カンボジア二泊三日旅行

急すぎるが、来週のベトナム出張に絡めて有給が取れたので、二泊三日のカンボジア旅行に出かけることにした。5月~10月までは雨季だというが、そんなの知らん。次に有給がいつ取れるかも分からぬのだから行ける時に行かねばならぬ。金曜日の朝一でバスでホーチミンからプノンペンに向かい、土曜日正午過ぎのバスでシェムリアップへ、日曜日の夜にはカンボジア・アンコール航空便でホーチミンに戻り、月曜日から通常通りに客先周りという過密スケジュールである。

【スケジュール】
6月28日(金)
06:30: HCMC発(シンカフェ・ホーチミン支店からバス)
12:30: プノンペン着
13:00: ホテルチェックイン
13:30: キリングフィールド
16:00: トールスレーン収容所
17:00: 独立記念塔⇒ドリームランドパーク
19:00: Plae Pakka(カンボジア伝統芸能ショー)
20:30: ナイトマーケット
21:30: ナーガホテルのカジノ

6月29日(土)
08:00: 王宮&シルバーパゴダ
09:40: 国立博物館
11:00: ワット・プノン
12:20: セントラルマーケット
13:45: プノンペン発(シンカフェ・プノンペン支店からバス)
19:45: シェムリアップ着
20:10: ホテルチェックイン
20:30: アプサラダンス@テンプルクラブ
⇒パブストリート⇒シェムリアップ夜市⇒アンコール夜市

6月30日(日)
05:30: アンコール遺跡群
11:30: バイヨンレストラン
12:30: オールドマーケット
13:00: セントラルマーケット
13:30: ワットボー
14:30: カンボジアンカルチャービレッジ
21:30: シェムリアップ発(カンボジア・アンコール航空 K6822)
22:30: ホーチミン着

【費用】
ホーチミン⇒プノンペンのバス:VND 169,000(≒US$ 8)
プノンペン⇒シェムリアップのバス:VND 151,000(≒US$ 7)
シェムリアップ⇒ホーチミンのフライト:US$170
プノンペン宿泊費:US$30
シェムリアップ宿泊費:US$30
カンボジアVISA:US$20
VISA申請料:US$5
両替:US$ 200

プノンペン・シェムリアップでは普通に米ドルが流通しているとのことで、リエルへの両替は控えておいた。どうせお釣りとかで細かいリエルが手に入るだろうし、必要とあらば現地でも両替できるので。

【地図】

地図を眺めているだけで心が躍り、今週は仕事に身が入りそうにありません。

Related posts(関連記事):

場末感は否めない カンボジア民俗文化村
カンボジア小旅行の締めはシェムリアップ国際空港からバイクで10分弱のところにあるカンボジア文化民俗村。私をUS$2でカンボジア文化民俗村に運ぶために8時間以上も待機していた執念深き運ちゃんのバイクに乗せられ、国道6号線を一路西へ進む。 この気持ちいい青空!しかし、バイタク運転手の口からマシンガンの弾の如く繰り出される営業トークに、せっかくの清々しさもかき消される。ベトナムのバイタク運転手のし...
シエムリアップのパブストリートと夜市
プノンペンからバスで9時間弱、漸く辿り着いたアンコール遺跡群の城下町・シェムリアップ。アンコールワット・アンコールトムを筆頭に多くの壮大で華麗な有名寺院を抱えるアンコール遺跡群は、並み居る世界遺産を抑えて常に「行ってみたい世界遺産」ランキングの上位に挙がるカンボジアの観光業を支える“ドル箱”である。2013年第1四半期だけでも何と69万4700人の外国人がシェムリアップを訪れたそうだ。 シェ...
パブストリートとオールドマーケット@シェムリアップ
レンタサイクル屋の鼻毛兄貴に自転車を返却。これからパブストリート/オールドマーケット地区で遅めの昼食を摂ってからホテルで荷物をピックアップし、空港近くにあるカンボジア民俗文化村へと移動する。ホーチミンへのフライトは21:30発なのでたっぷりと文化村を満喫できる筈。因みに航空会社はカンボジア・アンコール航空。僅か1時間足らずのフライトでUS$170と一丁前の価格であるが、サービスなどは期待しないし、...
プノンペン由来の伝説の祠 ワットプノン
カンボジアの首都プノンペンの象徴の一つとも目されるワット・プノン。ワット・プノンの名はクメール語で『丘の寺』を意味し、字面通りプノンペン市街にある丘の上に建てられた仏教寺院のことを指します。カンボジアの民間伝承によれば、1373年にDaun Penhという名の貴婦人がメコン川の岸に漂着した4体のブロンズ仏像と1体の石像を発見し、小高い丘と祠を築き、その中で仏像を手厚く祀りたてたことに由来するそうだ...