モスクワのニコルスカヤ通りとグム百貨店

せっかくモスクワまで来たので、モスクワの象徴たる赤の広場とクレムリンに行ってみることに。


宿泊先のセントレジスがあるルビャンカから赤の広場までは道一本。しかも通りはかなりゴキゲンな感じの歩行者天国になっていて、ストリートミュージシャンやジャグラー、更には記念写真を撮らせて金をせびるレーニンやプーチンのそっくりさんも出没したりと、フラフラと歩いているだけで楽しめるようになっている。

脳内BGMでジンギスカンをオン。コサックダンスをしたくなるような妙なハイテンションで赤の広場へと進撃する。

モッスカウ!モッスカウ!


ルビャンカと赤の広場とを結ぶニコルスカヤ通り。ヨーロッパ的なオシャレな建物が一直線に並んでインスタ映えする通りなのに、上に掛かったネットが邪魔すぎる。


夜はこんな感じのイルミネーションになって綺麗なんだけど、昼間は写真撮影の邪魔になるただの落下防止用安全ネット。

スーパーマーケット:Daily


ニコリスカヤ通りには土産物屋や観光客向けの洒落たカフェにレストランなんかが殆どなんだけど、セントレジスの近くには便利で庶民的なスーパーマーケットもあったりする。

ひだり みぎ
ビールが安く、0.5リットル缶が50ルーブル(≒87円)~。ロシア人からしたらビールなんてアルコール度数の低い飲み物は清涼飲料水扱いなんだろうなw これはビール党にとっては幸せこの上なし。

ひだり みぎ
やっぱり酒の肴はサーモンにキャビアなのだろうか。


ロシア土産の定番中の定番であるクラスニー・アクチャーブリの板チョコもお手頃価格。

土産物屋

ひだり みぎ
土産物と言えば、やっぱり人気はプーチングッズ。お馴染みのソ連関連パロディグッズはプロパガンダポスターやガスマスクが人気みたい。ガスマスクってw

ひだり みぎ
ここにもありました、チョイ悪系マトリョーシカ。マイケルジャクソンの顔が白くなってヤサグレた感じになっていったり、レディガガの顔が整形(?)で変わっていったりというブラックジョークの効いたマトリョーシカも多く、見てるだけで楽しめる。決して欲しいとは思わないですがw


そしてロシア帽の数々。ウサギやミンク、狼と様々な毛皮があり、デザインも様々。貴方だけの一品がみつかること間違いなし!

グム百貨店

買い物の仕上げはニコリスカヤ通りの終点にあるグム百貨店で。外から見るとどこかの宮殿のような威厳ある建物だが、内部は立派な百貨店になってます。
ひだり みぎ

帝政ロシア時代の1893年にヨーロッパ最大のショッピングアーケードとして完成した歴史ある百貨店。スターリンの独裁政権下では政府に接収されて国営デパートとなり、一部は秘密警察のオフィスとしても使用されたそうだ。

ひだり みぎ
内部も宮殿かのような豪華な造りで、光が注ぎ込むガレリアが視界の果てまで続いている。旧ソ連の国営百貨店とはいえ社会主義的な古臭さもないし、西側の企業も多く店を構えているようである。

ひだり みぎ
この日はちょうど収穫祭ということもあり買い物客も多く、バスケット一杯に積まれた色鮮やかな野菜や果実からもロシアの豊かさを感じることができた。


重厚な石造りの建物で見るからに庶民を寄せ付けない超高級百貨店なんだけど、入ってみたら飲食店は意外と大衆的なところも多く、一休憩するのにもってこい。取れたてキャロットの生絞りジュースなんか200mlで70ルーブル(≒120円)、季節の野菜がモリモリに詰め込まれた具沢山のサンドイッチも250ルーブルと全然アリ。


こちらは農場直営店の肉やかな。目の前で赤いエプロンを垂れ下げたロシアのぽっちゃりあ母さんが肉を売り捌いたりしてる。



あとはやっぱり魚介類が豊富。北の国は魚が美味しいのはどこも同じっすね。北方領土が戻ってこないわけだw


キャビアバーも。社会主義時代の平等主義はどこへやら、身なりの良い人たちがお昼からキャビアにウォッカにと宴会を開いてました。


貧民のワイはジェラート1玉=100ルーブル(≒170円)がお昼ご飯。

あと、グム百貨店の地下のトイレが豪奢な造りで凄いって聞いてたんだけど…排泄し忘れる痛恨のミス!


そんなこんなで買い物を楽しみながらニコルスカヤ通りを歩き、モスクワの象徴・赤の広場が目の前に広がった時はちょっと感動しましたね。

こっから聖ワシリイ大聖堂とクレムリンを見てきます。


Booking.com

宿泊記 セントレジス モスクワ ニコルスカヤ(St. Regis Moscow Nikolskaya)

モスクワでの初日の宿はセントレジス モスクワ ニコルスカヤ。マリオットのYour24ベネフィットを利用して22:00チェックイン・22:00チェックアウトという、ホテル側からしたら迷惑極まりないであろう形で泊まらせて頂くことに。それも、Your24だけでなく、ポイントを使った特典宿泊+スイートナイトアワードというコンボ技ですからねw 嫌がらせすぎるような宿泊となり、申し訳ない気持ちでホテルへと向かう。


空港から地下鉄で移動し、最寄り駅の地下鉄1号線ルビャンカ駅にて地底深くのマントルから浮上。ほんと深すぎるんだよロシアの地下鉄。

地上の光も届かない地底から顔を出すと、目の前にはモスクワの煌びやかな世界が!
ひだり みぎ
写真(右)の金色に光る華やかな建物はKGBの本部跡。いきなり冷戦時代の恐怖政治の総本山が目の前に現れ、自分の中で勝手に緊張感が走る。


ひだり みぎ
セントレジスモスクワはKGB本部跡の広場を挟んだほぼ対面、ルビャンカ広場に面して建つ。地下鉄1号線ルビャンカ駅直結で、赤の広場やクレムリン、グム百貨店といったモスクワの象徴的観光スポットまで徒歩10分弱、周囲には沢山の土産物屋や飲食店が立ち並ぶ便利な立地にある。

ロビー

クラシカルなベースにモダンさを加えた、セントレジスならではのセンスの良い館内。

ひだり みぎ
ロビーはこじんまりとしていて、入って右手に2人対応の小さなフロントデスク、その奥に螺旋階段の曲線が美しいロビーバー件ラウンジのOrlovがある。ジャジーな音楽が流れていて優雅な雰囲気っす。

プラチナ特典

プラチナ特典はポイントもしくは朝食の選択式で、朝食を選択。クラブラウンジは無く、アフタヌーンティーやイブニングカクテルといったサービスもありませんでした。まぁここらへんはラウンジ乞食には場違いなセントレジスなのでね。

部屋:アスタースイート


部屋は6階の中庭に面したアスタースイート。室内へ一歩足を踏み入れると、いきなり素敵なタッチの油絵が視界に飛び込んでくる。


部屋の形は角のデッドスペースに無理して作ったかのように歪で、絵画の右手にリビングスペースが、絵画の左手にベッドルーム、さらにその奥にバスルームが続くような形となっている。


モスクワに着いたことだし、コニャックでも一杯やるかーと思いソファにふんぞり返ってルームサービスのメニューに目を通すと…ヘネシーリシャールがあるw お値段なんと40ml税サ抜きで24,200ルーブル(≒42,000円)w さすがは社交界の大物御用達ホテル、吾輩が泊まるにはちょっと場違いだったかと思いつつ、小者の自分は最安値のヘネシーVSを発注。

ひだり みぎ
ベッドルームはロシアらしい豪奢なデザインが上品に纏められている。

ひだり みぎ
ここにもバレリーナを作品モチーフとした、暖色系の印象派絵画が数多く掲げられている。ロマノフ朝時代の富豪の邸宅でも意識してるのだろうか。

ひだり みぎ
ルビャンカ広場側の部屋は満室だったようで、窓の外はホテルのコートヤード。こうしてみると、非常にがっちりとした建物で見応えもあるのですが、やっぱりお勧めはルビャンカ広場側の部屋。

バスルームも大理石張りでしっかりした高級感のある作り。
ひだり みぎ

寒い国あるあるなんだろうけど、タオル掛けの真鍮のパイプがヒーターになっていて、タオルが常にぬくぬくホカホカになっているのはびっくりした。この後に訪れたカザフスタンはアルマティのリッツカールトンも同じような仕様になってましたね。


ただ、バスアメニティの一切が用意されていなかったので、夜分遅くではあったがバトラー氏を呼び出しセットアップしてもらう羽目に。

朝食

朝食はロビーフロアのレストラン“A Tavola”で。
ひだり みぎ
洗練された優雅な空間。前から後ろから左右から、聞こえてくるのは中国語。

ひだり みぎ
サーモン、イクラ、ウナギ、サバ、ニシン、そしてシャンパン。他の同等クラスのホテルと比べると種類が少ない点は否めないが、逆に厳選された最高の食べ物だけに絞っている印象。普段は中華圏の格安セントレジスにしか泊まる機会のないワイ、レジスモスクワの朝食の質の高さにぶったまげる。

ひだり みぎ
朝から幸せすぎるんだよなぁ。ベーカリーから焼き立てホヤホヤのケーキを各テーブルに配って回ったりと、サービスも素晴らしくてついつい胃袋のリミッターを解除して食べ過ぎてしまった。

プール

あれだけ溢れかえっていた中国人は観光に出払うようで、ジムはガチ系マッチョなロシア人が1人いるだけで基本的には好き勝手に使いたい放題。

プールは地下一階。ジャグジー・サウナ・スチームルームと揃ってる。


地下にあるのに天井を見上げればそこには青空(の絵)がw 小さなプールだけど利用客は他にはいないし、しっとりとした雰囲気でリラックスできます。

ロビーラウンジ Orlov Bar

ひだり みぎ
Jazzyな曲が流れるセントレジスの Orlov Bar。


せっかくウォッカ大国ロシアに滞在してるんだ。ウォッカベースのカクテルのオススメを頼んだところ、やってきたのはWhite Russian。バーテンダーのベタ過ぎるチョイスにビビる。

オリジナルブラッディマリーはRed Maria Moscow。ウォッカとトマトジュースに、ウスターソース、タバスコ、ビートルートジュースを合わせた一杯。ワサビや醤油を使ったセントレジス大阪オリジナルの将軍マリー大阪正直のレシピが可愛く思えてくるな…

続いてウォッカベースのオリジナルカクテル・Russian Creamy Fizz。

ウォッカベースのカクテルで卵白入りは初めてで不安だったけど、クリーミーなタイムジュースみたいで殆どウォッカの味せんな。

お酒を楽しんでいるときも、スタッフが雑誌や新聞は如何ですかーともってきてくれたり、バーテンダーの責任者が降臨してロシアにおけるバー文化の歴史を語ってくれるなど、スタッフの皆様のネッチネチなサービス精神が非常に印象に残ってる。

所感

立地◎。朝食◎。部屋の快適度◎。スタッフのサービス精神◎。
正直、モスクワでの宿は同じくマリオット系列のリッツカールトンやラグジュアリーコレクションのホテルナショナルとも迷ったんですけどね。赤の広場やクレムリンへのアクセスだけを考えるとリッツかホテルナショナルですが、部屋の快適度や朝食の質を含めた総合力ならレジスの方が上だと思う。ハードもソフトもお勧めできるホテルです。

参考情報


ホテルナショナルのこの風格も捨て難いんですけどね…。建物自体の老朽化が進んでいるので、部屋の快適度でいったらセントレジスに軍配が上がります。

セントレジスモスクワ ニコルスカヤ(St. Regis Moscow Nikolskaya)


Booking.com

公式ホームページ:https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/mowxr-the-st-regis-moscow-nikolskaya/
所在地: Nikolskaya St, 12, Moscow
電話: +7 495 967-77-76
マリオットリワードカテゴリー:6(2019年4月現在)




Booking.com

搭乗記 ロシア航空 サンクトペテルブルク⇒モスクワ エコノミークラス

サンクトペテルブルクの町での観光を二日で切り上げ、次なる目的地であるモスクワへと向かう。

サンクトペテルブルク⇒モスクワ間の移動は夢の超特急サプサン号を利用したかったのだが、社畜故の時間的制約に縛られていることもあり、ここは時間を最優先。ロシア航空(Rossiya Airlines)なる航空会社の飛行機でひとっ飛びすることに。

ロシア航空は、プルコヴォ空港をハブ空港として100を超える都市に飛行機を飛ばすサンクトペテルブルクベースの航空会社。wiki先生による情報に拠ると、正式名称はФедеральное Государственное Унитарное Предприятие «Государственная транспортная компания „Россия“»(ロシア連邦統一企業交通社)。偉そうに社名に国の名前を冠しちゃってるのは、もともとロシア政府により設立された会社ということだかららしい。

日本では馴染みのないキャリアではあるが、今はスカイチーム所属のアエロフロート・ロシア航空の傘下にあるということで、アエロフロート便として発券すればスカイチーム特典も享受することができたりと、使い勝手は悪くない。

きちんとアエロフロートのシステムを使って事前座席指定もできるし、同じくスカイチーム所属の中国南方航空にマイルを付けることもできますし。

ただ、成田へも乗り入れてるアエロフロートはまだしも、全くもって無名のロシア航空ってどうなんだろう…一抹の不安を胸に地下鉄とバスを乗り継ぎ空港へと向かう。

先ずは地下鉄2号線で空港の最寄駅であるモスコフスカヤ駅へと向かうべく、地球のマントルを目指して地下奥深くへと潜り込む。

ひだり みぎ
女帝エカテリーナ二世を彷彿とさせる無愛想極まりないソ連産BBAから乗車券となるコインを買ってメトロに乗車。

ひだり みぎ
地下鉄に乗ってしまえばあとはもう大丈夫でしょう。モスコフスカヤ駅でのバスへの乗り換えも至って簡単。メトロ駅の至る所にBus to Airportと書かれた空港行きバスの乗り場案内が明示されているので、迷うことはない。

ここから空港への移動方法は2パターン。
39番の市バス
もしくは
K39番のマルシルートカ(ミニバン)

ひだり みぎ
バスかバンか。運賃は同じなのでどちらか先に来た方に乗ろうと決めていたところ、くっそド派手な化粧を施したメルセデスのバンがやってきて、ぎゅうぎゅう詰めの車内の最後の1席に着席。バンは確実に座れるというメリットもあるが、社内スペースが限られているので大きな荷物を持っての移動には向いていないかも。

ひだり みぎ
モスコフスカヤ駅から狭苦しい社内で揺られること20分、近代的なサンクトペテルブルクの空港に到着した。

因みにこちらの空港、IATAスリーレター空港コードは覚えやすいことに「LED」。これは発光ダイオードとは全く関係なく、サンクトペテルブルクのソ連時代の都市名であるレニングラードに由来しているそう。

ひだり みぎ
ソ連とか聞くと否が応でも謎めかしい・古い・暗い・遅いといったネガティブなイメージを抱いてしまうが、こちらの空港は2014年だかに新しく建て替えられたばかりらしく、非常に近代的。


双発機のウィングとエンジンを付けた女がビキニ姿で飛んだりしてるし。


フライトも5分刻みで出るくらいの大きな空港。国際線の目的地は共産圏絡みの都市が多いようで、旧ソ連諸国や中国行きの直行便がバンバン飛んでいる。ウルムチ⇔サンクトペテルブルクを結ぶ中国南方航空便なんてどんな客層が利用するんだろう。


今回利用するロシア航空もサンクトペテルブルクをベースとしているだけあってLEDからのフライト本数は多く、チェックインカウンターには長蛇の列が。でも、中国南方航空のスカイチームエリートパワーで優先レーンを利用することができました。


レトロな看板の中でとびっきりの作り笑顔を見せる女性に、ロシア連邦統一企業交通社だった頃の名残が感じられるような。

搭乗券に中国南方航空のマイレージ番号が登録されているのを確認の上、厳しすぎる保安検査をパスして制限エリアへと進む。
ひだり みぎ
制限エリアにはロシアっぽい店も多い。シベリアをテーマにしたようなカフェやら、ホッケークラブのオフィシャルショップやらw

ひだり みぎ
マトリョーシカやチョコレートといった定番のロシア土産を扱うようなギフトショップもあります。サンクトペテルブルクの観光名所の前でプーチンと習近平が固い握手を交わすジャケットのチョコレートなんて、一部のマニアには鼻血モノじゃないですかね。

アエロフロート航空ビジネスクラスラウンジ

ひだり みぎ
ラウンジはあるのですが、不愛想でプロレスラーみたいなムッチムチのガタイをした女性スタッフによる鉄壁のディフェンスによりブロックされ、残念ながら入室できず。国内線フライトをエコノミーで飛ぶ場合はスカイチームのエリートプラスでもラウンジに入れないすよね。スカイチームのエコノミークラスで国内線を飛ぶことなんて殆どないのでてっきり忘れてました。


ステータスを使ってラウンジを利用する場合は、国際線を絡ませる必要があるので、スカイチームステータスを使ってのラウンジアクセスは国内線エコ利用時には与えられない。国際線から国内線へ乗継ぎ時や、国内線から国際線への乗継ぎの時はエコノミークラスでもOKみたいなんですけどね。

日本語でのスカイチームのラウンジ利用規約については下記のリンクをご確認ください。

フライト:LED⇒VKO

仕方無くラウンジの取材は諦め出発ゲートへと向かう。

モスクワまでたかだが1時間半のフライトで、機体は欧州内のなんちゃってビジネスクラスシートしか積んでいないA319-100。

なんちゃってビジネスクラスシートは、シート自体はエコノミークラスの物と変わらないシートのこと。3-3のアブレストで真ん中席がブロックされることでスペース的なゆとりを若干程度だけ生んだ、申し訳程度のビジネスクラスなのである。エコとの値差が小さければまだしも、エコの3倍も4倍もする運賃でこんなビジネスクラスなんか誰も買わないでしょ。

シートマップはロシア航空オフィシャルウェブサイトから借用。


乗ってみると、やっぱり狭い。そして、重量級MMAファイターのような体つきの男性CAのせいで余計に圧迫感を感じる。

ひだり みぎ

思ってた通り、足元も横幅も狭い。後はザンギエフみたいな巨体野郎が隣に乗り込んでこないことを祈るのみ…ザギトワみたいな綺麗な女性なら歓迎だけど。


ロシア正教会の神への願いが届いたのか、幸いにも隣席には誰も座ることのないまま定刻通りに離陸。カザン大聖堂でお祈りしてきた甲斐があったぜ!


サンクトペテルブルクからモスクワまではちょうど500マイルと羽田から大分程度の距離。飛行時間にすると1時間半の国内線ながら、一応はドリンクと機内食のサービスがあるようで、“ロシアンラストエンペラー”ことエミリアエンコヒョードルを優しくした感じの男性CAが大きな体をかがめながら働き回ってた。

そんな彼、なんかねっちょりとした英語を話し、接客対応も滅茶苦茶丁寧でびっくり。なんとなく自分の中でヒョードルの株まで上がりましたねw


機内食といっても、まぁクロワッサンとドリンクだけですが。


お腹がすいたらSky Bistroサービスで有料メニューもオーダーできるみたい。

ひだり みぎ
クロワッサン食べて、コーヒー飲んで。そうこうしているうちに窓の外は暗くなり、機体は夜闇に輝くモスクワの町へと高度を下げていく。


そしてランディングの時を迎えると、感極まった巨体の男性諸君による拍手喝采が。

本当だったんですね、着陸時の拍手というロシアの伝統芸。強面のマフィアみたいな方々まで拍手をしていて、なんだかホッコリとした瞬間でしたw 私は拍手をしそびれましたので、この場をお借りし厚く御礼申し上げます。ロシア連邦統一企業交通社とヒョードル似の客室乗務員、安全な空の旅をありがとう!