カンボジア二泊三日旅行

急すぎるが、来週のベトナム出張に絡めて有給が取れたので、二泊三日のカンボジア旅行に出かけることにした。5月~10月までは雨季だというが、そんなの知らん。次に有給がいつ取れるかも分からぬのだから行ける時に行かねばならぬ。金曜日の朝一でバスでホーチミンからプノンペンに向かい、土曜日正午過ぎのバスでシェムリアップへ、日曜日の夜にはカンボジア・アンコール航空便でホーチミンに戻り、月曜日から通常通りに客先周りという過密スケジュールである。

【スケジュール】
6月28日(金)
06:30: HCMC発(シンカフェ・ホーチミン支店からバス)
12:30: プノンペン着
13:00: ホテルチェックイン
13:30: キリングフィールド
16:00: トールスレーン収容所
17:00: 独立記念塔⇒ドリームランドパーク
19:00: Plae Pakka(カンボジア伝統芸能ショー)
20:30: ナイトマーケット
21:30: ナーガホテルのカジノ

6月29日(土)
08:00: 王宮&シルバーパゴダ
09:40: 国立博物館
11:00: ワット・プノン
12:20: セントラルマーケット
13:45: プノンペン発(シンカフェ・プノンペン支店からバス)
19:45: シェムリアップ着
20:10: ホテルチェックイン
20:30: アプサラダンス@テンプルクラブ
⇒パブストリート⇒シェムリアップ夜市⇒アンコール夜市

6月30日(日)
05:30: アンコール遺跡群
11:30: バイヨンレストラン
12:30: オールドマーケット
13:00: セントラルマーケット
13:30: ワットボー
14:30: カンボジアンカルチャービレッジ
21:30: シェムリアップ発(カンボジア・アンコール航空 K6822)
22:30: ホーチミン着

【費用】
ホーチミン⇒プノンペンのバス:VND 169,000(≒US$ 8)
プノンペン⇒シェムリアップのバス:VND 151,000(≒US$ 7)
シェムリアップ⇒ホーチミンのフライト:US$170
プノンペン宿泊費:US$30
シェムリアップ宿泊費:US$30
カンボジアVISA:US$20
VISA申請料:US$5
両替:US$ 200

プノンペン・シェムリアップでは普通に米ドルが流通しているとのことで、リエルへの両替は控えておいた。どうせお釣りとかで細かいリエルが手に入るだろうし、必要とあらば現地でも両替できるので。

【地図】

地図を眺めているだけで心が躍り、今週は仕事に身が入りそうにありません。

Related posts(関連記事):

カンボジア暗黒の歴史跡・キリングフィールド
ホテルでチェックインを済ませ、トゥクトゥクでキリングフィールドに向かう。キリングフィールドとは、ポル・ポト政権下のカンボジアで大量虐殺が行われた刑場跡兼死体埋葬地の俗称だ。ポルポトによる原始共産主義という過激な思想によって、都市居住者は有無も言わさず一人残らず地方の集団農場に強制移動させられ、市場・通貨の廃止、学校教育の廃止、宗教活動の廃止など、毛沢東主義を基盤とした極端な共産主義体制が敷かれてい...
クメール文化の美の結晶・アンコールワット
本日はカンボジア旅行の鉄板コースであるアンコール遺跡群を回る予定だ。今日の夜のフライトでホーチミン市に移動して明日からの仕事に備えねばならぬ為、許された時間は半日しかないのが大変惜しいところ。 朝6時、トゥクトゥクドライバーとの約束の時間がやってきた。1000年前にクメール王国の黄金時代を戦ったクメール王たちの物語への扉をいざ開かん!!!と勇んでロビーに向かった私。しかし、、、、案の定といえ...
ミニチュアアンコールワットと電飾仏像
どうやら午前中にバイヨンで受けた呪文が祝福の祈りではなく不幸の呪いだったらしく、お目当てのレストランはやってないはワットボーの本堂には入れずじまいになるわと非常についていない。 意気消沈気味にペダルをこぎ始めると、興味をそそられる内容の看板に遭遇。「100メートル先、Dy Preungによるミニ版アンコールワット」 矢印に従って道を進むと、親子とみられるパジャマのクメール人美女...
カンボジアの魅力
クメール建築の最高傑作であり、大クメール帝国の往時の栄華を偲ばせる世界遺産・アンコールの巨大遺跡群で有名なカンボジア王国。歴代の王たちの抱いた夢と野望が鮮やかに息づくアンコール遺跡群の中でも最高傑作と称され、その神々しい神秘的雰囲気と造形美によって世界中の観光客を魅了するアンコールワットの城下町であるシェムリアップと、クメールルージュという悲惨な近現代史の名残としてキリングフィールドやトゥ...