「 世界遺産 」一覧

世界遺産にも登録されたオマーン最大の城・バハラフォート

世界遺産にも登録されたオマーン最大の城・バハラフォート

ニズワフォートのお次は同じくアフダル山の麓に栄えた要塞付きオアシス都市・バハラのバハラフォート(Bahla Fort)を目指す。 またフォートかよ!と思うが、観光ガイドブックを観てもオマーン内陸地の見所は〇〇フォートばかり。ざっと目を通しただけでもニズワフォート・バハラァフォート(バハラフォー...

サラーラのアルバリード遺跡と乳香博物館

サラーラのアルバリード遺跡と乳香博物館

二日間のサラーラ観光を終え、いよいよ運転手のSuhail氏とお別れする時間がやってきた。 イエメン国境近くからサラーラへの帰路、記念品を渡しそびれたので…という理由から途中で近くの砂漠に立ち寄ることに。なんで記念品の為に砂漠に行くのか理解できなかったが…砂漠の中で車を停め何やら地面をあちこち探...

古代南アラビア地方の貿易港・ホールルーリのサムフラム遺跡

古代南アラビア地方の貿易港・ホールルーリのサムフラム遺跡

サラーラ二日目も一日目と同じ運転手にチャーターをお願いしてサラーラ近郊を見所を周ってもらうことになったものの、計画は流動的にということで…。とりあえず「行ってみたいところリスト」にイエメンとの国境線を加えてみた。運転手には「何故そんな何も無い所にわざわざ遠出するんだ!WHY?WHY?WHY?」と反応...

ウバールとルブアルハリ砂漠でオマーンをマンキツw

ウバールとルブアルハリ砂漠でオマーンをマンキツw

オマーンのサラーラ国際空港にて現地のツアー会社に手配頂いた運転手のSuhail氏と合流し、ホテルに寄る時間も惜しんでウバールへと直行する。 AD300年頃に乳香の交易ルート上の要衝地として繁栄していたとされる古代都市ウバール。コーランやアラビアンナイトといったアラビア世界の古書でもウバールに関...

世界遺産の麗江古城を探索 雲南省旅行10

世界遺産の麗江古城を探索 雲南省旅行10

トンパ文化博物館で麗江文化に関する予習を済ませ、いよいよ満を持して雲南省が誇る世界遺産、「彩雲の南の城」こと麗江古城の探索を開始する。 麗江古城は宋代末から元代初期にかけナシ族により築かれたされた都城である。城壁も濠も無いという防御力皆無の脆弱なオープンスタイルが特徴的な城なんだけど、これはな...