快適な避暑地・ダラットから混沌とした雑踏の街・ホーチミン市へ

週末休暇を利用した弾丸ダラット観光の旅程も全て消化し、ダラット空港へと向かわねばならぬ時間がやってきた。どんな旅にも終わりはあるとは分かっていても、これだけ快適な避暑地・ダラットから混沌とした雑踏の街・ホーチミン市に戻るのは、やはり思いっきり後ろ髪が引かれる思いである。

さて、ダラット市内から空港への足はタクシーかベトナム航空手配の有料シャトルバスになる。タクシーだと概ねVND200,000-300,000の費用がかかるところ、シャトルバスはVND40,000で済む。シャトルバスの予約は航空券発券時ではなく、フライト当日出発2時間前までにダラット市内のベトナム航空オフィスに行けば乗車させてくれるとのことだったので、バイタクのケツにまたがり急いでベトナム航空オフィスへと移動する。


流石はおフランスでオシャレなダラットだ、ベトナム航空のオフィスもメルヘンチックなピンク一色・三角屋根で何ともお上品。ここまでやられると新婚さん限定のハネムーン旅行用オフィスで、「男一人の入店お断り」という感じすらあるが、こんな建物が許されるのもまた、ダラットの街に漂う独特の甘~い雰囲気が成せる業だろう。流石はハネムーナーのメッカと呼ばれるメルヘン都市だ。ここで壇蜜似のお姉様にシャトルバスに関して問い合わせると、どうやらここはシャトルバスとは一切関係ない部門らしい。直ぐ近くにある別のオフィスに行ってくれとのことで、住所を書いたカードを渡される。

地図ならまだしも、住所だけ渡されてもなぁ…とりあえず道端で地図を広げてみると、くそ暑い中ダウンジャケットとフルフェイスメットを装備した恰幅の良い原付ライダーが私の前に停まり、ヘルメットを外してどこにいくのか?と聞いてくる。怪しい…メットを外した彼の顔を伺うと、浅黒の肌で、目がまん丸く渋みがある。あ!モーガンフリーマンだ!モーガンに住所を見せたところ、「乗ってけ」と言って(多分、そう言ったのだと思う)バイクのケツをパンパンと叩く。


モーガンのバイクに乗ること1分、ここだと言われて白亜の建物が眩しいNgoc Phat Hotelの前で降ろされる。なんだい、こんなに近かったのかい!!モーガンは金もとらずに私を下ろすと、代金も請求せずに何かを言って颯爽と消えていった。粋な奴もいるもんである。


確かにありました。Ngoc Phat Hotelの一角にベトナム航空のオフィスが入居しています。手続きは至って簡単で、便名と名前を伝え、パスポートを提示するだけで完了です。


意外にもかなり清潔なシャトルバス。ここから空港までは30分強でダラットの空港に到着する。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
2009年に開港したばかりとのことで、発着便数が少ない割に綺麗で立派な造りとなっていて、ダラットフラワーや民芸品、ドライフルーツなど一通りのダラット土産が買えるようになっている。肝心のフライトはというと…予想通りのディレイ。ここベトナムでのディレイは予想通り過ぎて驚きも怒りもしないが、搭乗口近辺を見回しても明らかに搭乗者数が少ない…これはまさかのフライトキャンセルになるかと肝を冷やしたが、21:30、無事に搭乗開始のアナウンスが流れて胸をなでおろす。


空港にはボーディングブリッジはおろかシャトルバスすら用意されておらず、ターミナルから飛行機までは各自徒歩で移動。ホーチミン市までの飛行距離を考えたらプロペラ機だろうと予想していたが、まさかのエアバスA321がだだっぴろい飛行場に一機ぽつりと放置されていてワロた。

搭乗率は目測で約20%、大幅採算割れ確実だがよくぞ飛ばしてくれた!離陸後はシートベルトサインが消えて水が配られたと思ったら、飲み干す間もなくシートベルト装着の指示が。以前に訳有りで香港⇒広州という超短距離路線に乗った時も離陸後速攻で「Cabin crew, 30 minutes to landing」のアナウンスがあり笑ってしまったが、今回はそれをも上回る短距離ぶりで、僅か30分でホーチミン市に到着した。行きはバスで山道を大きく揺れながら7時間の移動だったが、飛行機は1時間弱でホーチミン市に到着するんだから楽なもんだ。


Ngoc Phat Hotel
Add.: 10 Ho Tung Mau Street, 03 Ward, Da Lat City, Lam Dong Province.
Phone: 0633-68-3979

ベトナム航空特典航空券を使ってダラット観光へ

地味に貯まっていた10,000マイルが今月末に失効になるとのメール連絡をベトナム航空から受けたので、決算前の忙しい時期ではあるが週末に特典航空券を使ってベトナム中部の高原都市・ダラットへの小旅行に出かけることにした。非効率大好きなベトナムらしく手続きが煩雑だったので、特典航空券入手までの手順などを備忘録としてまとめてみた。

必要マイル数
フライトの距離に応じてゾーンAからゾーンFまでランク分けされていて、各ゾーンごとに必要マイル数が算出されている。ダラットはZone Aなので、7500マイルでエコノミー航空券と交換する事ができる。実際に特典航空券の予約をしてみたが、これがめんどくさいめんどくさい。出発間際だったからなのか、キャセイやJALのように電話やオンラインだけで登録・支払を済ますことができないので、空港税の支払いとチケットの受取はベトナム航空のオフィスに出頭せねばならないと命ぜられたので一苦労…。もちろん我が住む中国は中山市にベトナム航空のオフィスなんてないですからね。

Viet Air
各フライトのゾーン表はこちら⇒ゾーン表
*残念なことにこの航空券は片道分なので、往路か復路のどちらかはバスを利用することにした。時間はかかるが陸路で景色をみながらゆっくり移動するのが好きなので問題無し。

手順
①電話で特典航空券の座席を予約。
決してスムーズな手続きとは言えず、電話しても電話しても色々な部署にたらい回しにされた。英語でのコミュニケーションも疲れるので、この最初の手続きが最難関だ。

*各オフィスの電話番号
Northern Vietnam: (84-4) 38320320
Southern Vietnam: (84-8) 38320320
Central Vietnam: (84-511) 3832320
Hong Kong : (852) 28106680

②特典申込書とパスポートのコピーを郵送もしくはメールでゴールデンロータスクラブへ提出。申込書にフライトナンバーや予約番号を記す必要が有る為、座席を確保することが先決。

*ゴールデンロータスクラブ連絡先
住所: 200 Nguyen Son Str., Long Bien Dist., Ha Noi city, VIETNAM
電話: (84-4) 3873 0314
email: glp@vietnamairlines.com

vir
申請の審査状況は随時オンラインで確認可能。小生の場合、申請から1日でapprovedとなりました。

③申請がapprovedとなった後、特典航空券証明書がメールで送られてくる。
vi

④特典航空券証明書で指定された時間(Booking Time)に指定された場所(Award issuing office)で空港税などを支払い、発券をすませる。
066
こちらは私が利用したホーチミン市のベトナム航空オフィスの一つ。住所がUnion Squareとなっていてすっごく分かりずらかったが、ビンコムセンターAの二階に入居してました。

【HCMC近辺の住所】
1. 14,15,16 Level 2, Union Square, 116 Nguyen Hue/ 171 Dong Khoi
2. 15 Bis Dinh Tien Hoang, Da Kao Ward, Dist.1
3. 126 Hung Vuong, Dist.5
4. 49 Truong Son, Ward 2, Tan Binh Dist.
5. 27 Pham Van Thuan, Tan Tien, Bien Hoa, Dong Nai

【営業時間】午前8時半~12時 午後:1時半~5時
ベトナム特有のちょっと長い昼休みが有るので訪問時間に要注意だ。

063
まるで銀行のようなオフィス。自分の番号札の番号が呼ばれ、タックスとしてVND 110,000(約400円)をお支払い。燃油サーチャージは支払不要との事で、400円程度の出費で済んだのは嬉しい誤算だ。お姉さんが手でタイプして空港でのチェックイン時に必要な予約書を作成、プリントアウトしてくれたのだが、よくよく確認すると私の名前のスペルと出発曜日が間違ってる…笑顔でoh mistakeとアオザイを身に纏ったお姉さん、頼むよ…再度修正してもらう…今度はよく見るとTaxの欄にVND 65,000と書いてあるのを発見。先ほどBND 110,000 払ったのだが??指摘すると、先ほどの支払いには他の種類の税とかも含まれているとの事。なぜに他の税はプリントアウトされた紙の明細書に含まれていないのか…こんな手続きも全てオンラインでしてくれれば良いのに、わざわざベトナム航空のオフィスまで出向く必要が有ると言うのは本当に面倒臭い!!!

はぁ。すったもんだあったが、これで晴れてダラット⇒ホーチミンの特典航空券を手に入れることができたので、週末を利用して以下のような旅程でダラット観光に出かけることにする。

3月29日(土)
07:00 ホーチミン発(長距離寝台バス)
14:00 ダラット着
14:20 ホテルチェックイン
15:00 ヴァンハン寺
15:30 愛の谷
16:30 フラワーガーデン
17:30 ダラット市場
19:00 晩飯⇒Escape Bar
21:30 ナイトマーケット

3月30日(日)
08:00 霊光寺
09:30 大聖堂
10:30 クレイジーハウス
12:00 バオダイ帝の別荘
13:30 ケーブルカー⇒竹林禅院
14:30 ダタンラ滝
16:00 ダラット鉄道駅
19:00 ベトナム航空オフィス(空港へのシャトルバス)
21:05 ホーチミン行きフライト

ベトナム航空のゴールデンロータスクラブ

ベトナムのハノイとホーチミンを拠点とするベトナムのフラッグキャリア・ベトナム航空。日本でも成田、関西、名古屋、福岡へ乗り入れているくらいに航路を拡大してきており、2010年にはスカイチームにも加盟するなど順調に成長を続けてきている航空会社である。ただ、個人的にはスーツケースを2個も破壊されたしCAにジュースをこぼされたりしたので余り好きな航空会社ではない。いや、忌憚なく言わせて頂くと、あまり好きではないどころか、どちらかと言えば嫌いな部類である。ジュースをこぼしておいて、『悪いのは私じゃないわ、乱気流のせいなの。』くらいの態度を取られたのには閉口したさ。

IMG_0169

IMG_5431

IMG_5434
香港・広州⇔ハノイ・ホーチミンの便で御世話になることが多く、特典航空券に変えるだけのマイルが溜まってたので、マイル会員であるゴールデンロータスクラブや特典航空券の情報をまとめてみた。因みに言わせて頂くと、別に好き好んでベトナム航空を選んでいるのではなく、たまにえらい安いフライトが香港からでているので、経費削減の為に渋々乗っているのだ。

必要マイル数
フライトの距離に応じてゾーンAからゾーンFまでランク分けされていて、各ゾーンごとに必要マイル数が算出されている。
Viet Air
・特典交換後、航空券発券前に限り取消可だが、減算された使用マイルの50%が払戻手数料となり、残り半分のみが口座に戻される。
・特典航空券は1年間有効。

各フライトのゾーン表はこちら⇒ゾーン表
日本各都市からハノイ・ホーチミンへのフライトは軒並みゾーンDとなっているので、エコノミー片道につき25,000マイルが、ビジネスでは37,500マイルが必要となる。ここで注意すべきは、この特典航空券、片道分なのだ。通常の片道チケットは往復チケットと比べてもバカ高いので、片道だけ特典航空券貰ってももう片方の片道チケットを購入したら往復分を購入するのと変わらなくなってしまう。しかもピーク時にはこの倍のマイルを消費するというからたまったものではない。
2013年度のピーク時期確認はこちら⇒ピーク時期確認表

しょうがない、ダラットまでバスで行き、半日観光して夜の便で帰るみたいな小旅行を組んでみるか。

以上がベトナム航空の特典航空券の条件だ。
スカイチームの特典航空券の条件はこちらを参考にして頂きたい。
スカイチーム特典航空券

また、一般的な往復チケットとは別に、スカイチーム所属の航空会社便を使った世界一周特典なるものも用意されている。
【世界一周特典 必要マイル数】
エコノミークラス:180,000マイル
ビジネスクラス:280,000マイル
ファーストクラス:350,000マイル
【旅程例】
ハノイ⇒東京(ベトナム航空)⇒ロサンゼルス(デルタ)⇒ボストン(デルタ)⇒ニューヨーク⇒パリ(エールフランス)⇒ハノイ

マイル失効の時が近づいてきているので早く特典航空券に変えたいのだが、オンラインでは申請できないようで、面倒くさいが最寄りのベトナム航空オフィスに行くか電話で手続きをしないといけないようだ。プラチナ・ゴールド会員の方は出発の5営業日前まで、チタニウム・シルバー会員の方は出発の7日前までに申請しないといけないのだが、既にマイル失効日まで10日を切ってしまっている。もうちょっと手続きを簡素化してもらいたい。

マイル

肝心のマイル積算率はこちらの表をご参考頂きたい。
viet air mile

スカイチーム便のマイル積算率はこちら⇒スカイチームマイル積算率

tier
会員ランクは初期のシルバー⇒チタニウム⇒ゴールド⇒プラチナと分かれている。最上級ランクが80回搭乗とかフザケタ設定のキャセイよりはハードルが低くなっているが、ベトナムを生活の拠点にしていない限り、上級会員になるのは難しいだろう。

veit air tier
まぁベトナム航空のゴールデンロータスプログラムは平会員でいいので今年はキャセイのマルコポーロで頑張ります。

【日本での連絡先】
コールセンター
東京 : 03-3508-1481
大阪 : 06-6533-2689
福岡 : 09-2473-0500
(営業時間 : 平日・09:00~18:00、土・09:30~13:00)

ベトナム航空でHCMC⇒HK

ようやくタイ・ベトナム出張から解放され、サイゴン・タンソンニャット空港から香港国際空港経由で中国に戻りました。HCMCの空の窓口であるタンソンニャット空港は規模自体は小さいのですが、ここには毎回密かに楽しみにしているものがあります。

それは…
IMG_0744
そう!フォーーーーーーーーーーーーです!

IMG_3646
イミグレを抜け、セキュリティーチェックを完了させてから歩く歩道で空港の端っこへ移動。

IMG_3647
CIP Rose Lounge、ここでフォーーーーーーーーが待っています。

IMG_3648
二階から眺めるラウンジ内部の様子。

ひだり みぎ
一階。飲み物はフルーツジュースにベトナム珈琲、牛乳、ビール、ワインなど。

ひだり みぎ
軽食類は南国フルーツにサンドイッチ、キャンディーに揚げ春巻き、そして…

フォーーーーーーーー!!味付け調味料と麺入りの御お椀に自分のお好みのトッピングを入れて熱湯をかければ完成です。

ポークボール、チキンボールにバーベキューポーク、ライム、ネギを入れ、上からモヤシをかぶせてみる。
IMG_3655
うめ~~!シンプルなのに凄く美味しい。どの国の料理でも、やっぱり地元民が食べるものが結局いちばんおいしいという結論に落ち着く。タイであればカオマンガイ(チキンライス)であり、ベトナムで言えばバインミー(サンドイッチ)やこの麺など。町中至る所で屋台が出てますし、経済的でうめぇ!!

IMG_3654
来週の年次健康診断の為にもカルシウムや鉄分を取らないとと思い、飲み物には牛乳を選択。その名もDUTCH LADY! 名前からしてオランダ産かと思ったらそうでもない。これ、とんでもなく甘いので要注意。乳児が飲む甘~い粉乳の味。でも『マズイ!もう一杯!』の勢いに任せて2本も飲んでしまった。

IMG_0743
ラウンジ内の様子

途中『KOREA』とでっかく書いたポロシャツとサンバイザーをした893チックな大型男性が隣に座ってきやがった。他にたくさん空席があったにも関わらず、なぜわざわざ横に張り付いてくるのか…893の横で音を立てない様に麺をすすり、893の圧力に屈したので時間がきたのでそろそろ登場ゲートへ移動します。

サイゴン・タンソンニャット空港ではベンタイン市場で目にするようなベトナムグッズが売られており、市内で買いそびれた人々にlast-minute shoppingの機会を提供しています。
ひだり みぎ
ひだり みぎ

市内で買うよりちょっとお高いですけどね!

本日のフライト
IMG_0169
ベトナム航空です。

搭乗すると
IMG_5424
エアコンからの白煙が立ち込めていてベトナム人がニャーニャーと大騒ぎ。事態を収束させるはずのキャビンクルーも一緒になってニャーニャーとやってます。

IMG_5431
キャビンクルーはスリットが入ってぴっちりとしたアオザイを着用。いかにもベトナムといった趣で宜しい。

機内食ですが、香港⇔サイゴン間のフライトは基本的にBeef or Fishの選択を迫られます。

IMG_5434
Beefを選択するも『I’m sorry we run out of beef (ごめんビーフ無くなっちゃった)』だとさ。fishは鱈?の白身の甘酢和え。まぁ搭乗前にたらふくフォーを食べて空腹感は無いのでいいんだが。飲み物はいつもアップルジュースを頼むのだが、隣の人が何やら見たことのないビールを貰っていたので好奇心から急遽ビールに変更。

HALIDA。 The famous beer of Vietnamとの文字にパオーンとした象さんマーク。
IMG_5432
機内では利尿作用のあるビールやコーヒーは飲みたくないのでお持ち帰りしたかったのだが、ご丁寧に缶を空けて下さった。ハリダビール。他のベトナム産ビールと同じく、コクがあるというよりはあっさり系の飲み口。

一杯飲んだ後は疲労も手伝ってぐっすり。気がついたら香港に到着していました。フェリーで中山に戻り、今日は自宅に直帰。明日の深セン出張に備えます。