カンボジア二泊三日旅行

急すぎるが、来週のベトナム出張に絡めて有給が取れたので、二泊三日のカンボジア旅行に出かけることにした。5月~10月までは雨季だというが、そんなの知らん。次に有給がいつ取れるかも分からぬのだから行ける時に行かねばならぬ。金曜日の朝一でバスでホーチミンからプノンペンに向かい、土曜日正午過ぎのバスでシェムリアップへ、日曜日の夜にはカンボジア・アンコール航空便でホーチミンに戻り、月曜日から通常通りに客先周りという過密スケジュールである。

【スケジュール】
6月28日(金)
06:30: HCMC発(シンカフェ・ホーチミン支店からバス)
12:30: プノンペン着
13:00: ホテルチェックイン
13:30: キリングフィールド
16:00: トールスレーン収容所
17:00: 独立記念塔⇒ドリームランドパーク
19:00: Plae Pakka(カンボジア伝統芸能ショー)
20:30: ナイトマーケット
21:30: ナーガホテルのカジノ

6月29日(土)
08:00: 王宮&シルバーパゴダ
09:40: 国立博物館
11:00: ワット・プノン
12:20: セントラルマーケット
13:45: プノンペン発(シンカフェ・プノンペン支店からバス)
19:45: シェムリアップ着
20:10: ホテルチェックイン
20:30: アプサラダンス@テンプルクラブ
⇒パブストリート⇒シェムリアップ夜市⇒アンコール夜市

6月30日(日)
05:30: アンコール遺跡群
11:30: バイヨンレストラン
12:30: オールドマーケット
13:00: セントラルマーケット
13:30: ワットボー
14:30: カンボジアンカルチャービレッジ
21:30: シェムリアップ発(カンボジア・アンコール航空 K6822)
22:30: ホーチミン着

【費用】
ホーチミン⇒プノンペンのバス:VND 169,000(≒US$ 8)
プノンペン⇒シェムリアップのバス:VND 151,000(≒US$ 7)
シェムリアップ⇒ホーチミンのフライト:US$170
プノンペン宿泊費:US$30
シェムリアップ宿泊費:US$30
カンボジアVISA:US$20
VISA申請料:US$5
両替:US$ 200

プノンペン・シェムリアップでは普通に米ドルが流通しているとのことで、リエルへの両替は控えておいた。どうせお釣りとかで細かいリエルが手に入るだろうし、必要とあらば現地でも両替できるので。

【地図】

地図を眺めているだけで心が躍り、今週は仕事に身が入りそうにありません。

Related posts(関連記事):

場末感は否めない カンボジア民俗文化村
カンボジア小旅行の締めはシェムリアップ国際空港からバイクで10分弱のところにあるカンボジア文化民俗村。私をUS$2でカンボジア文化民俗村に運ぶために8時間以上も待機していた執念深き運ちゃんのバイクに乗せられ、国道6号線を一路西へ進む。 この気持ちいい青空!しかし、バイタク運転手の口からマシンガンの弾の如く繰り出される営業トークに、せっかくの清々しさもかき消される。ベトナムのバイタク運転手のし...
プノンペンのナイトマーケットとカンダルマーケット
プノンペンナイトマーケットまでトゥクトゥクを走らせる予定が、カンボジア人民党の選挙キャンペーンで道路が封鎖されていたので、徒歩での移動を余儀なくされた。まぁプノンペン市街を探索する良い機会だとプラスに捉え、気の趣くままにウロウロとナイトマーケットを目指すことに。 プノンペンは、埃や排気ガスの多い街。バイクやトゥクトゥクに乗ろうものならメガネは汚れ、街を歩くと咳が止まらない。満足...
Plae Pakaa(カンボジア古典舞踊ショー)
プノンペンナイトマーケットを後にし、国立博物館でCambodian Living Arts (CLA) によって開催されているカンボジア古典舞踊ショーのPLAE PAKAA。 カンボジア古典舞踊は9世紀から14世紀のアンコール王朝時代に神々と王に捧げる為の儀式の中で踊っていた宮廷舞踊・奉納芸能が始まりと考えられている。14世紀にアンコール王朝が滅びた後も、時代時代の王室の保護...
カンボジア人民党の街宣活動
ほぼ計画通りの時刻にキリングフィールドとトゥール・スレン博物館の見学を終え、次はトゥクトゥクに乗って市街地北部に位置するプノンペンナイトマーケットを目指す。まだまだ見渡す限り陽は明るいが、週末だし何かしらの催し物が開催されているのではと淡い期待を抱いていたのだが… 独立記念塔を東に進み、街の東を流れるトンレサップ川に面した通りに出てから一気にナイトマーケットまで北上するルートを取った名倉運転...