搭乗記 ベトナム航空 A321ビジネスクラス ホーチミン⇒香港

ホーチミンから香港へ。久しぶりにベトナム航空を利用します。


いつも通り人が少ないスカイプライオリティレーン。利用者が少なすぎるからか、ビジネスクラスのチェックインカウンターにはスタッフすらいなかったw トイレ休憩とか朝飯休憩でスタッフが出払ってるとか?

チェックインカウンター前で、「僕いますよー。待ってますよー!」アピールしても誰にも気づかれず…5分ほど待ってようやくVN職員がやってきてチェックインの対応にあたってくれました。
まぁ百歩譲って待つのは良いけれど、クーラーの効きが超絶弱いのがきつかった。熱が籠って、外より暑いんじゃね!?くらいのレベルでホテル出発前にシャワー浴びた甲斐が早速なくなってしまうw

本日の機材はA321の16C/162Yで、座席は2Aですとの説明を受ける。エアバスの機材ごとのシートマップ、これ良いな。


搭乗券にはきっちり南方航空の会員番号も載っている。
なんだかんだでいまだにCZのスカイチームエリートプラスの効力が残っているし、マイルもベトナム航空便搭乗2日後にCZアカウントに加算されてきました。スカイチームへの泣きの残留パターン、無いかなぁ。無いよなぁ…。

イミグレではワイの前に並んでいた小太りな中国人がVND500,000札を小汚い出入国管理職員に握らせてる姿を目撃。恵比須顔で袖の下を受け取った小汚いオイリーフェイスな職員、ワイのパスポートチェックの際にも上機嫌でルンルンと鼻歌を口ずさんでてくそ笑った。臨時収入が嬉しかったんだろうが、感情を表に出しすぎぃぃぃw

今回は時間が無かったのでラウンジはスルーでゲートへと直行。駐機場ではスカイチーム塗装のA321が待ちかまえておりました。恰好良い!


鼻先だけオリジナルカラーw


特別塗装機とはいえ、もちろん機内は通常機の仕様通り。お上品なアオザイマダムがプライスレスな笑顔で迎え入れてくれました。結構なご年齢でもあんなタイトなアオザイを着れるのは凄いわ。

ひだり みぎ
機内食のメニューのセンスもレトロなタッチでセンスが良い。非効率で態度の悪い小役人みたいなベトナムの空港職員は超絶嫌いだが、ベトナム航空は頑張ってる感が伝わってきて意外と好き。


ただ、メニューがセンス良くても肝心の機内食の中身はなぁ…フランスパンにガーリックソースを薄~く塗り込んだだけの愛情の無いガーリックトーストはイケてない。ほぼ生で硬っい輪切りのニンジンも餌感が強すぎてフェットゥチーネには合わんかった。残念!


香港国際空港での降機後は、ホーチミンの空港でかいた汗を流してさっぱりすべく、香港空港の無料シャワーを使ってみることに。


待ち時間なしで入れるやんけ!と思ったら何かが違う…そう、タオルとかは用意されてないんです。


タオルやらなんやらは自販機で買ってくださいね、と。そういうことだった。


白ブリーフも売ってます。タオルよりだいぶ安いからタオル替わりにブリーフを使うのもありかも、いや、やっぱりないわw

ベトナム航空 A350XWBビジネスクラス搭乗記 国内線ロータスラウンジ

毒霧まみれのハノイを脱出してホーチミンへと生還を果たす時がやってきた。ベトナム航空も私の無事の帰還を祝福してくれてか、私が乗る便の機材が直前の機材変更によりA320からエアバス社の最新鋭旅客機であるA350になったようだw

A350は中長距離用の機材。たかだか二時間程度のベトナム国内線で搭乗の機会を頂けるのは非常にありがたく、喜びとベトナム航空への感謝を胸にハノイノイバイ空港へと移動するw

代打の代打でやっぱりB738!みたいな直前の機材再変更だけは無いようにと祈りながら空港に入ると…激混みのベトナム航空国内線チェックインカウンターに辟易。カウンターが足りないのかスタッフが非効率なのか、その両方なのか分からんが、なんとかならんもんかねこれは。


ホーチミン行き便利用者専用のカウンターを設けたりといった工夫はされているものの、こちらも大混雑。カウンターの数は十分にあるようなので、やっぱり原因はスタッフの作業性の悪さだな。一部の人間だけを例に挙げて一般化するような主張はしたくないが、やっぱりベトナムってマイペースな人が多すぎる気がする。特に男は超南国気質でゆったりおっとりし過ぎたのが多い。国際線のイミグレとかでも長蛇の列ができているのにダラダラとやってる係員が多すぎるので、もっとテキパキやらんかい!と思わされる時もあるし。


長蛇の列を作ってディズニーランド気取りかよーと思って優先カウンターに行くと、スカイプライオリティカウンターはこんな日でもガラ空きだった。こりゃあベトナム航空はステータス無しの丸腰でエコノミーは乗れんわ。スカイプライオリティ様様っす。

国内線ラウンジ Lotus Lounge(ロータスラウンジ)


保安検査を抜け、改装されて新しくなったロータスラウンジへ。以前の国内線ラウンジはクーラーが壊れてサウナのようになったりと、ラウンジの外の方が寧ろ快適といった代物だったんだが。新しくなった立派なエントランスを見る限り、こちらはそんな問題はなく快適に過ごすことができそうだ。

内部は国際線のロータスラウンジの倍以上はあろうかという規模でくっそ広く、くっそ混んでいる。
ひだり みぎ
ひだり みぎ

ひだり みぎ
ミールは以前とあまり変わり映えしない内容で、カップ麺を取り出しただけの手抜きヌードルサービスも健在。この他にフルーツやサラダ、各種パンも用意されていて種類の多さだけは国際線ラウンジ以上に立派なんだけど、食欲を掻き立ててくれるようなものではない。

フライト:ハノイ⇒ホーチミン

VNも行き当たりばったりな機材繰りをしてるようで、直前の機材変更で運よく図らずもA350に乗ることができた。たかだか2時間のフライトだけど、やっぱりナローボディー機は出来るのであれば御免被りたいっすからね。助かったわ。

最新テクノロジーばかりが注目されるA350だが、競合機材であるB787に比べて横幅もワイドに作られていて、ゆったりとしたシート配置ができるようにもなっているのだと。客室幅が最大でB787に比べて12.7cm広いとのことだが…確かに言われてみたらワイドなような、そうでもないような…

主なA350の特徴:
A330をベースに最新の技術を投入した次世代機体
B787と同じロールスロイス社製新世代エンジンの搭載
A380に使用された新素材を適用。軽量で薄型の胴体で燃費と客室幅を改善


ゆったりとしたシート配置ができるようになっている分、プレエコとエコノミークラスは3-3-3の9席配置。シートマップを見る限り全然ゆったりしてなそうw
画像はベトナム航空ホームページから:https://www.vietnamairlines.com/vn/ja/plan-book/our-fleets/airbus-a350/cabin-a350-popup
確かVNのプレエコって2-3-2配列っすからね…

実際に機内へと乗り込んでみると、中央部の天井の収納や中央2席の間の仕切りがなく、すっきりとした作りであることに気付く。天井も高くて窓も大きいので、凄く明るくて開放的な印象を受けた。


ビジネスクラスのシート配列はリバース・ヘリンボーン型で、シートは勿論フルフラット仕様。渋味のある黄枯茶色のシートカバーにはベトナム航空のトレードマークであるゴールデンロータスがあしらわれている。同じA350でもスタイリッシュなフィンエアーの機内とは随分と印象の異なるデザインだ。



我がシートは2K。シートピッチ=106.7cm、幅53.3cmとスペースは十分。

ひだり みぎ
通路側にはペットボトルフォルダー、マガジンラック、読書灯が設置されていて、通路側肘掛け上にはリクライニングボタンと機内エンタメ用コントローラーが埋め込まれている。コンセントとUSBポートももちろん完備。


国内線の為にアメニティポーチは無いが、ヘッドフォンはノイズキャンセリング風のものが用意されている。


ひだり みぎ
モニターも綺麗だし、日本語にも対応。国内線でもフルに機内エンタメを楽しめる。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
機内エンタメは香ばしいローカルムービー満載で、たかだか二時間のフライトでは楽しみ尽くすことが出来ず。ドイモイ政策で民間の映画製作会社が許可された流れから、ここにきてベトナム国産映画が空前の盛り上がりを見せてるらしい。


そして、ジョジョの実写化をベトナム航空の機内エンタメで知る私。スタンドバトルが如何に描写されてるか気にはなるけれど、時間を割いて観たいとは思わなんだ。


その代わりにグッドモーニングベトナムならぬ「ハロー・ベトナム」というアメリカに移住した二人の男の故郷に対する懐旧の記憶を描いた映画を見ていると、窓の外に綺麗な夕焼けが。異国の地でこんな風景を見ながらこんなテーマの映画を鑑賞してしまうと、なんともいえない望郷の念に駆られるね。来週帰るんだけどw

そして夕焼けを眺めながらの機内食タイム。優雅な食事には程遠いっすがね、一応はディナータイムということでメインは3種類から選ぶことができる。ドリンクは赤ワイン・白ワイン・ビール・各種ジュース・ミルク・水・コーラや7UP等の炭酸系・コーヒー・茶というラインナップ。

「Stir-fried Chicken with Ginger, Steamed Rice」「Braised Pork Vietnamese Style, Steamed Rice」「Linguine with Seafood Sauce」の三択。ポークを選んだら骨ばっかだった。


食後にベトナムコーヒーを飲みながら映画のクライマックスをドキドキしながら楽しんでいると、ちょうど良い場面で着陸態勢のアナウンスが流れて現実に引き戻される。映画が一本見れるか見れないかという所要時間のフライトなので、長めの映画を選んだらクライマックスが見れずにもどかしいまま降機することになるので要注意。


夜景の美しいホーチミンへとランディング。


また会おうベトナム航空A350。願わくば次回は長距離国際線で。


空港外のこの喧騒を前に、ホーチミンに戻ってきたことを実感。やっぱり勢いあるホーチミンは良いっすわ。

ベトナム航空 A321ビジネスクラス搭乗記 ホーチミン⇒ハノイ

この日はホーチミンからハノイへと移動。


わいわいがやがやローカル感の強いホーチミン国内線ターミナルを利用するのは何年ぶりになるだろうか。ベトナムの方は全家族をあげてお見送り・お出迎えに来ちゃったりするので、相変わらずテーマパークとか動物園の中かのような凄い人口密度である。


黄色いアオザイのベトナム航空スタッフも久しぶり。これはこれで爽やかで良いんだけど、昔のエンジ色の方がベトナムらしくて好きだったかな。

チェックインのデスクではきちんと搭乗券に中国南方航空の会員番号が印字されているかを確認する。

また加算漏れで事後登録しないといけないのかなーと思ってたけど、フライト三日後にマイル加算の連絡が南方航空から来た。CクラスSGN⇒HANの片道で1,845マイル。5-6年前までは南方航空以外で飛んだ場合のマイル加算がされたりされなかったり、されたとしても間違ってたり遅れたりと問題が無い方が珍しいくらいだったので、そのころと比べれば南方航空も見違えるほど進歩したわ。

国内線 Lotus Lounge(ロータスラウンジ)

ひだり みぎ
国内線ラウンジも野暮ったさが無くなって快適になったものだ。


ビールはサイゴンスペシャルと333。ソフトドリンクも国際線ラウンジとほぼ変わらぬラインナップが揃えられている。

ひだり みぎ
ひだり みぎ

ひだり みぎ
ミールは粥にパン、フルーツ、サラダ、点心、チャーハン、ヌードル等々、こちらも国際線とあまり変わり映えしない内容。美味い不味いは別として。

トイレには歯ブラシや髭剃りまで置かれていて、頑張ろうとしている気持ちは伝わってくる。歯磨きはともかく、国内線ラウンジのトイレで髭剃りとかどんなシチュエーションだよと思うが。


機内食は朝食仕様でしょぼいだろうし、ハノイに着いてからはろくに昼飯を食う時間も無いことが予想されていたので、不味いなどと言わずに思いっきり腹ごしらえ。フォーの具材入れ放題が地味に嬉しく、ここぞとばかりに肉とネギをがっさり入れたった。

フライト:ホーチミン⇒ハノイ ビジネスクラス

ひだり みぎ
スカイプライオリティレーンは安定の空き具合。一般レーンに形成された長蛇の列を尻目に駐機場行きのバスへと乗り込んでいく。


バスもビジネスクラス専用の物が用意されているのだが、いつもの通りエコノミークラス用のバスが先に出発する。別にオーバヘッドコンパートメントのスペース争奪戦に巻き込まれる訳でもないので後から搭乗する分には一向に構わないのだが、くっそ暑い中のに炎天下に放り出され、エコノミークラスの乗客が搭乗を終えるまで延々とタラップの下で待たされるパターンは止めて頂きたい。


知ってた。やっぱりビジネスクラスの搭乗が後回しにされ汗かきながら待たされるパターン。しかも、乗ったら乗ったで遅延案内が入ってギンギンに冷やされた機内で凍えながら出発待ちというね。焼入れ焼戻し加工で加熱・急冷される鋼の気分を味わわせてもらったわ。

ひだり みぎ
更に、機材が国内線でのお約束機材のA321に変更になっている。今日のフライトはベトナム航空ご自慢の最新鋭機体A350の予定でさ、だから敢えてこの便に乗れるスケジューリングで日程組んだのに。駐機場に古いA321が停まってるのが見えた時はだいぶ悲しかった。



フルフラットの最新シートの筈が、まさかのレトロシートへと変更に。


まぁどうせパソコンとにらめっこしてるだけなんで良いですけどね。朝食仕様のあっさりとした機内食を食べ、後はコーヒーを頂きながら午後に使う資料のレビューに専念。電話がかかってこない状況で集中できるのがありがたい。いっそこのこと午後も機内モードにしときたいくらいだわ。


ホーチミンから2時間、青空冴えわたる爽やかなホーチミンから大気汚染の靄とどんより雲に覆われたハノイの町へランディング。観光で来る分には楽しめるけど、仕事だと飛行機を降り立つ前から陰鬱な気分にさせられる町。それがハノイ。

プロモ情報

あ、そうそう。最後に機内誌で紹介されてたプロモ情報をのっけておきます。

・ベトナムとイギリス/フランス/ドイツ/ロシアの往復をJまたはCクラスで飛べば一発でロータスマイルズのゴールド会員(スカイチームエリート)に。
・ベトナムと日本/韓国の往復をJまたはCクラスで飛べばチタン会員に。
・ロータスマイルズのチタン会員で、ベトナムと日本/韓国をJまたはCクラスで飛べばゴールド会員に。
・ベトナムとオーストラリアの往復をWまたはZクラスで飛べばチタン会員に。

2018年12月31日まで。ビジネスクラスでもJまたはC限定というのがちょっとな。得られるステータスも最上級のプラチナム(スカイチームエリートプラス)じゃなくゴールド止まりだし。

参考までに、ホーチミン⇔ロンドンのビジネスクラス往復最安値はDで173,810円、プロモの対象となるCで241,410だった。

これならベトナム航空と三井住友カードが提携して出してるベトナムエアラインズカードを作った方が良いか。

ゴールドカード持ってるだけでゴールドステータス扱いになるので。

参考リンク:https://enews-vietnamairlines.com/enewsletter-jp-smcc-jun-2018/

フエ⇒ハノイ ベトナム航空ビジネスクラス搭乗記 フエの世界遺産巡り9

あっという間のフエでの二泊三日の小旅行を終え、帰路へと就く時間がやってきた。先ずはフエからハノイに飛び、そこから成田行きの深夜便に乗り継いで日本へと帰還する。


フエ市街地からタクシーで15分(運賃200,000ドン強)、2013年に改装されたばかりのフバイ国際空港(HUI)に到着した。綺麗だけど小さっ。

ひだり みぎ
当記事執筆時点での就航航空会社はベトナム航空以外だとべトジェットとジェットスターパシフィックの2社のみで、それも国内線オンリー。

空港に早く着き過ぎて暫く待たされたけど、出発時刻の2時間半前になって漸く搭乗手続きが開始される。


今年になり南方航空修行を始めたので、マイルはCZ付け。VNのCクラスは2セクターと130%のマイルが付与される筈なのに、なんとまぁ搭乗から3ヵ月経っても加算されず。南方航空の手強いカスタマーセンターと長期戦を戦って、搭乗後5か月弱かかってやっとこさ搭乗クレジットが付与された。CZ、自社便だと国内線で翌日、国際線だと2-3日で漏れずに加算されるんですけどね。CZの他社便でのマイル登録は要注意。

コンパクトな空港だし空いているので搭乗券を手にしてからは早い。ただ、エレベーターが無いのがね…

土産物を詰めた重たいスーツケースを持って階段を上り下り…。少しは御爺さんの腰を労わってほしい。

ひだり みぎ
出発フロアはこじんまりと綺麗に纏まっていて、お店も土産物屋を中心にそれなりに有る。ただ、空港自体とにかく小さいので、町で顔見知りになった他の観光客と「あー、あなたも今日お帰りなんですねー」なんて会話をすることになりかねん。フエの町もフエの空港もとにかく小さい小さい。

ひだり みぎ

どんなもんかと土産屋を覗いてみると、ホーチミンの空港では売ってないようなこ洒落た陶器なんかも売っていた。冷やかし程度で値段を聞いたら店員の胸三寸で価格が決まるのかよってくらい思いっきり値下げしてくれたので、茶器セットを購入することに。また荷物が増えたけど、フエらしい中越折衷的なデザインの茶器が安く買えて満足なり。

ひだり みぎ
土産物を手にして今度は意気揚々とベトナム航空のビジネスクラスラウンジへ。田舎の国内線ラウンジなんで待合室レベルだけど…。


堪らないジャンク感…。


冷蔵庫にはチェやフルーツも。

ひだり みぎ
携帯弄りで忙しいスタッフを呼びつけてオーダーすることもできる。


メニューに麺料理があったのでてっきりヌードルバーでもあるのかと思ったら、普通にカップヌードルが来たw

いやー、ほんと早く空港に着いちゃった自分を呪いたいね。2時間もの時間を何もないラウンジでカップラーメン食べたりカップラーメン食べたりカップラーメン食べたりしながら無為に過ごす羽目になった。

そして搭乗開始と思ったらカップラーメンで重くなった胃にこの仕打ち!さっきせっかく階段上ったのに今度は下りるのかよ!バリアフリーなんて糞くらえ、ジジイの腰絶対殺すマン空港許すべからず。

ひだり みぎ
地上階まで下りてエコノミーバスでボーディング。ビジネスクラス専用バスなんて気の利いたものはありません。せっかく一番に階段を降りた自分orz


夜空にも良く映えるベトナム航空機A321に御搭乗。

ひだり みぎ
お座席はこちら。2-2が4列で計16席のビジネスクラスだったのだが、何故かこの日はA・C列側が私一人に対して通路を挟んだ向こう側のD・G側は4人と賑やかそう。


ウェルカムドリンクと冷えっ冷えのおしぼりサービスを受けてから即プッシュバック。小さな空港で渋滞もないのでテイクオフまでも早い早い。


飛行機に乗り込んでからあっという間にテイクオフ。さらばフエ。


1時間程度のドメスティックフライトでも餌が出た。空港職員のやる気ないおばちゃんがおしゃべりしながら作ったであろうサンドイッチとヨーグルト程度だけど。


あーやっぱりフエ二泊は短かったかな。是非ホイアンと抱き合わせでまた旅程を組んで来たいですね!ということでフエの旅行記はこれにて完。お付き合いありがとうございました。



Booking.com

【2017年フエ旅行記】











ハノイ新国際線ターミナルから香港 VN592 A321 ビジネスクラス

2014年12月31日、ノイバイ空港新国際線ターミナルの運用が開始され、陰気臭すぎたベトナム首都の玄関口の装いがようやく一新された。今回の新ターミナルは地上4階・地下1階建てで、旅客処理能力はら倍増超となったし、ハノイ市内への交通インフラも同時に整備されている。橋を建てたりね。空港容量の増加だけでなく、市中心部・空港間のアクセス改善や、未開な北ハノイの開発など、首都ハノイの社会・経済発展に対して大きな効果が見込まれる大プロジェクトであり、これまで経済面では南部のホーチミンの後塵を拝し続けてきたハノイでも陸海空の交通インフラプロジェクトが推進され、ようやく投資環境が整い始めた印象だ。

市内から北に来るまで30分程のところにある新国際線ターミナル。従来のターミナルは1km程離れた所でターミナル1として国内線専用で継続使用されているので、タクシーで移動する際は「インターナショナル」と伝えるのをお忘れなく。

因みにであるが、今回の空港ターミナル、空港とハノイ市中心部とを結ぶ連絡道や橋の資金源の大部分は円借款。実に約1300億円もの大金が突っ込まれている。「これで外国人観光客やFDIの取り込みが加速する。日本の支援には感謝する。」的なベトナム高官関係筋の声明が出ていたが、新国際ターミナルの運用開始の直後に日本人を含む外国人へのビザ条件を引き締めるとか、やってることが滅茶苦茶すぎて開いた口が塞がらない。

DSC_5636
出来立てホヤホヤの新ターミナルは中もピッカピカ。既存のターミナルだと採光が悪くて薄暗かったが、新ターミナルはガラス張りの明るくスタイリッシュなデザインで、印象は悪くない。他国に対する政府開発援助(ODA)に関しては賛否両論あるだろうが、一国の玄関口で日本の建築技術の粋を凝らした巨大建築物が見られるのは日本人としては誇らしい限り。


民芸品や菓子折り的な土産物も売られている。値段はドル表記だが、もちろんドンも使用可能。全て市内でも調達できるような既製品ばかりが若干高く売られているので、当たり前だが市内で買い揃えておくのがベター。

DSC_5640
今回はビジネスクラスなので、スカイプライオリティーという優先カウンターでチェックイン。ベトナム航空のエコノミーは以上に混雑していたので助かった。


くっそ。ベトナム航空と同じスカイチーム組みの南方航空のFFPプログラムにマイルを付けてくれとお願いしても、「できましぇーん。」の一点張り。何故できないかも教えてくれないという不条理。CZのマイル事後加算って面倒くさいんだよなぁ。

航空券を手に出国審査へ。

ひゃーー、凄い人!!ここを抜けると直ぐに出国審査となり、その後手荷物検査という流れ。普通は逆ですよね。出国審査はスカイプライオリティーが通用せず、長蛇の列に巻き込まれる。

出国審査で時間を食ってしまったので、イミグレ通過後はラウンジへ直行。JALやANAが利用するACVビジネスラウンジではなく、ベトナム航空はロータスラウンジの利用となる。ベトナムのフラッグキャリアのニュー本丸ラウンジだ。
ひだり みぎ
色鮮やかなユニフォームに身を纏った艶やかな等身大CAパネルによるお出迎え。ケニア航空がハノイに乗り入れてるとか衝撃的過ぎる。ナイロビ―ハノイでB787を飛ばしているんだと。

DSC_5647
ラウンジ内。ゆったりと余裕のあるスペースの使い方は◎だが、鉄骨梁剥き出しみたいになってるのは何なの?お洒落なの?完成途中なの?

DSC_5660
PCルームはベトナム航空のシンボルである蓮の蕾で仕切られてる。怪しい教団の秘密基地みたい。

DSC_5648
おっ、バーカウンターなんて洒落たもんもある。

ひだり みぎ
酒もあるしメニューもあるが、バーテンダーがいないので注文できず。朝だからか?

DSC_5651
333ビールとサイゴンビール、その他ソフトドリンクはセルフサービス。

DSC_5664
他に酒は無いものかと探索していると、ヨーグルトとラベルされた冷蔵庫に白ワインを発見。安っいやつ。

ひだり みぎ
ホットミールは前身のビジネスクラスラウンジよりはパワーアップしているが、決して食欲はそそられないクオリティ。写真以外にも春巻きやフォーなどの定番ベトナム料理も用意されている。

横に長ーい新ターミナル。ゲートによっては早めにラウンジを出る必要がある。
DSC_5658
今回アサインされたのはラウンジ真横の28。搭乗開始が遅れるとのことなのでシャワーを浴びたかったが、順番待ちの必要があると言われ断念。シャワーブースは2つしかないそうなので、ラウンジに入ったら一番に予約することをお勧めする。

DSC_5675
レアなVNのSkyteam塗装機。ワンワールドやスタアラよりも落ち着いたデザインで、陰鬱とした今日の空に溶け込んでしまいそうな色である。

ただ、今回搭乗するのは深緑の胴体と金色の蓮の花が特徴の通常塗装仕様。

今日も見慣れたこのシート。野暮ったいエメラルドグリーンに中央の蓮(?)の模様がベトナムらしさをかもし出す。


シートマップ。C=16席、Y=168席という仕様。


前の座席の背が大きくて威圧感がある。


8月10日に15年ぶりにCAのアオザイの色とデザインを一新したらしく、鮮やかなターコイズ色になっている。前のエンジ色の方がタイプだったな…


隣にもVN。陽炎がユラユラと揺れる滑走路で見ると涼に感じられるベトナム航空の機体が意外と好き。


シートベルトを閉め、陽炎がユラユラと揺れる滑走路を眺めていると、おしぼりにウェルカムドリンクがやってきた。

ひだり みぎ
お品書きはシートポケットに。マトウダイの燻製+グリーンアスパラガス+ブラックオリーブの前菜に、メインは選択制。
・海老のレッドカレーソース和え
・ペッパーソースの牛テンダーロイン
・チリとレモングラスソースのチキンに炒飯
これら前菜とメインにパンとチーズケーキというフルメニュー。2時間のフライトなのに充実の内容だ。メインは出発前に希望を聞かれたので、エビのレッドカレーを選択。


定刻を40分遅れで出発したこの日のフライト。僅か2時間のフライトなので、垂直飛行になり次第、すぐに機内サービスが開始される。


先ずは蓮が模されたテーブルクロスが大慌てで敷かれる。この日は珍しくビジネスクラス16席が満席なので、黄色いアオザイを身に纏ったパーサーまで大忙しで配給作業に追われている。


続いて出発前に希望したメインとドリンクを載せたプレートの出番。思いっきりごっちゃごちゃしてるけど、味は悪くない。


色んなところに蓮マークが入っててベトナム航空のこだわりを感じる。


食後、斜め前の乗客がシートを思いっきり倒してきたことで、通路へのアクセスを断たれてしまう。通路へのアクセスが難点になるリスクを取って景色が楽しめる窓側席を択んだ自分の判断ミス。トイレ行きたいけど、スヤスヤと眠る隣席の爺さんを起こしてまで緊迫した状況じゃないし、我慢することに。

ひだり みぎ
最新鋭機材を揃え始めたベトナム航空だが、ベトナム―香港の短距離路線は暫くA321での運行が続くだろう。自由に窓側席から出も通路にアクセスできるビジネスクラスシートにして欲しい。