アシアナ航空 ビジネスクラスB767-300 仁川ー広州 搭乗記

仁川―広州のOZ357は21:10発。アシアナ航空のビジネスクラスラウンジでまったりと暇つぶししてからゲートへと向かう。

ゲートに着くと、慌ただしい雰囲気の中でゲート変更のアナウンスが流された。

新たなるゲートは最果ての49。着いたら着いたで今度は無情にもシステム障害だと…。何のシステム障害か尋ねても要領を得ない回答ばかりで、他の客に凄まれて地上スタッフは今にも泣き出しそう。殺気立つゲート…。ただでさえ到着が深夜0時過ぎなんだから、出来る限り早く出発したい乗客の怒りは尤もである。

機材も変更となり、中型機のB767-300がゲートに鎮座。ウイングレットもなく古そうだし、オールエコのモノクラス仕様じゃないかと心配になってくる。

結局、定刻から1時間過ぎてから搭乗開始となり、怒れる群衆が我先にと機内へと進んでいった。皆さま本能により理性が支配されてしまっており、優先搭乗という社会的ルールは完全に忘れ去られてしまっていた。自分が早く搭乗したところで自分だけ広州に早く着くわけじゃないんだし、ガラッガラでオーバーヘッドコンパートメント争奪戦が勃発する訳でもないのに、皆さま何をそんなに急いでらっしゃるのか…。

ビジネスクラスは2×1×2が3列の15席。ビジネスクラスが存在していたが、相変わらず超低調な搭乗率で、自分を含め4人しか乗ってないw。エコの方も半分は空いてたし、往路の広州ー仁川もそうだったが、閑古鳥も心配になって泣けないくらいの寂しさである。

ひだり みぎ
因みに自分以外の3人の内2人は真ん中D席。満席時ならまだしも、こんだけ空いて隣人もいない状況ならA席またはK席の方がスペース広くて良いと思うんだけどなあ。真ん中で偉そうに踏ん反り返るスタイルが人気なのかな。

ひだり みぎ
ピッチは53インチで幅は20.2インチ。スリムなアジア人向けなのか幅は狭いがピッチは往路のA321と比べれば随分とマシ。あれは本当に酷かったから。


リクライニング角度はショボイし、座席幅が無い分、リクライニングして足元のスペースを削った時には窮屈感がある。

ひだり みぎ
ウェルカムドリンクにシャンパンがあったので、酒を飲みながら機内誌を物色。ミリオンマイラー特典が充実してて羨ましいわ。JALもファーストクラスラウンジの生涯利用くらいの見返りがあれば修行にも身が入るんだけど。

22:25、ドアクロとなり漸く機体が動き出した…。広州市内泊なのに深夜に着くとか嫌だなー。
ひだり みぎ
機内食はコースで。サーモンサラダとふんわりパンに続いて出てきたメインはチーズと刻みハムがたっぷりと詰められた鶏の胸肉。見た目はパッとしないけど、上品な甘さのクリームソースが絶妙。


チーズとフルーツステージまで。ここで我が胃が限界を迎え、この後のムースケーキと茶は辞退することに。まだまだ胃拡張修行が足りませんね。

食後の歯磨きをして席に戻ると照明が落ちてお休みモードになっていたので、降下開始まで自分も就寝。

25:00過ぎなのに明るい広州へ…。

アシアナ航空 ビジネス スマーティウムクラスB777-200 成田ー仁川 搭乗記

ANAラウンジとユナイテッドクラブラウンジで胃袋のストレッチをしてから搭乗ゲートへと向かう。この日はまだまだ機内食×2と仁川ラウンジでの乞食飯が待っている。ここからが胃拡張修行の本番だ。


往路のように成田-仁川の単距離路線ではナローボディ機A321-200にあたることが多いが、この日は巡り合わせ良く長距離用機材のB777-200ERに乗ることができた。二時間半のフライトとはいえ、足を真っ直ぐ伸ばせたり窓際席でも隣席が無く通路アクセスが確保されていたりと快適度が全然違うのでB772ERの降臨は非常にありがたい。


ひだり みぎ
この通りB772ERのビジネスクラスはスタッガード式となっていて、通常のビジネスクラスではなく「ビジネス・スマーティウムクラス」という「新概念のビジネスクラス」として区別されている。


奇数列真ん中席は席と席の距離が近いカップル用。席の間にあるパーティションを閉じられるものの、隣が知らないオッサンだと少し気まずい思いをする場面もあるので、一人での利用の場合は奇数列真ん中席は全力で避けましょう。

やはり単独利用なら個室感覚に勝る偶数列窓側席の一択だな。窓から遠く通路に面した奇数列窓席はプライベート感に欠ける。
ひだり みぎ
シートピッチは約196cmと十分。ベッドポジションに設定すると座面が前にせり出し、背ずりが座面と平行の高さに下がってアッという間にフルフラットベッドが出来上がる。足置きの下に大きめの収納スペースが設けられているのもポイントが高い。

座席通路側の肘掛けの上にシートのコントロールパネル・機内エンタメ用コントローラがあり、肘掛け下には機内誌等が収まっている。勿論、電源やUSBポートも備わっている。

肘掛けが折り畳み式というのは珍しい。

それにしてもガラガラだなぁ。22あるビジネス・スマーティウムクラスで5名しか利用しておらず…。まぁ2時間半程度の距離なんでC席を買う価値があるのかと言われれば回答に窮するけど。

SQ修行は挫折しそうだし、確かにエコノミーでも良かったかなななんて後悔の念が頭を擡げ始める中、がっちりと三点式ベルトを締め離陸。

天候にも恵まれ、フライトは順調も順調。ビューっと飛んで南アルプスが見えてきたと思ったらシートベルトサインが消え、手際良く機内食の配給が進められる。
[table id=121 /]

ひだり みぎ
くっ…残念ながら我が胃が今朝から激しく渇欲していたプルコギにはありつけず…。韓国食が王道なんだろうけど、ビビンバは往路で食べてたので鶏肉料理を選択。アシアナの機内食の味付けと自分の味覚が合うのか何食っても美味いわ。

更に雪深くなったところで〆のお茶タイム。疲労回復効果があると勧められた朝鮮人参茶なる冒険種を頼んでみるも、予想通りの味過ぎて一口目に危うく「オエッ」っとなりそうになる。


シャンパンの方も注ぐ手を緩めてくれず、グラスが半分になろうものならCAさんがすかさず飛んできて「乾杯です」と言って継ぎ足してくれるからな。グラスにセンサーが付いててドリンクが半分になったら通知されてるんじゃないかってくらいの迅速な対応で。まだ半分あるのに飛んでくるとかせっかちすぎるだろとも思うが、美女に酒を注がれて嫌な顔をするわけにいかんからついついガブガブと行ってしまうw


韓国までのフライトなんて本当にあっという間で、そんなこんなで食って飲んでしてたらもう朝鮮半島。

ひだり みぎ
モニターには早々と乗継情報が表示され始めた。到着時刻から6時間以上先の広州便までゲートが確定しているのにも地味に驚いたが、タシュケントとアルマトイへの乗継便があるのもビックリ。高麗人需要だろうが中央アジア路線が充実してるんだろうな。


今回もオンタイムでのランディング。6時間もトランジットの時間があるが、トランジットツアーの時間には間に合わなかったのでラウンジで大人しく乞食活動して過ごすことに。

アシアナ航空A321-200 ビジネスクラス搭乗記 ソウル(仁川)ー成田 OZ104

ソウル仁川から成田への2時間20分の空の旅はアシアナの残念機材・A321で。もう一本後のOZ106だとA330だったみたいなんだけど、OZ106だと成田着が17:50と遅いので、ここは渋々A321で妥協することにした。


いくら数時間程度の短距離フライトとはいえ、ゲートで待つナローボディ機を見ると搭乗前からテンションがダダ下がる。かつてはこの路線にも期間限定でA380が飛んでたりしたんだけどなぁ…なんて巨艦A380に思いを馳せながらくっそ小さな機体へと搭乗する。

A321は通路が機体中央の1本のみという所謂ナローボディ機で、ビジネスクラスの座席配置は2×2の3列で12席。


日本人のオッサン的に幸いなのはCAが美人で且つ日本語に堪能な点と、日経・スポニチ・読売・朝日・毎日と新聞が豊富に取り寄せられていたことくらいか。

ひだり みぎ
おっ。A320系とはいえ若い機材だったので、パーソナルモニターが付いている。

ひだり みぎ
肘掛にはUSBポートもあるし、ある程度の距離を飛んでも飽きずに映画見たり携帯を弄ったりすることができるのもプラス。ナローボディ機のビジネスクラスだとUSBポートはおろか個人モニターすら付いてない場合も少なくないですから。


ただ、如何せん狭すぎる。シートピッチは39インチ、マレーシア航空のB737・キャセイやベトナム航空のA320なんかに比べても更に一回り窮屈なんじゃないか。ピッチが狭いだけあってリクライニング角度も甘々だし、これならLCCのビジネスクラスと大差無いレベルだろ。久しぶりにこんなに狭くて直角なビジネスクラス席に遭遇したわ。


ガッカリシートを観察していると、「今日は出発が遅れますが、成田まで宜しくお願いします~。先ずはウェルカムドリンクをどうぞ~」と日本人と間違うくらいに流暢な日本語を話す美人CAによりウェルカムドリンクが配られた。そして、C席利用客は私の他に韓国人御婆ちゃん1名だけなのでフルアテンションでお世話致しますと、まさかのベッタリサービス宣言。ここまでされるとシートの駄目さが気にならなくなってきますねw

ひだり みぎ
結局、ドアクロから30分ほど機内にて缶詰。トラックにゴンドラが付いたディアイサーによる徐氷・防氷作業を受けてから濃霧の中を離陸した。

離陸からは揺れも少なく順調に飛び続け、日本海(流石にモニターには東海と表記されている)の竹島に差し掛かったあたりでミールサービスが開始された。お待ちかねの機内食は2択。「茸を添えた野菜サラダ+プルコギ」「ハーブクリームチーズオムレツ+焼いたトマト・ベーコン・ジャガイモ」で後者を選択した。朝からプルコギは重いんで。
ひだり みぎ

ワンプレートでドーンと来たオムレツコンボ。ホテルでガッツリと朝食を食べてきたので軽そうなオムレツを選んだのだが、これはこれは中々のボリュームだしオムレツの中のアツアツクリームチーズが美味。予期せぬ胃拡張修行になったが何とか完食を果たす。


ワインリスト。シャンパン(Drappier Carte D’or)・白ワイン・ボルドーの赤ワイン等揃っていたが、この日は夜に飲む機会があったのでここでは自重。


ワインの代わりに食後のコーヒーを飲みながら窓の外を眺めていると、佐渡島が見えてきてテンションが上がる。日本海側からのアプローチは実に久しぶりだ。

ひだり みぎ
会津若松あたりかな。越後山脈の険しい山並みが続き、やーっと成田に近づいたーと思ったら管制官指示につき成田上空をグルグルとツアー。

ひだり みぎ
結局、定刻から1時間半程遅れてランディングだけどまだまだ時間的には余裕があるので問題ナッシング。たまには経由便で時間をかけて帰ってくるのも悪くないな。

ソウル仁川国際空港 アシアナ航空ビジネスクラスラウンジ

今回の一時帰国の際に往復共にお世話になった仁川のアシアナ空港ビジネスラウンジについての記録を残しておく。


空港価格で土産物を掴まされるのも癪だったが、市内で買う時間がなかった韓国グッズを調達してからラウンジへ。仁川の土産物屋のBBAはイデホみたいな顔して皆さん違和感なく流暢な日本語喋るからズルいわ。


ひだり みぎ
場所は旅客ターミナル42番ゲート近くのエスカレーターで上がった先。プライオリティパス・ダイナースといったカードだけでなく、アシアナ便利用者に限って有料30,000ウォンでも入室可能となっている。


随分前に仕事で来た時から拡張が進んだようで、受付カウンター左右にラウンジを持つ巨大なツインラウンジに変貌を遂げていた。

ラウンジに向かって左手側が新しく増設されたスペース。
ひだり みぎ
やったらと本棚が多く、ライブラリーの様な落ち着いた雰囲気となっている。

ひだり みぎ
一時期ほどの勢いはないとは言えアジアを代表する仁川のアシアナラウンジ、かなりの数の座席が用意されている。

ひだり みぎ
座席数に制限があるが、オットマン付きソファでリラックスできる半プライベートな空間もある。自分は椅子取り合戦を制してフライトまでの時間をここで過ごしたかたったのだが、隣の爺が強烈な鼾で寝始め撤退に追い込まれた。空港とかでもいつも思うのだが、病的な鼾をかく韓国人親父の割合が多いと思うのは気のせいだろうか。某国人のように家族ぐるみで騒ぎ立てる訳ではないのだが、鼾は鼾で隣にいて気持ち良く感じるものではない。

ひだり みぎ
シャワールームもあったので、帰路の乗り継ぎ時に利用してみた。


全力で滲み出る「誰かの家のシャワー感」。シャンプー・ボディソープ・ドライヤー・歯ブラシといった基本グッズの他、紙コップ・山盛りの綿棒・シャワーキャップ・市販品の整髪料や化粧水にシェービングフォームなんかも置いてある。誰の家ですかwww

続いてミールを見ていこう。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
カップラーメンにサンドイッチや菓子パン、シリアルなどの軽食が揃うが、メインはまさかのサラダ?。辛ラーメンがメインで他はおつまみみたいな構成になっててワロタ。


アシアナ航空本拠地のラウンジにしては寂しいラインナップだ。ライブキッチンのコーナーもあったけど、作ってたのは大したことないパンケーキだけだもんな。シェフと目が合っちゃったんでお一つ頂いたけど。

ひだり みぎ
ドリンクも平凡な内容だけど、ビール党としてはドリンクにCASSビールのサーバーがあるのが救いか。

続いて、こちらは受付に向かって右手のラウンジ。相変わらず中央には使われることのないグランドピアノが安置されていた。
ひだり みぎ
ミールの種類自体は同じ。こちらの方がやや広く大衆的かな。

所感

プライオリティパスのランキングで上位に名を連ねたこともある仁川のアシアナラウンジは確かに規模がでかくハード的には悪くなかった。しかし、如何せんお食事ラインナップが…。ガッツリした食事を摂るには物足りないので、別の場所で食事を済ませてから来た方が良さそうだ。

まとめ

場所: 28ゲート近くのエレベータを登った4階
オープン時間: 05:00~24:00
利用資格:
アシアナ航空およびスターアライアンス加盟会社のビジネスクラスの搭乗
アシアナ ダイヤモンド・ダイヤモンドプラス会員
スターアライアンス ゴールド会員
プライオリティパス・ダイナースカード保有者
30,000ウォンを支払うアシアナ運航便利用者

アシアナ航空A330-300 ビジネスクラス搭乗記 広州ーソウル

別にソウル自体には何ら用事は無いんだが、今回は時間にゆとりがあったので広州からアシアナ航空を使ってソウル経由で東京へと帰ることに。社用フライトはワンワールドのJAL、プライベートはスカイチームの南方航空に集中してしまってるので、たまにはスタアラも相手してやらんといけんしな。


この日はちょっと寝坊してギリギリの時間帯に空港入り。翌日のソウル発成田行きOZ104のボーディングパスも頂いてからラウンジへと直行する。

ひだり みぎ
Asiana Loungeと書かれたInvitationを頂いたが、広州にはアシアナラウンジが無いのでクレカラウンジでもあるPremier Loungeへ。まぁクレカラウンジとはいえ広州白雲空港のもう一つのラウンジである南方航空休憩室よりは高級感があるし飯もマシ。

ひだり みぎ
休憩室よりはマシってレベルなので決して食事は美味しくないけれど。韓国での美食を楽しみにしているので、ここでは食欲を抑えフルーツタルトのツマミ食いだけに止めておく。


CAN-ICNの機材はA330-300。ラウンジで搭乗開始のアナウンスを受けゲートに向かったんだけど、THAAD配備への報復措置の影響だろうか数十人程度しか搭乗客がいなくてワロタ。禁韓令として平気で政府が旅行会社の取り扱い商材にまで介入しちゃう国だからな。「韓国行きツアーの扱いを自粛するように」とのお達しが下れば旅行会社は従わざるを得ないという。まぁきっと相次ぐ着陸事故なんかも影響してるんだろうけど…295席もある中型機が泣いているぞ。

ビジネスクラスは2-2-2の配置で合計30席。

ライフラットだけど足元広々で2時間半程度のフライトには勿体ないくらいのシートである。座席間にマガジンラックがあるので、A333でも新タイプになるのかな。
ひだり みぎ
CAさんも全員若くスラーっとした美女ばかりで緊張するw。髪型から化粧まで揃っていてプロのモデル集団みたいだったわ。愛想良いし、どきっとする可愛さだった。


シートピッチ58インチ(147cm)と短足の自分には勿体ないほどに広々とした足元のスペース。

ひだり みぎ
中央肘掛下には充電コンセントとUSBコネクタもあるし、単距離路線としては非常に優秀。収納スペースも豊富だし、個人的にはJALのシェルフラットネオより好み。


ただ、リクライニングは中途半端で傾斜角168°。今回は単距離路線だったので寝る必要は無かったが、試しに寝転がってみたら思った以上に傾斜がきつく「ずり下がり系」のシートでしっくりこなかった。独立席じゃないし、これで長距離だと少しシンドイかな。

単距離路線なのでアメニティはないものの、スリッパは予めシートポケットに準備されている。
ひだり みぎ
ウェルカムドリンクを持ってきてくれたCAの方がわざわざ袋からスリッパを出してくれたり、搭乗から降機まで介護かよと思うくらいに気を使って頂いて恐縮しきり。なんか一挙手一投足に注目されてるんじゃないかという監視具合で、税関申告書を手にしただけでCAがすっ飛んできてペンを渡されたのはビックリしたわ。

ひだり みぎ
そんな密着系の対応も、乗客が少なくCAさんが暇だったからこそのものなんだろうけど。なんせ自分含めて二人しか乗ってないのにドアクローズになっちゃいましたからw。中国を怒らせたら怖いっすねw

さぁ、そんなガラガラのアシアナ航空機。搭乗前から美人CAさんを楽しみにしていた訳であるが、CAさん以外にももう一つ楽しみにしていた物がある。国際的にも人気のあるアシアナ航空の機内食だ。

単距離路線だけど一応フルコースになっていて、メインは「ビーフグヤーシュ」「スパイシーシーフード炒め」「プルコギの」3択。プルコギが無いのが痛恨の極みだが、ここは迷うことなくビビンパを注文。「プルコギをトライしてみませんか?」の流れからの「NO!」は中々言えんしな。

ひだり みぎ
ワインリストはこちら。泡はドラピエ・カルト・ドール・ブリュット。


まずはオードブルとして生ハムとメロンのサラダがドリンクと共に運ばれてきた。銀のお箸が如何にも韓国風だが、オードブルはもろに洋風。

続いてやって来たビビンパは本格仕様。通常はご飯の上に肉や野菜が載ってくる形だと思うのだが、機内食だからかお椀に具がはいっていて、ご飯は別に来た。スープやキムチも一緒でプレートが実に彩どり豊かで賑やかである。

食べ方の手ほどきを受けてから食したのだが、御飯もホクホクアツアツで美味。シンプルな料理なんですけどね、本当に。


武夷山上空まで飛んだところで最後のフルーツコースに突入。

ひだり みぎ
食後のコーヒーと合わせて頂いたナッツ二袋は開封されぬまま。いやー、でも短距離便なのに食わせて頂いたわ。質量共に満足。


フライトの方も出発の遅れを取り戻すかのように順調に飛行を続け、チェジュを越え山がちな朝鮮半島へと入っていく。


くっそ寒そう。


結局、提示から10分遅れで仁川着。仕事以外で初のソウル、この日はタイミング良く仁川に来ていた会社の人間と合流してカジノへと繰り出すぞー。