カシュガルの伊合拉斯超市と突瀾

意外にも大都会でビックリな西域辺境の町・カシュガル。独立派によるテロが散発していることから、町の至る所に警察署や武装治安隊の拠点があったり、重武装した警官隊がしかめっ面でパトロールしてたり、装甲警備車が街頭に停まってたりと、町の中にはどこか物々しい雰囲気が漂っている。

ひだり みぎ
まだまだウイグル風情のある街並も残るとはいえ、町の中心部は想像していたシルクロードのオアシス都市って感じの景観ではないなぁ。今後、漢化の流れは益々加速していくこと間違いないだろうから、滞在時間24時間程度とはいえ、今回カシュガルまで来れて本当に良かったわ。

そんなカシュガルとももうすぐお別れ。〆にかかる。

先ずはローカルデパートの伊合拉斯超市で今宵の夜行列車用の飲料や軽食類を調達する。

【伊合拉斯超市】


下りエスカレーターで地下にある売り場コーナーへ。緑と青の色使いといいミステリアスなウイグル文字といいムスリムチックな利用客に店員といい、何だかちょっと地下モスクに誘われてる感じがする。


利用客も店員もローカル民で、売られている物もやはりウイグルテイストな生活必需品が多く、商品棚を見ているだけでも楽しめる。

ローカル民向けの生活必需品故にリーズナブルな価格だし、野外マーケットと違って明朗会計なのが旅行者にとっては助かるところ。マーケット参戦前にここである程度の物価感を把握しておくのも戦略として良いかもしれん。市場で値切ったと思っても実は適正価格よりも相当な高値で掴まされている場合もありますからね。

こ、これは…。11世紀のウイグル偉人 ユースフ・ハーッス・ハージブの伝説的名著 クタドグ・ビリク(幸福になる為の知恵)の現代語訳版(?)が書籍コーナーで普通に売られてる。やはりウイグルの人々にとっては源氏物語くらいの超大作なんだろうな。

小さめのデパートのワンフロアくらいの敷地面積に種々の商品が揃っているが、買ったのは本当に簡単な飲み物に食べ物のみ。

スナックやドリンクも勿論ローカルの物ばかり。申し訳ないがガム以外はどれも自分の口には合わなかった。ハミ瓜のグミなんて角砂糖の塊かよってくらい激甘だったし。

続いてカシュガルで最初で最後の晩餐へ。


伊合拉斯超市近くにあった良い感じの突瀾というウイグル料理のレストランに入ってみる。日本ではなかなかウイグル料理なんて食べれないですからね。


外観は一般的な造りだったけど、エントランスが超高級店っぽくて焦りたじろぐ。

ひだり みぎ
二階ダイニングエリアへと続く階段も豪華すぎぃぃぃぃ。


ひだり みぎ
これはヤバい。絶対高いよ…と内心焦りながらも散財覚悟でウェイターに促されて窓際の席へ就く。

ひだり みぎ
ラグ麺・ポロ・各種串物にナン等々、メニューは一般的ウイグル料理が揃っている。価格は…これがなかなかどうしてリーズナブルで、基本メニューは10元台のものなんかもあったりする。よっしゃ!心置きなくウイグル料理を堪能させて頂きまっせ。

とは言っても一人でオーダーできる量には限りがある。ピタ(48元)・羊のすね肉の串焼き(15元)・飲むヨーグルト(10元)の3点を頼んだところでドクターストップならぬウェイターストップ。「これ以上は独りで食べれないですよ。」なんて素朴な中央アジア人面をしたウェイターが流暢な北京語で忠告してくれた。

ポケット状になったナンの中央にチーズと羊肉がふんだんに敷き詰められたピタに、厚切りタンのような歯応えの串焼きというウイグルな晩餐、これが美味いのなんのって。

これで心置きなくカシュガルを離れられる…。突瀾、お勧めです。



Booking.com

【2017年新疆・敦煌・西安旅行記】











Related posts(関連記事):

テーマパーク化したカシュガル老街
週末バザールを出て大通りを西に数百メートル進むと、カシュガル老城なる砂上の要塞のような一角に突き当たる。10世紀に興ったカラハン朝の都の中心部であったとされる歴史ある場所で、今でもウイグル族が住まう居住区なのだという。 観光客用テーマパークのエントランス然とした門が入り口に聳え立つ。少なくとも、ぱっと見ではウイグル人居住区のようには見受けられん。 街の中心部にもかかわわず入り口...
アヘン戦争博物館・海戦博物館
今日は中国の広東省東莞市の虎門鎮に関して。ここは清国と大英帝国によるアヘン戦争の舞台となった場所で、中国人旅行者の間でもアヘン戦争に因んだ観光スポット(=愛国主義教育基地)が多数あることで有名です。 時は18世紀後半、清朝は半ば鎖国状態とも言える程の貿易制限策を取っており、欧米諸国との交易は広東省の広州一港に限定、更に清朝政府の許可を得た特権商人としか取引できない体制を敷いておりました。当時...
中国旧正月①『福シールと紅包事情』
新年好!!(新年が好きなわけではなく、中国語で明けましておめでとうの意味です。)今年の旧正月は2月7日から。小生は中期出張に出ており、正月二日にあたる昨日、約1ヵ月ぶりに中国に戻ってきました。 周囲で爆竹の爆音が鳴り響くなか拙宅に戻ると… んんん!?何故だか我が家のドアに『福』と書かれた縁起が良さそうなシールが張られていました!誰かの好意(イタズラ)?『福』の文字が反対に貼られているの...
中国旧正月④正月商戦を戦う香具師に細工師に
普段からワイワイガヤガヤ賑やかな中国ですが、春節(旧正月)ともなると、正月商戦を戦う出店・催し物やら、赤を基調としたド派手な装飾物やらが街頭を派手やかに彩どり、街は更に活況を呈します。 街を歩いていると、前方に何やら人混みを発見。 観衆が凝視でる先には胡散臭い風貌のオッサンが、言葉巧みに賭け事の挑戦者を募っている。この青空賭博、果たして公安の許可とってやっているのだろうか。W...