プノンペンからシェムリアップへのバス移動

ざわざわがやがや…ホテルの外から否応なしに聞こえてくる町のどよめきが鼓膜から耳神経を伝わって薄っすらと意識の中に入り込んでくる。時計を見ると06:00…カンボジア人の朝は早く、ホテルの壁は薄い!!

というわけでプノンペン最終日は街の雑音騒音のBGMに起こされた為、予定より早くシン・カフェプノンペン支店へ向かう事に。軽くホテル周辺の探索をしてからチェックアウトを済ませると、ホテルを出るなり路肩で待機していたトゥクトゥクドライバー3名が満面の笑みでウィンクをしてくるではないか。プノンペンのトゥクトゥクドライバーはとにかくフレンドリー!初体面なのにくっしゃくしゃの笑みを浮かべて『ハローマイフレンド!今日の予定はどんなだい?』と聞いてくる。それも今回は3人一斉のスマイル射撃だ。シンカフェの住所を見せると元気いっぱいに『ファイブダラーマイフレンド!!(相場は1.5~2.0ドル)』と声を上げる。ふっかける時も悪びれた様子は無く、ひたすらに屈託の無い笑顔を見せてくるので何だか憎めないが、相場の倍を取られて彼らに仕事を発注するわけにはいかない。結局、別の流しのトゥクトゥクを捕まえて2ドルでシンカフェへ。有名ホテルや観光地前で屯しているドライバーたちは互いに談合して強気な価格提示をしてくるので要注意だ。

DSC_0469
ホーチミンで事前購入しておいたプノンペン⇒シェムリアップのバスチケットを提示すると、何ともぶっきらぼうな命令口調で10分後にバス出発地点まで移動してもらうと告げられる。どうやらこのシンカフェ、プノンペンからシェムリアップへは自社バスを出していないので、他社バスのターミナルまで送り届けるとのことのようだ。空調が無く蒸し暑い室内で10分程待機させられた後、係員の操るトゥクトゥクで別の場所に強制移動させられることに。

DSC_0470

ひだり みぎ
1964年に建築され、今となっては場末感を漂わせるオリンピックスタジアム横を通り過ぎ、昭和初期の香り漂う猥雑なローカル市場を抜ける。ガタガタ道を10分程走っただろうか、振動でケツが痛みだした頃、カンボジアの最大手旅行代理店の一つに数えられるというキャピトルツアーのバスターミナルに到着。

DSC_0493
これが世界中のバックパッカーから絶大な支持を集めるというキャピトルツアー&キャピトルゲストハウス。一泊US$4~(エアコン付きはUS$10~)という宿泊費用の安さも魅力だが、カンボジア滞在延長手続きや周辺国の査証取得代行業務、各地へのパッケージツアーなどのバックパッカー向けサービスも充実。今日でもプノンペンに滞在する中長期滞在旅行者の溜まり場となっている。

キャピトルゲストハウスHP⇒http://www.capitolkh.com/

ひだり みぎ
バスターミナル内部は意外にも地元のおじさんおばさん達で埋め尽くされている。キャピトルからはシェムリアップだけでなく、ホーチミン、シ アヌークビル、バタンバンなどへもバスが出ているようだ。参考までに今回利用するシェムリアップまでのバスは320Kmを7時間超をかけて走り抜ける長距離バスで、お値段は何とKHR 22,000≒ US$ 5≒480円!!!

ひだり みぎ
旧植民地時代の建物が広がるキャピトルの周囲を見回すと、車にバイクにトゥクトゥクがごちゃごちゃと入り乱れて走っていて非常に賑やかだ。ここら一帯が一大バックパッカーエリアなのだろう、周辺にはUS$3~10程度の格安ゲストハウスが密集していて、辺りを歩こうものならバイタクの勧誘、大麻のお誘いの声が四方八方からひっきりなしに飛んでくる。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=amgFueh6ndo[/youtube]
1978年までクメールルージュの手によって廃墟と化せられていた事実を改めて知り、日ごろはうるさいだけの街の喧騒や、埃っぽさや人々の表情その一つ一つがまた違ったものとして見えてくる。ポルポト派は集団内部以外の価値観を認めない原理主義集団であり、自分の考えと異なるものは徹底的に排除した。それが自国民であってもだ。都市部の住民は強制的に農村に移住させられ,首都プノンペンを含む多くの町は数日でゴーストタウンと化した。旧体制を支えた軍人,公務員はいうに及ばず,教師や知識人も見つかり次第片っ端から粛清され、劣悪な環境での過酷な労働による栄養失調,病気なども加わり,1975年から78年の僅か3年間の間に200万人とも300万人とも言われる大勢の人々が犠牲になったのだ。

DSC_0496
さて、物思いに耽りながら人間観察をしているうちに出発の時間がやってきた。キャピトルの対面にあるコンビニで毒々しい色の南国風ドリンクを買い込み出発を待つバスのもとへ。

DSC_0501
出発時刻5分前に到着したシェムリアップ行きバスはホーチミン⇒プノンペンのバス同様にヒュンダイの中古落ちバスだ。激しく傷み、表面材が剥がれ落ちかけた椅子のレザーは臭い、冷房口をつけると悪臭が漂う悪環境だったが、慣れは怖いもので、乗車後5分足らずで臭いは気にならなくなった。

DSC_0504
乗客は私以外は物凄い量の荷物を運ぶカンボジア人ばかり。ホーチミン⇒プノンペンは旅行者ばかりで和気藹々と楽しかったのに…

DSC_0515
キャピトルを出発したバスは市内で乗客をピックアップしながら進み、1時間も経たないうちに高さ15mにもなろうかという高い椰子の木が並ぶ荒野に真っすぐ伸びる1本道に入った。武装集団によるバス襲撃事件など物騒な話も耳にしていたが、至って平和的なトンレサップ湖沿いの国道六号を延々と北上する。

DSC_0516

ひだり みぎ

ひだり みぎ
出発から約二時間後、最初の休憩地点でストップ。両隣の民家では、痩せ細り骨と皮だけに見える白い牛が、静かに黙々と草をパクついている。何とも物悲しくなる風景だ。

DSC_0525

DSC_0526
その後も後ろからバスや乗用車に追い抜かれながら、私の乗る鈍行バスは牧歌的田園風景の中の一本道をひたすらに突き進む。雄大な大自然の中にカンボジアの田舎暮らしの様子が垣間見れて面白いのだが、私の乗ったバスは路上脇の高床式住居の軒先で乗客を降ろしたりする為か、走行スピードが非常に遅く、昼過ぎに出たのに日が暮れても未だ着かない。

一体何時に着くのだろうか、気がつけば完全に夜じゃないか!!!今日はテンプルクラブでアプサラダンスショーを見る予定だったのに…
DSC_0533

ひだり みぎ
20:00を回ったところで本日二回目の休憩に。暗闇の中に幾つかの豆電球をぶら下げただけのジャングルレストランの中には虫が大量発生している為、食わず飲まずでバス内で待機。15分後、バスは再び走りだし、結局シェムリアップに到着したのは21:00過ぎ…

カンボジアの魅力

クメール建築の最高傑作であり、大クメール帝国の往時の栄華を偲ばせる世界遺産・アンコールの巨大遺跡群で有名なカンボジア王国。歴代の王たちの抱いた夢と野望が鮮やかに息づくアンコール遺跡群の中でも最高傑作と称され、その神々しい神秘的雰囲気と造形美によって世界中の観光客を魅了するアンコールワットの城下町であるシェムリアップと、クメールルージュという悲惨な近現代史の名残としてキリングフィールドやトゥール・スレン収容所を残す首都プノンペンがカンボジアの代表的観光都市となる。

●シェムリアップ
首都プノンペンから北西約250㎞、大湖トンレサップの北側に位置するシェムリアップは、アンコールワットの城下町。遺跡群と市街地とを結ぶシェムリアップ川が広大なトンレサップ湖と交じ入る様子や壮大な自然の中に佇む遺跡を眺めていると、クメール王朝の往時の人々の息遣いを感じさせるような気持ちにさせてくれる。

ひだり みぎ
かつて、東南アジア最大の湖・トンレサップ湖畔を拠点として東南アジア世界に覇を唱えたアンコール王朝。802年にジャヤバルマン2世がクーレン山に於いて自らを「クメール諸王の中の王」とし、現シェムリアップの地に王都の造営を始めた。アンコール王朝は13世紀にインドシナ半島の全域を支配下に収め最盛期を迎え、東京23区に匹敵する広範囲に700以上の寺院や都城の跡を残すに至るも、王国の衰退後、繁栄を誇ったこの城都は放置され、王は神の化身であるという神王思想によって建造された巨大寺院も一部を除いて樹海の中に埋もれることになってしまった。その後、20世紀後半のクメールルージュ支配期に荒廃の危機に晒されるも、1992年にユネスコの世界遺産リスト入りと同時に修復活動が展開され、今なお各国のNGO団体により幅広い修復・整備活動が展開されている。

・アクセス
飛行機:バンコクやホーチミンから国際便で約1時間。国内線では首都プノンペンと約50分の距離。
船:プノンペンからトンレサップ湖を北上するスピードボートで約6時間。
バス:プノンペンから約8時間。

・天気予報

 

ひだり みぎ
カンボジアの伝統芸能:アプサラダンスショーに影絵ショー。

●プノンペン
当時カンボジアを保護領としていた仏印によって『東洋のパリ』・『インドシナのオアシス』・『アジアの真珠』などと称えられるほどに美しい街となったプノンペン。しかし、1975年4月、ポルポト軍の入城により街の状況は一変。超原始的共産主義的思想の下で全住民は強制的に農村へと駆り出されて首都はゴーストタウン化し、米国vsソ連の覇権争いに翻弄されながら続く内戦により街は荒廃し、ポルポト率いるクメールルージュ(カンボジア共産党)によって笑声がこの街から奪われました。その後、1979年にカンボジア救国民族統一戦線によりプノンペンは解放され、再び息を吹き返した王都プノンペンは行政、経済、文化の中心として急速な経済発展に沸いています。定番観光スポットであるキリングフィールドやトゥール・スレン収容所などの闇歴史学習スポットやワットプノンなどの寺院巡りの他、アプサラダンスなどの伝統芸能鑑賞や大自然でのゴルフ、トレンサップ川沿いのシャレたレストラン・バー巡り等、幅広いアクティビティーを楽しむことができます。

ひだり みぎ
都市計画に基づいて建造されたプノンペンの街並は、写真右のセントラルマーケットを中心に、弧を描くように広がっている。

ひだり みぎ
しゃれたカフェや飲食店が並ぶリバーサイドと煌びやかな王宮。

・天気予報

 

【カンボジア基本情報】
●気候
Cambodia Climate
熱帯モンスーン気候に位置し、6~10月の雨季、11~5月の乾季に大きく分かれます。観光のベストシーズンは暑さも少し和らぎ、雨量も比較的少なくなる11~2月。乾季末の4~5月は年間を通じ最も暑い時期で、最高気温が40度近くなることもあるので要注意。

●通貨:リエル(2013年6月現在、1円≒40リエル)・シェムリアップやプノンペンでは米ドルも流通。
●人種:民族:クメール人
●言語:クメール語、英語、フランス語
●時差:日本時間-2時間