シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

搭乗記 ベトナム航空 A321ビジネスクラス ホーチミン⇒香港


ホーチミンから香港へ。久しぶりにベトナム航空を利用します。


いつも通り人が少ないスカイプライオリティレーン。利用者が少なすぎるからか、ビジネスクラスのチェックインカウンターにはスタッフすらいなかったw トイレ休憩とか朝飯休憩でスタッフが出払ってるとか?

チェックインカウンター前で、「僕いますよー。待ってますよー!」アピールしても誰にも気づかれず…5分ほど待ってようやくVN職員がやってきてチェックインの対応にあたってくれました。
まぁ百歩譲って待つのは良いけれど、クーラーの効きが超絶弱いのがきつかった。熱が籠って、外より暑いんじゃね!?くらいのレベルでホテル出発前にシャワー浴びた甲斐が早速なくなってしまうw

本日の機材はA321の16C/162Yで、座席は2Aですとの説明を受ける。エアバスの機材ごとのシートマップ、これ良いな。


搭乗券にはきっちり南方航空の会員番号も載っている。
なんだかんだでいまだにCZのスカイチームエリートプラスの効力が残っているし、マイルもベトナム航空便搭乗2日後にCZアカウントに加算されてきました。スカイチームへの泣きの残留パターン、無いかなぁ。無いよなぁ…。

イミグレではワイの前に並んでいた小太りな中国人がVND500,000札を小汚い出入国管理職員に握らせてる姿を目撃。恵比須顔で袖の下を受け取った小汚いオイリーフェイスな職員、ワイのパスポートチェックの際にも上機嫌でルンルンと鼻歌を口ずさんでてくそ笑った。臨時収入が嬉しかったんだろうが、感情を表に出しすぎぃぃぃw

今回は時間が無かったのでラウンジはスルーでゲートへと直行。駐機場ではスカイチーム塗装のA321が待ちかまえておりました。恰好良い!


鼻先だけオリジナルカラーw


特別塗装機とはいえ、もちろん機内は通常機の仕様通り。お上品なアオザイマダムがプライスレスな笑顔で迎え入れてくれました。結構なご年齢でもあんなタイトなアオザイを着れるのは凄いわ。

ひだり みぎ
機内食のメニューのセンスもレトロなタッチでセンスが良い。非効率で態度の悪い小役人みたいなベトナムの空港職員は超絶嫌いだが、ベトナム航空は頑張ってる感が伝わってきて意外と好き。


ただ、メニューがセンス良くても肝心の機内食の中身はなぁ…フランスパンにガーリックソースを薄~く塗り込んだだけの愛情の無いガーリックトーストはイケてない。ほぼ生で硬っい輪切りのニンジンも餌感が強すぎてフェットゥチーネには合わんかった。残念!


香港国際空港での降機後は、ホーチミンの空港でかいた汗を流してさっぱりすべく、香港空港の無料シャワーを使ってみることに。


待ち時間なしで入れるやんけ!と思ったら何かが違う…そう、タオルとかは用意されてないんです。


タオルやらなんやらは自販機で買ってくださいね、と。そういうことだった。


白ブリーフも売ってます。タオルよりだいぶ安いからタオル替わりにブリーフを使うのもありかも、いや、やっぱりないわw

Related posts (関連記事):

キャセイパシフィック ダイヤモンド到達
昨年8月末に金マルコ昇進してからというものの、愛するマルコポーロクラブに魂の全てを捧げた狂信者のように毎週毎週一心不乱にCX/KAで出張をこなし、気付いたらダイヤモンドに解脱していた。
中国南方航空のスカイパール倶楽部
広州ベースの中国南方航空、なんともだっさい田舎町のローカルエアラインといった感じのネーミングだが、中国では言わずと知れた国内最大手の一つ。でも南方航空を利用してもマイルはデルタに貯めるってパターンが多...
エミレーツA380 ビジネスクラス・ファーストクラス乗り比べ ラウンジ編
バンコク経由で香港とドバイを結ぶエミレーツ航空のEK384/385便、香港―バンコク区間の以遠便の運賃がお手頃だったので、往路ビジネスクラス・復路ファーストクラスと乗り比べをすることに。往路J・復路F...
一つ星評価のイエティ航空(Yeti Airlines)でネパール国内線便を発券
昨年のネパール旅行の時の話。いくら沈没者の聖地とはいえ、カトマンズに留まり続けるのは勿体なく思えたので、思い付きでインドとの国境近くにある釈迦生誕の聖地・ルンビニへの日帰り旅行を決定した。 そこ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする