搭乗記 TAPポルトガル航空 国内線E190エコノミー ポルト⇒リスボン

今日はポルトのインターコンチネンタルからリスボンのインターコンチネンタルへと都市を跨いだ引越しday。


ポルト⇔リスボン間は320kmと、東京⇔名古屋間程度の距離。バスや鉄道など陸路の移動手段も充実していますが、変態フライヤーのはしくれとして今回は飛行機で移動することに。

ポルト市内からバスで空港へ

ひだり みぎ

08:00発のフライトへの搭乗に間に合わせるべく、陽の上がらぬうちから出発。霧深い夜明けに飛行機が飛べるか若干心配になりながらも、602番の路線バスで空港を目指します。

602番の始発駅はポルト大学前のバス停“CORDOARIA”。時刻表や具体的な走行ルートはバスの運行会社の公式ウェブサイトで確認できます。
https://www.stcp.pt/en/travel/lines/?linha=602

06:15CORDOARIA発の始発に乗り空港へ。
もう少し早い時間帯のフライトに乗る場合は、深夜・早朝の時間帯(01:00-05:00)専門に走ってる3Mのバスを利用できます。
https://www.stcp.pt/en/travel/lines/?linha=3M

空港到着

ひだり みぎ
出発時刻まで1時間を切ったぎりぎりのタイミングで空港着。ボーディングパスを発行頂き、ラウンジには立ち寄らずに搭乗口へと小走りで直行します。


相変わらず濃霧による視界不良状態が続いてるけどちゃんと飛ぶのかな?という心配をよそに定刻通りのボーディングスタート。ポルト⇒リスボンは1時間に1本の頻度で出てるので、最悪の場合フライトを間引かれるかなーなんて心配もしてましたが、1本たりともキャンセルできないくらいのド満席ぶりでした。

搭乗


機体は小型機のエンブラエル190。機体デザインは親会社のTAPポルトガル航空の機体と変わりませんが、TAPのPのペイント部分にExpressという文字が入って差別化されてます。PGAエクスプレスというTAPが買収した国内線専用LCCの名残もあり、今はTAPエクスプレスというブランド名でリージョ便を運行しているようです。

ひだり みぎ
LCCですが、親会社のA319やA320あたりとシートはデザイン・ピッチとも然程変わりません。が、隣に体育教師感満点のマッチョなタンクトップ姿の中年男性が座ってしまい、こちらのスペースまで侵食されて窮屈でむさ苦しい時間を過ごす羽目に。

しかも、搭乗が完了した段階で機長からは出発遅延のアナウンスが…飛ぶか分からんけどとりあえず乗客を機内にぶっこんどくパワープレー止めてw

仕方ないので機内誌を熟読してTAPポルトガル航空の企業研究をすることに。

保有機材


ふむふむ、と。親会社であるTAPポルトガル航空の保有機材リストを見ると、ボーイングは一機も保有せずエアバスにオールインなんすねw


大型機もそれなりに多く抱えていて、歴史的背景もあり大西洋越えブラジル行きのフライトはかなり多く飛ばしてます。

ひだり みぎ
実際、TAPポルトガルは大西洋越え南米行きフライトのビジネスクラスにこそ発揮されると思ってます。ロンドン⇒リスボン⇒リオデジャネイロのビジネスクラスが込々で616ポンド(82,000円)とかですから。Jクラスなんでエーゲさんにマイルを付ければ200%貯まりますし。

マイレージ制度


メンバーレベルは平・シルバー・ゴールドの3段階。スタアラ系としては一般的な内容っすね。到達基準も妥当なところ。

特異点を挙げるとすれば、マイルを使って不足分のステータスマイルの穴埋めができるところ。10,000マイルを差し出せば、5,000ステータスマイルに換算してもらえるようです。うわっ、不覚にもダイヤモンドまで1FOP足りんわ!急遽追加で大阪⇔但馬を飛んでこないと!なんてことを防げる嬉しい制度です。

Club TAP Miles&Go


また、通常のマイレージ制度とは別の“Club TAP Miles&Go”という有料会員システムがあるらしいのですが、このシステムの最上級会員であるClub Platinumはお得感があります。
年間887米ドル(≒96,000円)を払えばTAPのシルバー会員になれるほか、初年度に年間108,000マイル、二年目以降には毎年120,000マイルのボーナスマイルが得られるらしい。

JALだと年会費34,100円のプラチナカードでも毎年の初回搭乗ボーナスはたかだが2,000マイル。年会費払うだけで年間120,000マイルのボーナスマイルとか、文字通りけた違いっすねw

ひょっとしてTAPマイルがインフレ起こしてて1マイルの価値が極端に低くなってるんじゃね?とも考えたけど、決してそういうわけでもないみたいですし。

ポルトガルのメインランドからスペイン・北アフリカまでの特典航空券が6,000マイル~、北米まで飛んでも29,000マイル~とか。極めればお得なマイル錬金術を編み出せるかもしれない。
参照:https://www.flytap.com/en-rs/miles-and-go/spend-miles/buy-ticket

ふーん、TAPポルトガル航空ね~…なんて調べてたら、40分ほど経ってようやく駐機場を発てることに。

上空は風も強く揺れっぱなしでシートベルトサインも付きっ放しの荒れたフライトでしたが、リスボンに着くと今までの悪天候が嘘のような快晴ぶり。ここでも松岡修造ばりの晴れ男パワーを見せつけてしまいました。

中国南方航空マイレージクラブ スカイパールクラブのゴールドって修行する価値あるの?

どうも!南方航空飛行協会会長のポンズですw

2017年に飛行協会会長と称されるまでに飛びまくり得た南方会員金資格。お情けでステータスの有効期限を延命頂いたこともあり、結局2020年2月末まで3年半も維持することができました。


会員カードやバゲージタグだけ見ると上品で格好良さげな南航明珠倶楽部ですが、実際のところどうなのか。

需要有るか疑問ですが、南方航空ゴールドになってみての所感やステータス修行について書き綴ってみようと思います。
大雑把に、「南方航空マイレージクラブのステータスの基礎知識」「修行ルートや費用概算」「ゴールドになってみての所感」といった流れで書かせてもらいます。

先ずは、そもそも南方航空のマイレージクラブって会員基準どうなってるの?何、ゴールド会員って?って?ゴールドゴールド言ってるけど、ぶっちゃけ凄くないんじゃね?ってところからおさらい。

南方航空 スカイパールクラブの会員基準


参照:https://skypearl.csair.com/en/about/member2.html
青:平会員
銀:20セクター or 40,000km(=24,855マイル)
金:40セクター or 80,000km(=49,710マイル)

そう、マイルじゃなくてkm表示なんす。80,000!!って見るとキツそうですが、マイル換算すると大してハードルは高くないと思います。

ちな、マイルとセクターの加算率はこんな感じ。

ざっくりとしたイメージ、ビジネスクラス10搭乗で銀、20搭乗で金という感じっすね。ビジネスクラスといっても後述の通り中国国内線では1万円以下の激安修行区間もあるので、財政的ダメージはでかくありません。

南方航空 スカイパールクラブ上級会員の特典

ハードルが高くない分、会員特典もショボいんでしょ?そう考えのモニターの向こうのあなた…正解です!特典内容はちょい弱いっす。

加算マイルのボーナス、マイルの有効期限免除、優先チェックイン、ラウンジなどなど。最低限必要な特典は一通り揃っているんですが、総合力は低い。
正直、規約上の特典だけみると、わざわざゴールドを目指したい!という意欲に駆られるようなほどでもないっすね。

隠れステータス!?

は!?最上級のゴールドでもこんなショボいんか!というそこのあなたに朗報。
上記の南方航空公式サイトの紹介には載ってないんですが、実はゴールドの上に隠れステータス(?)があるみたいなんです。その名も、ゴールドPro。2019年に導入されました。

参照:https://skypearl.csair.com/en/newsletter/2019/0220.html
達成条件はゴールドの倍で、80セクターor160,000km。且つ、50%以上のフライトがビジネスクラス/ファーストクラス。

隠れステータスの特典内容

ただ、達成条件はゴールドの倍でも特典内容はゴールドの倍じゃありません。寧ろあんま変わらない。

1.Finest access to hotline through 400895539
2.Quick effective qualification of nominee(s)
3.Exclusive premier service provided by Premium Customer Service Manager
4.Check-in counter for First/Business class with two companions
5.First/Business security channel at designated airports(check Note 1)
6.Access to lounge with two companions who take China Southern Airline flights on the same day(the second companion can only enter lounges at designated airports,check Note 2)
7.Access to shuttle bus service with two companions,only provided Gold Pro members fly with First/Business class and departure at designated airports,check Note 2)

まぁこれだけ公表されてるんで、隠れステータスってわけでもないか。

ステータス修行の聖地ルート

JALにもANAでのステータス修行を行う人がいるように、南方航空にも修行僧と呼ばれる方たちがいますし、聖地と呼ばれるルートがあります。例えば、ちょっと前まで有名だったのが徐州ー連雲港という超マイナー区間。

いやいや、どこ?って方が殆どですよねw こんな区間、他のローカル零細キャリアに任せとけよってところにも南方航空が顔出してたりするので、ルート検索が面白いという魅力はありますね、南方航空。

飛行距離はたかだか100マイル、中国版のJL伊丹-但馬ルートみたいな。


徐州観音空港⇒連雲港白塔埠空港が2セクター加算のCクラスで580元(≒8,700円)。これで20回飛べば、めでたく南方航空ゴールド達成です。航空券の実費だけで考えると174,000円でゴールドになれるということですね。
昔は安いベトナム航空のC席×4区間を5発券したりといった手法もあったのですが、南方航空がスカイチームを脱退した今、鬼安ドメフライトを探してセクターを稼ぐ正攻法しか修行の道は残されてないかと思います。

他にも、ウルムチ-カラマイとかアツいっすねw
なんたって中国国内の就航都市マップは南方航空だけでこんなにカオスなんで、ルートを見つけるという点は滅茶苦茶面白いし、ハマる人はハマると思います。南方航空=広州ハブとイメージされてる方も多いかと思いますが、広州以外にも重慶・北京・ウルムチを広州に準ずる地域本社的な扱いのハブ空港にして、更に上海・瀋陽・厦門・長春・深圳・武漢・鄭州・大連を準ハブ空港として使ってるので、言ったら中国全土に幅広いネットワークを持ってるんです。南方航空だから南方だけって感じがしますが。

誰も知らないようなルート探して、実際に旅行まで行ってきて。その結果、ステータスが付いてくる。面白い大人の遊びじゃないっすか。

南方航空ゴールドステータスを持ってみての所感

結論から言うと、かなり微妙。先ず、シルバーでもラウンジに入れるし、マイルボーナスもシルバーと15%しか変わらない。公式サイトの特典紹介に書かれてるゴールド会員専用のExclusive Giftsってのも一度も来ず。

空港や機上の扱いについても、特にシルバーとゴールドで変化ないっすね。エコノミークラスにも5-6回ほどは乗ったかと思いますが、インボラも一切無し。安かろう悪かろうじゃないですが、ハードルが低いだけあって特別凄い特典や厚遇を受けれるってわけではありませんでした。
南方航空の利用の殆どが社用で、ラウンジでも機上でも気分的に楽しめなかったっていうこともあるのでしょうが、ほんと、これだけ3年半で乗って、「THE BEST FLIGHT!」みたいな抜きんでた経験というのも一切無かったですし。
なんか、今までの反動で従業員の作業を急いで標準化しようとしてるのか、どっかのタイミングでグランドスタッフもフライトアテンダントも変にロボットのようになっていった印象なんすよ。国際的大企業として成長していきたいみたいな意識が凄く強く感じられるし、色んな意味で過渡期を迎えているのでしょうが、昔のCZを知ってる身としたら、なんか最近の南方航空にはしっくりこなかったというのもあるかもしれません。

まぁ今後どうなるか分からないですけどね。ワンワールドに加盟するのか、はたまた独自の航空連合をぶち上げてきたりするのか。今後の展開が楽しみではあるのですが、修行の楽しみでいったら東方航空の方が上なんじゃ…と浮気心も出てきてます。

そんな感じ。ここまで紹介しといてまさかの結論ですが、まぁ南方金会員に過度の期待は禁物ということでw 旅行を楽しみながら第二義的にステータスを追っていくというのならまだしも、ステータスだけを追い求めて修行する価値はありません。

ホテルポイントからCXアジアマイルへの交換率が30%増し

ハイ、今日はもうタイトルそのまんまの内容です。特典航空券を発行して賞味期限間近の手持ちキャセイマイルを消費する必要に迫られ色々と情報を漁っていたところ、耳寄りな情報を発見。各種ホテルポイントをアジアマイルに変換する際の交換レートが30%増しになっているんだと。保有マイル数が希望する特典航空券の必要マイル数に微妙に届いていなかったけど、これでホテルポイントからのドーピングで不足分のマイルを補うことができた。不足マイルを補う程度の微々たる交換量だけど、貰えるマイルが多いにこしたことないですからね。

キャンペーン内容について:
キャンペーンサイト:こちら
キャンペーン期限:2017年度2月28日
対象ホテル:後述の通り15種類
交換方法:上記キャンペーンサイト経由で交換手続きを行う。


好みのホテルプログラムの「Convert Now」をクリックし、後は通常通りの交換手続きを踏むだけ。

Le Club AccorHotels: 2ポイント⇒1.3マイル
Best Western Rewards: 5,000ポイント⇒1,300マイル
Hilton HHonors:10,000ポイント⇒1,300マイル
Hyatt Gold Passport:2.5ポイント⇒1.3マイル(50,000Pの移行で5,000Mのボーナスが付く)
IHG Rewards Club:5ポイント⇒1.3マイル
JinJiang J-Club Points:6,000ポイント⇒780マイル
JinLing Points:3,200ポイント⇒650マイル
Marriott Rewards:10,000ポイント⇒1,950マイル
New Century Points:1,600ポイント⇒390マイル
Radisson / Park Plaza Club Carlson:10ポイント⇒1.3マイル
Regal Rewards Points:15,000ポイント⇒1,300マイル
ShangriLa Golden Circle:1ポイント⇒1.3マイル
Starwood Preferred Guest:1ポイント⇒1.3マイル(20,000Pの移行で5,000Mのボーナスが付く)
Wanda Club:4ポイント⇒1.3マイル

不足マイルの補い方はKaligoやRocket Mile経由でのホテル宿泊なんて手もあるけれど、ちょうど自分の場合は某ホテルで失効待ちの捨てポイントがあったので。これでホテルポイントもキャセイマイルも失効させずに済みそうです。

キャセイマイルについて:
万が一、本当に万が一キャセイのアジアマイルが意に反して失効の時を迎えてしまうことになった場合、最後の手段として有償での延命措置を施すことができます。2000マイルを1単位として、オンラインの手続きで1単位当たりUS$40というでっかいオペ費用がかかってくるので、これはもう本当に最後の手段。どうしても延命しなければいけなくなった場合、下記アジアマイルのサイトにて手続き可能です。
参考サイト:こちら

*今回、アジアマイルでどんな旅程を組んだかは追ってご報告いたします。

HSBC香港 Visa Siganatureボーナスキャンペーン

今日はニッチでスモールなお得情報のご紹介。

先日、久ーしぶりにHSBC香港に足を運んでみたところ、懇意にして頂いている行員さんに新しいクレカを紹介された。サインアップキャンペーンとして二年間は年会費無料ということで執拗に営業口撃されたので、お試しで新たなるクレジットカードを発行してもらうことに。年会費無料なら痛くも痒くもないしな。


今回発行したクレカがこいつ、HSBC VISA SIGNATURE(ビザ・シグネチャー)。色だけ見るとブラックカードでイケメンw。日本ではVISA INFINITE(ビザ・インフィニット)と共に取り扱いがないので馴染みが無いが、HSBCスタッフによるとVISAプラチナよりは上位に位置づけられており、トラベラー・ホテラーな方々を主なターゲットにしたブランドらしい。インターフェイスは黒基調で重厚感・高級感もあるし、見てくれは良い。しかも、インテリでクールな券面だけでなく、マイルの積算率も香港のクレジットカードにしては非常に優秀なのだ。

カードの説明に入る前に、先ずはHSBC香港のマイルプログラムをおさらいしておこう。
HSBC香港発行のクレジットカードで決済すると、HK$250につき1リワードキャッシュポイント(以後、単にポイントと呼ぶ)が付与され、このポイントを一定の交換率でキャセイパシフィック・シンガポール航空・ブリティッシュエアウェイズのマイルに変換できる仕組みとなっている。マイルに無関心な方は1ポイントをHK$1分のショッピングクーポンにも換えられるが、お得度としてはマイルに換えた方が絶対に良いので、今回はクーポンへの変更についての説明は割愛する。

で、気になる各マイルプログラムへのマイル変換率は…
[table id=40 /]
去年の暮れまではキャセイパシフィックのアジアマイルへの交換率も1ポイント=15マイルだったのだが、残念ながらしれーっと改悪されてしまっている。マイルプログラム的にはCXよりBAの方が優れているしSQのスイートクラスも試してみたい自分としてはCXへの交換は選択肢にないので差し支えないのだが、今後、SQやBAへの交換率にもメスが入りやしないかと懸念されるところではある。

1ポイント(HK$250)=15マイル。まぁこの数字だけ見たら何の魅力もない平凡なクレカと思われるかもしれないが、ここからがHSBCカードの本領発揮。HSBC WORLD MASTERCARDの記事でも取り上げたRed Hot Reward等のブーストを絡ませると途端に旨味が増すのである。

【では、VISA SIGNATUREの威力は?】
SQまたはBAへの交換という前提で話をさせて頂こう。通常HK$16.67につき1マイル(HK$250につき15マイル)のところ、Red Hot Rewardのポイントを海外支払等の一つのカテゴリーに全振りすれば、HK$2.77(37.4円)につき1マイル(HK$250につき90マイル)まで化ける。残念ながら以前に紹介したレッドホットフライデーの5倍ブーストは亡くなってしまったが、このビザシグネチャーカードの特徴として自動的にトリプルポイントが与えられるらしいので、マイルの加算率は実にHK$1.85(≒25円)につき1マイル(HK$250につき135マイル)となる計算だ。

HK$1.85(≒25円)につき1マイル。100円につき4マイル。悪くない悪くない。
*後で情報収集したところによると、3倍ポイントは決済額累計HK$100,000/年までとのこと。

更に、ここからが期間限定のお得情報。9月15日までのサインアップキャンペーンとして、Visa PayWaveに登録して始めの60日でHK$6,000を決済すると、新規クレカ会員には500リワードキャッシュ(=7,500マイル)、既存クレカ会員には400リワーズキャッシュ(=6,000マイル)が付与されるというオイシイ特典が付いてくる。

【その他のカード特典】
こちらのオフィシャルページをご参照あれ。
期間限定だけど、ヒルトンがダブルポイントとかいう魅力的なオファーもある。

【その他特筆事項】
ポイント有効期限:2年
3年目以降の年会費:HK$2,000
マイルへの変更手数料:300リワードポイントまたは年会費としてHKD300/USD40

ということで、HK$6,000を決済⇒最大で7,500ボーナスマイルが貰えるというニッチでスモールなお得情報でした。自分もキャンペーンマイルを貰い、3倍ブーストの上限額まで使ってから解約する予定。香港ベースの方、どうぞご検討下さい。

あなたはマイル派? e JALポイント派? 夏の特典キャンペーン

昨日の成田サンクスキャンペーンに続き、JALのお得キャンペーンをもう一本。6月までも同様のキャンペーンがあったけど、「あなたはマイル派? e JALポイント派? 夏の特典キャンペーン」が7月以降も引き続き開催されることとなっている。

成田サンクスキャンペーンと比べて対象便は遥かに多いが対象予約クラスはKクラス以上なので、最安値で飛ぶコスト至上主義的修行僧の方々には有難味の無いキャンペーンかもしれない。還元率的にも目玉が飛び出るような驚くべき内容ではないし…。まぁ上限なしなので、Kクラス以上で数多く飛ばれる方にはチリツモで悪くない話なのではないだろうか。

キャンペーン内容:
期間中に対象運賃で対象の日本発着JAL国際線に搭乗すると、ボーナスマイルかe JALポイントのいずれか選択した方が付与される。

キャンペーン期間:
2016年7月1日(金)~2016年9月30日(金)(搭乗日ベース)
*搭乗後に参加登録した場合は対象外。

対象運賃:
ファーストクラス、ビジネスクラス、プレエコ、エコノミークラスで、以下予約クラス
F / A / J / C / D / X / W / E / Y / B / H / K
*パッケージツアー利用の場合は対象外。

ボーナスマイル・e JALポイント数:
<ボーナスマイルを選択の場合>
[table id=33 /]

<e JALポイントを選択の場合>
[table id=34 /]

*各エリアの対象地
北米:サンディエゴ、サンフランシスコ、シカゴ、NY、バンクーバー、ボストン、ロス、ダラス
欧州:パリ、フランクフルト、ヘルシンキ、ロンドン
アジア2:クアラルンプール、ジャカルタ、シンガポール、デリー、ハノイ、バンコク、ホーチミン
韓国:ソウル、プサン
アジア1:広州、上海、台北、大連、高雄、天津、北京、香港、マニラ

その他:
ボーナスマイル/e JALポイントは2016年10月下旬の付与。
マイル/eポイントは一度選択したら変更不可。
ボーナスの上限は無し。

これ、「日本離発着便の搭乗ごとに…」とあるから、上にある数字は片道ベースのものだと思う。なんで、北米にビジネスクラスで飛ぶと、3,500マイル×2で往復7,000マイルが付与される、と。そう考えると悪くなくも思えてくる。まぁ確実に言えるのは、キャンペーンに登録しておいて損は無いということ。リスクフリー、失うものはありません。強いて言うならば、電凸して登録申請する時に人によっては少し緊張しちゃうことくらいかなw。せっかくなんで登録をして、少しでも修行の足しにして下さい。