立つ!!

【バンコク観光警察・被害申告センター】
・住所:4 Ratchadamnoen nok Road,Watsomanas,Pom Prap Sattru Phai,Bangkok 10100
・電話:0-2356-0583

Related posts(関連記事):

ノンカイの町
タンゼノホテルに荷物を降ろし、ノンカイ市街地へと足を運んでみる。 ここノンカイはメコン川を挟んで対岸がラオスになっていて、タイとラオスを往来する多くの旅行者たちが通り過ぎていく交差点のような小さな町。鉄道駅前の寂れ具合からしてアクティブな町歩きには適さない感じだが、果たしてどうだろうか。 ホテル前の国道121号線で市街地方面に向かうトゥクトゥク待ち。 年輪を感じさせる渋い笑...
チェンラーイの街をぶらぶら→寺院いろいろ
さて、お次はチェンラーイ市内きっての観光名所であるワット・プラケオに向かう。チェンラーイはランナー王国の首都だった古都もあり、ランナー建築の仏教寺院や庭園が町の至る所に点在している風情あり歴史薫る古都なのだ。お寺ごときが町の見どころなんてどうなのよ?とも思うが、きっとそれだけ旅行者を引き付ける魅力溢れる寺院に違いない。メンラーイ王の像からは1Km近くありそうだが、今日は街歩き以外の目的が無いのでぶ...
チェンラーイの街をぶらぶら→時計塔にナイトマーケットに
チェンラーイの街は交通量は意外と多いが、街の規模は普通の一地方都市程度でごくごく狭い。旧バスターミナルを中心に旅行者が動く範囲はせいぜい500m程度のものであり、今日一日で街の殆どの場所を網羅した感がある。なんせ、昼に到着してからというもの、ほぼ歩きっぱなし。代償として足が棒になりつつあるので、旧時計塔近辺の市場でスナックでも買ってホテルで小休憩を挟み、陽が落ち涼しくなってからナイトマーケットにで...
日本人の夜の城・メリディアンバンコク宿泊記
ずいぶん前に週末キャンペーンで連泊したメリディアンバンコク。ホテルのホームページでは「バンコクのビジネス地区、シーロムに位置」なんて紹介されているが、どちらかというと「日本人向け歓楽街のタニヤや、怪しげな夜店が密集してネオン輝く猥雑なパッポン通りに近接した夜遊びエリアに位置」と表現した方が適切かと。パッポンやタニアで遊ぶ分にはクラウンプラザ(旧パンパシフィック)と並んで最高のホテルである。 ...