高速鉄道で楽山から成都へ移動 楽山・成都旅行5

楽山大仏東方仏都の観光を終えてから3路のバスでホテルへと帰還。シャワーを浴びてから高速鉄道で忙しなく成都へと移動する。ほんとは仏の町・楽山でもっとゆっくりしたかったんだけど、残念ながら時間の制約があり今回の楽山での滞在時間は24時間も取れんかった。


ホリデイインの最寄り駅でバスを待ってたら爺さんコンビに家買わねーかーとしつこく声をかけられた。広告を持って町を練り歩き、相手が外国人だろうとすれ違う人に対して見境なしに声をかけまくっているらしい。外国人で言葉の理解が不十分な私にしつこくしてきたのもビックリしたが、明らかに未成年な女性にまで果敢にアタックしてたのも草生えたわw。


ホリデイイン楽山から楽山高鉄駅へは3路のバスで移動。3路は駅と大仏の入り口とを結ぶ路線で、途中にバスターミナルにも停まることから旅人御用達路線となっている。

楽山高鉄駅は市街地西郊にあり、ホリデイインやバスターミナルからは3路のバスで20分程の距離になる。成都と楽山・峨眉山の世界遺産を結ぶ高鉄は2014年12月に開通したばかりで、駅は真新しい。

高鉄での移動は早くて快適だけど、楽山市街地からは少し離れるし、バスより本数が少ないのがデメリット。

ひだり みぎ
成都南までこの日は07:50発から22:05発まで全17便。運賃は便によって多少の違いはあるが、自分が乗ったC6308は二等席(普通席相当)=51元・一等席(グリーン車相当)=61元・特等ビジネスクラス席=118元となっていた。前日に利用した成都空港から楽山へのバスの運賃が46元だったので、まぁ妥当な価格帯だと思うし、グリーン席相当の一等席に関しては普通車相当と値差も小さく、寧ろ安くすら思えてくる。

【2017年10月末時点での時刻・運賃表】
[table id=125 /]


外国人は発券機を使うことができないので、仕方なく順番待ちして有人窓口で発券する。ここで高鉄ビジネスクラスデビューを!と意気込んでいたが、残念ながら今回乗車した便はビジネスクラス席を搭載していなかった…。


今回の1時間程度の移動だと無用の長物だけど、ビジネスクラスシートはフルフラットになるんすよね。


今回乗るのは12:41楽山発のC6308。ETA成都南は13:44と、1時間で着いてしまう。往路で渋滞に巻き込まれ3時間かかったバスより全然早いわ。


入口でパスポートと乗車券を見せて手荷物検査を突破。だだっ広いホールで人民様と一緒に鉄道の到着を待つ。

ひだり みぎ
鉄道到着の20分前にプラットホームへの人民大移動が始まったので、小生も人の流れにならってホームへと向かう。全席指定席なのに我先にとホームへと急ぐ人民様は一体なんなんだといつも思うんだが…。下車する乗客が下り終わるまで待つわけもなく、ドアが開いた瞬間にドアに突っ込んでいくスタイル。

人民の波にもまれながら二等車車両に乗車。


日本の新幹線と変わらぬ横3-2席の配置で、座席番号の振り方もABC-DE。ただ、壁側にも車端にも電源はなく、機内誌も用意されていない。あるのはゲロ袋のみ。

ひだり みぎ
定刻ぴったしに走り始めた鉄道は徐々にスピードを上げ、四川省の農業地帯を北に向かって走っていく。振動も少なく静かで、運転が激しく荒いバスよりもだいぶ快適だ。昨日のバスの運転手はクラクションもドでかくて道中寝れやしなかったからな。


成都と峨眉山を結ぶ今回利用した鉄道は時速200kmまでの都市間高速鉄道。デッキ最前列にはディスプレイで案内も入るし、中国語・英語でのアナウンスも分り易い。


13:40、定刻よりちょっと早く成都南に到着した。この後、高鉄は成都東へと向かっていく。

ひだり みぎ
ここからは高鉄駅に隣接した地下鉄の火車南駅に進み、地下鉄1号線で本日の宿泊先JWマリオットの最寄り駅・天府広場へと移動する。いやー、便利だわ、楽山⇒成都の高速鉄道。幾ら楽山大仏は混んでいるとはいえ、これなら成都から楽山への日帰り旅行も全然可能だろう。



Booking.com

【2017年成都・楽山旅行記】












仏像テーマパーク 東方仏都 楽山・成都旅行4

これはハッキリ言って楽山大仏のオマケだけど…
楽山大仏からの帰りのバス停を探して敷地内を歩き回っていたら、東方仏都なる施設を発見した。手持ちのガイドブックには紹介されていないが、施設の入り口に掲示された看板には大仏マニア垂涎の大仏テーマパーク的な紹介文が安っぽい仏像の写真と共にある。さっき大仏を見てきたのにまた仏か…入場料も80元と無名の観光地にしては随分と高かったしスルーしようとも思ったが、せっかくのテーマパークなんで入場してみることに。


仏教のテーマパークというよりアジアンキャッスル的な見た目のエントランスで80元の入場料を支払って中へと進む。楽山大仏の入場料が90元だったので、これで合計170元。なんか楽山大仏との共通チケットなんかも165元で売ってたらしいが気付かんかった。

入場して、いきなりゴッツイ階段を上らされる。
ひだり みぎ
階段を上りきった先には洞窟があり、記念写真を撮るカメラ屋さんがめっちゃ一生懸命営業してた。このご時世誰もがカメラを持っているので商売あがったりだろうに…。


洞窟に入ってみるとビックリ!バーミヤン大仏でも模したかのような巨大な仏の立像がデデーンと仁王立ちしてるではないか。表情も厳めしく、凄まじい迫力だ。

ひだり みぎ
洞窟の壁面にはヘレニズム文化を匂わせる彫り物で彩どられてる。ただ、特に一つ一つの仏像に対する解説や説明はないので、純粋に仏像だけを見て楽しむというすっごいマニア向けのテーマパークになっている。

ひだり みぎ
一つの山全体がテーマパークで、参道の脇にもアンコール風の仏像なんかが何気なく置かれてたりする。



広場に出たと思ったらまたきつい階段…。その先にはこれまた迫力ある雲崗石窟のものであろう大仏がデデーンと鎮座。ここで、なんとなくこのテーマパークの趣旨が分かってきた。世界中の有名な仏像レプリカが集められてるんですね。

ひだり みぎ
洛陽の竜門石窟(右)か。


これは安岳大仏。角ばった形状が特徴的だから直ぐ分かる。やっぱり中国の仏像レプリカが中心となってるみたいだな。

ひだり みぎ
中にはヒンドゥー教のシヴァ神やタイかミャンマーあたりの仏塔もあったりするけれど、やっぱり中国の仏像が大多数。


ひだり みぎ
重慶の大足石刻。

ひだり みぎ
大足石刻の大仏脇に洞窟があって、その中の壁にもびっしり仏像が刻まれている。


佛!また洞窟だ。

ひだり みぎ
こちらは万仏洞になっていて、無数のミニチュア仏や砂岩のレリーフが多数並んでいる。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
こちらは羅漢洞になっていて、暗くて薄気味悪い洞窟で君の悪い表情を浮かべた仏像が無数に並ぶ。


スローテンポなお経が響き渡る極楽浄土。

ひだり みぎ
ドヤ顔で集合する七福神(?)がちょっとウケる。



内部はめちゃくちゃ巨大な空間になっていて、中央にはお腹たっぷんたっぷんなヱビスさんの御姿が。


最後に、出口の近くにある全長170メートルで世界一の大きさの臥仏を拝んでから帰りたかったのだが、地図が指し示すあたりをウロウロしてもなかなか見つからない。170メートルの仏像とか直ぐに見つからない方がおかしいと思うのだが…。

諦めて帰ろうと思って最後に後ろを振り返ったらファっ!?ってなった。

赤枠で囲った箇所をよく見て頂くと分かるのだが、木々で隠れて見ずらいけど170メートルの迦牟尼の臥像が山肌に彫られてるwそうきたかwww

単純なレプリカだけでなく、全長170メートルもの巨大な寝釈迦や、巨大仏像を彫った人工の洞窟など、意外なサプライズもあった東方仏都。他にも奈良や鎌倉の大仏だったり敦煌の石窟といった日本人にも馴染みある作品が並んでたりするそうです。ニッチ過ぎて万人受けはしないかと思いますが、仏像マニアの皆さんには楽山大仏とセットで観光されることをお勧めします。

【東方仏都】

住所:四川省 楽山市 市中区花湖湾
営業時間:08:00-18:00
入場料:80元


Booking.com

【2017年成都・楽山旅行記】












世界遺産の楽山大仏と麻浩崖墓 楽山・成都旅行3

楽山観光の初日は朝一で楽山の代名詞でもある巨大な楽山大仏を拝みに行くことに。楽山大仏は弥勒菩薩を象って彫られた巨大な磨崖仏であり、「峨眉山と楽山大仏」として峨眉山とともにユネスコの世界遺産にも登録されている観光名所である。その像の高さはなんと71メートル。東大寺の大仏の5倍にも及ぶ巨大な仏像が岩を削って作られてるのだから、成都からバスで2時間かけて見に来る価値はあるでしょう。

楽山港または八仙洞埠頭からボートに乗って川から大仏の全体を見るというツアーが人気みたいだけど、この日は濃霧で視界が悪かったので、楽山大仏の目の前まで近づいてその巨体を間近から拝ませて頂くことに。

長江の支流・岷江脇に造られた楽山大仏への移動は、今回宿泊したホリデイインや楽山バスターミナルから3路のバスで一本。運賃1元で経済的に移動できる。

楽山大仏


ホテルのスタッフから労働節期間は入場制限が設けられると聞いていたので8時の開門に合わせて市内から一番近い北門に乗り込んだんだけど、世界遺産の景勝地だけあって人やばす!「国家AAAAA级旅游景区」で入場料も90元(≒1,600円)と比較的高いのに大繁盛となっているようだ。


窓口の列に並ぶこと15分、ようやく入場券を手にして入場する。ここからは、人民様の群衆と共に直ぐ隣を流れる岷江を眺めながら坂道をどんどん登っていく。

ひだり みぎ
途中まで順調に人の流れが進んでいたが、中腹あたりで渋滞に巻き込まれ一気にペースダウン。暑くて湿気は酷いし、「カーッペッッ!!」と痰を吐き散らす獣みたいな輩も多くてホント不快になってくる。人が痰を吐くと思うから気持ち悪いわけで、失礼ながら途中から「カーッペッッ!」と鳴く別の生き物だと思うようにして気を紛らわせた。


ひだり みぎ
ひだり みぎ
入り口から30分弱かけ、歴史ある凌雲寺に到達した。大仏が開削される遥か前の唐の時代に建立された古刹らしいが、最後に修復されてから未だ日が浅いのか、余り有難味を感じることはなかった。

寺よりもやっぱり目玉はこっち。寺の横でただならぬ存在感を発揮してお座りあそばす大仏様である。

高さ71m、肩幅28m、頭部の高さ14m、頭部の直径10m、耳の長さ7m、顔の表面積100畳分wという世界最大の石刻座仏だ。これ、岩を刳り抜いて造ったんだからただただ驚くばかりである。

この巨体が崖の間の狭いスペースにぴったりと収まっているというのもまた面白い。

そのお顔をじっくり拝見させて頂くと、お顔の表面に幾筋もの黒い線が染みついていて、まるで黒い涙が流れているようだ。頬や鼻も黒ずんでしまっていて、体も岩がはげ落したりコケに覆われたりと、酸性雨や湿気で劣化が進んでしまってる。お化粧直しの日も近いかもしれんな。

この大仏の脇から崖下のビュースポットに向かう桟道もあるのだが、ここは激しい順番待ち。人で溢れてしまっている。

下まで行くのにどれくらいの時間がかかるか分からんが、覚悟を決めて列の最後に並ぶ…。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
最初は通路の幅も広くてスムーズに流れて行ったのだが、中程から階段幅が1人分ほどになり大渋滞。ただでさえ人と人との間隔が狭くて窮屈なのに、無理な追い越しや割り込み、変な格好での自撮りをする輩が多くて本当カオス。人情として早く下に降りたいのは理解できるが、ドミノ倒しになるような危険な行為は控えて頂きたい。

ひだり みぎ
桟道からは大仏様の御姿を拝見できる。なんというかもう、全てを達観してますよね。お顔は汚れて体もちょっと粗削りでワイルドな感じだけど、何事にも動じなそうな安定感・大仏様が内に秘めた胆力みたいなものがヒシヒシと伝わってくる。

そんなメンタル強者の大仏様。横から見てみると、仏像が狭苦しい隙間に納まり川の流れを見守るように川に向かって座っておられる構図がよく分かる。

大仏が建造された当時の楽山は塩の一大産地で経済的に潤っていた。大仏の目の前を流れる岷江は財を生む塩を運搬する大動脈だったわけだが、頻繁に川の氾濫や水難事故が多発していて、それらを防ぐ為に民衆の浄財によって大仏の建造が着工されたそうだ。713年に彫り始められ、90年後の803年に完成を見た巨大でユニークな楽山大仏。青々と茂る凌雲山を背に悠々と座し、眼下に遥かな時の流れを思わせる岷江を見つめるイケメン仏。川の氾濫を治めるには大仏より堤防を作る方が効果ありそうなんて夢の無い話はしないでおきましょう。


大仏様が遠く見つめる先には楽山の町も見えるのだが、残念ながら霧がかってしまっていて視界が悪い。

ひだり みぎ
大仏がデカすぎて全身をしっかりと拝むには対岸に渡るか遊覧船で正面につけるしかないのだが、こんな濃霧の中ではっきりと仏像が見えるのだろうか。次々と多数の人民様を積んだ船が楽山港からやってきては大きな歓声が上がっているが…。

結局、この日は桟道の下まで辿り着くのに1時間超かかった。大変な混雑ぶりで、ホテルスタッフの言う通り途中で入場制限がかかったそうだ。

一番下から見上げる仏像。膝どどーん。近くで見れば見るほど、1200年前もの昔によくこれだけのものを造ったと改めて感心させられる。奈良の大仏の3.5倍とか東大寺の5倍とか聞いていてもピンとこなかったが、目の当たりにするとその大きさに感動すら覚えるわ。


足の指どどーん。足のサイズ約10m、指の爪だけで人の顔くらいあるだろうか。頭部のサイズにも驚いたが、降りてみると足まで非常にデカいのがよく分かる。足の甲に100人超もの人が座れるとか隣のツアー団体客のガイドが言ってましたからね。足の甲ですらちょっとした体育館サイズw。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
帰りは同じ道を通るのもアレなので、散歩がてら北門ではなく反対の南門方面まで川沿いの桟道を歩いてみることにした。


大仏から歩いて15分、漁村なる場所に出た。手持ちのガイドブックにも漁村と紹介されているが、どちらかといえば岷江で漁をして暮らすフィッシャーマンが観光客目当てに経営する食堂と土産屋の集合体といった趣である。

ひだり みぎ
ここまで来ると観光客も疎らなもんで、やっとこさ来た獲物を逃さまいと、「名産あるよー。食ってけー買ってけー」と売店の爺さん婆さんから声があがる。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
でもさ、軒先に置かれてるのはドジョウだったりナマズだったり亀だったりザリガニだったり…。地元の珍味なのかもしれんが、朝から食べたいようなものではなかったのでここでの食事は見合わせることに。ジジババが凄くガッカリした顔を浮かべやがって、食べずに去るのに罪悪感すら覚えたわ。

ひだり みぎ


漁村を抜けたら対岸に古刹が見えてきた。

麻浩崖墓


対岸へと渡る橋の近くには麻浩崖墓博物館なる施設も。

麻浩崖墓は1800年前の崖墓群らしい。後漢から南北朝時代にかけ、四川では山肌に穴を掘って墓室を造り、その中に棺桶を入れ埋蔵するスタイルが流行したのだと。凌雲山の崖に広く分布しており、数は500余りになるそうだ。
ひだり みぎ
各墓室の入り口や壁や棺桶には数多い精緻な彫刻が設けられている。面白そうな博物館だし楽山大仏の一部でここも世界遺産らしいのだが、みなさん大仏だけ見て帰られるようで、ここまで来る観光客は殆どいない。

ひだり みぎ
崖には洞窟が4つ並んでいて、中にはそれぞれ墓の副葬品や工事機材(!?)が無造作に置かれていた。霊の死気というわけじゃないだろうが、内部はひんやりとしてスプーキー。

楯や槍などの武具、羊や虎や馬などの動物、仏像や人物などが彫られている。
ひだり みぎ
中には芸術的文化的価値の高そうな彫刻も。例えば、左の画像の「荊軻刺秦」では短剣を握りしめた刺客・荊軻が秦王政を暗殺しようとする場面を描いている。結局、暗殺は失敗してしまい荊軻は処刑されることになるのだが…この事件が後漢の古代墓に壁画として描かれているのは実に興味深い。
右の画像には「執彗持箕門吏」という題が付けられていて、左手に箒、右手に塵取りを持った門番が客を迎える為に掃除をする姿が描かれている。箒を抱え客を迎えるのは当時の礼儀であったそうだ。

ひだり みぎ
ひだり みぎ

崖の手前に置かれた石棺にも竜虎に載った西王母の像等がが刻まれていて芸術点は高い。

アクセス


成都から高速鉄道で楽山駅(約1時間)⇒3番バスで「大佛寺」バス停まで1時間強
または
成都からバスで楽山バスターミナル(約2時間)⇒3番バスで「大佛寺」バス停まで約50分

渋滞知らずで時間の計算が出来る高速鉄道の開通で楽山・峨眉山方面へのアクセスが随分と改善された。鉄道で1時間の距離の楽山ならばツアー客でごった返す中国の連休に重ならなければ成都からの日帰りも可能かと。


Booking.com

【2017年成都・楽山旅行記】












ホリデイインエクスプレス楽山 宿泊記 楽山・成都旅行2

楽山でのお宿はIHG系列のホリデイインエクスプレス楽山(楽山広場智選假日酒店/Holiday Inn Express Leshan)にすることに。楽山のバスターミナルに近いのと、IHGのポイントを貯めたかったのが主な選定理由。宿泊費用も税サ込みでRMB260と安かったし。

主だった観光地からは少し距離があるが、楽山汽車客運中心駅(楽山バスターミナル)から真っ直ぐ500メートル歩くだけという立地に惹かれた。

高鉄駅や楽山大仏もバスで一本だし。夜遅くや朝早くにバスターミナルを利用する方には特にお勧めできる。



ひだり みぎ
ほお。250元(≒4,300円)または10,000IHGポイントで泊まれる地方都市のホリデイインエクスプレスにしては随分と立派な外観である。

ひだり みぎ
立派なハードに対してソフトは…。サービスを極限まで簡素化したHIEXなのでポーターなんて当然ながらいないし、エントランスの重たい回転ドアも自分で押して開ける必要がある。

ひだり みぎ
ロビーは清潔で広々。スタッフもフレンドリーでアテンティブ。スタッフは皆さん地元の方らしくてホテル近くのレストラン事情なんかの事情にも明るかったし、大変助けられた。やっぱり観光地の外資系ホテルだけあってフロントスタッフは旅人慣れしてるわ。



ランドリーや自販機の商品価格もリーゾナブル。もちろん外で買うよりは高いけど、ここで利益を出すようなことはしてないこと感じられる良心的価格設定。

ひだり みぎ
当ホリデイインエクスプレスでは全室スタンダード仕様なのでアップグレードは無かったが、高層フロアの部屋を用意しましたよーと言われてクッソ遅いエレベーターで部屋へと移動する。

部屋:1 QUEEN BED STANDARD ROOM

ひだり みぎ
32㎡。部屋の造りは全室同じで、せいぜい1つのクイーンベッドか2つのシングルかとベッドタイプが異なる程度。

ひだり みぎ
窓際のソファーからは隣のマンションで生活する人々の様子を間近に観察することができるw

ひだり みぎ

ひだり みぎ
ウェルカムフルーツ(リンゴ・トマト・パイナップル)とスイーツ。もちろんインスタントコーヒーとティーもケトルと共に用意されている。

ひだり みぎ
こちらはホテルのオリジナル観光マップとルームサービスメニュー。ルームサービスは凄く安かったし疲れてたので注文したかったのに、「シェフが休み」という驚愕の理由によりサービスが提供できないと断られたw 労働節だからね、仕方ないねw

ひだり みぎ
他はクローゼットも水周りも見事なまでのホリデイインエクスプレススタンダード。

ひだり みぎ

水周りも教科書通りのホリデイインエクスプレススタンダード。ラックスのシャンプー兼ボディーソープ・ハンドソープ・歯磨きセット・櫛・シャワーキャップくらいしか用意されていない。

周辺環境


シェフがお休みなので、ホテルスタッフに聞いて近くで一番賑やかとされる嘉興路をブラリと訪ねてみた。

ひだり みぎ

店内ではなく軒先でワイワイガヤガヤと宴会するのがチャイナスタイル!

ひだり みぎ
ひだり みぎ
どこも繁盛してるし、皆さん声のボリュームをマックスにして離されるので、凄く賑やかに見える。直ぐ隣にいるのに100m先まで届かせるくらいの勢いで話してますからね。



宴会の席で賑わう観光地の大衆店にボッチで入るのも躊躇われたので、露店で果物買って串物買って。でもまだ胃は満たされぬ。


ひだり みぎ
一人でも良いよー、食べてきなーみたいなノリで声かけてくれた店に入ってみたのだが、よりによって鍋の店。祝日に観光地で一人鍋開催!

四川省だけあって周りの客は顔を真っ赤にして真っ赤な鍋を食べてたので、唐辛子は鍋に入れずに別にして持ってきて下さいとお願い。

10元の鮮肉鍋をベースにオプションで牛タン(10元)を追加。これにビール大瓶を頼んで28元(500円)で満腹になれる幸せ。

朝食


翌日は朝一で楽山大仏を拝みに行く必要があったので、朝食はパパッとホテルで済ませることに。ホリデイインエクスプレスは宿泊者全員に朝食が付くのをウリの一つとしたバジェットホテルなんで、大衆的な料理が並んでしまうホテルが殆ど。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ


なんか所狭しと小さなテーブルに色々な料理が並んでいたけど、どれも例外なく美味しくなさそうだし、実際に食べてみて美味しくないw

まぁでもこんな地方都市でもグローバルスタンダードな部屋とスタッフが迎えてくれるというのは安心できますよね。決してラグジュアリーな滞在というわけではないけれど、当たり外れなく常にぶれないHIEXのブランドコンセプトをこれ程までに心強く思ったことは今までなかったっすw

Holiday Inn Express Leshan City Square


Booking.com


住所:No. 399 West Baiyang Road, Shizhong District, Leshan
中国楽山市市中区柏杨西路399号
電話:+86 833 2401888
チェックイン/チェックアウト: 14:00/12:00
公式サイト:こちら


Booking.com

【2017年成都・楽山旅行記】












広州⇒成都 CZ国内線プレエコ搭乗記+成都⇒楽山へのバス移動 楽山・成都旅行1

プロレタリアートの為の労働節がやってきた!今年は4連休が取れたので、直前の思い付きで楽山一泊+成都二泊のプチ旅行に行って参りました。本当は峨眉山もくっつけたかったんだけど、4連休が社畜サラリーマンの限界だったので、時間の制約上、泣く泣く楽山と成都の見所だけをパパッと巡る小旅行で妥協した。

4月29日(水)、先ずはCZ3443で広州から成都へと移動する。本当はもっと早い便で移動したかったんだけど、チケットを買ったのが前日と言うこともあり午前中はこの便しか空いておらず…。いつものことだけど、もっと前から計画を練っていればと後悔する。

労働節休暇ということもあり、ビジネスクラスは片道RMB4,000とか中国国内線にしたらドえらい値段だったので、今回の往路はCZのプレエコを試してみることに。エコとの値差が200元(3,400円)程度なんで期待はしてませんがね。

広州ー成都はB787やA330なんかも飛ぶ穴場路線で、今回の機材もA333。数年前は日によってはA380も飛んでたんですけどねー。
ひだり みぎ

今回お世話になった長距離砲A330-300のプレエコシート。普通のエコと同じく2-4-2とアブレストは同じでシート幅は変わらないが、ピッチがエコの32インチに対して36インチと4インチ(10.16センチ)広い。あと、シートのカバーがエコより微妙に青いが、クッションやカバーが違うという訳ではないので座り心地は変わらない。

ひだり みぎ
シート周りの差はピッチくらいのものだが、ドアクローズ前にペットボトルの水が配布され、並行飛行後にCZ特選映画や音楽が詰まったタブレット端末が渡される等のエコとは差別化されたサービスがあった。この端末で映画見ると酔うんで使いませんでしたが。


機内食はエコと同じメニューで、今回のメインは鳥ご飯と豚パスタの二種類からの選択だった。ドリンクも、JALのプレエコみたいにシャンパンが…なんて特別なサービスは無し。大人しく王老吉を頂いた。


機内の客室乗務員を観察しても特にプレエコ客とエコ客で特に対応を変えている訳ではなさそうだし…プレミアムエコノミーのプレミアム感を感じることなく定刻通りに成都双水空港に到着した。まぁ200元の差ですからね!日によってはエコと変わらない値段で解放されてることもあるくらいだし、安いCZ国内線のプレエコに過度の期待をしてはいけません。


広州⇒成都は国内線の為にイミグレで長蛇の列に巻き込まれることもなく、速攻で空港を出て左手に進む。そう、この日の最終目的地は成都ではない。空港傍のバスターミナルからバスに乗って2時間、世界最大の石刻座仏で有名な楽山を目指すのだ。

ひだり みぎ
空港出口から歩いて10分弱、成都近郊の都市へのバスが発着する成都机場客運駅(成都エアポートバスターミナル)に到着。空港の直ぐ外にもバスチケットの売り場が何箇所もあるけれど、あれは成都市内行きのエアポートバスなのでお間違い無きよう。

ひだり みぎ
楽山行きのバスは9番プラットホームから発車。所要時間は約2時間で、運賃は一律46元。高鉄のように一等席やビジネスクラスシートはありません。

ひだり みぎ
15:30発のバスに乗り込んだ。途中で寄ったもう一か所のバスターミナルからも何人かの乗客が乗り込んできたけれど、乗車率は60%程。2014年12月に成都から峨眉山・楽山への高鉄が開通してバスも大変なんだよーと係員が他の乗客に嘆いてた。バスにはバスの良さもあるんですけどね。


道中、事故による渋滞に巻き込まれて大失速。衝突事故が日常茶飯事の中国のバスはこれが怖い。成都双流国際空港直結の鉄道駅からも楽山に移動できたので、渋滞知らずの鉄道で移動すれば良かったとここでも激しく後悔。

ひだり みぎ
結局、空港から3時間かかって楽山汽車客運中心駅(楽山バスターミナル)に到着した。参考までに高鉄だと楽山まで1時間…

バスターミナルから歩いて5分のホリデイインエクスプレス(HIEX)へと移動する。楽山にはアコー系列でHIEXと同じような価格帯・ブランドコンセプトのイビスもあったけど、ターミナルからのアクセスの良さが決め手となってHIEXを選択した。ターミナルからまっすぐ歩いて500メートルですから。
ひだり みぎ
思ったより栄えている楽山。歩いて行ける距離なんで、人力三輪車の運転手によるしつこい営業を無視して一人ホテル方面へと歩く。「あっ、そのホテル遠いよ!歩けないよ!」じゃねーよ。こっちは場所を下調べしてるんだ。


バスターミナルからものの7分で宿泊先に到着した。HIEXの割には立派な建物じゃのー。

【2017年成都・楽山旅行記】