南疆鉄道でカシュガルからクチャへ

 

カシュガルでの短すぎる滞在を終え、南疆鉄道にて次なるシルクロード沿線都市・クチャを目指す。

南疆線は新疆ウイグル自治区を東西に走る鉄道路線。天山山脈の南麓・タクラマカン砂漠北縁の間を走り抜け、トルファンからカシュガルまでの1,445キロを繋いでいる。元々はほぼ往年のシルクロード(天山南路)に沿って敷設された路線だが、2015年に天山山脈を越える従来の路線が廃止され、山脈をトンネルでショートカットする新路線に変更された。峠越えというロマンが味わえなくなり鉄道マニアから悲鳴が上がる一方、新疆を東西に横断する際の所要時間は大幅に削減されている。

因みに…カシュガル以西への鉄道建設計画も中国主導で進行中で、なんとパキスタンの海港グワーダルまで至る鉄道網が構築中となっている。中国の一帯一路構想に基づく中・パ経済回廊とか表現されているようだが、グワーダルの港といえば中国により租借され、中華経済特区として大開発中の港湾である。イランとの国境まで100キロもない地点にあり、実現すれば、中国はインド洋・マラッカ海峡・南シナ海を経由せずともエネルギー資源が確保できることとなる。輸入原油全体の8割を中東・湾岸国に依存しているが為の危機感からだろうが、アフリカ資源諸国への悪徳投資といい、形振り構わずにエネルギー資源を確保しようとする姿勢は本当に凄い。

話は逸れてしまったが、カシュガルの鉄道駅は町の中心から10キロ程離れたところにある。


カシュガル市内からは28路のローカルバスで一本、20分程で町の外れにポツンと建つカシュガル駅に到着する。

このカシュガル駅にはカシュガル-トルファンを結ぶ南疆線と、カシュガル-ホータンを結ぶ喀和線の2路線が乗り入れており、今回利用する南新線だけでも一日6本も走っているようだ(2017年5月のダイヤ)。
[table id=110 /]
T付きの列車は特快、K付きは快速、頭文字なしは普通列車と3種類の便がある。今回はカシュガルでの観光時間を取る為にカシュガル発が最も遅く移動速度も遅い普通5820便で移動、翌朝6時過ぎにクチャに到着するという計画を組んでみた。移動時間に睡眠がとれるのだから効率は良い。


さて、駅前に着くと、先ずは駅敷地内に入るのに荷物検査を受ける必要がある。新疆の鉄道駅の検査は本当に本当に厳重で、駅の待合室に入るまでに都合2度の荷物検査と1度の身分証チェックを経なければならん。季節や時間帯によっては大変な混雑も予想されるので、早めに駅に着いておいた方が無難であろう。

ひだり みぎ
駅舎の横に乗車券販売オフィスも併設されていたので、ついでに明晩のクチャ⇒トルファンの乗車券も買っておくことに。


完了。クチャ着が06時過ぎでクチャ発が同日23:38とクチャ滞在時間は17時間。

クチャからの乗車券を入手し、駅舎の入り口で再度の保安検査と身分証チェックを受けてから駅の中の待合室に入る。見送り客はここでオサラバ、待合室は鉄道の利用客のみしか入ることができない仕組みとなっている。ここらへんの検査は本当に厳しく徹底されている。
ひだり みぎ
さて、今回利用する5820号であるが、どうやらカシュガルが始発ではなくタリム盆地の南にある喀和線ホータン駅からグルリと北上してくる路線だったが為に座席の確保に難儀したようだ。東武東上線直通和光市行きの有楽町線みたいに、喀和線も南疆線直通でホータンからカシュガルの遥か先のトルファンまで繋がってるんだな。

待合室からホームへの出入りも厳しく制限されていて、発車15分前頃から始まる切符の検札まで待合室で待つことになる。

この日は20:55頃から検札が始まり、大量の人民たちが一斉に我先にと動き出す。多くの荷物を抱えた人民たちは列車内での荷物置き場を確保するために乗車を急ぐのだ。少しでも早く抜け出そうとする人民がホームへの入口へと集中することで、人と人との密着度が極限まで高まってくる。スリが怖いので密着されないようにと腕肘を張ってパーソナルスペースの確保に努めるも、そんなのお構いなしに距離を詰めてきたり、肩を入れ強引に割り込む秩序の無い輩多数。ドロップキックをかましてやりたくなるわ。

ひだり みぎ
そんな輩たちの乗車が完了すると、真っ暗な世闇に包まれたホームは一気に静まり返る。



出発時刻となったので、多くの警察に見守られながら小生も指定の車両に乗車する。


狭い一等席の通路では様々な臭いや熱気が混ざり合い、混沌とした雰囲気が漂っている。そんな中、乗客たちは恥じらうことなく着替えたり、洗面台で顔を洗ったりと各々が就寝準備の最中だった。すっごく生活感を感じられる鉄道である。

それでも、車内は思いのほか快適。劣悪な環境を想像していたからな。

トイレと洗面所の他、各車両には給湯器まで付いていて、カップラーメンのお湯を求める人民が列を成していた。

小生の座席は12号車一等21号ベッドの下段。一等席は中央に設置された窓とテーブルの左右に2段ベッドが置かれた4人用コンパートメントとなっている。割り当てられた部屋に着くと、何故だか漢族の男2人が私のベッドに座って御寛ぎになられていた。同部屋上段席の二人のようだ。というか4人部屋なのに5人も御寛ぎになられているんだけどw。

上段席は下段席と比べて安い代わりに狭かったり窓の外の景色が見えないので、下段席の乗客がいない場合は勝手に下段席に座っても良いという暗黙の了解があるらしい。枕の上に鼻くそとかゴミとかを付着されていなかったのが不幸中の幸いか。

ひだり みぎ
ベッドは若干横幅が狭いけれど、寝心地は思いの他悪くない。

21時40分、定刻を少し遅れて発車する。久しぶりの夜行列車に興奮して寝付けず…となるかと思ったのだが、疲れもあり出発後は鞄を足の下に置いて即就寝。
ひだり みぎ
気付けばクチャに到着してた。天山南路上の要衝にある、かつては仏教国・亀茲国の都として栄えていたこともあり、新疆を代表するような仏教絡みの遺跡が遺る古都である。



時計の針を見たら、定刻の到着時刻より早い北京時間06:00(新疆時間04:00)だと。駅前は予想以上に暗く、バスなんかの公共交通機関はもちろんタクシーもいなかった。


仕方なく宿泊先のクチャ国際ホテルまでの2キロを徒歩で移動。マイナス15度とくっそ寒いし怖かったけど、駅から20分ちょっとで無事に到着した。

【2017年新疆・敦煌・西安旅行記】







カシュガルの伊合拉斯超市と突瀾

意外にも大都会でビックリな西域辺境の町・カシュガル。独立派によるテロが散発していることから、町の至る所に警察署や武装治安隊の拠点があったり、重武装した警官隊がしかめっ面でパトロールしてたり、装甲警備車が街頭に停まってたりと、町の中にはどこか物々しい雰囲気が漂っている。

ひだり みぎ
まだまだウイグル風情のある街並も残るとはいえ、町の中心部は想像していたシルクロードのオアシス都市って感じの景観ではないなぁ。今後、漢化の流れは益々加速していくこと間違いないだろうから、滞在時間24時間程度とはいえ、今回カシュガルまで来れて本当に良かったわ。

そんなカシュガルとももうすぐお別れ。〆にかかる。

先ずはローカルデパートの伊合拉斯超市で今宵の夜行列車用の飲料や軽食類を調達する。

【伊合拉斯超市】


下りエスカレーターで地下にある売り場コーナーへ。緑と青の色使いといいミステリアスなウイグル文字といいムスリムチックな利用客に店員といい、何だかちょっと地下モスクに誘われてる感じがする。


利用客も店員もローカル民で、売られている物もやはりウイグルテイストな生活必需品が多く、商品棚を見ているだけでも楽しめる。

ローカル民向けの生活必需品故にリーズナブルな価格だし、野外マーケットと違って明朗会計なのが旅行者にとっては助かるところ。マーケット参戦前にここである程度の物価感を把握しておくのも戦略として良いかもしれん。市場で値切ったと思っても実は適正価格よりも相当な高値で掴まされている場合もありますからね。

こ、これは…。11世紀のウイグル偉人 ユースフ・ハーッス・ハージブの伝説的名著 クタドグ・ビリク(幸福になる為の知恵)の現代語訳版(?)が書籍コーナーで普通に売られてる。やはりウイグルの人々にとっては源氏物語くらいの超大作なんだろうな。

小さめのデパートのワンフロアくらいの敷地面積に種々の商品が揃っているが、買ったのは本当に簡単な飲み物に食べ物のみ。

スナックやドリンクも勿論ローカルの物ばかり。申し訳ないがガム以外はどれも自分の口には合わなかった。ハミ瓜のグミなんて角砂糖の塊かよってくらい激甘だったし。

続いてカシュガルで最初で最後の晩餐へ。


伊合拉斯超市近くにあった良い感じの突瀾というウイグル料理のレストランに入ってみる。日本ではなかなかウイグル料理なんて食べれないですからね。


外観は一般的な造りだったけど、エントランスが超高級店っぽくて焦りたじろぐ。

ひだり みぎ
二階ダイニングエリアへと続く階段も豪華すぎぃぃぃぃ。


ひだり みぎ
これはヤバい。絶対高いよ…と内心焦りながらも散財覚悟でウェイターに促されて窓際の席へ就く。

ひだり みぎ
ラグ麺・ポロ・各種串物にナン等々、メニューは一般的ウイグル料理が揃っている。価格は…これがなかなかどうしてリーズナブルで、基本メニューは10元台のものなんかもあったりする。よっしゃ!心置きなくウイグル料理を堪能させて頂きまっせ。

とは言っても一人でオーダーできる量には限りがある。ピタ(48元)・羊のすね肉の串焼き(15元)・飲むヨーグルト(10元)の3点を頼んだところでドクターストップならぬウェイターストップ。「これ以上は独りで食べれないですよ。」なんて素朴な中央アジア人面をしたウェイターが流暢な北京語で忠告してくれた。

ポケット状になったナンの中央にチーズと羊肉がふんだんに敷き詰められたピタに、厚切りタンのような歯応えの串焼きというウイグルな晩餐、これが美味いのなんのって。

これで心置きなくカシュガルを離れられる…。突瀾、お勧めです。



Booking.com

【2017年新疆・敦煌・西安旅行記】











ウイグル族の伝統的家屋が連なる高台民居景区

テーマパーク風に再開発されてしまったカジュアル老城と異なり、カシュガルの町には一般的ウイグル人が住まう伝統的家屋も辛うじて残されている。

中でも、カシュガル老城の東の切り立った土崖の台地に残る集落が一番の規模のようである。

俯瞰モードで家屋群を確認する為、摩天楼と呼ばれる近くの観覧車がある高台に登ってみる。


あー、良く見える良く見える。レンガ造りの家々が高台にびっしり張り付いていて、まるで陸の軍艦島のようなシルエット。

因みに、反対側の景観はこの通り。他の中国の都市と変わらない近代的で無機質な漢族居住エリアになっていて、高層マンションなんかも建ち並ぶ。
ひだり みぎ
ウルムチでもクチャでもそうであったが、新疆の町では決まってウイグル族と漢族の住み分けが行われていて、ウイグル族はまるでインディアン居留地のように固まった集落で生活を営んでいる。また、小・中学校も別々で、北京語が話せないウイグル族は社会の要職に就けない仕組みになっているとか。それでいて一定のポストには傀儡的なウイグル人を据えたりしてて、やってることは漢族が支配階級として西域に君臨した時代の羈縻政策と何ら変わんないんだよな。カザフ族・ウズベキ族・キルギス族・タジク族など中央アジアの諸民族はまがりなりにもそれぞれの独立国家を持っているので、こりゃあウイグル族も独立してぇぇぇぇって流れになってもおかしくはないわなぁ。


ひだり みぎ
そんなウイグル族が住まう高台居住区を近くで観察してみると、まるで煉瓦造りの要塞かのように住居が密集していることが分かる。そして、鼻を突く強烈な匂い。香辛料をたっぷりかけた羊肉串の匂いだ!

ひだり みぎ

一部の家屋は廃墟寸前といった具合で今にも崩れ落ちそうな状態にあるけれど、それでも確かに中からは生活音が聞こえてくる。漢族の姿も皆無だし、中国であって中国ではない全く異なる雰囲気で、自分が西域まで来たことを改めて実感する。

ひだり みぎ
日干しレンガの住居が並ぶ異世界。継ぎ接ぎだらけで今にも崩れ落ちそうな家、色鮮やかな木のドアを拵えたお洒落な家、崖に沿って建つ歪な形の家…。どれもがオンリーワンの手作り家屋であるようだ。何となく郷愁をそそられる。

こういったウイグル人居住区がカシュガル中心部に幾つかあり、高台エリアに次いで規模が大きいカシュガル職人街のウイグル居住区に行ってみる。

フォトジェニックな職人街。

ひだり みぎ
店先で職人が金槌の音をカンカンと響かせながらのんびりと銅器を作っていたり、モクモクと煙を上げながらケバブを焼いたりしてる。ここだけ切り取ってみたらどう見てもチャイナじゃない。


そんな職人街の中ほどに、二階部分が欄干付きテラスになった木造の巷門がある。こいつがウイグル居住区への入り口だ。

煉瓦造りの民居が連なる巷の内部はまるで迷宮のように入り組み、細い路地が交錯。内部にはモスクや商店なんかもあったりして、古代西域の異国に迷い込んだかのように思わせてくれる。
ひだり みぎ
ひだり みぎ
高台民居と比べて裕福な家庭が多いのか、門構えや外壁の模様にも凝った立派な邸宅が並ぶ。


家屋の中からはイスラム音楽が聞こえ、街角にはサッカーをして遊ぶ子供の声が響き渡る。やっぱりカシュガルでは博物館なんかに行くより街歩きをしてた方が楽しいわ。

【高台民居景区】



Booking.com

【2017年新疆・敦煌・西安旅行記】











カシュガル班超記念公園 

果てしない無限の砂の中を駱駝の隊商の列が往き、勇ましく逞しい騎馬隊が旗を掲げて疾駆…。地上の万物を焼き焦がすような強烈な日差し、湖を凍てつかせる程の酷寒…。厳しい自然の中で繁栄と滅亡が繰り返され、今日でも所々で古代西域諸国の城跡や町跡が残るロマン満点の中国西域地帯。そんな西域ロマンに憑りつかれ、後世を西域運営に捧げた男が今から2000年も前に存在した。後漢時代を生きた軍人・班超だ。

歴史関連の学者一家に生まれた班超は、兄が校書として招聘されたことに伴い首都・洛陽に移り、自身も役所の非常職員として公式文書の書き写し業務を担っていた。

膨大な書類の中に埋もれ、毎日毎日が同じことの繰り返しで代わり映えのしない平凡な毎日…。そんな日々を送りながら、幼少時代に読んだ史書で心惹かれた西域への憧れが日に日に強まっていった。こんな人生で良いのか…自問自答する毎日。そして遂にブレークダウン。筆を投げ捨て同僚の前で叫んだ。「男たるもの、国外に功を立てるべき!筆と硯の為に人生を浪費してられるか糞ッタレめ!俺は第二の張騫になる!」突然の発狂に同僚はドン引きだったに違いないが、当の班超は大真面目だったようだ。

これだけの大見えを切った班超に機会が巡ってきたのは西暦73年、班超42歳の時である。匈奴に実効支配された西域を回復する為、明帝の勅命により組織された北匈奴征伐軍に参軍する機会が舞い込んできたのだ。この千載一遇のチャンスに奮起した班超は多くの首級を挙げ、遂には使者として西域に赴くことになった…。

そんな西域ロマンに憑りつかれ、不惑過ぎにして西域移住の夢をかなえた班超を記念する公園が、ここカシュガルの町の南の外れ、娯楽会所と書かれたKTVのお隣にある。こんな偉人に纏わる公園の真隣りにKTVを設置しちゃうなんて如何にも漢族らしい。

古代中国の城郭を彷彿とさせる城壁に囲われていて、盤橐城とも呼ばれているらしい。


何とも安っぽいシルクロードの絵が描かれた門が固く閉ざされていて、係員を探し出すスタート。


ゲート脇のチケット売り場で暖を取り仮眠していたウイグル人のオバサンを起こさせて頂き、チケット代金を支払ってから入園する。たかが公園に入るのに30元も取られてビックリしたわ。


公園に入って正面、なんか沢山いるw

ひだり みぎ
どうやら匈奴を襲撃した際に班超が率いていた部下らしい。班超軍36名に対して匈奴の使者及び軍隊員数百名を襲撃したらしいのだが、その際に班超が怖気ずく部下を叱咤した格言は現世にも語り継がれている。「虎穴に入らずんば虎子を得ず」という諺である。虎穴に入ってみた結果、奇襲を受けた匈奴の使者達は慌てふためき、奇襲は大成功に終わったそうだ。


ドヤ顔の隊員。


こいつは楼船史と紹介されているが、後漢時代の西域での戦闘に軍船が必要だったのだろうか。


公園の一番奥に班超の像が建つ。匈奴討伐で名を馳せた彼は、91年に和帝から一時廃止されていた西域都護の命を賜るに至り、武力をもって後漢悲願の西域平定を達成。以後、30年以上に渡り西域五十余国を統轄したそうだ。
因みに…西域都護府は都護府というのは漢や唐といった歴代王朝が辺境の異民族統治の為に置いた軍事行政機関。その運営を任された人物の像をカシュガルに設置するというのも漢族らしい。

ひだり みぎ
班超像の背後にはシルクロードをテーマにした安っぽいレリーフが飾られているが、銭湯の壁に飾られる富士山画レベル。

うーん。無料でも余程の物好きか歴史オタくらいしか来ないと思うのだが、その上に30元の入園料を徴収するとか狂気の沙汰としか思えない。行く価値無し。

【班超記念公園】



Booking.com

【2017年新疆・敦煌・西安旅行記】











新疆最大のモスク・エイティガール寺院

カシュガル老城を西に突き抜けたところで、前方にモスクの尖塔が見えてくるや大きな広場に突き当った。カシュガル旧市街地のど真ん中にあり、新彊最大規模のモスク・エイティガール寺院が建つエイティガール広場である。

カシュガル最大の観光的見所とも評されるエイティガール寺院。イランからの宣教師により15世紀に建造されたという歴史ある寺院で、規模も総敷地面積16,800㎡と新疆最大級。20,000人もの収容能力を誇り、新疆中からイスラム教徒が押し寄せる中央アジアムスリムのメッカなのだと。実際、毎日の平均拝礼人数は2-3千人、金曜日にもなると訪問者数は6-7千人にも達するらしい。

市中心部のエイティガール広場。イスラムの祭日であるローズ節には2万人ものムスリムが集結し、こちらの広場で一斉にメッカの方向へお祈りするとのこと。この日は…真冬で寒いからか、信者の姿は疎ら。


広場にはチープな観光客向けの像や土産屋が並ぶ。何だかシルクロード辺境のオアシス都市にある広場というよりも、社会主義国特有の味気ない広場といった具合に整備されてしまっているようだ。何人かのウイグル族の老人がすることもなくただただ屯をしてたり、子供連れの家族がトボトボと往来するくらいのものである。


広場の一番奥に建つ寺門はポップで可愛らしい黄色のレンガ造りで、両端にはそれぞれ天辺に新月を設えた尖塔が建っている。


門を入って正面に細かな装飾が施されたガラス窓があるのに、窓に被さる形で設置された壁掛け時計が台無しにしてしまっている。

玄関を入るとまずチケットブースがあり、入場料の支払いを求められる。50元(≒850円)だったかな。モスクへの入場料としてはえらい高かった。

チケット売り場の奥には背の高いポプラの木々が生い茂った中庭が広がり、奥の礼拝堂にむかって遊歩道が真っ直ぐと伸びている。夏は青々とした爽やかなポプラ林が日差しを遮り涼しいのだろうけど、葉が枯れ果てた真冬にきてみると、どうしても寂れた印象を受けてしまう。ただ、こんだけ木々豊かなモスクは初めてだ。砂漠地帯にあるいからこそ緑を尊ぶのだろうか。


内殿と外殿に分かれた礼拝堂は敷地の一番奥まったところにある。新疆最大規模のモスクとは言うが、敷地面積の殆どは中庭であり、建物自体は随分と簡素でこじんまりとした造りである。

これも灼熱地獄の砂漠地帯ならではの建築様式なのか、建物の前は木の柱が屋根を支えるような造りの涼し気なオープンテラスになっている。

ひだり みぎ
屋根を支える緑の柱が何十本も建ち並ぶ礼拝堂。偶像を忌避するイスラム教の宗教施設なので祭壇や神仏像が一切無く、あるのは神のお告げを記したコーランと聖龕のみ。東南アジアの豪華爛漫な仏教寺院を見慣れた人間にとっては殺風景にも感じられてしまうかも。


こんな野外に絨毯敷きですか!と思いつつも靴を脱ぎ、ドーム型屋根のモスクが模されたイスラム柄の絨毯に上がる。

礼拝堂内部の設計は赤の絨毯に緑の柱という反対色を組み合わせたお洒落な色使い。

正殿の中央には聖龕があり、物音ひとつ聴こえない静寂の中で一人の信者がメッカの方向へ頭を垂れ静かに祈りを捧げていた。すると…写真左手に写る中国人観光客が押しかけてきて、得意の大声で雰囲気ぶち壊し…。

【エイティガール寺院】



Booking.com

【2017年新疆・敦煌・西安旅行記】